音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2012/4/30

いよいよ吉野の桜です  旅の話

連休といえばカゼ。おととしも旅行の前にひいたんだったなー。
また弘前で鼻水すすりながら桜の見物になってしまうんでしょうか。

でも、そんな昨日は熱も出ていなかったのでバスケへ。
そしたら、いつもよりシュートが入った感じでした。ありがたい。

カゼをひいていると力が抜けていいのかもみたいな話に。

今日は家でしっかり治しにかかるため、
昨日のうちにカレーを作ってしまい、今日はグダグダするのです。

さて、旅の話に戻るんですが、
今回の旅のメインは吉野の桜だったんだけど、吉野に行ったのは2日目。

というのも、京都からの特急電車の切符が取れなかったからなんです。

本当は1日目に行くつもりだったんだけどね。
まあでも、結果的に2日目でよかったです。

1日目は天気もあまり良くなかったし、
朝早くから行ったほうが時間もとれるし、人もまだ少ないし。

で、京都を7時に出発して、吉野には9時に到着しました。
その時点でもすでにけっこうな人がいて、帰りの切符を買っておき、
時間が読めなかったけど、帰りの特急の座席も一応予約。

今回は、近鉄のネット予約サービスを使いましたが、
携帯で予約できるし、ネット予約なら乗車変更も3回まで無料でできるし、
とても重宝しました。駅に着いてからじゃ遅いもんね。

で、上まではケーブルカーという名のロープウェーも出ているんだけど、
並ぶのも嫌だし、七曲り坂を上ります。だいたい15分から20分で上へ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

上に着くとお店がいっぱい。柿の葉寿司と葛餅・わらび餅が多かったかな。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

で、歩いているとまずは金峰山寺に。現在、CMでやっているお寺ですね。
青い蔵王菩薩がご本尊のお寺です。かなり迫力がありました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そして次は、吉水神社。ここはなかなかなポイント。

参道の途中からは金峰山寺がきれいに見えるポイントが。
人の家の駐車場からなんですけどね。

クリックすると元のサイズで表示します

で、神社に入ると「一目千本」と呼ばれる場所があって、
その名の通り、桜が咲き誇っている山肌が一望できました。これはすごい。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

さらに、この日は北朝鮮の拉致被害者を救う会が署名活動をしていて、
なんと、横田めぐみさんのご両親が来ていたのでした。びっくり。

クリックすると元のサイズで表示します

ちゃんと署名してきましたよ。

時間がない人はここで折り返してって感じでいいと思うんだけど、
俺はまだまだ進んでいきます。ここまではまだ中千本の入り口って感じ。

2012/4/28

終わりました  日記

今日は夜を家でゆったり過ごせてとてもいい気分です。

今月は、平日の夜はすべて仕事で埋まっていて、
週末にどこかに出かけてしまったので、
家で夕食をちゃんと作ってゆったり過ごすのはとても久しぶり。

4月8日以来のことでした。

夜遅くに帰ってきて、次の日も朝早いから、
夕食なんて作っている暇もなく、買ってきた惣菜ですませて、
でも、サラダくらいは作りたいなーと、まあ、野菜盛るだけなんだけど、
食べ終わったら、ちょっとネットしたらすぐに風呂に入って寝るという。

こんなことを言ったら怒られるかもしれませんが、
人間らしい生活をしているとはとても思えない3週間でした。

まあだから、週末くらいは何かしたいと、
もともとライブは予定されていたものではあるけど、
家でじっとするのも嫌だなーと思ってしまったりしたわけで。

そんな生活ももうおしまい。(なはず)

もともとこんなことになる予定ではもちろんなくて、
急に代講を頼まれてそれを引き受けることになったので、
まあ、そんなことになっちゃったんですけどね。

毎日夜までで、さらに朝早くから出って、
ここまで大変とは思わなかったなー。

ということで、夜にテレビを見ているのも久しぶり。

ちょうど今日はNHKで「今夜も生でさだまさし」があるから、
次の日を気にせずに、眠い目をこすりながらでもなく、
気持ちの余裕を持って見れるのはうれしい限りです。

まあ、世間的にはすでに連休が始まっていて、
俺も半日遅れで始まった感じなので、
連休後半にはまた出かける予定だから、
前半は、部屋を掃除して夏モードに切り替えたりとか、
いろいろとたまっているものを片付けようかと思うのでした。

あ、この間買った「マダムブリュレ」を、
レンジであっためて食べてみたんだけど、すげーうまい!

ふわふわでとろける感じ。冷たいときとガラッと変わるのね。
うむ、これは並ぶ価値はあるかも。

いや、やっぱ並ぶのは時間がもったいないから、3か月待ちかな。

ってことで、吉野の話は次回からということで。

2012/4/26

植物園・昼と夜  旅の話

山崎製パンの「春のパンまつり」ってのがありますが、
今回、初めてポイントをためてみて、お皿を1枚もらえました。

いつも、夜の仕事の前に何か食べたりするので、
それでコツコツ買ってりゃたまるだろうと思ったら、
どんなものにも点数がついているわけではないのね。

期間ギリギリで何とか20点たまりました。次もやるかはわかりません。

さて、京都の最後は京都府立植物園ですが、
今回桜を見に行くうえで、京都はどこがいいかなーと。

醍醐寺はすでに散りかけているという情報だったし、
夜桜を期待していた清水寺はライトアップ期間が終わっていると。

夜桜を見たかったので、どっかやっていないかなーと探していたら、
見つけたのがこの植物園だったんですね。

バスを降りて植物園に向かう途中、川沿いを歩いてみると、
こちらも桜がきれいに咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

これはなんていう種類なんだろう。この濃い色もいい感じだね。

で、植物園はまずはチューリップがお出迎えしてくれて、春だなーって。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

桜はそんなに広い面積あるわけではなかったので、うーんって感じ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

植物園には広い広場もあって、あそこは気持ちよさそうでしたね。
ボール遊びとか一切禁止になっていたから、日向ぼっこにはもってこい。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

一周したところでいったんホテルに向かい、また夜に戻ってきました。
昼に入場した半券があればそのまま入れるってことでありがたい。
まあ、入場料は200円だからそこまでですけどね。

で、夜はライトが桜だけを浮き上がらせるので、
昼とは違って格段にきれいでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ボリューム感が増すよね。遠目から見た感じも素晴らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

まあでも、広さはそこまでないからすぐに見終わっちゃうんだけど、
そこから今度は夜の祇園へ。夕ご飯を食べるお店探しです。

いいお店がないかとふらふらして、人が流れるほうについて行ったら、
そちらでも桜のライトアップが行われていました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

うむ、これなら人が集まってくるわな。

で、この周辺にもよさげなお店もあったけど、
混んでいるか高いかのどちらかであきらめて、
結局、3年前に寄った「レストラン菊水」で食べたのでした。

今回は鱈のフライを。なかなかおいしかったですねー。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

これで京都はおしまい。次はいよいよ奈良・吉野なのであります。

2012/4/25

京都名物の豆餅  旅の話(+たべもの)

今日もちょっと暑いくらいで。いい陽気ですね。

さて、先日の旅の話を再開します。1つ前の話はこちらでした。

で、京都大学ですっきりしてから、出町柳まで歩きました。
ここでのお目当ては豆餅。おいしいから食べてみなと勧められたのでした。

お店は「出町ふたば」というところです。

けっこう有名なお店だというので、ちょっと覚悟はしていたんだけど、
お店の前に行ってみるとすごい行列が…。

クリックすると元のサイズで表示します

5重に折り重なっておりました。すごい光景だよね。

まあ、ここまで来たのだからと、せっかくなので並んで、
買うまでに25分かかりました。普段はもうちょっとすぐ買えるのかな。

でも、何買おうか悩んでいたりとかしたらあっという間だったけどね。

で、豆餅と田舎大福(よもぎ大福)を購入。

そのあと、龍安寺に行くつもりだったんだけど、
時間的に難しそうだったので、近くにあった下鴨神社へ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ここでお参りをして、休憩場があったからそこで豆餅をいただきました。

お餅はけっこうしっかりしていて、固くもなく柔らかくもなく。
豆もそこまで主張してこなかったのでちょうどよかったですね。
あんこはそこそこ甘めな感じで。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど、そのちょっと前にスーツを取りに行ったときに、
近くにあった「追分だんご本舗」で豆大福を買って食べたんだけど、
そちらのほうは、お餅はけっこうやわらかくて、豆の主張が激しくて、
あんこはあんまり甘くない上品なお味だったんだよね。

大福というよりは豆が主役という感じかな。

なので、どちらかというと、俺は「出町ふたば」のほうが好きだったかな。

ただ、そこまで特別なものというわけでもない感じだったので、
あそこまで並んで買うだけは果たしてあるのかと。

贈り物だったら喜ばれるよね。みんなで食べるとかも。
まあ、ここのお店のだってのが重要なわけですね。

それにしても、お店の人も大変そうだったよ。
休みなく、注文を取っては渡してって話だからね。

で、日もそろそろ暮れかけてきたので、
最後に、バスで京都府立植物園に向かったのでした。

2012/4/24

3か月待ちだって  たべもの

今日はひさびさのお休み。
週末に出かけてしまうもんだから、けっこう疲れていたようです。

けっこう寝たんだけど寝足りない感じで、昼寝してようやく回復したかな。
あ、でも、これから仕事に行くんだった。お休みじゃなかった…。

そんな今日は一気に暑くなりましたね。
寒いよりはいいです。このくらいでずっといってくれるといいなー。

さて、京都の話を再開したいところなんだけど、それは明日からにして、
というのも、今日は3か月待ちだった商品が届いたからなんです。

何かというと、マダムシンコの「マダムブリュレ」でね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

今年の1月に京王百貨店でやっていた駅弁大会で、
大行列ができていたのがこのマダムシンコで、
まあ、よく話に聞いたことがあったので、どんだけうまいんだと。

で、ネットで見てみたら、3か月待ちだっていうので、
まあ、すぐに食べたいというわけでもないし、
忘れたころにやってくるのもいいんじゃないかと注文したのでした。

1月27日に注文して、届いたのは4月24日。
そんな感じです。

冷凍で届いたんだけど、残念ながら冷凍庫がいっぱいなので、
さっそく開けてみて、凍ったままの状態で食べてみました。

説明書きによると、冷凍庫で冷やして食べると、
上は「パリッ」、下はまるでアイスクリームのような食感を楽しめると。

ということで、さっそく食べてみましたが、
なるほど、パリッとはしているけど、アイスクリームは言い過ぎでは?と。

でも、何を言わんとしているのかが分かった気がしました。
つまに、口の中であったまっていくから、徐々に溶けていく感じってこと。

レンジで温めるとおいしいってことなんだけど、
口の中のあたたかさで広がる風味があんな感じなんだから、
最初からあっためてあれば、それはすごそうだという期待ができましたね。

まあ、あそこまで並んで買うくらいなら、
3か月待った方がいいと思いますけどね。うーん。

あと、一緒に「星くずバウム」なるものも買いました。
普通のバウムクーヘンの崩れちゃったやつを安く買えるというので。

で、普通のバウムクーヘンは、まあそんな感じかなーって。
あれだったら、クラブハリエの方がいいですね。

でも、「マダムブリュレ」は、
このバウムクーヘンにカラメルをかけているってことなんだよね、たぶん。

ってことは、あのカラメルがかなり重要ってことなんだな。
たしかに、にがすぎず甘すぎずで、絶妙な感じだもんね。

クレームブリュレって、けっこう、
カラメルは苦く、下のクリームは甘くってのが多いと思うんだけど、
そうではないのがこのお菓子のおいしさなのではないかと思うのでした。

ってことで、大阪に行って行列作るのもいいですが、
3か月待ってみるのもいいんじゃないでしょうか。

今注文すると7月には来るそうですよ。

2012/4/23

『THE FUTURE TIMES』 Gallery & Live  日記

さて、昨日、『THE FUTURE TIMES』のイベントに行ってきたわけですが、
直接、後藤さんのお話を聞くことができたのはとても有意義でした。

イベントの前には、最新号の『THE FUTURE TIMES』の02号を読んで、
バイオマスの記事があって、こういうのが大切だなって。

つまり、この新聞は未来について考えるんですよ。
過去を振り返るだけではないわけですから。

それは、このイベントの夜の部のトーク部分でも出てきて、
どうしても先のことばかり考えすぎだけど、
過去についてしっかり知っておくことが大切だって話になって、
後藤さんが、自分は未来のことばかり考えてしまうからダメだみたいな、
そんなことを言っていたんだけど、それは違うんじゃないかって。

未来のことをしっかり考えられるからこそ意味があるし、
ただ、過去について、大変だったと言っていたって仕方がないわけですから。

だから、俺はこの『THE FUTURE TIMES』という新聞が素晴らしいと思うわけ。

俺は歴史が好きではないわけだけど、
今を語るうえで、歴史を知らなければならないというのはわかっています。

昔のことを忘れようなんて誰も言っていません。

ただ、歴史だけを語っていては何の意味もないと俺は思うのです。

歴史を語る人は、いつもそこで終わるから、だから好感が持てない。
その歴史があるから、いったい何だっていうんでしょうか。
そこのところを語らずして、何のために歴史を語るんでしょうか。

それこそ、単に知識をひけらかしているだけのよう。

「ほら、言ったでしょ。昔からそうなんだよ。」
そうやって後付けで説明しているようにしか見えません。

今回の津波の話も、過去にも大きな津波が来ていて、石碑が立っていて、
それを守っていればあんな被害は大きくならなかったって言うわけだ。

やっぱり、「ほらね」としか言ってないでしょ。

その事実を知っていても、何も今に反映させられないのならば、
それは、そのことを知っていることの意味なんかないですよね。

年寄りがする昔話はだいたいの人が飽き飽きしながら聞きますが、
歴史はまさにその程度に成り下がっているとしか思えません。

せいぜい教養。カルチャースクールのレベル。

ならば、昔のことなんてほとんど知らなくても、
今について警鐘をならそうとしている人の方がマシなんじゃないの?

だから、代替案についてきちんと語れるこの新聞は素晴らしい。
批判だけ、嘆きだけ、報告だけで終わっていないところが素晴らしい。

自分もどれだけ「これから」を語れているのか。
俺の場合も「今」しか語っていなくて「これから」がないかもしれない。

より多くの人たちと、「これから」を考えていけるように、
さまざまな情報を得て、もちろん過去についても勉強していきます。

昼にアースデイ東京2012で聞いた話と、夜のトークライブと、
それぞれをつなげることができたかなーと思いました。

2012/4/22

地球のこと、未来のこと  日記

ああ、今日も寒いですね。
現在、ホットカーペットが稼働中です。ああ寒い。

さて、今日もお出かけしてきました。
今日4月22日はアースデイですからね。

昨年は行けませんでしたが、代々木公園までアースデイ東京2012に。

で、その前に、ラフォーレミュージアム原宿に。

前にご紹介したことがありますが、
ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカルの後藤さんが中心で発行している、
THE FUTURE TIMES』という新聞があるんですが、
そのイベントがあるということで。

東日本大震災の被災地を見つめてきたフォトジャーナリストの写真展示です。

写真はいろいろとありましたが、惨状が移されているものよりも、
人々が笑顔で写っている写真の方が心に来るものがあります。

あれだけのことの後でも笑顔でいられるみなさんは本当に力強いです。

そのあとは、アースデイの会場に行く前に腹ごしらえ。
ラフォーレの近くにあったお店でフレンチトーストを。

クリックすると元のサイズで表示します

「ECO FARM CAFE 632」というところで、
パンケーキが有名らしかったけど、シナモンアップル付きというので回避。

フレンチトーストもおいしかったですよ。
メープルシロップが香ばしくて、黒糖のようでした。

で、ようやくアースデイの会場へ。

クリックすると元のサイズで表示します

今回もいろいろとNGOのブースを中心に回りましたが、
興味深かったのは、水資源について発表していたところで、
ミネラルウォーターの取水地とされている自治体で、
企業が水を取りすぎて地下水を枯渇させていると。

そのせいで、一般家庭の地下水は濁ってしまったため、
浄化装置をつけざるを得なくなってしまったんだとか。

中国が水源を買いあさりそうだと警鐘が鳴らされていますが、
そんな水を売って商売している日本企業は許されるんでしょうか?

あと、メディアについての興味深い話も他のところで聞けて、
月刊誌である「DAYS JAPAN」を定期購読することにしました。

有料メディアと、広告主に左右される無料メディアとの、
情報の質の差を比べてみたいと思ったからです。

で、夕方になって再びラフォーレミュージアム原宿へ。
先ほどの写真展の夜の部の「LIVE&TALK」を見に。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

入場は600名ということで、よくチケット当たったなーって。
昨日の武道館の14000人もよく当たったなって感じでしたが。

オールスタンディングだったのでずいぶんと疲れましたが、
トーク部分の感想は後でまとめて書くとして、
トークの後のライブは、まずはSTRAIGHTENERのホリエアツシさん。

申し訳ないのですが、STRAIGHTENERは存じ上げなかったので、
曲は全くどれもわかりませんでしたが、いい歌声で、
メロディも素敵な感じでしたね。

そのあとにアジカンの後藤さん。
話し声と歌声との間のギャップがなんとも面白い。

途中、アジカンのギターの喜多さんも登場して、トークもおもしろくて、
今度いつかASIAN KUNG-FU GENERATIONのライブも行ってみたくなりました。

帰りは新宿のメトロ食堂街で天丼を。
お店の中でより高級な天ぷらを食べたかったけど、さすがに2日連続は…。

クリックすると元のサイズで表示します

今日もいい1日となりました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ