音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2006/11/29

精進料理と仏陀と猿  旅の話

今日は晴れてよかったねー。
でも、週末は真冬の寒さだってよ。最高気温1けた。

早くコートを買いにいかないと…。

さて、いよいよ最終章に近づいてまいりました。
香港旅行記13〜「精進料理とアトラクション」です。

大仏の中をめぐって、下におりてきました。

そのときの時間が10時半過ぎだったんだけど、
ちょっと小腹もすいてきたのでお食事をいただくことにしました。

券を買ったときも、大仏の中に入るときも、
「食事はこの黄色い屋根のところね」と丁寧に説明してくれて、
そっちの方に歩いていったら、お寺に着いちゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します

なので、そこで参拝してからお食事に。

で、黄色い屋根を見つけようとしたんだけど、
木々が邪魔して全然わかんない。

なので、売店のお姉さんに聞こうと券を見せると、
カフェに行けといわれ、指の指された方向に行ってみる。

クリックすると元のサイズで表示します

ああ、たしかにカフェと書いてある。

ここで、2つばかり軽食をチョイスし、ジュースももらう。
すると、ビーフンがでてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

たった23ドルしか払ってないのにけっこうな量ですよ。
どうせ帰りの機内食がでるわけで、いいつなぎになりました。

でも、なんか味気ない食事だなーと思ってると、
食事しているテーブルの上にこんなものが。

クリックすると元のサイズで表示します

あ、そうね。ここはお寺だもんね。
俺が食ってるのも考えてみればりっぱな精進料理だよね。

ここでようやくありがたみを感じてみる。

おなかも満足したところで次はアトラクション。
ゴンピン・ビレッジに戻ると人がいっぱい。

実は、ゴンピン360の切符を買ったときに、
その裏に2つのアトラクションの入場時間が書いてあるといわれたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

で、まず「仏陀と歩く(Walking with Buddha)」に入場。
(リンク先は音がでます)

これは仏陀の人生とその思想を感じることができるアトラクションで、
ちゃんと各国語のイヤホンを貸してくれるので、日本人でもOK。

まあ、内容としてはそこまでたいしたものではないんだけど、
最後に仏陀の思想が英語で説明されているところがあるんですね。

一応私は倫理を教えてるわけで、仏陀の思想も教えたわけで、
何が書いてあるのかはだいたいわかりますけど、
他の人たちは果たしてあれを読むだけでわかるのだろうか?

仏陀が解脱するまでのことは各国語で説明してくれるんだけど、
思想についてはその英語の説明書きだけなので、それはつらいでしょうね。

で、次に「モンキー・テイルズ・シアター」に入場。
(リンク先は音がでます)

こちらは、サルの喜劇。しかもアニメ。
(あ、「仏陀と歩く」もほとんどがアニメなんだけどね)

動きで笑わせるアメリカ的アニメだったので面白かったけど、
何でここでこれなの?って感じでした。

両方とも15分程度のものなので、時間的にはちょうどよい感じでした。

見終わって、時間は12時ちょっとすぎ。
そろそろ空港に行かないとやばい感じなので、ゴンピン360に乗って下山。

下っていくのは俺くらいのもので、どんどん人が登ってきていました。
駅からバスに乗って、空港に向かったのでした。

2006/11/27

香港の大仏  旅の話

先日出席した結婚披露宴の引き出物でもらったカタログギフト。
どれにしようかかなり迷っています。

食べ物もいいとは思うんだけど、なくなっちゃうでしょ。

今のところの候補はホットサンドメーカー。
でも、結局作らなくなる予感も…。早く決めないとなー。

さて、前回に引き続き香港最終日です。
香港旅行記12〜「世界最大の大仏様」です。

ゴンピン・ビレッジを抜けて数分すると大きな門が見えてきました。
大仏はその向かい側に鎮座ましています。

クリックすると元のサイズで表示します

この大仏様は世界最大ということで、23メートルもあるそうです。
でも、そんなに大きさを感じなかったんだけどなー。

鎌倉の大仏が11メートルなんだって。
ってことは2倍以上ってことだよね。そうかー。

で、大仏様は高いところにいらっしゃいます。
階段は268段あります。けっこう疲れるよ。

で、登ろうとすると、窓口みたいのがあります。
そこはスルーしても大丈夫なんだけど、おばちゃんに呼ばれてみる。

おばちゃんは、何が目的なのかと聞いてきた。
食事はするか、と聞かれたので、しないと答える。
大仏の中は見るのか、と聞かれたので、見たいと答える。

そしたら、大仏の中の拝観券と食事はセットだということなので、
しょうがなくそのセット券を買いました。

でも、そのセット券はたったの23ドル(約360円)だったので、
まあいいですよね。

階段も8割がた登ったところでパチッと。
さらに、真下からパチッと。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

やっぱりそこまで大きさは感じなかったんだけどなー。

で、中は鎌倉大仏のようなパターンではなく、釜石観音パターン。
(って言ってどれだけの人がわかるんだろうか…)

当然、なかは撮影禁止なので写真はありませんが、
たくさん人の名前が書いてあったり、さまざまな観音の絵が描いてあったり、
かなり神聖な感じで、熱心に拝んでいる2人のおばちゃんがいました。
(たぶん、中国の人だと思うけどね)

ただ、中に入っているのは俺とその2人くらいで、
あとの人は全く興味がない模様。

そこは欧米人とアジア人の違いなのかなーと思ったね。
仏教に対する意識がやっぱり違うよね。

上からの眺めもよかったですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

2006/11/26

25分の空中散歩  旅の話

雨が降ってます。
雨が降ると放射冷却しなくなるので、朝が寒くなくていいですね。

さて、ひさしぶりに香港の話を。
香港旅行記11〜「乗り物編4:ゴンピン360に乗る」です。

香港の最終日。午後には日本へ出発。

この半日をどこで過ごそうかということで、2つの案がありました。
1つは香港ディズニーランド、もう1つが大仏。

両方とも空港と同じランタオ島にあるのでどっちも行きたかったんだけど、
大仏付近に新しいアトラクションができたということだったので、
香港ディズニーランドはまたの機会にさせてもらいました。

7時に起きて朝マックしにいって、8時過ぎにホテルを出発。

クリックすると元のサイズで表示します

あ、外国にいって朝マックかよ!って思うかもしれないけど、
日本ではマックにはほとんど行かないので、
むしろ俺的には、旅行先だからこそ朝マックってことなんですよ。

だって、日本では朝マックしたことないもん、たぶん。
朝マックしたことあるのはオーストラリアと香港でだけ。^^

さて、地下鉄に揺られ、
9時過ぎに地下鉄の終着駅「東湧(トンツォン)」につきました。

で、大仏のある「寶蓮寺(ポーリンジー)」までは、
ここから「ゴンピン360」というケーブルカーで移動します。

9時半からの運行ってことで乗るのにちょっとだけ待たされました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

このケーブルカーは今年9月にできたばかり。
360っていうくらいだから、かなりの眺めを堪能できました。

ただ、所要時間がなんと25分。なので、だんだんと飽きてきます…。
仲間内でわいわいとっていうのにはいいと思うけどね。

定員は17人。ということは、立って乗る人もいるってことなんだけど、
揺れるだろうし、下もよく見えるだろうし、そうとう怖いだろうなー。

料金は往復と2つのアトラクションのセットで145ドル。
約2300円ってことでちょっと割高ですね。
(往復だけなら88ドルです)

出発してすぐは香港国際空港を眺め、到着直前には大仏が見えてきます。
さらに、駅に到着するときにフラッシュがたかれます。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そう、乗っている姿を写真にとってプリントしてくれるんです。
ディズニーのアトラクションに乗ってるみたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

行きは、なぜか欧米系の女性と2人で乗せられたので、
ポーズを取ることもできなかったんだけど、
帰りは俺1人だったので、ばっちりポーズとって写真買ってきちゃいました。

88ドル(約1400円)とこちらもちょっと高かったけどね。

駅を降りて、ゴンピン・ビレッジを通って大仏へ。

ゴンピン・ビレッジもゴンピン360とともにできた新しいところで、
さっきの2つのアトラクションのほか、中国茶を体験できるところもあり、
お土産やさんもたくさんのミニテーマパークなんですね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

まだほとんど人もいなく、店員さんも暇そうなのでとりあえずスルー。
大仏に向かってさっさかと歩きました。

2006/11/24

定期券は曲げてはいけません  電車の話

そういうことなんです。

こういうタイトルをつけて、あることを思い出しました。
それは高校2年のときのこと。

ある数学の先生が、授業が始まるとおもむろに黒板にこう書きました。

「自動販売機をけってはいけない」

それから話し始めたんだけど、
その先生がかつて会社勤めをしていたときのこと、
昼休みにジュースを自販機で買ったんだけど出てこなかったんだって。

で、けっ飛ばしたわけ。

そして、その次の日。
朝起きたら下半身が全く動かない。

その先生は椎間板ヘルニアになってしまったのでした。

なので、自動販売機はけってはいけないんだよねー、ってね。

そんな話。

で、俺は別に病気になったわけではありません。
定期券がちょっとくしゃくしゃになっただけ。

昨日の夜、帰りに新宿の連絡改札口を通ったところ、
入れたはずの定期券が出てこない。

表示は「券づまり」とのこと。

たしかに、いれる前にちょっと折り曲げてたかも。
てか、いつもグニャグニャ折ったりしてるんだよね…。

駅員さんが来て取り出してくれたんだけど、
出てきた定期券はくしゃくしゃで、自動改札は通せない状態に。

その駅員さんは「定期券売り場で再発行いたしますので」って言ってくれたけど、
すでにその時間では定期券売り場はしまってるわけ。

ただ、「券面でわかりますので、そのままお通りください」だって。

で、今日、朝行こうかと思ったんだけど、
今日は1限から学校があったので、定期券売り場がまだあいていない…。

なので、有人改札を通って駅員さんに見せて通過しました。

子供のころは定期券を駅員に見せて通るのに憧れて、
でも、高校で始めて定期を持ったときにはすでに自動改札が普及してて、
こんな形で夢がかなったわけだけど、全然うれしくなかったね。

だって、はっきりいってうざいじゃん。
駅員さんだって仕事いっぱいあるんじゃない?

で、行きに京王線2回、JR2回、帰りにJR2回通ったけど、
京王線の新宿で降りるとき以外はみんないい感じで対応してくれたよ。

定期券は帰りに新宿で再発行してもらったんだけど、
機械ではやっぱり磁気情報が読み込めない状態になってました。

珍しいからとっておこっと。

2006/11/23

1300本の灯篭  日記

ひさしぶりの更新です。
香港の話ももうちょっと残ってるんだけど、今日も違うネタで。

今日は祝日ということだったんだけど、俺は木曜日がお休みなので、
いつもより人が多かったり少なかったりにちょっと違和感。

で、いつものようにクリックフェスタのミーティングに向かったところ、
高幡不動尊に続く参道の前に人だかりが。

28日はお不動さんの日で縁日とかが広がるんだけど、
今日は23日だしなー、と思い近づくと、まあきれい。

参道にたくさん灯篭が並んでいたんです。

で、思い出しました。
ちょっと前の新聞に灯篭イベントやるって書いてあったことを。

それが載っていたのが火曜日の新聞で、
明日とあさってに開催しますって書いてあって、
何で日曜にやらないんだよって思ったから、記憶に残ってました。

今日は祝日なんだもんね。

デジカメ持ってたらよかったなーって思いつつ、
携帯のカメラでカシャッと。

クリックすると元のサイズで表示します

で、駅に向かうと改札で塾の卒業生に会い、2年ぶりだったので立ち話。
1時間くらい話しちゃった。

おかげでミーティングには遅刻。

でも、ひさしぶりに会って、いろいろ話せてよかったなー。
試合の帰りだったみたいなんだけど、調子もいいみたいで、
そういう姿が見れてよかったです。

2006/11/20

きょう(BlogPet)  ぶろぐぺ

きょう、香港に話すればよかった?
*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぶろぐぺ」が書きました。

2006/11/19

不便なsuica  電車の話

たまには文句を言ってみようと思います。

あ、たまにはってのはブログの上でってことね。
最近は香港の話しかしてないからね。

実際の日常では相変わらず文句言いっぱなしですけど。

で、何かというとsuicaです。

土曜日のことなんだけど、
一部の新聞にも載ってたけど、朝から京王線で人身事故があって、
そのため、モノレールと中央線を使って池袋まで行くことに。

で、振替乗車券をもらうのに並ぶのも嫌なので、
そのままパスネットとsuicaを使って向かったのでした。

立川でsuicaを使って入場。

そして、池袋で降りるとき、
そのままsuicaで降りてもよかったんだけど、
なぜかそこは節約意識が働いて精算することに。

というのも、新宿−池袋間は定期があるからです。

立川−池袋の運賃は540円。立川−新宿の運賃は450円。
90円違うわけですね。

さて、池袋に着いて、自動精算機に向かいました。

suicaを入れます。
すると「精算」か「チャージ」かを選ばなければいけないので、
そこで「精算」を押してみました。

そしたら、精算は必要ないとsuicaが戻ってきます。

では次に、定期券(連絡定期券だから磁気式)を入れてみます。
そして、さらに切符があれば入れれるのでsuicaを投入。

そしたら、この機械では精算できないとかえってきてしまいました。

は?
お前はそんなこともできないのか?

これはsuicaだからできないわけですよね。

イオカード時代なら、2枚投入で済んだはず。
実際、パスネットでは2枚投入で問題なく終わります。

そんな瞬時に自動改札でできることがsuicaではできない。

そんなこともできないsuicaのどこが便利なんだよ。
そんなんならイオカードに戻せよ。

suicaって何ですか?
これは電車に乗るための切符の役割を果たすものなんじゃないの?

コンビニで買い物できるとか、携帯電話でも使えるようになるとか、
そんなことより、しっかり切符としての役割を果たせよ。

それを果たしてから次の機能だろうが。
なに、切符の役割を退化させてんだ、おかしいだろ。

磁気式と併用するから悪い
JR部分だけはsuica定期にすればいい
まもなくPASMOができるのでそれを待ってほしい

そんなことを言うのかもしれないけど、
全く、弁解にも説明にもなってないですね。

現状として磁気式が存在し、PASMOはないんだよ。
そっちが勝手に前に進んでるんだろうが。
それが「前に進んでる」といえるのかね。

新宿の連絡改札口を見てみろ。
どれだけの人間がうまく通れずにつまっていることか。

新しい技術を開発していただけるのはけっこうなことだけど、
それを開発するだけで満足してもらっちゃあ困る。

実際に社会の中で万人に利用されてこその技術だよ。
ついてこれないのが悪いとほざく独善的な技術はいらないんだよ。

技術がわれわれのためにあるんじゃなくて、われわれのために技術がある。

それを忘れないように。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ