音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2011/1/30

佐川さんどうもでした  日記

今日はいろんなところに行けて楽しかったです。

その前に、昼食に「アイダホバーガー」を食べてやりましたよ。
なかなかおいしかったですねー。ハッシュポテトのサクサクがよかったですね。
ベーコンも入ってるからそのうまみもあるので、なかなかでした。

ただ、1つだけ注文をつけるとすれば、
バーガーの中にポテトが入っているのだから、セットのポテトいらなくね?

そこは気を利かせて、ナゲット3個セットとかにしてくれたらよかったかな。

さて、昨日届かなかったベルトですが、今日無事に受け取れました!
なので、さっそく取り付けました。うまくいってよかった。

ベルトにはちゃんと小さい穴から棒を押し出す器具もついてるんですね。
ちゃんとswatchのロゴが入ってるやつ。ちょっとかっこいいです。

で、今日中に無事に受け取ることができたんだけど、
今日は午前中は塾があって、午後はまた出かけることになっていたので、
受け取れる時間は、家に帰ってきて飯を食って出かけるまでの1時間ちょっと。

そこにうまく配達屋さんが来ればいいんでしょうけど、
帰ってみると、すでに11時くらいに来たみたいで不在票が入っていました。

でも、実はその方が俺にはありがたかったんですね。
1つだけ、これでいけるのではないかというプランがあったので。

そんな家にいる1時間の間に宅配屋さんが来るなんて確率低いわけで、
今回、配達担当が佐川急便だったので、そのプランが使えるのではないかと。

何かというと、エリアによって違いはあるのかもしれませんが、
うちのエリアの佐川急便の人は、ネットから再配達の申し込みをすると、
“今家にいる”という判断をそのドライバーさんがして、
近くにいる場合はすぐに再配達をしてくれるんです。

再配達の希望って、けっこう今いる時間は選べないことが多いですよね。
なので、2時間後とかを選ばざるを得ないことばっかだし、
俺はまた夜には塾にいかなきゃいけなかったりするから、
選べる時間がなくて、結局明日にお願いすることも多いわけです。

そうやって、明日の時間を指定しても、すぐに飛んできてくれるんですね。
ヤマトではやってくれません。佐川だけですね。

まあ、ヤマトの場合はメールで不在だって来るから、外出先から指定できるので、
それはそれで便利なんですけどね。

ってことで、今回はそれに賭けて、帰宅したらすぐにネットから再配達を申請。
そしたら、今回は5分も経たないうちに来てくれました。ちょっとびっくり。

そんな感じで、今日中に受け取ることができたのでした。

まあ、この手は日中に家に帰ってくる人じゃないと使えないんですけどね。

ということで、おかげさまで明日からは新しいベルトでいけるのです。
まあ、アルミのだから見た目はあんまり変わりませんけどね。

2011/1/29

ベルトを交換  日記

あー、よく寝てしまいました。アド街ック天国の途中で力尽きました…。

今日はこれからアレですね。0時から始まるのです。
サッカーじゃありませんよ。サッカーは見ません。
毎月1回放送される「今夜も生でさだまさし」ですよ。

決勝と同じ0時スタートということで、さださんの第一声に期待です。

さて、今日は待ち人来たらずというか、待ち物来たらずでした。
何を待っていたかというと、時計のベルトです。

学校に行く時など、スーツを着ているときは、いつもswatchをしてるんだけど、
この時計のベルトがおかしくなってしまったのでした。

このswatchは父からもらったもので、
といっても、父に買ってもらったわけではなくて、父がもらったもので、
でも、いろいろあって使えないというのでくれたという記憶。

もうけっこう経ちますから、ベルトもくたびれてきますわね。
時計そのものがまだ動いてくれていることに感謝です。

で、ちょっと前から徐々に壊れてきて、
アルミ製なので、ベルトそのものが切れるということはないわけだけど、
留め金のところがダメになってしまったのでした。

パチッと止まることは止まるんだけど、
ちょっと横に力を加えるだけで簡単に外れてしまうように。

なので、新しくベルトを交換しようと思い、
職場の近くにswatchショップがあるので、そこに行こうとかとも思ったんだけど、
ネットでベルトを買えるショップを見つけたので、そこに注文したのでした。

そこで問題なのはベルトの長さなんだけど、
ネット上の口コミで、そこのお店は画像を送ればどうにかしてくれるっぽかったので、
今ある時計のベルトの写真を送って、それと同じ長さにしてもらいました。

本当に同じ長さになってるかどうかは届いてみたものを確認しなきゃだけど、
まあ、ちゃんとやってくれているはず。

で、以前に、13年使っていたPRO TREKのベルトが切れたときに、
これも違うお店からベルトを取り寄せて付け替えたことがあって、
そのときに、時計修理用のドライバーセットも一緒に買ったので、
今回もそれを使って付け替えるのでした。

明日には来るはずですが、もし受け取れないと困るなー。
というのも、今日やってくると思って、古いベルトはもうはずしちゃったんです。

なので、明日受け取れないと、月曜日はベルトなしでもって行くことになるのか。
それはきついね。

ってことで、あと30分でサッカー、じゃなくて「生さだ」です!
その前に食器洗わないとな。風呂は諦めました。

2011/1/27

まさかの再調整  日記

ああ、もう1月が終わるんだなー。はやいですねー。
1月になってからあんまり忙しくないから、時間が経つのも早いな。

忙しいと、集中してるから1時間が経つのは早いかもしれないけど、
1年を振り返ってみると、いろんなことやってるから早いとはあんま思えない。

暇だと、1時間が経つのがけっこう遅いけど、振り返るとたいしたことない。

そう思うしだいであります。

さて、そろそろ確定申告の時期が近づいてきたので、
今年も電子申告(e-tax)をするために準備とかしてみたのでした。

いきなりサイトに行って、源泉徴収票を見ながら数字を打てばいいわけではありません。

いろいろと準備のために更新用ファイルをインストールして、
今年の確定申告ができるようにしなければならないのでした。

なんか、毎年対応しているファイルが違うんだろうな。

で、塾の方では昨年12月の給与明細とともに源泉徴収票がもらえたんだけど、
学校の方は1月の給与明細とともに配布されたので、
ようやく、データを入力できるようになりました。

のはずだったんだけど、ちょっと1つ問題がありましてね。
何かというと、学校でもらった源泉徴収票が間違っていたんだよね。

給与明細はだいたい家に帰ってきてから見るんだけど、
源泉徴収票はその場で見ることが多くて、今年も見てみたところ、
社会保険料の控除額がえらいことになっていたのでした。

昨年末に書類書いて申請した2倍の額になってのさ。びっくりだね。

たしかに、昨年の年末調整でいったんは還付があるわけですが、
そのときに帰ってきた額が今までに比べるとすごく多かったので、
なんだか変だなーとは思っていたんだけどね。

で、一応、控除の申請をしても正しく反映されていないと困るから、
書類に書いた額を控えておいたんだよね。

ってことで、その控えとつき合わせてみたら、全然違う額なわけで、
そりゃ、2倍になってりゃ返ってくる額も多くなるわな。

なので、それを事務の人に伝えて、
結果的には、ちゃんとした源泉徴収票を発行してもらえたんだけど、
余分に返された税金を戻さねばならないのはいいんですが、
すぐに現金で持ってきてくれと。

たしかに、1月の給料はすでにもらってしまったので、
精算するなら2月になっちゃうから、それでは遅いってことなんでしょうけど、
こちらのミスではなくてそちらのミスなわけだから、
そこはそちらが立て替えることでどうにかするもんじゃないんですかね。

まあ、いいですけど。

それで、確定申告用にデータを入れてみたところ、
今年は源泉徴収分では不足しているので払わねばならないことになりました。

ただ、支払うのもネットバンキングで払えるみたいなので、
わざわざ税務署に行く必要はないみたいだから、そこはよかったです。

あ、だから、みなさんも源泉徴収票は確認してみた方がいいですよ。
ミスすることはあるわけだから、税金の額が間違ってたら損ですよ。
何でもかんでも人任せはいけません。税も政治もね。

2011/1/25

東京でおみやげ  日記

東京ではひさしぶりの雨が降りましたね。
でも、夜だったから、実際に降っているところを見たわけではないんだけど。

で、困るのは、その雨が朝には凍ってるってことですね。
家を出てすぐに階段を下りるわけだけど、鉄の階段だから滑ること滑ること。

さて、前回の続きなんですが、
河口湖から帰ってくる途中、中央道の石川PAの寄ってきたのでした。

石川PAに行ったのは今回が初めて。
まあそうりゃそうだよね。家に近いから普通は行かないよね。

で、何で寄ったかというと、ここにはいろいろなところのお土産が売ってると。

ということで、おいしそうなお菓子をいろいろと買ってきてしまったのでした。
河口湖ではほとんどお金を使わなかったのにね。

まず、すぐに気になったのは「小仏トンネルロール」というロールケーキ。
この石川PA限定販売だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

すごいのはなんといってもその長さ。30センチもあります。
しかも、中にはクリームがたっぷりなので、真ん中を持たないと折れちゃいそう。

ロールケーキの多くは、端にだけクリームをたっぷりつめておいて、
いざ切ってみると中のほうはスポンジだらけだったりしますが、
この「小仏トンネルロール」は中までクリームがたっぷり。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

なので、けっこうずっしり感があって、かなりの満足感でした。
プレーンのほかにもチョコ味と抹茶味が。いつかそれらも食べたいなー。

次に見つけたのは「ぷりんどら」というお菓子。湯布院で作ってるんだって。
その名の通り、どら焼きの中にプリンが入っているというもの。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

どら焼きではなくて蒸しケーキで挟んでいる「和っぷりん」というのもありました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

これはちょっと期待したんだけど、プリンが甘くない系のプリンで、
カラメルの苦味がアクセントになっているタイプだったので、
甘さを求めていた俺はちょっと物足りなかったですねー。

まあでも、一般的には人気が出そうなお菓子ですね。

そして、最後に見つけて感動したのが「日本百景」というお菓子。
おそらく外国人観光客向けなんですかね。

都内の主要観光地の現在と昔の様子を描かれているポストカードが入っていて、
さらに、中には江戸の古地図が入っているといるのでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

俺は東京タワーを買ったんだけど、昔の風景には増上寺が。
他に、日本橋、浅草、新宿、渋谷、東京駅などがありました。

あと、現地で買わなかった信玄餅もここで購入。
ってことで、いろいろ買えてうれしかったなー。

特に、ロールケーキはまた買いたいから、PAには外からでも入れるそうなので、
いつか行ってみたいかなーと思うのでした。

2011/1/23

冬の湖上の花火  日記

今日は年賀はがきの当選発表がありましたが、ひさびさに当選0枚でした…。

残念ですが、それはしょうがないのでいいとして、
びっくりしたのは、今年はC組限定賞がなくなっていたってこと。

せっかく「カーボンオフセットはがき」で送っているのに、なんということか!

まあ、昨年の賞品が環境的なものでなくなったってのが怪しかったんだな。
でもそしたら、わざわざC組を作っておく必要ないじゃん。
期待させやがって。ふざけんな。

さて、昨日のことなんですが、ちょっと河口湖までお出かけしてきました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ここで、冬に花火をやっているというのでそれを見てきたのです。
題して「冬花火・湖上の舞」だそうです。もう今回で14回目なんだって。

冬の花火は寒いってのが難点だけど、空気が澄んでいるからきれいなんだよね。
クリスマスのときに見た花火もきれいだったもんなー。

で、河口湖までは車で行ったので、駐車場がいっぱいになってしまっては困ると、
現地には15時ころ到着しました。でも、花火は20時から。

それまで暇つぶしです。近くにあった石やさんとか香水やさんに入ってみる。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

あと、ちょっと離れたところにあった「オルゴールの森美術館」へ。
自動演奏のパイプオルガンとか、弦楽四重奏の生演奏とか聴いてきました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そのあとは、その近くでほうとうを食べたんだけど、ずいぶんとあっさりでした。
もっとドロっとしたの食いたかったなー。麺もなんか薄かったし。

クリックすると元のサイズで表示します

で、いよいよ花火です。
風がほとんど吹いてなかったので、そこまで寒くなくてよかったです。

時間は20分程度だったんだけど、すごく近くで上がるので迫力も満点。
湖面の近くで開く花火もあってなかなかでした。

花火を写真に取るのは難しいわけで、それでも露出時間を固定して撮影してみました。
その中でもまあうまく撮れたかなーってのがこちらでございます。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この花火は2月23日までの土日にやっているということなので、
寒さに自信がある方は河口湖までぜひどうぞ。

温泉もありますしね。俺は入らなかったけどね。

2011/1/21

また終わるのかー  PC/ネット関係

今日はサッカーがあるんですね。
そのせいで、タモリ倶楽部の開始時間が10分ずれているのでした。

もし、延長戦とかになるとさらに遅くなってしまうそうなので、
ぜひとも、がっつり勝つかがっつり負けてくださいね。

さて、先日、またメールが送られてきまして、
音楽用のブログとして「おとけーず」というのを書いていますが、
そのサービス先である「PLAYLOG」がサービスを終了するということなのです。

今年の5月で終わってしまうんだとか。

ちょっと前には「blogpet」が終わったばっかでね。
なんだか、続いて終わってしまうのはさびしいですね。

まあ、基本的に無料で使っているものなので、別に文句言えないし、
その点では、いつ終わってもおかしくないわけですが。

で、この「PLAYLOG」は音楽版のSNSということで、
一応、コミュニティなんかもあって、そこで交流することができたし、
PCやウォークマンで聞いた曲をそちらに送信することで、
再生履歴なども見ることができたサービスなんですね。

まあ、他のSNSに比べれば、
そこまで活発に交流が行われているわけではないのかもしれませんが、
それはそれで楽しかったんだけどねー。

で、問題なのは、その「おとけーず」を移転させなきゃいけないってことで、
一応、「PLAYLOG」の方でもその手はずは整えてくれるらしいんだけど、
それを使うと、移転先はso-netブログになるわけです。

でも、so-netブログだと都合が悪いので、
どこか他のブログサービスに自分でこつこつと移転させようかと思っています。

では、どこがいいのか。悩みどころですね。
ってことで、何かおすすめのブログサービスないですかねー。

とりあえず、このAutoPageをはじめとして、
so-netブログ、アメーバブログ、FC2ブログ、Bloggerは候補からはずして、
あと、Yahoo!ブログはレイアウトが嫌いだからパス。

他の人のブログを見てみると、
Exciteブログ、Seesaaブログ、livedoorブログ、はてなブログ、
なんてのが使われているみたいですね。

じゃあ、この中から探してみるかー。

記事数はそこまで多くないので、1つ1つずらしても平気なのではと。
なので、過去の日付を入れて書き込めるところがいいですね。

まあ、時間もまだあるし、他にやることがあるので、
春になったらちょっとずつやりましょうかね。

ってことで、移動した際にはまたお知らせしますので。

2011/1/18

ひさびさに大学へ  日記

昨日のことですが、久しぶりに母校の大学に行ってきました。
といっても、ずいぶんとうちから近いんですけどね。

で、何でかというと、お世話になった先生の最終講義があったからです。

自分の大学院時代の指導教授は、ちょうど2年前に引退されたわけですが、
最終講義を聞くのはそれ以来ということになります。

今回の先生は、大学院の1年(M1)のときに授業を履修した先生で、
修士論文の副査もしていただいた方なのです。

副査というのは、修士論文は書くだけではダメで、
提出したあとに口述試験、つまり面接試験のようなものがあるのです。

そこで論文の内容についていろいろと質問されて、
それにきちんと答えられれば、晴れて修士号を得られるということになっています。

で、その審査官が3人いて、指導教授が主査ということなんだけど、
あとの2人が副査で、そのうちの1人が今回の先生でした。

まあ、それだけのつきあいという話もあるかもしれませんが、
この教授のもとで現在研究を行っている院生が友人でして、
その関係もあって、今回は最終講義に行かせていただいたのでした。

うれしかったのは、ちゃんと顔を覚えていてくれたことかな。
もう、卒業して8年は経っているのにね。

まあ、受けていた授業が俺ともう1人だけだったというのが大きいのかも。

で、最終講義の内容は、うちの指導教授が懇親会の挨拶で言っていたように、
なかなか理解が難しい内容ではあったんだけど、
でも、なるほどと思わされた内容がいくつかありました。

中でも興味深かったのは『情報喪失の時代』の話でしょうか。

現在の社会は情報化が進む中で「情報洪水」と呼ばれるような状況になっていて、
あたかもそれが「豊かな社会」の1つの表われであるかのように捉えられているけど、
その大量の情報の中にわれわれが必要としている情報が含まれているのか。

むしろ、大量の情報に囲まれている環境は、
人々から、何が重要な情報なのかを感じ取る能力を奪い取っているのではないか。

まあ、そんな話だったと思うんだけど、
アメリカでマッキンベンという人が、自然の中で1日過ごすことで、
天候の変化や鳥の声や、周囲の情報を肌身で感じる経験を通して、
これらのことを考えたというのが『情報喪失の時代』という本に書いてあると。

なかなかこれは読んでみたくなりました。
でも、すでに絶版だそうで、図書館にはあるみたいなので借りてこようかな。

ちょうどちょっと前に、友人が家からテレビをなくして、
それもなかなか良い、だなんて言っていたのを思い出しました。

まあたしかに、旅行に行った時なんかは旅先でPCいじることもないし、
ブログを更新する以外は携帯でネット見たりとかしないし。

それでも、なんら不都合を感じないよね。
むしろ、現地で収集する情報の方が役に立ったりするわけで。

まさに「メディア・リテラシー」は、メディアを使いこなす能力であり、
自分にとって必要な情報を取捨選択できる能力なわけですが、
情報があふれているからこそ、この能力がそがれていくとしたら、
では「リテラシー」という概念にはどういう意味があるのか、と思ってしまいます。

さて、難しい話はこのくらいにして、
最終講義ってのは日中にやっているものだから、
卒業生ってのはほとんどいないんだよね。

お世話になった先生はあと2名ほどいるんだけど、
どちらもまだお若いので、次の最終講義は20年くらい後ですかね。

やっぱり90分の授業を受けるのはちょっとつらいですね…。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ