音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2007/4/16

F1やってるけど  日記

今日はバーレーンGPですね。

ちょうど今やってますが、
昨シーズンでM・シューマッハが引退してしまって、
F1見ててもあんま面白くないんだよね。

第1戦を見たんだけど、なんか注視できないというか、
ただ単に見てるだけって感じで。

そもそも、車のメカニカルな部分についてはあんまよくわかんないから、
そういう部分で見るようになったわけではないので、
注目できる人がいなくなってしまったら魅力がないんですよ。

F1を見るようになったのは高3のときの話で、
次の年からシーズンを通して見るようになったんですね。

当時はまだとんねるずの番組とかにでてたジャン・アレジもいたし、
聞いたことがある名前の人がたくさんいてね。

そのなかでシューマッハが好きになったんだよね。

ビルヌーブとかヒルとかハッキネンとか、ライバルたちもすごくてね。
いつも、憎たらしいなーと思いながら見てたんです。

実際、見始めてから数年は、
シューマッハはチャンピオンになれないわけで。

で、彼がやめてしまったあと、
これといってぐっと来る人がいないんだよね。

なんか見ていて、人間的に魅力がないというか、風格がないというか、
ぜひとも注目したいって人がいないんだよね。

むしろ、いなくなってほしい人ばっか。

ちょっと感じは違うけど、今の大相撲みたいな感じ。

小学生のときとかは好きで見てたんだよね。
千代の富士が大好きだった。それから、若貴とかにつながっていってね。

北勝海が嫌いでね。強すぎでさ。
でも、風格があって、寄りきりばっかで、しょうがないなーって。

それが横綱ってもんだって誰かがいってたけど、まさにそうだね。
彼がいたからこそ千代の富士が引き立ったわけで。

でも今は風格もクソもなくて、
立会いで変化しあって喜んでるわけでしょ。

バカみたい。


たまたま皐月賞を今日見たんだけど、
勝った騎手の田中さんって人は15年ぶりにGT勝ったんだってね。

レース後のインタビューとかいろんな人のコメントを聞いていて、
やっぱ、人がレースをしているんだなーと思ったね。

もちろん、走ってるのは馬なんだけど、
でも、それを人が操っているから意味があるんじゃないかってね。


早く走ればいい、勝負に勝てばいい、それだけじゃないんだな。

もちろん、自分もそういうことだね。
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ