音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2010/5/31

三内丸山遺跡へ  旅の話

ここに来て、一気に政治が動きそうだそうで。
明日、いきなり赤カーテンバックの記者会見なんてこともあるのかしら…。

衆参同日選を体験したことは今までないんだけど、かなりの恐怖です。
アホなやつらに任せられません。

まあ、そんな話はいいとして、
旅の話もそろそろおしまいに向かっていますが、
五所川原からバスに乗って青森市内に向かいました。

青森市内はあんまり観光地がない感じで、
でも、さっさか帰ってしまうのもなんだかもったいないと思ったので、
駅からちょっと離れたところにある「三内丸山遺跡」に行こうと。

「三内丸山遺跡」までは青森駅からバスが出ているんですが、
五所川原から青森駅までバスで行ってしまうと、
駅に着く5分くらい前にそのバスが出てしまう感じになってしまって、
しかも、バスは1時間に1本くらいしか出ていないからかなりの時間ロスに。

ということで、遺跡にちょっと近めのところでバスを途中で降りて、
そこからタクシーで向かうことにしたのでした。

ついでに行くところのはずなのに、なぜかお金をかけていくって変だね。

で、そのことを五所川原のバス乗り場の係りの人に言ったら、
だったら「石江」というところで降りてくださいとのこと。

その「石江」までが1010円なのでした。
ちょうど、今年冬に開通予定の青森新幹線の終着駅「新青森」駅のそばです。

クリックすると元のサイズで表示します

で、バス停を降りたら、なんとまあ、道の反対側にタクシーの営業所が。
なるほどねー。ちょうど1000円で、三内丸山遺跡まで運んでくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

三内丸山遺跡は入場無料なんですよ。
まあ、あんだけ遠いから、無料じゃないとだれも行かなそうだよね。

遺跡内を説明してくれるガイドさんもいるんだけど、
到着の数分前に出発してしまったとのことで、
近道すれば追いつくって教えてくれたので、がんばって追っかけました。

だいたいガイドは1時間程度。やっぱ聞いて回ったほうがいいですよね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

遺跡は発掘のあとは保存用にほとんど埋めてしまったんだそうです。
われわれが見てるのは展示用のものなわけですね。

だから、遺跡内ならどの辺を掘ってもなんか出てくるそうですよ。
なんかって中にはお墓も含まれてますけどね。

竪穴式の住居もいくつかあって、広いものはワンルームマンション並み。
外は風が強くて寒かったけど、中に入ればあったかでね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

竪穴式住居にはとても大型のものもあって、集会場並みの広さ。
それこそ集会に使っていたらしいんだけどね。あれはすごいね。
また、冬場は雪深くなるので、ここで集団生活してたらしいんだって。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

で、やっぱメインは「大型掘立柱建物」なんでしょうね。

いまだに何のための構造物かわかっていないそうなんだけど、
たしかにこんな感じの巨大柱が立っていたんだと。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

すごいよねー。どうやって立てたんだろうね。
立てるのはいいとしても、横木はどうするんだって感じだけどね。

ピラミッドもそうだけど、すごいですよね。

ぐるっとガイドしてもらったあとはまだ時間があったので展示室を。
ここには土器とかいろいろな発掘物が展示してあるのでした。

で、そこを見終わってもまだ時間が…。
なんといってもバスの本数が少なくてね。あれは困りました。

タクシーで青森駅まで行ってもいいんだけど、
来るのにタクシー使って、帰りもかよって思っちゃってね。

まあ、しょうがないですね。

長崎・雲仙の「がまだすドーム」もそうだったけど、
車を使わない観光客のことも少しは考えていただけるとありがたいですね。

2010/5/30

最近のこと  日記

先日、友人がツイッターを始めたということで、
彼のつぶやきに返信するためにアカウントを取ったのでした。

自分のつぶやきを載せる予定はないので、アカウントは公開しませんが。

ただ、このブログでは言えないようなとても政治的なこととか、
そんなことをつぶやいてみたら面白そうなので、
そもそもツイッターはどんなシステムなのかよくわからないから勉強中。

前にも書いたように、今どこにいるかなんて情報を流す予定はないですが、
単に文句をはき捨てる場として使おうかなーと。

たぶん、読んでいる人にとっては面白くもなんともないことには変わりないけど。

ある程度一人でつぶやいてみて、
続きそうならアカウントをお知らせしたいと思います。

さて、旅行の話を書こうと思ったんだけど、
今回は枕が長くなってしまったので、次の記事にまわすとします。

あと3つくらいで終わる予定なんですけど、いい加減終わらせろって感じですよね。

で、昨日はまたバスケに行ってきました。

やっぱり、継続的に行かないといつまでたってもダメなままだし、
チームのみなさんにも顔覚えてもらわないといけないしと思って。

で、昨日は終わったあとに2人の方に、
「だんだんと勘が戻ってきたんじゃないですか」
って言ってもらえました。

うれしいですね。

もちろん、お世辞というか、そういうもんだと思いますけどね。

もともと、勘が戻るほどの技術を持っているわけでもないわけで、
単に、初めのときが相当なダメダメだったので、
それよりはましになってきたよねってことかもしれません。

でも、そうやって言ってくれたのがホントにうれしくてねー。
来週は試合があるそうなので、応援というか観戦に行きたいかなと。

最近はそんなところです。

2010/5/28

授与されてきました  お仕事関連

あー、眠いなー。
来週から仕事も通常モードに戻るので、ちょっと今から心配です。

さて、今日ですが、都庁に行ってまいりました。
これで何回目でしょうか。でも、今回でひとまず最後なんだよね。

先月30日に申請した数学の免許ですが、
今日から受け取れるってことだったんで、さっそくもらってきたのでした。

今日はぜんぜん混んでなくて、すぐにもらえたんだけど、
係りの人が持ってきたのが何かちょっと違うんですよ。

え、それが免許状なの?

一緒にもらった書類によると、免許の更新制が導入されたことによって、
免許状の様式が全国で統一化されたんだって。

今まではけっこう都道府県によって違ったみたいなんだけどね。

東京都はA4の黄色っぽい紙で、賞状みたいな感じで、
文字はそこまで大きくないけど、まあ一応免許状っぽい感じだったんだよね。

表に名前とか科目とかが書いてあって、
細かなことは裏に書いてあったから、さまになってたんだよね。

でも、新しいのは普通に白い紙だし、
すげーちっちゃい文字で必要事項が全部表面に書いてあるので、
まさにお役所の作った書類です!って感じ。

あじけないー。

ちょっとがっかりしました。

まあでも、免許は免許なので、
これで数学を堂々と教えられることになったのでした。

改めてうれしいですね。

で、新しい免許をもらうと、
免許の更新も期限が延びると聞いていたんだけど、ホントなのかな。

今年でなくなりそうだった更新制も、国会審議がぜんぜん進んでいなくて、
来年の通常国会に制度改正案が出されそうなんだって。

ってことは、来年度も残っちゃいそうな勢い。
今日の強行採決といい、やっぱりなんだかなーですよね。

国会中継見てたら、自民党の議員らしき人が強行採決のさなかに、
「こんな民主党政権を誰が作ったんだ!」って叫んでたよ。

まったくだよね。そこの君たち、反省しなさいよ。
でも、半分以上は自民党のせいでもあるんだけどなーと思ってみたり。

まあともかく、早く俺の期限が来る前になくなってくださいね。

うまく延期できれば、10年後なんだけどね。

2010/5/26

太宰とどら焼き  旅の話(+電車の話)

今日も雨。そして、今日までテスト。
今は丸付けをがんばっているのでした。

明日はお休みのはずですが、出勤して丸つけてきたいと思います。

ってことで、旅の話もそろそろ終わりかな。まだちょっとあるか。
今月中には終わるかなー。微妙です。

さて、芦野公園ではゆったりと桜を楽しんだわけですが、
まだまだ列車までには時間があるのでした。

で、公園内では「金多豆蔵人形一座」による人形劇が行われていました。

クリックすると元のサイズで表示します

この人形劇は津軽の伝統芸能らしく、最後まで見ていきたかったんだけど、
なにしろ、セリフが津軽弁だから、何言ってるのかさっぱりで…。

お客さんは笑ってるんだけどね。

ってことで、時間がまだあったので、隣の駅の金木駅まで歩くことに。

この金木は太宰治のふるさとなんですって。
芦野公園にも太宰治の像が建てられていました。

クリックすると元のサイズで表示します

太宰治の作品といえば『走れメロス』くらいしか読んだことないんだけど、
まあ、時間の許すかぎり、雰囲気だけでも味わうことに。

太宰の生家が「斜陽館」という記念館になっていて、
けっこう人が入ってましたね。太宰ファンって多いのね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

で、駅に行ったところ、まだ時間があったのでここで昼食を。

五所川原市の北部にある十三湖はしじみが有名ということで、
しじみラーメンをいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

飲んだ後に食べたら最高でしょうね。

で、帰りの電車は団体さんの車両も連結されていたので2両編成でした。
さらに、団体車両ではアテンダントさんがいろいろとガイドしていて、
それが一般車両にも聞こえてきたので、とてもありがたかったですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

車内では、津軽鉄道グッズの販売もしていました。
すでに金木駅でピンバッジなどを買っていたのでそこでは買わず。

ただ、もう1つ、車内で販売が始まったのが「ストーブ列車どら焼き」です。
おじさんがかごにいっぱいつめて、車内を売り歩いていました。

地方のローカル鉄道はやっぱり経営が厳しいわけで、
こういうグッズの販売が重要なわけだよね。

銚子電鉄の「ぬれせん」とかも有名だよね。

ってことで、なかなかこれといったお土産が見つけられていなかったので、
このどら焼きを各方面のお土産にすることにして、12個購入しました。

そしたら、なんかすごく喜ばれちゃってね。
たぶん、普通は善意で1個買ってくれるかどうかって感じなんでしょうね。

で、このどら焼きは普通のどら焼きとは違って、
中身があんこではなくてリンゴなんですね。アップルパイの中身って感じかな。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

このリンゴあんはけっこうあちこちで好評でしたね。

五所川原に到着して、ここからはバスでの移動。
発車時刻まで時間があったので、ちょっと歩いて名物を食べに。

クリックすると元のサイズで表示します

あ、上の写真に車内でどら焼きを売ってたおじさんが写ってますね。
青いかごにどっさり入れていたのでした。

で、ここでは「あげたい」というのが有名だそうで、それを買いに行きました。
駅から歩いて7分くらいだったでしょうか。お店がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

「あげたい」はたい焼きを揚げたものなんですよ。
お店に入ってあげたいを注文したら、それから揚げ始めてくれました。

で、駅前まで戻って、バス乗り場の待合所でいただきました。
砂糖がまぶしてあって、外はカリカリ、中はモチモチでうまかったですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

昨日書いた池袋のたい焼きもうまいけど、この「あげたい」もなかなかです。
五所川原に住んでたら、週1で食べたくなっちゃうな。

で、13時発の青森行きのバスに乗車。バス代は1010円。
電車での移動では青森に着くのが夕方になってしまうので、バスにしたのでした。

2010/5/26

利用(BlogPet)  ぶろぐぺ

ぶろぐぺがカメラへ利用したいなぁ。*このエントリは、ブログペットの「ぶろぐぺ」が書きました。

2010/5/24

桜も最後  旅の話

昨日のことですが、21時過ぎに突然停電しました。びっくりした。
外を見ると周りも消えていて、でも、丘の上のほうは平気みたい。

そしたら、向こうから順に電気がつき始めました。原因は不明。
PCで作業中だったけど、いかれなくてよかったです。

さて、旅の話は今回で3日目に突入です。

夕方にいったん宿に戻ってチェックインをして、ちょっと寝てから夜桜見物へ。
もうその時間には直通バスが出ていなかったので、ちょっと遠回りで公園へ。

夜も人が多かったですね。

写真をうまく撮りたかったんだけど、カメラを固定できそうな場所がなくて、
あんまりたくさん撮れなかったのでした。

フラッシュをたけばぶれずに取れるわけだけど、そんなじゃダメだもんね。

普通にフラッシュたかずに、手で持ったまま撮っている人いるけど、
そんなのぶれるに決まってるじゃん。撮るだけ無駄だよね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

夜桜見物はだいたい1時間半ほど楽しみました。

で、次の日は最後の桜。芦野公園に向かうのでした。

宿では、朝食に鴨の卵のサラダが出てました。
鴨の卵はあんまり出回っていないらしく、珍しいんだって。

弘前から芦野公園までは、まずは五所川原まで行って、そこから津軽鉄道です。

五所川原までは本来ならば乗換えが必要なんだけど、
快速「リゾートしらかみ」号というのが出ていて、それなら乗り換えなし。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

この電車も全席指定だったので指定席料金がかかったんだけど、
まあ、510円だったし、時間的にこの電車しかなかったので利用しました。

本来は白神山地まで行くための電車で、日本海側を走るので、
そのときの風景を楽しむようにできているんだけど、その前に俺は下車。

車両の端が展望スペースになっていたので、
30分ほどの乗車時間はそこから線路や岩木山を望んで楽しみました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

3両編成のうち2両目はボックスシートになっていて、これまたよさそう。

クリックすると元のサイズで表示します

五所川原からは1両目で津軽三味線の演奏もやっているんだそうですよ。
なんだかすごいね。まあ、俺は聞けなかったんだけどね。

で、五所川原から津軽鉄道に乗車。ローカル線はいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

切符は車内で販売だったんだけど、昔ながらのパンチをあけるタイプだし。

クリックすると元のサイズで表示します

今や、地方ローカル線では当たり前になってきましたが、
アテンダントの人が乗車していて、観光案内などをしてくれていました。

30分ほどの乗車で芦野公園に到着。
駅の周辺には桜が咲いていて、列車がその中を走っていくのです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

いい風景だよね。うまく撮れました。

芦野公園の桜は弘前公園に比べればたいしたことはありませんが、
連休も終わって人も少なく、ゆったり見ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

昨日までがんばっていた出店が撤収作業をしていて、
それがちょっと残念でしたけどね。

2010/5/23

弘前のアイスは必須  旅の話(+たべもの)

今日は予報どおりけっこうな雨で。

このところ、千秋楽だけは見るようになってきました。
魁皇の1000勝はすごいね。白鵬の金の回しもまぶしいね。

ってことで、ひさびさに旅の話です。
まだ、弘前の桜見たーってところでとまってます。

弘前公園で桜を満喫していたのですが、
青森といえば有名なのが「ねぶた祭り」なわけですね。

弘前では「ねぷた」と呼ばれていますが、
せっかくなので、この「ねぷた」関連の施設にも行くことにしました。

弘前公園のすぐそばに、その名も「ねぷた村」があります。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなに大きなところではありませんでしたが、
中には巨大ねぷたが展示してあって、お祭りの際のお囃子も聞けました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

金魚のねぷたはかわいらしくていいですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

あと、津軽三味線の生演奏も行われていました。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、どこで拍手したらいいのかちょっとよくわからなくて、
ただただ聞いてるだけになっちゃったけどね。

で、その後ようやく昼食を。時間はすでに14時です。
まあ、食事が後回しになるのは俺の旅ではいつものことですけどね。

ねぷた村周辺はおみやげどころになっていて、その中の食堂でいただくことに。
津軽を代表する郷土料理を食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

「貝焼き味噌」と「けの汁」というのがそうだというのですが、
どちらも体に優しい感じの食べ物でした。

どっちもカゼのときに食べたらよさそうな感じ。
ってことで、俺にはちょうどよかったわけですね。

「けの汁」はさいの目に刻まれた野菜がいっぱい入っているお味噌汁だし。

クリックすると元のサイズで表示します

食べ終わってから、また弘前公園に戻ったわけですが、
ここで、弘前公園で見つけた名物たちをご紹介してしまいましょう。

まずは、あちこちで売っているアイスクリーム。
こんな感じのワゴンがいたるところに出ていて、リンゴアイスを売っています。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

100円ということもあって、あんまり期待しないで買ったんだけど、
これがうまいんだなー。弘前公園のマストアイテムですね。

アイスはシャーベット状になっていて、しかも結構やわらかい。
溶けてるからやわらかいのかと思ったけど、そうでもないみたい。

しかも、コーンの中まで結構入れてくれているので、最後まで楽しめます。
何度も食べたくなっちゃうので注意が必要ですね。

弘前で見つけたら絶対買いましょう。

それから、いろいろと屋台が出ている中で行列ができていたのものが。

1つは「嶽きみフライ」というもので、売り切れているお店までありました。
帰ってきて調べたら、「嶽きみ」は糖度の高いトウモロコシのことで、
近くにある岩木山の付近で栽培されているんだそうです。

あとは、黒いこんにゃくのようなものを食べている人も結構いたかな。
あれはなんだったんだろうか。

あと、一番行列ができていたのがたこ焼き屋さん。
ちょっと前に人気だったときの銀だこ並に並んでました。

で、見てみると普通のたこ焼きではなくて、タコが丸々1匹入っていると。
どういうことかとみてみたら、いいだこが入っているんですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

昼はさすがに並ぶ気は起きなかったんだけど、
夜桜を見に行ったとき、列がそこまでだったので食べてみることに。

まあ、ずいぶんと適当な感じで焼かれていたので、
ちょっとこげているとことかあったんだけど、
タコががっつりと来て、まさに「たこ焼き」ですね。てか、タコです。

そこまで飛び切りうまいということでもないんだけどね。
まあ、一度は食べてみたくなるのもわかります。

そんなん食べてたら、夕食を食べる気がなくなりました。おなかいっぱいです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ