音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2006/6/29

水ようかん食べくらべ  たべもの

今日、クレジットカードの明細書が届きました。

いろんなもの買いすぎです…。
全部で11件、支払いは6万円ちょっと。(使いすぎ?)

がんばって稼ぎましょう!^^

で、今回は水ようかんの食べくらべってことで、
日光にいったときに買ってきた2つのお店の水ようかんと、
今日届いた、たねや(クラブハリエ)の水ようかんを吟味いたします。

たねや(クラブハリエ)は、
バームクーヘンがめちゃくちゃうまいって前に紹介したところです。
(7月からネットでの通販も再開。買うべし!)

日光の方は、水ようかんが有名ってことで、
三ツ山羊羹本舗」と「鬼平の羊羹本舗」の2つで買ってきました。
(ともに栃木県民イッチーの紹介です。ありがとうございました)

ということで、その3つをごらんあれ。

クリックすると元のサイズで表示します

上の大きいのがたねやの。
真ん中が鬼平、一番下が三ツ山です。

三ツ山と鬼平のはともに箱に入っていて(箱流しというそうです)、
たねやのはプラスチックの容器に。

ということもあってか、たねやのは1か月近くもつようですが、
(しかも、冷蔵で送られてこなかったし)
日光組は要冷蔵で5日間ですね。

さて、味なんですけど、
日光組はともに同じような硬さで、
だけど、鬼平のほうが若干色が淡い感じでした。

それに対して、たねやの水ようかんはかなりみずみずしい。
口の中でするっととけていく感じです。水分多いです。

なので、かなりの勢いで食べれてしまいそうなんだけど、
逆に、食べた感ってのは薄いことになりますよね。

鬼平は色が淡いだけあって味もやや薄め。
甘さがほんのり、小豆の香りもほんのりとかなり上品です。

三ツ山は小豆がけっこう主張してきます。

味の好みは人それぞれなんでしょうけど、
俺の好みは三ツ山でしたね。

普通のようかんはちょっと重すぎるけど、
でも、いっぱい食べたい!って思う俺には最適なのかも。

涼を求めるならたねやかもしれませんね。

ただ、いろいろとネットを見てみると、
鬼平がいいって声も多くて、やっぱそれぞれですね。

ちなみにお値段は、
鬼平が500円、三ツ山が600円で三ツ山の方が高めです。
(大きさはおんなじなんだけどね)

たねやのは900円…。
やっぱ高い。

逆に日光のがリーズナブルなんだよね。
うまくて安いとは最高ですね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ