音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2007/9/30

阿蘇山火口  旅の話

一気に寒くなりましたね。ホント寒すぎです。
でも、また暖かくというか暑くなるみたいだけどね。

ってことで、9月最後の更新です。

阿蘇山と由布院・別府の旅〜阿蘇山編3「火口に登る」です。

草千里からいよいよ火口へと向かいましたが、
火口までは車でそのままあがっていけるんですね。

まあ、便利といえば便利だよね。
ただし、有料なんだけどね。560円かかります。

駐車場はそんなに広くないので、いっぱいになってしまうと登山規制が。
ってことで、待たされるのも癪だから、昼時に行ってみました。

けっこうあっという間なんだよね。
なので、徒歩で登っている人がけっこういましたね。

火口へはロープウェーも出てるんだけどね。往復で820円です。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

さて、頂上について、いざ火口へと向かったんだけど、
あちこちに火山ガスに関する警告表示が出ていました。
(俺が行った時は青ランプでした)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

火山は活動中なわけで、二酸化硫黄や硫化水素がバンバン出てるとのこと。
なので、風向きが悪いと火口周辺への立ち入りが禁止されてしまいます。

今回は日ごろの行いがよかったのか、
追い風が吹いていたので、火山ガスの心配もなく、
また、立ち上る湯気に邪魔されることなく火口がよく見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

火口湖には硫黄らしき黄色いものが浮かんでいました。

まさに今も活動してるわけだからね。
そのすぐそばにいるってのがなんか不思議でした。

火口付近はやっぱり火山ってことで岩がゴロゴロ。
待避所もあちこちに設けられていました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

では、立ち上る湯気をご覧ください。


火口を堪能して降りていくと、すぐのところに砂千里が広がっていました。

草千里とは違ってこちらは一面砂だらけ。
まあ、この方が火山らしいんですけどね。

歩道が整備されていたので、また小高い丘まで歩きました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

でも、整備されていない部分もハイキングコースになっているようで、
その砂地を歩くと、火口の反対側(東側)にいけるとのことでした。

東側にも展望所があるので、そちらからも見てみたいところだったね。
(でも、東側から火口の中は見えないらしい)
東側にもロープウェーがありますが、駅から火口まではけっこう歩くみたい。

西から東までは2キロくらいとのことなので、
時間があれば歩いてみるってのもいいですね、たぶん。

でも、そんな人は見かけなかったけどね。

前に行った伊豆大島の三原山とは大きく違って、
まさに観光地って感じだったけど、
だからこそ逆に、なんかあったときが恐ろしいなーと思いましたね。

あ、そういえば、
あちこちで天然の硫黄や光る石を売ってました。

光る石は、光が当たると輝くらしく、
たぶん、鉱物がキラキラ光るんでしょうね。

硫黄は何に使うんだろう?
飛行機へは持ち込めないって書いてあったので、
雰囲気を出す程度のものなんですかね。よくわかりませんでした。

ってことで、阿蘇山おしまいです。

2007/9/28

草千里  旅の話

じゃんじゃんいきます。

阿蘇山と由布院・別府の旅〜阿蘇山編2「感動の大草原」です。

数鹿流ヶ滝を見たあと、一気に阿蘇山へ向かいました。

山道はカーブが多くてかなり厳しかったですね。
今回のレンタカーがマーチだったので、常に2速でがんばりました。

行けども行けどもなかなか着かなかったんだけど、
ようやく展望台が見えてきました。

そこで、山の外側(今走ってきた方)を撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

一方、山の内側に目をやると、火口から煙があがっているのが見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

再び車に乗って移動。
その展望台からちょっと下っていくと、草千里駐車場があります。

そこでかなり感動。
あんな山の中腹に大草原があるんです。

クリックすると元のサイズで表示します

その辺で見たら単なる草原なんだろうけど、
山をずっと登っていってあの光景を見るとなんか感動しました。

すぐさま草千里に足を運んでもよかったんだけど、
まずは火山博物館に。

そこで、阿蘇山の成り立ちなどを学んできました。

そのあと、いよいよ草千里へ。
真ん中辺りに小高い丘があるのでそこまで行って帰ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか気分がいいんだけど、馬が歩いていることもあるし、
そもそも、この草千里は放牛地として利用されているということで、
あちこちに馬や牛の落し物があるので、それには注意ですね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

丘の上に到着。360度すべて草原ってのは気持ちいい。
ってことで、ちょっと見づらいですが、ムービー撮ってきました。


あんなところで無邪気に何時間も遊べたら楽しそうですね。

草千里を堪能したあとは、いよいよ火口に向かいます。

2007/9/27

数鹿流ヶ滝  旅の話

ぶろぐぺちゃんに阻止されたので、軽く更新を。

阿蘇山と由布院・別府の旅〜阿蘇山編1「見えねーよ」です。

熊本空港から阿蘇山への道はほぼ1本といっていいでしょうか。
ちょっと混雑したところもあったけど、単なる通勤ラッシュっぽかったです。

途中、山の中腹に風車がいっぱい並んでいました。
ちょうど渋滞にはまったので、何とか撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

いや、きちんと安全運転しなきゃダメですよ。

阿蘇山にいよいよ近づいてきたところで、
その辺に滝がけっこうあるっていうんで、ちょっと見てみることに。

で、だいたいの場所はつかんでいたんだけど、
駐車場が交差点のすぐそばにあって、しかもたいした標識が出ていない…。

ってことで、普通にスルーしてしまったので、
Uターンしてもどってきました。

滝は「数鹿流ヶ滝」という滝です。

こんな感じの看板が立っていたんだけど、こりゃあんま気づかないかも。
実際、車を止めてたのは俺だけだしね。

クリックすると元のサイズで表示します

で、展望所へは道路わきの小道を進んでいくんですが、
なんと、草が見事に生い茂っていて、
滝を見たい!っていう強い意志がないと入っては行かないですかね。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな道を歩くこと5分程度で展望所に着きました。

そこでも驚愕の事実が。

なんと小道だけでなく、展望所付近も草が見事に生い茂っているわけです。
ってことで、滝があんまよく見えない…。

クリックすると元のサイズで表示します

落差60メートルってことで、けっこうな滝なんだけどね。
ちょっともったいないなー。

一応ここは「フォトスポット&パーキング(とるぱ)」ってことで、
すてきな景色が撮影できる場所ということになっているわけだけど、
これでは素敵な景色は撮れません…。

ここから撮るといい!ってスポットがありますが、そこから撮った滝がこれ。

クリックすると元のサイズで表示します

全然見えないし…。
てか、ピントがその草たちにあってしまっていました。

この「とるぱ」は全国にあって、所管は国土交通省らしいので、
しっかり管理してもらいたいところではあるんだけど、
調べてみたら、九州は「道守九州会議」っていうのが事務局だということでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

この「道守九州会議」は民間の非営利団体のようなので、
まあ、そうだったら仕方ないのかなーって。

でも、やっぱ見えたほうがいいわけで、
もうちょっと管理をしてくれるといいんじゃないかな。

そりゃ、冬になれば草も枯れて見えやすくなるのかもしれないけどね。
観光協会もがんばってください!

2007/9/27

旅行(BlogPet)  ぶろぐぺ

きのう、屋根を旅行したかったみたい。*このエントリは、ブログペットの「ぶろぐぺ」が書きました。

2007/9/26

スキップとSNA  旅の話

昨日は中秋の名月がきれいでしたね。
でも、満月ではなかったそうですよ。必ずしも満月ではないんだって。

ってことで、昨日まで1泊2日で九州中部横断の旅に行ってきました。
阿蘇山、由布院温泉、別府温泉ってところですね。

また長々と旅行記が続きますのでご辛抱を。

阿蘇山と由布院・別府の旅〜飛行機編「すっ飛ばしました」です。

今回も時間を有効に使うために朝一の飛行機をチョイスしました。
空港へはリムジンバスで向かいます。

かなり順調に進んだらしく1時間かからずに到着、かと思ったら…。
 申し訳ございません。降りるICを通り過ぎてしまいました。
と運転手さん。そんなこともあるんだね。

1つ先で下りて引き返してきました。それで15分遅延。
まあ、あんま影響なかったけど。

で、空港に到着して、まずは搭乗券を取りに行くところなんでしょうが、
今回はANAのスキップサービスを利用しました。

窓口や機械のとこに行って、あのおっきな搭乗券を受け取ることなく、
(搭乗券ってサイズ大きいからけっこう保管に困りません?)
いきなり手荷物検査場(金属探知機通るとこ)に行けちゃうんです。

俺はANAのマイレージカードを持っているので、
検査場ではそのカードをSuicaなどと同じようにかざします。
(おさいふ携帯でもいけちゃいます)

すると、搭乗口案内のレシートが出てくるという仕組み。

搭乗口でもそのカードをかざせば搭乗券が出てくるんです。
なかなかスマートでよろしいな。

で、いざ搭乗口へ!と思ったんだけど、飛行機まではバスで移動とのこと。
これは初めてでした。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の便がスカイネットアジア航空(SNA)との共同運航だったからかな。
なんか冷遇されてるみたいでかわいそうだな。

でも、実はこれがまた逆によかったんですよ。
だって、駐機場に降り立つことができるわけでしょ。
(写真が青いのは移動バスのガラスのせいです)

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

飛行機に乗る前にも、写真バチバチ撮ってきちゃいました。
(左と中央は羽田で、右は熊本で撮影)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

で、機内はちっちゃい感じだったんだけど、
SNAだからといって特に不便なことはなく、快適な空の旅でした。

ラジオとかのオーディオサービスがなくて、ちょっとさびしかったのと、
照明とかのボタンが座席横にあるんじゃないってのが新鮮だったね。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、CAの質が悪いってこともなかったしね。

就航先が九州だけということもあって、機内雑誌は九州づくし。
これは観光客にとってはいいかもね。

クリックすると元のサイズで表示します

ってことで、熊本に到着。
レンタカーを借りて、阿蘇山に向かうのでしたー。

熊本城も見たいところではあったけど、逆方向なので今回はパスしました。
これはまたの機会に。

2007/9/23

まずは1.5連休  日記

巷では、今週も3連休なわけですよね。

でも俺は…、と言いたいとところですが、
今回は俺も3連休なわけですねー。

しかも、土曜日の夜から出かけたので、3+ちょっと連休です。

まずはじめのお休みは、クリケットの試合を見てきました。

決勝戦だったんだけど、残念ながら負けてしまいました。

でも、終始明るくて楽しかったですね。
これで勝ったらもっと盛り上がったんだろうなー。

ホント残念だ。
また、来年こそはがんばってもらいたいです。

でも、試合の最後は実はかなり盛り上がってね。
それまでの1日半は、
それにむけての前振りだったんじゃないかってほどでした。

昼間は結構太陽が出ていたので、腕も足も真っ赤になったんだけど、
今見てみるとたいしたことにはなってないみたい。

って書いたけど、
やっぱ大変なことになってる感じでした。

明日からは九州に行ってまいります。
朝早いけど、そんなの関係ないわな。

2007/9/20

あげびたし  たべもの

まだまだ暑いですね。

今度の月曜から熊本とか大分に行くわけだけど、
向こうは35℃近くまでいっちゃうらしいんだよね。

まあ、天気が悪くなるよりはいいんだけど暑すぎだね。

さて、また料理です。
今回はナスの揚げ浸しを作ってみました。

マーボーナスが好きなのでよく作るんだけど、
5個入りのナスを買ってきて、2個余ったのでどうしようかなーと。

またマーボーナス作るのもやだしね。
ってことで、揚げ浸しも好きだから作っちゃおうと思ったわけです。

まずは、縦に4等分してから半分にしてみました。
で、小さいフライパンに油を入れて揚げました。

少ない油でもちゃんとできるもんだね。

今回は容器がなかったから吸い取るやつで油を捨てちゃったんだけど、
今度からはとっておいてまた使おうかな。

けっこうナスが吸うからそんなたくさんは残んないんだけどね。

で、タレはそばつゆをちょっと薄めたやつがベースかな。

家にあるやつはダシの風味が弱いからほんだしも溶かし込んで、
あとはしょうゆとかすき焼きのタレとか砂糖とかを入れてみました。

けっこう適当。
濃いめがいいって書いてあったから、ちょっとしょっぱめね。

あと、鷹の爪3本を刻んで入れました。
そんなに辛すぎなかったな。

揚げてすぐに漬け込んでおいたんだけど、
どれだけ入れておけばいいのかってのが難しいね。

1時間くらいだとダシとナスの風味が強いって感じ。

で、ずっと入れて置いたらしょっぱくなっちゃったんだけど、
でも、さっきかつお節をかけて食べてみたらやや濃いめでうまかった。

わからんもんだなー。

あ、できはこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

あと、つけておいたタレはしょうが焼きに使えるっていうので、
やってみたんだけど、そのままではちょっと薄いのかな。

そんな感じでした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ