音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2007/11/12

発信源になるということ  お仕事関連

前回の続きです。

友人のライブを聴きに行って、
何か新しいものを作るってっことは素晴らしいことだなって。

俺は楽器弾けないし、絵はとてつもなく下手だし、
とてもとてもアーティストにはなれないわけで、
だからこそ、とてもうらやましいし、すごく尊敬できちゃうんです。

毎週日曜日に「ボクらの時代」って番組を見てるんだけど、
(さすがに早起きはできないので録画で)
この番組はゲスト3人が気ままに話すトーク番組なんですよ。

で、先週のゲストが福澤朗、八木亜希子、渡辺真理で、
フリーのアナウンサーの3人の回だったんですよ。

その番組の終盤で、
 自分たちアナウンサーってのは発信源になっていない
 まわりの情報を伝えているだけで自分では何も作っていない
 聞いているばかりで聞かれる立場になっていない

そんな話が出てきたんですね。

なるほどなー、なんて思いながら聞いてたんだけど、
よくよく考えてみれば、教員ってのもそういう性格が強いかなって。

世の中こうなってるんだよって紹介するだけで、
こんなこと考えてた人がいたんだよって紹介するだけで、
自分が何かを生み出すってことを忘れてしまっていました。

教員にとって、発信源になるとはどういうことなのか。

1つはその教え方の工夫ということなのかもしれないですね。
独特の授業を展開している先生が紹介されたりするもんね。

もう5年目に入っていて、
教える内容を逐一おっていく必要はすでになくなっているのだから、
授業そのものの展開について考えなきゃいけないはずなのに、
ほとんど考えられていない自分を反省しました。

もう1つは研究なんだろうな。

教員は教えるだけではなく、
研究者としての性格も持っているはずなんです。

実際、俺が通っていた高校では、紀要が発行されてたりしたんだよね。

例えば、今年の夏に参議院議員選挙が行なわれたけど、
その結果を見て「非拘束名簿方式の意義はすでに失われているのでは」
との感覚を持ったんですよ。

それを、データ集めて分析をして、
論文にまとめたくなっちゃったんだけど、
大学院にいればささっとできちゃうことかもしれないけど、
結局、できずじまいなわけですよね。
(誰か俺のかわりにやってください)

時間もあるし、設備もあるし、
そんな環境に恵まれていたらまた違うのかもしれないんだけどね。

まあ、やる気出せば時間くらい作れるかな。
設備はどうにもならないけど。

はい、単なる言い訳です。

まあでも、将来的には、
そういう研究も出来るような学校に行きたいなとか思ってみたり。

今の学校は、あんまそういう環境にはない気がするので。

いずれにせよ、
何らかの形で発信源になることを意識していこうと思ったのでした。

2007/11/11

紅葉と音楽と温泉  日記

今日もお出かけしてきました。
場所は高尾から2つ先の藤野です。

2年前にも藤野の芸術の家に出かけたことがありました。
今回もそのときと同じ、友人のバンド「Juchrera」のライブです。

彼らはライブハウスでもライブをやるんだけど、
2年に1度のペースで「Classica」と題して、
自然豊かな場所で素敵な音楽を聴こうというイベントをやっているんです。

藤野はまだ紅葉満開とまではいっていませんでしたが、
(てか、針葉樹林が多いのかな?)
でも、緑の中に赤や黄色ってのもなかなかいいものですね。

クリックすると元のサイズで表示します

前回はGWの時に行ったので、人がわんさかいたんだけど、
今日は天気も悪かったせいで、あんまいませんでしたね。

さて、今回のClassica’07は3回目。

いつもとは違った形で音楽を聴かせてくれるので、
よりいっそう楽しめていいんですよ。

こういった数年に一度の特別なライブってのは、
例えば、ドリカムでいえば4年に一度のワンダーランドがあるし、
GLAYでいえば数年に一度のEXPOがあったりと、
何らかの集大成というか、弾みをつけるというか、
区切りとしてはいいのかもしれないですね。

今回のライブは、さまざまなジャンルの音楽が聴けて、
その点でもとても楽しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

最後は出演者全員での演奏もあり、
これを取りまとめている友人の彼はほんとにすばらしいです。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなライブを見ていて、ちょっと思うところありなんだけど、
それについてはまた今度。

で、ライブが終わったら、今回も近くの温泉に。
行くつもりはなかったんだけど、やっぱ行っちゃいました。

温泉って文字を見ると入りたくなるんだよね。
やっぱ歳ですかねー。

今回は「五感の里 薬師温泉」というところに。

山を見ながら入る温泉はよかったですね。
レモングラスのお湯とかあって、やすらぐー。

くたーっとしていたら、あっという間に暗くなってしまい、
気温も下がってきてしまいました。

せっかくあったまったのに、
駅で電車待ってたら、芯まで冷えちゃいました…。

2007/11/9

新しい靴  日記

ちょっとPCの調子がよろしくなくて、
ちょっと書きかけたのが見事に消えてしまいました。

まあ、ホンのちょっとだったからいいんだけどね。

さて、なぜかこの時期はお金を使うことが多いみたいで、
別に無駄遣いをしているという気はないんだけど、
あれやこれやと物を買ってしまうのです。

で、何を買ったかというと靴なんです。
今回もNIKEのiDで作ってみました。

前に作ったのが昨年の3月なんですね。
あんま時間が経ってないけど、裏とかちょっと壊れかけててね。

雨が降ると中に水が入るらしく、ちょっとうるさいんですね。

あと、前のがけっこう派手だってのもあるので、
ちょっと落ち着いたのがほしいかなーとか思ったりもして。

でも、先に結論を言ってしまえば、
やっぱり今回もなかなか落ち着いた雰囲気にはなりませんでした…。

今回選択したのは「FREE Trainer」です。

色はやっぱり緑系なんだけど、
今回は白ベースにして、そこに緑とアクセントで黄色を入れた感じに。

なので、そこまでどぎつくはないと思うんだけどね。
普通にある感じだと思うなー。

ただ、予想外だったのは、
意外と光沢があって、なのでやっぱ派手な感じなんだよね。

ってことで、こんな感じですー。

クリックすると元のサイズで表示します

注文してから3〜6週間かかるって書いてあったんだけど、
今回は2週間弱で届きました。

iDの特徴として、自分の好きな文字列を書き込めるんだけど、
この靴は、先のベルトのところに入るっていうんで、
今回はちょっと入れるのをやめたんですね。

だから早かったのかもしれないなー。

あと、今回は海外の工場(中国でした)からの直送だということで、
注文時に住所を英語で書かされたんだよね。

宅急便の伝票も輸入貨物用のものでした。

これからはそういう時代なんだねー。

あさってからさっそく履いてみようとおもうので、
いつかどこかで見かけてください。

2007/11/8

責任感が旅したかった(BlogPet)  ぶろぐぺ

ぶろぐぺは、責任感が旅したかった。でも、ごっちんでスタートするつもりだった。*このエントリは、ブログペットの「ぶろぐぺ」が書きました。

2007/11/7

わらび餅  たべもの

「隠れ肥満」の疑いのあるKEINです。

体重は標準以下なんだけど、
体脂肪率が「肥満」と分類されそうな水準になってきました。

でも、内臓脂肪レベルは標準の下(低いに近い方)で、
ってことは、皮下脂肪ってことなの?

まあつまり、運動しなさすぎってことだよね。

そんななか、またお取り寄せしちゃいました。
懲りないねー。

今回もテレビで紹介されてたやつなんだけど、
鎌倉の「こ寿々」というお店のわらび餅です。

クリックすると元のサイズで表示します

かなり弾力があって、粘着性もすごいってことで、
かなり気になったのでした。

わらび餅自体は紙に包まれていて、
それからはがすのも厳しいなんて話だったんだけど、
それはそんな大変じゃなかったですね。

ただ、一応切り目が入っているんだけど、
それを切り離すのが苦労しましたね。

水につけるとすんなりといけるっていうんだけど、
なんか嫌だったので、無理やり手でちぎりました。

で、きな粉と黒蜜をかけてできあがりー。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなに見た目は悪くないでしょ。

味は、まあ、きな粉と黒蜜ですから、
信玄餅や安倍川餅のような味になることは間違いないですね。

そういえば、信玄餅って安倍川餅をヒントに作られたんだってね。
意外と歴史が浅い食べ物なんだよね。知ってた?
桔梗屋のWEBページをごらんあれ)

さて、話は戻って、注目すべきは食感なわけですね。

さすがにモチモチしていてうまいんだけど、
冷蔵庫に入れていたので、ちょっと冷やしすぎたのか弾力がありすぎでした。

食べているうちにややあったまってきたので、
口の中に入れるととろける感じが出てきました。

ちゃんと、箱の裏には冷やし過ぎないようにって書いてありました…。

まだ半分残っているので、
次に食べるときはちょっと外に出してから食べようかと思います。

夏とかに食べるのがやっぱいいんだろうなー。

2007/11/6

国立科学博物館  日記

今日は4連休の最終日。って、火曜はいつも休みだけど。
どこにも行かないのもなんなので、お出かけしました。

場所は、上野にある国立科学博物館です。

クリックすると元のサイズで表示します

現在、特別展で「大ロボット博」というのをやっていて、
それが気になったので見に行ってみました。

国立科学博物館に行くのはかなり久しぶり。
中学の時に行った以来じゃないかなー。

今回で4回目くらいだと思います。

で、行ったら、ずいぶんと変わっていましたね。ビックリした。
新館ができていて、入り口も違いました。

まずは「大ロボット博」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

実演とか期待してたんだけど、そんなでしたね。
アシモが走ったのを見れて嬉しかったけど。


子供たちが多いのかと思いきや、メカ好きとおぼしき方々も多く、
入ってすぐに各種ロボットのフィギュアが並んでて、
それに食いつきだった人達にちょっとひいてみました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

いきなりガンダムは反則じゃないかな。

「大ロボット博」は1時間弱で見終わりました。
特別展だから、あんま広くなかったね。

で、次に国立科学博物館を。
はじめに新館の地球館、そして旧館の日本館という順に。

やっぱり、展示内容も大幅に変わっていて、
でも、地球館はなかなか面白かったですね。

地下3階の法則を知るところは理科好きにはもってこいだし、
1階や3階にはたくさんの動植物が紹介されていて、
なかでも、1階の奥にある「系統広場」はちょっと感動しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

2階には体験コーナーもあるし、まあ、どこかで楽しめるね。

一方、日本館は地球館に比べてちょっと展示内容が地味だから、
日本館から見たほうがいいでしょうね。

ただ、かつてもあったフーコーの振り子の実験はいまだにあるし、
その建物の雰囲気がすばらしくて、懐かしいかぎりです。

クリックすると元のサイズで表示します

国立科学博物館といえば、あのミイラだったりするかもしれないけど、
そのミイラはいなくなってしまっていましたが、
代わりに、江戸時代の女性のミイラが展示してありました。
(撮影は禁止でしたので、写真はありません)

これは是非とも見逃さないでほしいですね。

国立科学博物館は2時間半で回って、その後、上野公園を散策し、
初めての「アメ横」でぶらっとショッピング。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

テレビで見たことあるお店とか見れて、なかなか楽しかったです。
けっこう歩いて疲れたけど、充実した1日でした。

2007/11/4

だって、しょうがないじゃない  PC/ネット関係

ただいま、4連休中でございます。

文化祭の関係なんだけど、この土日に文化祭があって、
その代休まであるから4連休なんです。

昼までゆっくり眠れていいですねー。
今日もこれから、遅くまで起きてラジオを聴けちゃうんですもの。

でも、4連休なのは学校だけで、塾はあるわけでね。
なければまた香港とか行けるのになー。残念でした。

さて、初めてかもしれないゲームの話です。

ゲームってのはそもそもあまりやらなくて、
まあ、やるとしても携帯でマージャンやったりなんだけど、
実は、うちにはDSがあったりして、ひさびさにそれを動かしたんです。

このDSは、サークルの後輩の結婚パーティーのビンゴでもらったもの。
だから、特別なものなんだけどね。

で、もらったのはいいんだけど、
そもそもゲームをやるような人間ではないので困ったわけで、
はじめは脳トレのソフトを買ってやってたんだけど、
だんだんと慣れてきて20代とかしか出なくなったから、
もう飽きちゃって、やめちゃいました。

さらに、英語漬けもブームに乗って購入したんだけど、
これまた、そんなに英語力とか全然ないのに、
テストをやると簡単にAとかAAとか出しやがって、
なので、また飽きちゃって塩漬け状態になっていたのでした。

そんなDSに朗報。

「秘密結社 鷹の爪」などを手がける蛙男商会が、
「THE FROGMAN SHOW DS」を発売したってことで、
さっそく購入して遊んでみたのでした。

ただゲームができるだけではなく、
「鷹の爪」と「コフィちゃん」のストーリーが入っているので、
それも楽しみつつ簡単にクリアできました。

エンディングも面白かったー。

でも、それだけでは終わらせない仕掛けがいろいろとしてあるので、
また、時間があればトライしてみようとおもいます。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ