音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2006/11/8

正午にどかーん  旅の話

明日は映画を見に行く予定ですので、
ひさしぶりに香港ネタ以外になるはずです。

なるはずです。

とはいえ、香港ネタかいてて面白い。面白いのは俺だけかもしれないけど。
ってことで、香港旅行記5〜「ヌーン・デイ・ガン(午炮)」です。

今回の旅行では、事前に「地球の歩き方」を買ったんだけど、
それをぱらぱらめくっていたら「歴史的いわれのある号砲」という、
毎日正午ちょうどに空砲を一発放っているところがあると。

場所は銅鑼灣(トンローワン)の近くの海沿いの場所。

行く前に香港の友人にそのことを伝えたところ、
「そんなの知らないよ」という反応が。

しょぼいのかなー、と不安になりつつ向かいました。

で、ガイドブックによると、その場所へは地下通路を通っていくとのこと。
しかも、その入り口は駐車場なんだって。

ということで、駅を降りてその地下通路がある「世界貿易中心」の方向へ。

前回書いたように、観光地までの標識がいっぱいある香港。
この「午炮」までも標識が出ていたんだけど、
その方向に向かうと、今来た方向に標識が出ている。

ということで、行き過ぎたってこと。
でも、その2つの標識は10メートルくらいしか離れてない。

ってことは、ここ? とビルの裏手に入ると入り口がありました。
扉を入ってみると「午炮」への標識が出ていました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

階段を下ると、まずは駐車場。その奥に地下通路が。
通路にはホテルに海水を運んでいる管がむき出しでかなり怪しい。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

で、すぐに地上へ。そこにありました、大砲が。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと早く着いてしまったので、ぶらぶら散歩して帰ってくると、
ちょうど制服を着たおじさんが準備してました。

でもこのおじさん、今はきれいなかっこうしてるけど、
さっきまでTシャツ1枚だったんだけどね。

奥にある火薬庫から砲弾を取り出し、セッティングしてあとは待つのみ。
ちらちらと時計を確認。そして、そのときがやってきました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

では、その模様を発射1分前からご覧ください

タメもなく一気に引き金を引いたもんだからびっくりしました。
音もかなり大きくて、ちょっと耳鳴りもしたくらい。

20人くらい観客がいたんだけど、ざわざわとしたのち拍手が。

で、発射後は中に入って大砲が間近に見れたんです。
なので、近くからパシャパシャと。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

さらに、ずっと見てたらおじさんは大砲の片づけを始めました。

海沿いなのでそのままにしてるとさびちゃうんでしょうね。
大砲の中を掃除したあと厳重に覆いをかぶせてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

からの砲弾ほしかったなー。
さすがにちょうだいとは言えなかった…。

で、最後まで様子を見てしまっていたので、
この後昼食を一緒にするということで待ち合わせをしていたんだけど、
かなり待たせてしまったのでした…。

2006/11/7

香港の地下鉄  旅の話(+電車の話)

朝は嵐で、昼はぽかぽか、夜は冷え冷え。
北海道では突風が吹いたみたいですね。大変だ。

ということで、毎日更新していきましょう。
香港旅行記4〜「乗り物編1:地下鉄に乗る」です。

これまでの話は九龍地区でのことだったんだけど、
いよいよ海を渡って香港島に上陸することに。

海を渡る手段はいろいろとあるんだけど、まずは地下鉄に乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します

ということで「Subway」の看板にしたがって…って、
実はこの「Subway」は地下鉄への道じゃないんですよ。
(これは事前にネットで見つけて知っていたんですけどね)

これは単なる道を渡るためだけの地下道。
地下鉄のマークは、下の写真の真ん中の米マークなんですね。
(米の左の矢印っぽいのは九廣東鐡という鉄道のマークです)

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

で、切符は券売機で行き先の駅を押すと金額が出てくるので、
その額を入れれば切符が出てくるんです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

かなり便利だけど、駅数が少ないからできる技ですね。

切符といっても、プラスティックカードで、
金額も何も書いてないんだけどね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ただ、今回俺は「オクトパスカード」というものを購入しました。

これはこっちでいうsuicaみたいなもんなんだけど、
地下鉄だけじゃなく、バスやトラムやフェリーにもこれで乗れるし、
マックとかのお店でも買い物ができちゃうすぐれもの。

クリックすると元のサイズで表示します

ピッとやるのはスイカとまったく同じ。
1枚150ドル(うち保証金が50ドル)で、2日で使い切りました。

金額が足りなくなると保証金を食いつぶしてくれるんだけど、
さすがに保証金を食いつぶすのは1度だけで、
そうなると、お金を入れないとつかえませんでした。

なので、99ドル使っている段階で、
51ドルの買い物をすると使いきれるってことだよね。

おれは、39ドルくらい残して持って帰ってきました。
使いまわしだからちょっと汚れてるけど…。

で、それを使って乗車。ちょっと混んでたね。
車内には電光掲示もあってわかりやすい。乗り換え線まで光ってくれる。
乗り換えもスムーズにできるようになっていて、なかなかでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

イスはアルミらしき金属製でちょっと座りづらい。
浅く腰掛けようとするとすべっちゃうんだよね。

車両の前後は緊急脱出口になっていて、
運転席はまったく見えない構造になっていました。残念。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの近くの佐敦駅から目的の銅鑼灣駅までだいたい15分くらいかなー。
(佐敦はジョーダン(ジョートン)、銅鑼灣はトンローワンと読みますよ)

そこから歩いて10分くらいのところに、
正午になるとドカンと来る場所があったのでした。

って、今回は地下鉄だけになっちゃいましたね。
プチ鉄っちゃんだからしょうがないね。

2006/11/6

星光大道  旅の話

話題が香港ばっかですみません。
1週間くらいはガマンしてくださいね。

ということで、いきますよ。
香港旅行記3〜「香港のスターたち」です。

九龍公園を出ると大勢の人がおんなじ方向に向かって歩いてました。
俺はそれに逆らって歩こうと。

クリックすると元のサイズで表示します

たぶん、通勤している人フェリー乗り場にでも行くんだと思うんだけど、
かなりの勢いだったので、車道を歩くことに…。

で、昨日の夜断念した地下道まで行き、海へと向かって進んでいきました。

香港のいいところは、あっちこっちに標識が出てるんだけど、
観光地についても方向を示してくれているんです。

なので、地図がなくてもある程度のところまでいけて便利でした。

さて、地下道といってもショッピング街で、まだ店は開いてなかったけど、
扉を開けると海が広がっていました。

「アベニュー・オブ・スターズ」です。
(中国語で書くとタイトルにある「星光大道」になるそうで)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ここには香港の俳優や監督たちのプレートが歩道に埋め込まれていて、
その多くには手形とサインつき。

また、道の真ん中辺りにはブルース・リーの銅像まであって、
まさに香港ならではの観光地ってわけです。

クリックすると元のサイズで表示します

俺は東の端から西の端まで歩いていったんだけど、
ブルース・リーの銅像をすぎた辺りにありました、ジャッキー・チェン!

クリックすると元のサイズで表示します

人がたくさんいたのですぐにわかりました。

そこで写真を撮ろうと思ったんだけど、人が多いのでちょっと先へ。
そしたらそこには、サモハン・キン・ポーの手形が!

クリックすると元のサイズで表示します

手を合わせてみると意外に小さくて、俺の手のほうが大きかった…。

こっちはあんま写真を撮っている人が少なくて、
やっぱ、ジャッキー・チェンくらいなのかなーと思いましたね。

まあ、俺も見逃した人とかいるんだろうけど。

道の真ん中には「キオスク2号店」があって、
そこではジャッキーのグッズとか売ってたんだけど、これまた開店前。

クリックすると元のサイズで表示します

そのまま西まで歩いていくと、大きな時計台が見えてきました。

これはチェックしてなかったんだけど、なんとなく撮影。
そしたら、けっこうみんな写真撮ってる。

なんでも、昔はここに駅があってそのシンボルだったそうで、
ちょうど90年前にできたものみたいでした。

クリックすると元のサイズで表示します

その後は海を離れて、再びホテルの方へ。
ちょっと忘れ物をとりに行ったあと、いよいよ地下鉄に乗って香港島へ。

正午ぴったりにあることが行なわれるところがあったので、
時間に間に合うように、余裕を持って向かったのでした。

2006/11/6

ただKEINとフォールしたかもー(BlogPet)  ぶろぐぺ

きょうはKEINで克服するつもりだった。
ただKEINと1つをフォールしなかったよ。
ただKEINとフォールしたかもー。
*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぶろぐぺ」が書きました。

2006/11/5

香港の夜と朝  旅の話

さあ、香港づくしで参りましょう。
香港旅行記2〜「香港の街を歩く」です。

ホテルに着いたのは遅かったんだけど、
香港にいれる時間も少ないので、少しでも雰囲気を味わいたいということで、
ちょっとぷらっとお散歩に出かけてみました。

まあ、人通りはあんまりなかったんだけど、
ディスコとおぼしきところには列ができていたりでした。

ホテルを出てすぐのところに香港っぽい看板がいっぱい。
さっそく撮ってみました。

次の日の朝にも同じところから撮影。比べてみるとどうですか?

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

で、夜は細い道はちょっと怖いので、大通りを南下して海のほうまで。
でも、海に行くには地下道を通らなければいけないということだったので、
断念して帰ってきちゃいました。

まあ、地下道を通らなくても海にはいけたんだけど、
まだよくわかってなかったからね。

帰りにセブンイレブンによって初めてのお買い物。
どきどきしたけど、おつりをだまされることもなく無事終了。

だいたい40分くらいだったかな。帰ってきて寝ました。
よく眠れました。


そして次の日、8時頃ホテルを出ましたが、
すでに街は動いていて、通勤・通学の人でいっぱい。

そんな人ごみの中、近くにクリケット場があったので見にいくことに。

九龍クリケットクラブというところで、
中はよく見えなかったんだけど、茂みの隙間から激写。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

なかなかハイソなクラブらしく、
そう簡単に入れるようなところではありませんでした。

来週、国際的な6人制クリケットの大会が開かれるということで、
最初、日本からも出場する予定の大会なのかと思ったけど、
それとは格の違う大会だということで、街中でも宣伝していました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そのあと、九龍公園にいったんだけど、公園といっても都会的。
太極拳をやっている人はいませんでした…。
(もっと早い時間、5時くらいに行かないと見れないらしい)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

で、公園を通り抜けたところあたりで朝食を食べれそうな場所を見つけ、
そこで昼食を済ませてから、いよいよ観光スポットに向かうのでした。
(食事については、たべもの編までお待ちください)

2006/11/4

着いて一安心  旅の話

やっぱり日本は寒いです。
早く冬モードに移行していきたいと思います。

さて、香港旅行記ですね。
出発から到着までいってみましょうかね。

香港旅行記1〜「無事に着けるのか?」です。

出発は1日の水曜日だったんだけど、
その日は学校が5限まであって、終わってダッシュで帰宅。

埼京線に飛び乗って、家に着いたら出発まであと30分。
またダッシュで京王線に乗って、新宿から成田エクスプレスに。

成田エクスプレスって座席番号の振り方が普通の特急と違うんですね。
成田までの道のりを示す電光掲示板もあってなかなか楽しげ。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、空港についてまたダッシュ。
なぜなら、空港に着いたのがチェックイン締切りの10分前だったから。

そんなこんなで今回も危ない橋を渡っての出発だったのでした。
途中、人身事故とかで電車が止まらなくてよかったよ。

飛行機はANAで。そのなかでの様子はまた飛行機編で。
4時間半くらいで香港に到着し、その時点で時間は現地時間で22時。
(香港と日本には1時間の時差がありますよ)

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、ホテルに着いたのは0時…。

何でこんなに時間がかかったのかというと、
まず、入国手続きに30分くらい待たされたわけね。

外国人用の窓口が少ししか開いてないんだもの。
で、無事通り抜けてから到着ロビーに出たんだけど、
そこで現地のガイドの人が待っているはずだったんだけど、
それがいったい誰なのかがわからない…。

俺の名前を書いた紙が掲げられているはずなんだろうけど、
たくさんいすぎて区別がつかないし、まったくのお手上げ状態。

そこで、緊急連絡先として教えてもらっていた現地の旅行会社に電話して、
待っているスタッフから電話をかけてもらいました。

携帯電話をレンタルしていったのでよかったね。
これがなかったら、相当厳しいものになってましたね。

で、ようやくホテルまで連れて行ってもらったんだけど、
その車中でいろいろと注意事項を教えてもらいました。

そのガイドさんは日本語が話せる現地の人だったんだけど、
ちょっとやっぱ聞き取りにくいよね。
最初になんていったのかわかんないんだけど、
その後の話を聞いていると、あ、こういう話してるのかってわかる感じ。

で、ホテルについたのは0時過ぎ。
チェックインはその人がやってくれたので、ふかふかのソファで待ってました。

シングルのはずだったんだけどツインの部屋でした。
でも、いろいろ物が置けるから便利だった。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ってことで、そこで眠ってしまってもよかったんだけど、
ちょっとお散歩に出かけるのでした。

2006/11/3

香港でした  旅の話

無事、香港より戻ってまいりました。

いやー、楽しかったなー。

海外ということでちょっとどころじゃなく不安だったりもしたんだけど、
現地にいる友人たちのおかげで満喫できました。

本当にどうもありがとうございました。

今回も時間的にそんなに長くはいれなかったので、
主要ポイントをささっとって感じだったけど、
でも、ポイントはしっかりとおさえられたみたいです。

写真もバシバシとって400枚くらい。
詳細はおいおい。

それにしても日本は寒いね。
向こうの陽気はちょうどよかったかなってくらい。

半そでと半パンで歩くとちょっと暑かったけど、
でも、夜なんかもそれで十分。

それでも向こうではむしろちょっと寒くなってきたみたいだったんだけど。

まあ、そんな感じで、
ひとまず今日は寝てしまいましょう。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ