音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2011/5/1

城崎でも山登り  旅の話

さて、城崎で登山です。

山のふもとには薬師堂があって、そこでおしまいでもいいんでしょうが、
参道である山道を上がっていきました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

で、この日は雨が降っていたわけで、山道はひどいことに。
こんな日は登山してはいけません。

クリックすると元のサイズで表示します

すたすた上がっていくと、5分ほどで中腹にある本堂に着きました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

本来ならば、ロープウェーに乗って、途中下車でお参りできるところ。
しかも、お参りしようにもお賽銭箱が出ていない…。本格的休みモード。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、さらに山道を進んで、山頂まで行くことにしました。
ここからの道はさらにひどかったですね。15分かかって山頂へ。

山頂からの眺めはまあよかったですね。

クリックすると元のサイズで表示します

かわらけ投げ処というのがあって、的に当たるといいって話なんだけど、
そのかわらけを売っている売店は当然お休みなわけで。

山頂には奥の院があったんだそうだけど、老朽化により解体したと。
観音様がいらしたので、お参りしてから下山しました。

さすがに来た道は険しすぎてきついと思ったので、別ルートで。
途中に「和合の木」というのがあるというコースへ。

この山道は「近畿自然歩道」の一部で、近畿にもあるんですね。
東海自然歩道」ってのがあるんだけどね。高尾から大阪まで行くやつ。
前に、比叡山を突っ切っていると書いたことがあるやつです。

「和合の木」ってのは、アカマツとコジイという木が、
根元から1つの木のように合体してしまっているもの。なんかすごい。

クリックすると元のサイズで表示します

これを見ると、子宝に恵まれるそうです。そーですかー。

そのあとは山道を進んで、ロープウェーの木のそばまで。
降りてきたところにあった極楽寺は、石庭がなかなかでした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

すっかり歩き疲れたので、いよいよ温泉を楽しんでしまいましょう。
城崎温泉には6つの外湯があるのです。

すべてを回るつもりはなかったんだけど、
1000円を払えば1日つかり放題ってことだったので、なら行ってみようと。

しかも、ずいぶんと新しい試みがされていて、
Suicaや携帯などFelicaに入浴券を入れて持ち歩くのでした。

その名も「ゆめぱ」です。

なんか、実際に券があったほうが記念になるわけだけど、
これのおかげでいろいろと便利になっているそうで。

実は、宿にチェックインしたら外湯券がいただけたので、
お金を払わなくともよかったんですけどね…。

まあ、いいですよ。

ってことで、次回は外湯めぐりについてがっつりと書こうかと。

2011/5/1

木曜の城崎は…  旅の話

今日から5月ですね。それにしても、今日は風が強かったな。

なんか、今日は風が強いから外出は控えよう的な、
またあさってから連休だからという余裕な発言も見られますね。

前に書いたことがありますが、
おれは、休みがむしろなくなるというのが今週なわけで。

そんな今日ですが、これまで使っていたPCが旅立ちました。
捨てたのではなくて、姉のおうちにもらわれていきました。

そのお礼に、低反発ロールケーキというのをもらっちゃいました。
低反発といってもベッドじゃないんですよ。ロールケーキです。

低反発というだけあって、確かにスポンジがしっとりでやや重め。
軽すぎるのよりもいいですね。ありがとうございました。

さて、ぼちぼち旅行の話をしようかと。
みなさんが旅行している間に、俺は旅行の記事を書くのです。
なので、ほとんど読まれないの確実。ただでさえ読まれてないのに…。

今回も朝早く出発。のぞみ3号に乗車ですので。
京都で「きのさき1号」に乗り換えて、福知山まで。
「きのさき」という名前のくせに、1号は福知山までしか行きません…。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そこから普通電車に乗り換えて、昼前に城崎温泉に到着しました。

天気は小雨。時間が早いせいか、人がほとんどいません…。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

城崎温泉は、志賀直哉だけでなく、多くの文豪が愛した場所だそうで、
とりあえず、駅から少し歩いたところにある「城崎文芸館」へ。

文豪の話もあったんだけど、城崎温泉の歴史も書いてあって、
かつては外湯しかなかった温泉に、内湯(旅館)も作る話が持ち上がり、
しかし、温泉の湧出量の関係もあって町民は反対。

デモ活動だけでなくや裁判沙汰にまでなったんだそうです。

最終的に和解して、今の温泉街があるんだというわけで、
その辺を考えると、観光地開発ってやっぱ難しいよね。

その後、「城崎麦わら細工伝承館」へ。
城崎は麦藁細工で有名なんだとか。

作品を見るだけでは、なんだか普通に見えるんですが、
この伝承館で職人技のDVDを見せてもらってその凄さを実感。

どちらも館内撮影不可でお見せできないのが残念なのですが、
麦わら細工のすごさはぜひとも知ってもらいたいなー。

その後、街をプラプラして、街を上から眺めようと。
街中でも数少ない名所の1つなんですが、過酷な旅が待っていました…。

ロープウェーで山の上に行くことができるんはずだったんだけど、
なんと、第2、第4木曜日は運休だって!

クリックすると元のサイズで表示します

山の中腹には「温泉寺」という見どころまであるというのに…。

ここに寄れないとなると時間が相当余ってしまうので、徒歩で上ることに。
なんか、旅行となるといつも山道歩いているような…。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ