音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2006/11/17

100万ドルの夜景  旅の話

さあ、いよいよやってきました。
香港の100万ドルの夜景ですよ。

ということで、香港旅行記10〜「100万ドルだね」です。

もう10個も書いてるんですね。
カテゴリ「旅の話」もかなりたまっててびっくり。

さて、地下鉄に乗って再び香港島に渡り、またピークトラム乗り場まで。
今度は駅から歩いてみました。意外と近い。^^

実は、展望台にはロウ人形館があるってことをここでご紹介。

ピークトラムの改札のところにジャッキーが。
展望台にあがる途中にはブルース・リーが。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

激似です。

ここで記念撮影って人もけっこう多かったけど、俺はパス。
だって、本人じゃないし。

さて、実は20時からライトアップショーがあって、
「シンフォニー・オブ・ライツ」っていうんだけど、
これにあわせてピークにのぼったのでした。

で、20時になったんだけど、なかなか始まらない。
というか、始まってるみたいなんだけど、なんかしょぼい…。

てか、そもそも夜景がそこまで華やかじゃない…。

よく見る写真とかはこんな感じでしょ。
俺もこんな写真撮れました。

クリックすると元のサイズで表示します

でもね、昼に来たときと同じくモヤってたってのもあるかもしれないけど、
あんまりきらきらしてるわけではなかったんですよ。

見た目としてはこんな感じかな?

クリックすると元のサイズで表示します

でもまあ、これも仕方がなくて、
初日に空港からホテルに送迎してくれたお姉さん(香港の人)が、
「シンフォニー・オブ・ライツ」の話をしてくれたんだけど、
そのときに、「ピークから見たらきれいでしょ」と聞いてみたら、
すごい顔で否定されて、絶対下から見ろって言われたのさ。

でも、上から見ちゃったわけで、自業自得なんだよね。

100万ドルってのは、この夜景を作るための電気代だとか、
100万ドルの稼ぎをした人が見れるんだとか、そんな話を聞きましたが、
まあ、あのくらいの夜景だから毎日見ても飽きないんだろうね。

ギラギラだったら飽きちゃうよ、たぶん。

寒かったし、夕食を共にする2人を待たせていたので、
そそくさと下山したのでした。

最後にきれいなやつ3連発でどうぞ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

2006/11/16

SOHOとフェリー  旅の話

人生いろいろですね。

香港ネタもそろそろいいかと思ってきました。
まだまだ続くんですけどね…。

ということで、香港旅行記9〜「乗り物編3:エスカレーターとフェリー」です。

ピークからおりてきて、次に向かったのはエスカレーターです。

ただのエスカレーターじゃありませんよ。
セントラルからピーク方面に全長800メートルもあるんです。

ただ残念なのは、エスカレーター1基で800メートルではなくて、
いくつものエスカレーターと動く歩道が連なっているだけ。

クリックすると元のサイズで表示します

そういうことなんです。

で、それにずっと乗っていてもなんでもないので、すぐに降りてSOHOに。

何で、SOHOというかはわからないんだけど、
いろいろとおしゃれな感じの町並みが続いていました。
(おうちで仕事をするってのとは関係ないみたいですよ)

クリックすると元のサイズで表示します

その後、骨董通り(ハリウッド・ストリート)を通って文武廟に。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

由緒正しきお寺だそうで、文と武の2体の神が祀られています。
なかには面白い形をした線香が。
なんでも、2週間も燃え続けるらしいですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、トラムに乗って再びセントラルへ。
そこからフェリーに乗って九龍側に戻りました。

スター・フェリーは地元の人の通勤手段となっていて、
観光目的ではないので、やっぱちょっとって感じでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します

大きくていいんだけどね。
下関から乗ったフェリーを思い出しました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

乗っているのは数分。
眺めもなかなかいいんだけど、ゆれてるからなかなか写真には収めにくかったです。
船員さんが着ているセーラー服がかわいいと。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、行きつけのお茶屋さんに連れて行ってもらって、
そこでお土産用にお茶をごっそり買い、
さらに、水晶とヘマタイトでできているブレスを買いました。

そこのおばちゃんは気を入れてくれるということだったので、
ブレスに入れてもらいました。

さらに、その気が見えるということでじっと見てたんだけど、
うーん…って感じ。わしには無理な話でした。

外にでるともう日が落ちていて真っ暗。
次は、再びピークに戻って、100万ドルの夜景を拝むのでした。

2006/11/14

夜景の前に…  旅の話

寒くなるのは明日かららしいですね…。

さて、高校講座の日本史をPCに録りまくっているのですが、
全然見ないため、HDDの領域をかなり食い始めました。

外付け買うしかないかね。DVDに焼くのも面倒だし。

ということで、まだまだ香港ですよ。
香港旅行記8〜「ピークにのぼる」です。

香港といえば100万ドルの夜景ですが、
その夜景が見えるポイントにまずは明るいうちにのぼってみました。

場所は「ヴィクトリア・ピーク」というところです。

で、ピークに行くのには、だいたいの場合ピークとラムを使うのですが、
その乗り場まではセントラルの駅からちょっとあるんですね。

なので、そこまでバスで行くことにしました。

そしたら、バス停に待っていたのは屋根なしの2階建てバス!

クリックすると元のサイズで表示します

発車しないうちにささっと乗り込みました。もちろん2階に上がります。
屋根がないってのはかなり気持ちいいですね。
ちょっと風が強くて寒かったけど、気分爽快。

ものの10分でトラム乗り場に着き、そこでバスとはお別れ。

ピークトラムはケーブルカーで、急斜面をぐんぐんと登っていきます。
いつもは長蛇の列らしいんだけど、この日は1本待ちで乗れました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

終点に着いたら展望台へ。

駅があるピークタワーは面白い形をしていて、
その屋上が展望台になっているんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

このピークタワーは最近まで改装工事をしていたらしく、
できたてほやほやの展望台ってことでした。

展望台からの眺めは最高。
ただ、ちょっともやってたね。

クリックすると元のサイズで表示します

これは朝からだったんだけど、けっこうもやがかかるみたいです。
(アベニュー・オブ・スターズに行ったときの写真もそうなってますよ)

香港の人は「中国本土から汚い空気がやってくるから」と言うそうですが、
車の走りすぎとか、そういう理由じゃないかと思うんだけど…。

景色を十分堪能して下山。
おりる時にはバスを使いました。

これも2階建てバス(屋根つき)で、2回の最前列に座ったんだけど、
かなりせまい道をけっこうなスピードで飛ばすもんだから、
かなりのスリル感がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

ディズニー・シーのインディージョーンズ並です。^^

バスとバスがすれ違うときはぶつかるんじゃないかとヒヤヒヤもの。
窓には枝がバチバチ当たるし、屋根ありでよかった…。

無事セントラルまで戻りました。次はエスカレーターです。

2006/11/13


明日の夕方からぐっと寒くなるそうですよ。初冬並だって。
ふとん乾燥機をそろそろ出動させますかね。

さて、再び始動させちゃいます。
香港旅行記7〜「食べ物編1:飲茶三昧」です。

この日の朝食はおかゆを食べたんだけど、
(これについてはあとでまとめて食べ物編2で)
昼食はシティーホール(大會堂)のなかにある飲茶のお店でとりました。

シティーホールって、市役所って意味があるはずなんだけど、
ここは市のホール、つまり市民会館ってことでした。

お店の名前は「大會堂美心皇宮」っていうんだけど、
英語でいうと「City Hall Chinese Restaurant」
ってそのままじゃん。

時間は13時すぎてたんだけどかなり人が並んでる…。

まあでも、他を探すのも面倒だったので、整理券もらって待ってました。
だいたい30分くらい待たされたかな?

その間いろいろくっちゃべってたからまあよかったんだけどね。

さて、いよいよ番が来て、席について飲茶スタート!

クリックすると元のサイズで表示します

おばちゃんたちがワゴンにせいろを載せて運んできてくれる、
昔ながらの飲茶スタイルでした。

最近はこういうのも減ったらしくて、
テーブルにある注文用紙にチェックして頼むんだって。

でも、料理の絵が書いてあればわかるかもしれないけど、
文字だけだとどういう料理なのかわからないだろうから、
こうやって、目の前で見て選ばせてくれる方がいいですよね。

俺は中国語全然話せなかったわけで、
さらに、食材なんて英語でも言えないので、
日本語であーだーこーだ言って、それを後輩の子が訳してくれていました。

残念だったのは、杏仁豆腐がなかったってこと。
なんでだろう?

なので、かわりに亀ゼリー食ってきました。
味はまあちょっとクセがあったけど、プルプルでうまかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

それから、もう1つご紹介したいのはニワトリの足!

前にこのブログで食べないかと言われていたんだけど、
とうとう出てきちゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します

見た目はまんまだよね。
で、がぶっといってみると、感触としては足テビチと同じ。
プルプルしてて、真ん中に骨があって。

でも、足テビチよりも小さかったので食べやすかったですね。

だいたいビビっちゃうらしいんだけど、
まあ、足テビチ食べたこともあったから、平気だったね。

その食べっぷりはちょっと驚かれたけど。

で、さんざん食って、さてお会計と思ったら、
2人で6000円くらい食べてしまいました。

食べすぎです。

クリックすると元のサイズで表示します

原因ははじめに何気なく取ってしまった餃子たちかと。
せいろに1個しか入ってなかったから、2つもらったんだけど、
あとで思い出せば、たしかにふかひれっぽいのが入ってました。

それが1つで600円くらいだったかな。
なので、その時点で1200円だったわけですね…。

まあ、大満足だったので、特に問題ないですが。

で、満腹になったあとは、いよいよ絶景を見に上へ。
ピーク登山です。

2006/11/12

朝から夜まで新横浜  日記

今日はサークルの同期の子の結婚式でした。

披露宴やその後の2次会だけでなく、
式からお祝いさせてもらえるということで、朝から行ってまいりました。

新横浜からちょっといったところにある式場だったんだけど、
式は最近はやりの人前式ってことでした。

われわれが座る席が向かい合っていて、イギリスの議会みたい。
(って言ってもわからないかと思いますが…)
お2人がよく見えるのでとてもいい感じでしたね。

で、そのあと披露宴。
新郎の人柄の良さがうかがえるものでした。

余興もやったんだけど、まあ面白かったよ、自分たちは。

朝からみんなで集まって考えてたんだけど、
考えているときが一番楽しいんだよね、こういうものは。

実際にウケるかどうかは別で、自分たちが満足すればいいわけ。

そのあと、2次会に出席。
さらに、そのあとはカラオケに行って歌いまくりました。

本来なら、会場の様子とかをここでちょこっと紹介したかったんだけど、
余興の打ち合わせの風景を撮影しようとしたら、
デジカメの画面の真ん中に文字が出ていたのでした。

「メモリースティックがありません」

そう、昨日撮った画像をPCに取り込んだんだけど、
そのままメモリースティックはいれっぱだったんでした。

かなりドジ。

ということで、
ビデオとカメラを両方持ってきていた人のカメラを使って撮ることに。

もちろん、その画像は彼のもとに行くわけですから、
私のところには1枚も画像がないのでした…。

申し訳ないです。

ま、それはともかく、
お2人ともおめでとうございました。末永くお幸せに。

2006/11/10

香港の路面電車  旅の話(+電車の話)

ワイシャツのボタンがかけてしまったので付け替えてみました。

こういうときに、
しっかり家庭科やっててよかったなー、と思いますね。

ベーコンは「知は力なり」と言いましたが、まさにそうですね。
何が将来必要になるのかなんてわからないですよね。

さて、香港旅行記6〜「乗り物編2:トラムに乗る」です。

大砲を後にして、次は中環(セントラル)に移動です。

そこで、香港に住んでいるサークルの後輩の子と待ち合わせて、
昼食を一緒に食べることになっていたのでした。

で、そこまでは地下鉄でもいけるんだけど、
トラム(路面電車)の方が便利だということなのでこれをチョイス。

どこまでいってもたったの2ドルだしね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

路面電車は広島や高知などでも乗ったことがあるんだけど、
なんといってもここは香港。

とりあえず西に向かってまっすぐ進めばいいわけだけど、
跑馬地(ハッピーバレー)に向かう路線は左に曲がっちゃう。
(ハッピーバレーは競馬場のことです)

ということで、ひとまず「馬」とついた行き先のトラムはスルー。
それ以外だったらどうにかなるだろうと勝手に確信。

で、待ってたんだけど、なかなかやってきません。
ようやく来たと思ったら「馬」行きだし…。

次に来たのが「上環(ションワン)」行きでした。

まあ、「上環」なら「中環」は通るだろうってことで乗車。
かなりの人が待っていたので車内は混み混み。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

発信も停車もけっこう急なので、立っているとつらかったですね。
でも、雰囲気は最高。何か香港人の一員になったって感じ。

停車場のアナウンスなんてのは当然のごとく全くないので、
外を見ながら、ここだってところで降りなきゃいけないわけです。

ただ、すべての停車場に止まってくれるので、そこは安心だね。

で、待ち合わせ場所は香港上海銀行前の停車場。

ただ、そのときには香港上海銀行なんて名前はすっかり忘れていて、
ともかく地下鉄の中環駅のそばのおっきな銀行ってことで、
地下鉄の米印と銀行って文字を頼りに外をずっと見てました。

だいたい銀行は「銀行」って文字が書いてあるんだけど、
この香港上海銀行はなんと「銀行」って文字が書いてなかったんです。

この銀行だけ「HSBC」って看板出してるわけ。
なので、当然のことながら、気付かずスルーしました…。

いや、気付かなかったわけじゃないんだよ。
「HSBC」っていうビルは見つけたの。

「BC」っていうから銀行かな?って思ったんだけど、
そのビルにはなぜかスポーツ選手みたいな人々のパネルが掲げてあって、
見た目は全く銀行に見えなかったんだよね。

そのあと、明らかにセントラルも通り過ぎようとしたのであわてて下車。

再び携帯電話のおかげで無事会うことができたのでした。
ホント携帯電話って便利だね。

2006/11/9

「手紙」  映画

今日はクリックフェスタのミーティングの前に映画を。

木曜日は毎週この線でいきたいと思ってるんだけど、
もしかしたら塾の仕事が入るかもしれないので、
そしたら映画は学校帰りに見るしかなくなってしまいますが。

さて、今日は「手紙」という映画を見てきました。

先日「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」を見に行ったんだけど、
そのときの予告編で流れてた映画の1つなんですね。

だいたい、その予告編で話の流れはわかったんだけど、
最終的にどうなるのか、ちょっと見てみたくなってしまったので、
泣くの覚悟で見てきました。

小説でも出ているんだよね。
でも、話の内容はちょっと違うらしいね。

映画ではお笑い芸人を目指してるけど、
小説ではバンドを組むのが目標らしい。

ただ、見たあとで言われました。
手紙なんだから小説でいいんじゃないの?ってね。

たしかに、手紙がメインなわけで、文章でいいかもね。
実際、沢尻エリカとのからみがちょっといらないかも。
てか、演技下手?

でもね、最後のシーンは予告編見たとおりだったんだけど、
そこでの玉山鉄二の演技を見てほしい。

あの最後のシーンは映画ならではって感じです。
人の感情を字面で知るのは難しいけど、表情からはわかりやすいでしょ。

ただ、涙があふれてくるんじゃなくて、
ほんとに声出して泣きそうなくらいになってしまいました。

続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ