音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2011/5/15

復興支援試合のお知らせ  クリケット

今日はひさびさにバスケしてきました。

いつもの通りたいした動きはできていないわけですが、
でも、今日はなんだか気分がいい感じで終えれたのでした。

何でだろうかと考えたところ、今日はメガネかけてなかったんですよね。
メガネかけない方がいいのかもしれないなー。

で、その帰りにラーメン屋さんに寄ったんだけど、
つけ麺を頼むか冷やし坦々麺を頼むかかなり悩んだ挙句、塩つけ麺を選択。

クリックすると元のサイズで表示します

まあ、おいしくないってことはなかったんだけど、
目の前に座った方が冷やし坦々麺を食べていて、
ちょっとだけもらったら、明らかにあっちの方がうまかったわけでした。

せっかく、気分よく帰ってこれると思ったんだけどなー。

さて、ひさびさにクリケットの記事なんですけど、
来月4日に昭島で震災復興チャリティーマッチが行われるということで、
今回はそのお知らせをしようかと。

くわしくはこちらをご覧いただければと思いますが、
東京の昭島でオーストラリア大使館のチームを招いて行われるのです。

もともと、地震のあった翌日に、
オーストラリア大使館との親善試合が予定されていたんだけど、
地震のせいでできなくなってしまったので、
だったら延期してチャリティーマッチを、という話になったんだそうです。

試合は11時ころから始まるとのことですが、
今回の試合はTwenty-20形式という、クリケットの中では短めの試合なので、
試合は2時間程度で終わるのではないかと思います。

なので、クリケット特有のゆったり感はないかもしれませんが、
試合展開が早いので、見ていて飽きないと思います。

あと、クリケットを体験できるコーナーもあるということなので、
散歩がてら、ふらっと寄っていただけるといいのではないかと。

ちなみに、俺は仕事の関係で残念ながら行けないんですけどね…。

それから、このチャリティー試合のサイトでは、
チャリティーグッズの販売も行っているので、よければお願いします。
(試合会場では販売していないそうです)

ということでした。ちなみに、下のはロゴマークだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/5/12

うれしい贈り物  日記

全開で旅行記が一段落ついたわけですが、
すでに、夏の旅行の計画を立てているのでした。

なのですが、郡上八幡に行こうと考えていた日程が埋まってしまいまして、
今のところ、お盆の前後またはお盆の期間中か、9月の初めか、
いずれにしても人が多い時期に行かなければならないことに。

どうしようかかなり悩んでいるところです。

で、そのほかに、7月の下旬に3日の日程が取れそうで、
九州にでも行こうかと考えたのですが、
スタートとゴールは決まったんだけど、途中がなかなか思いつかなくて、
それであれやこれやと考えていたらこんな時間に…。

別に、順番はどうでもいいんだけど、
とりあえず、宮崎の高千穂に行こうかなということと、
九州新幹線に鹿児島から福岡まで乗ろうということは決めてあるのです。

新幹線を熊本までにすればいいってことなんですかね。

とはいえ、宮崎と鹿児島の観光地がさっぱりわからん。
思いつくのは桜島くらいですかね。

宿泊地も、温泉街がいいとは思っても霧島に行くのは大変そうだし、
鹿児島を通り過ぎて指宿まで行くのもどうなのかと思ってみたり。

一気にまわってしまおうというのがいけないのはわかっていますが。

まあ、高千穂見れて九州新幹線に乗れれば、それで満足しなきゃなのかな。
いつもはいいプランがすぐに思いついたりするんですけどね。

さて、今回はたまにはいい事を書こうかと思いまして、
いつも、文句ばっか言ってると言われるので、たまにはほめないと。

以前に「マーロウ」というプリン屋さんをご紹介したことがありまして、
あれ以降、贈り物をするのにたまに使わせてもらっているんだけど、
先日、そこから封書で何かが届いたんだよね。

で、いつもはメールでお知らせを送ってくるので珍しいなと。

たぶん、DMなんだろうと思って開けてみたところ、
「震災後の宅配注文におけるご協力・ご理解のお礼」という紙が。

というのも、今年のバレンタインデーのお返しにと、
母と姉と姪にここのプリンを送ったんだけど、
ちょうど配送予定の数日前にあの地震が起きてしまったので、
配送が2週間程度遅れてしまったのでした。

生ものだから、確実に翌日配送できるまで時間がかかったわけで。

で、今回はそのお詫びというか協力へのお礼というわけで、
中には、絵葉書が入っていたんだけど、
まあ、何が入っているかということではなく、その気持ちがうれしいよね。

地震発生時のディズニーランドの対応が素晴らしかったって話があるけど、
このお店も、普段からお客さんのことを考えているってことだよね。

でなければ、こんな対応できないと思うんだよなー。

まあ、プリンはややお高めなので、じゃんじゃん買うわけにはいきませんが、
また利用しようと思うわけでした。

みなさんもよろしければどうぞ。プリンもおいしいですよ。

2011/5/9

旅行のおみやたち  旅の話(+たべもの)

明日は暑くなるみたいですね。しかも、雨だし。
蒸し暑くなって、みんな冷房つけまくって、停電騒ぎ再燃ですかね。

さて、先日ですが、ちょっと歯医者さんに行ってきたんだけど、
処置室の中には軽くオルゴール音のBGMが流れていたんだけど、
取れてしまったものをくっつけるためにぐっと噛んでいたところ、
ちょうど、ROCK'A'TRENCHの「My Sunshine」が流れてきたのでした。

なので、力を入れつつも曲に若干のってしまったんだけど、
働いている塾でもスカパーのオルゴールチャンネルを流していて、
もし、同じチャンネルだったら、塾でも聞けちゃうのかーと。

でも、今まで一度も聞いたことないんだよね。
GLAYの「HOWEVER」はよくかかるんだけどね。

ということで今回は、旅行記の番外編ということで、
各地で買ってきたお土産たちをご紹介したいと思います。

まず、城崎温泉では「独鈷水(どっこすい)」と「かに最中」を購入。

「独鈷水」は、かつて「だんじり太鼓」という名前だったそうなんだけど、
どちらも城崎に関するものから名前をとってつけてる模様。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに独鈷水とは、
極楽寺の裏手にある岩かげから湧き出ている清水のことだとか。

箱がかわいらしくてよかったです。

「かに最中」は、城崎温泉の名物みたいですね。
カニの形をしているというだけで、あんにカニの身は入ってません。

クリックすると元のサイズで表示します

次に、天橋立では「かわらけせんべい」と「オイルサーディン」を。

「かわらけせんべい」は、願いを込めて投げたからわけの形。
別に、このせんべいを投げているわけではないのです。

クリックすると元のサイズで表示します

「オイルサーディン」は天橋立名物だそうで。
イワシの油漬けなんですが、けっこう人気みたいです。
まだ食べてないんだけど、ちょっと楽しみですねー。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に、京都駅で見つけたのが、七味家の「山椒あられ」です。

クリックすると元のサイズで表示します

七味家さんといえば、前に「あげおじゃが」を紹介したことがありますが、
これは清水の本店にまで行かないと買えないのでした。

そんな仲、この山椒あられは駅でも売っていたし、
調べてみたら、ネットで注文すれば配送もしてくれるそう。

味は、あの山椒のスーッとした感じがたまりませんが、
やっぱり、俺的には「あげおじゃが」の方が上を行っていると感じます。

ってことで、基本的におみやげは自分が食べたいものを買うのです。
今回も、人にあげるとか言いつつ自分でも食べてますからね。

どのお土産もおいしかったので、ぜひともどうぞ!

2011/5/7

最後は京都・東寺  旅の話

城崎温泉から天橋立を経たこの旅もそろそろおしまいです。
14時前に天橋立を出発して、京都に16時過ぎに到着しました。

途中、昨年の夏に行った保津峡を通過。
上から保津川とトロッコ列車の線路を眺めることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

で、そのまま帰るのももったいないので、ちょっと京都散策を。
といっても、時間も時間なので、駅から近いスポットへ。

新幹線で京都を通過したことがある方なら見たことがある、
あの五重塔があるお寺、東寺に行ってみることにしたのでした。

どうせ行くのは東寺だけだからと、特に地図をもらうこともせず、
あれだけ新幹線から見えるんだから、五重塔を目指して行けばいいと、
そう思っていたんだけど、駅を降りてもビルばっかでさっぱり見えません。

とりあえず南西方向に歩けばよかろうと、歩いて行ってもまだ見えない。

たしかに、駅1つ分を歩かなければいけないわけで、
20分ほど歩いてどうにか到着しました。意外と遠いんですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

拝観時間は17時までということでちょっと急ぎ足で。

何はさておき五重塔へ、というのもなんかちょっと野暮なので、
まずはちゃんと食堂でお参りをしてから有料ゾーンへ。

クリックすると元のサイズで表示します

講堂、金堂と順に入らせてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

中にはたくさん仏様がいらしてね。
大日如来はやっぱりすげーなーとか思いつつ、いよいよ五重塔へ。

クリックすると元のサイズで表示します

この日から特別拝観が始まっていたので、中にも入れることに。
中の壁画とかもしっかり残ってて、すばらしいですね。

外には五重塔の図面が置いてありました。
柱はさすがに継いで作られてるんですね。そりゃそうか。

いろんな角度から五重塔を。八重桜も咲いていていい景色です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

その後、弘法大師の住まいだったという御影堂へ。

クリックすると元のサイズで表示します

弘法大師像は秘仏ということで拝見できませんでしたが、
お堂に上がってちょっとくつろいでから東寺を後にしました。

で、東寺というくせに京都駅から見ると西のほうにあるわけですが、
これは、かつては都の中心がもっと西にあったって話なわけですね。

さて、駅に着いて、ここで夕食をとって帰ります。
事前に調べたら、駅ビルにお安めの和食屋さんがあるというのでそこへ。

「はしたて」というお店なんですが、
メニュは限られていましたが、どれも食べたいなーって感じのものばっか。

ランチが主体のようなので、今度は昼に行きたいですかねー。

俺は食べたのは、京赤地鶏のすき焼き丼。
山椒をかけるとまたいい風味を醸し出すのでした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

デザートにはれんこん餅。わらび餅よりもやわらかいですね。

駅でお土産をいくつかと自分用に赤福を買って、新幹線で半分食う。
新幹線はすいてましたねー。

ってことで、今回もみっちり最後まで楽しんできた旅なのでした。

2011/5/5

天橋立を歩く  旅の話

さて、天橋立を歩いて渡ることにしました。

その前に、天橋立に至るには2つの橋を渡るのですが、
そのうちの1つが回旋橋になっていて、ちょうど回るところが見れました。

タイミングよかったなー。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぐるっと90度回転するわけですね。
せっかくなので、動画も撮ってきたのでご覧ください

さて、天橋立は松林になっているわけですが、
上から見るほどには松が密集しているわけではないのですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

松林の途中にもいろいろと見どころがあって、
なかでも、かなり不思議なのが「磯清水」という井戸です。

クリックすると元のサイズで表示します

周りが海に囲まれているにもかかわらず、
底から湧いている水はなぜか真水なんですね。塩味がしないのです。

湧水なので、飲用には使うなと書いてはいたんだけど、
気になったもんだから、ちょっとなめてみたら、確かに塩味じゃない。

ずいぶんと深くからしみ出てきているんですかね。

俺はすたすた歩いたので、だいたい40分弱で渡り終わりました。
そして、こちらからも高台から天橋立を望みます。

その前に、「元伊勢 籠神社」にお参りに。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

かつてはこちらに天照皇大神がいらしたんだそうで、
そこで「元伊勢」という名で呼ばれているんだとか。なるほどー。

そこからちょっと歩いて、リフトに乗って傘松公園に。
ここから見える天橋立は「斜め一文字」なのです。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとここでは天気が本格的に悪くなったので、写真があれですが…。

また、この傘松公園ではかわらけ投げを楽しむことができます。
わっかを通すことができると、願いがかなうらしいです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

で、やってみましたが、これがなかなか難しいのですね。
結局俺は通すことができませんでした…。
周りの人でも通せた人はほとんどいなかったみたい。

帰りはケーブルカーに乗って下山し、そのあとは船で戻りました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ちょうどそこで昼だったので、そばを食べつつ名物の「智恵の餅」を。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

見た目は赤福みたいな感じなんだけど、
お餅がつるつるしてなかったのが印象的でした。

お土産を買って、駅に戻ったら電車まであと30分もある…。

で、ふと見てみたら、駅の隣に「智恵の湯」という温泉を発見。
城崎での経験上、30分あればOKなので、入って暇つぶし。

クリックすると元のサイズで表示します

14時前の電車で京都に向かうのでした。

2011/5/4

天橋立は日本三景です  旅の話

今日はうちの近くにある多摩動が大変なにぎわいだったそうで。
無料開放日だったかららしいんですけどね。

昨日と今日とほぼ同じ時間に家を出たんだけど、
昨日は全くとっていいほど車が走ってなかったのに、
今日は交差点に左折待ちの渋滞が…。嵐の前の静けさだったんですね。

中にいた方からの情報では、ライオンバスの待ち時間が150分だったって!
舞浜じゃなくてもそんな行列が登場してしまうんですね。

さて、城崎温泉を堪能した翌日ですが、見事に晴れていい気分。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

すがすがしい気分で駅まで歩いて、まずは豊岡まで。

クリックすると元のサイズで表示します

そこから北近畿タンゴ鉄道というのに乗り換え。

ちょっと乗り換えの時間があったので、駅を回っていたら、
豊岡はカバンの街らしく、なんと、カバンの自販機が!

クリックすると元のサイズで表示します

で、豊岡からは特急に乗ったんだけど、東京では特急券を買うことができず、
もし座れなかったらどうしようかと不安だったんですが、
なんと、ほとんど人が乗ってねー。全部で3、4人でした…。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

でも、途中から人がどんどん乗ってきたんだけどね。
あ、特急券が硬券だったんです。かなりうれしい。

電車は京都行きだったので、連休初日だったから、
お出かけのみなさんだったんですね。俺は途中の天橋立で下車。

駅を出て、まずは近くにある天橋立ビューランドへ。
リフトに乗って高台に上がるのでした。

上がっている途中に、ちょうど福岡に行っていた友人からメールが来て、
ラーメン屋さんで葉加瀬太郎を発見したと!

ここにも芸能人いないかなーと思ったんだけど、
それどころか、頂上に近づくにつれて小雨が降りだしたのでした…。

まあそんな曇り空でしたが、天橋立の眺めは素晴らしい!
あの形が自然にできたものとは思えないですよね。

クリックすると元のサイズで表示します

股のぞき台があって、ちゃんと逆さになってのぞいてきました。
たしかに、天に昇っていくように見えますね。

クリックすると元のサイズで表示します

どっちが上だか下だかわからなくなるからなんだろうな。
ちなみに、上の写真はちゃんと逆さになって撮ってますよ。

で、これで日本三景を制覇!

宮島は2005年10月、松島は2009年8月にそれぞれ見にいっているんですね。
松島は高校の時にも行ったことあるんだけどね。
宮島については、なぜかブログにほとんど書いてないんだね。なぜだ?

ってことで、またリフトで降りてきて、歩いて天橋立のほうへ。

海沿いには智恩寺という知恵を授かる文殊菩薩がいらっしゃるお寺が。

さらに、近くには「智恵の輪」と呼ばれる灯篭があって、
この輪をくぐると文殊様の知恵を授かることができるんだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

大人はちょっと無理だけど、赤ちゃんとかなら行けそうだよね。

ってことで、この辺で雨がやや降ってきてしまったんですが、
そんなことにもめげず、天橋立を歩いて渡るのです。

2011/5/2

城崎で外湯めぐり  旅の話

今日のことですが、毎年夏にお世話になっている郡上八幡の宿から、
今年も郡上踊りの日程表が書かれたはがきが届きました。

毎年送ってくれるんだけど、今年はなかなか来なかったので、
見限られたのか、それとも民宿自体がどうにかなってしまったのか、
ちょっと不安だったんだけど、一安心というところでした。

なんでも、震災の関係で発送を1か月遅らせたんだとか。

今年も7月中旬に訪れる予定なのでした。

さて、城崎温泉では温泉を堪能してきたわけですが、
今回は外湯めぐりをしてきました。

街自体がそこまで大きいわけではないので、
全部回るのに苦労しませんでした。

外湯は全部で7つあるんだけど、この日はそのうちの1つはお休み。
なので、6つのお風呂に入りました。平日は必ずどこかがお休みなのです。

登山を終えて来て1つ、宿にチェックインしてから3つ、
夕食をとってから2つという感じで。

1つのお湯にはだいたい移動も込みで全部で30分って感じだったでしょうか。

で、まず行ったのは「鴻の湯」です。外湯のうちでもっとも古い外湯です。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

けがをしたコウノトリが傷をいやしたとされることからこう呼ばれるそうで。
なので、登山で疲れた足を癒すにはちょうどいいかと。

それぞれの外湯は、単に湯船があるだけでなく、
なんかしらメインとなるお風呂があるんだけど、ここは露天風呂。

その名も「庭園風呂」で、木々に囲まれていていい気分なのでした。

次は、宿のそばにあった「まんだら湯」へ。
こちらは温泉寺と関係のあるお風呂。なので、ややおごそかです。
その関係もあるのか、開くのが午後からというのも特徴的。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらの目玉は「桶風呂」です。
2人くらいしか入れないんじゃないかっていう大きさの桶があるのです。
まあ、結果的にはほぼ独占しちゃうわけで、ある意味いい気分です。

次に向かったのは、城崎温泉駅のすぐ隣にある「さとの湯」です。
ここは「展望風呂」が目玉。浴室内に階段があって、屋上に上がれるのです。
他にもサウナが3つもあって、スパに近い感じですね。

夕食前の最後は「一の湯」です。
ここには「洞窟風呂」があって、洞窟って言っても広い感じの洞窟ね。
とても静かな感じで、落ち着いたムードがよかったですねー。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、夜になってから「御所の湯」です。別名「美人の湯」なのです。
露天風呂が二層になっていていたんだけど、
「美人の湯」ってくらいなので、女湯はもっといい仕掛けがあるのでは。

最後に「地蔵湯」ですが、ここはいたって普通な感じでした。
打たせ湯のパワーはハンパなかったけど。

クリックすると元のサイズで表示します

で、城崎の外湯めぐりは浴衣で回るのが基本だそうで、
宿にある浴衣も、外に着て行っても恥ずかしくないようなものでした。

浴衣だと着替えも簡単だからいいですよね。
寒さ対策として、ちゃんと丹前も置いてあるのでした。

あと、いいなと思ったのは、外湯に地元の人も結構来ていたってことかな。
地域住民は入浴券がもらえるらしく、家族連れとかでも来てました。
まさに地域密着でいいですね。

まあ、俺がいた日は人が少ない日だったので、
土日とかにぎわうときはどんなことになっちゃうのか怖いですけどね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ