音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2011/5/26

2時間半の映画  日記

今日は家から一歩も出ず、ぐだっとしていました。

昨日は採点をしてから塾に行き、帰りも遅くなってしまったので、
今日の夕食のための食材を買うことができなかったのでした。

だけど、そのためだけに外に出るのもいやなので、
家にあるもので済ませたんだけど、冷蔵庫がすっかすかで…。

まあでも、よく寝たので、明日も採点がんばれそうです。
旅行の調べものもけっこうできたし。ある程度固まってきました。

今回は石垣(1日半)と西表(1日)だけにして、
竹富はスルーしてもいいでしょうかね。竹富必須ですか?>イートンさん

さて、先日流れたニュースなんですが、
それを耳にされた方はどれだけいるでしょうかね。

1967年に発生した、いわゆる「布川事件」について、
強盗殺人の罪で無期懲役とされた桜井昌司さんと杉山卓男さんが、
再審の結果、無罪となりました。

昨年には、「足利事件」について再審無罪の判決がありましたが、
冤罪が救済されたことは喜ばしいことである一方、
不十分な捜査によって2人の自由が奪われたことは許されざることです。

で、このお2人は、無期懲役ということで服役し、
その後、仮釈放をされて、それから再審請求を行ったわけですが、
その、仮釈放から再審スタートまでの様子を描いた映画が、
今年の3月から公開されてるのです。

タイトルは「ショージとタカオ」というもので、
東京では新宿での単館上映なんだけど、
行こう行こうと思ってはいたんだけど、いまだに行けてないのでした。

そのうちに再審の判決が出てね。
これからは話題になるから、ちょっとはお客さんも増えるんだろうな。

2時間半とちょっと長い映画なんですけど、
来月中旬までの上映のようなので、終わらないうちに行かないとな。

国立博物館の「手塚治虫のブッダ展」も気になるので、
それとセットで行こうかしら。

場所的にはちょっと離れているけどね。

興味がある方はぜひ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ