音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2006/6/8

なぜ生まれてきたのか  日記

昨日と今日で書きたいことがいっぱいできてしまいました。

そのなかで、
一番ぐっときたことを書きたいと思います。

今のうちに書いておかないと忘れちゃいそうだしね。^^

それは何かというと、
「人はなぜ生まれてきたのか」ということなんです。

かなり難しいテーマですが、
先ほどある番組で江守徹がこんな質問をしていました。

相手は瀬戸内寂聴さんです。

彼女は次のように答えます。
というか、次のような趣旨と俺は理解しました。

今生きているということは、
何かはわからないけど、誰かのためになるために生まれてきたんだと。

ある特定のものがあるわけではなく、
社会にいろいろな意味で役に立つと考えればよいのだと。

たとえば、家で家事をしている奥さんも、
彼女がいるからだんなは働けるわけだし、子供も学校に行ける。

その存在自体が重要なわけですね。

そのあと、江守徹も言います。

何のために生まれてきたのかを考えるのが一生なのではないか、と。

つまり、
何か目的があって生まれてきたわけではないわけですよ。
生まれてきたことが、その目的を達成するための手段なのではない。

生まれてきたことで何らかのためになるわけですから、
つまり、生まれてくること自体が目的なんですよ。

なんかを目的として生まれてきたと思ってしまうから、
自分の望みがかなわなかったり、やりたいことが見つからなかったり、
そんな状況に対して絶望をしてしまうわけですよ。

それこそ、自分は何のために生まれてきたのかって。

でも、生まれてくること自体が目的なんだから、
その中で苦しみながらも、生きる意味を見つけていこうとすることこそ、
その人がすべきことなんですよね。

社会に存在している時点で何らかの意味を持っているんだから、
自分の存在に意味性を持たせなくてもいいんですよ。

そもそも意味があるんですよ。

そう思ってもらえれば、
ニートだとかは生まれないはずなんだけどなー。

一方、自分がやりたいことができているという充実した人は、
ある程度正解が見つかったのかもしれないけど、
でも、本当にそれが正解なのか、よりよい正解があるのではないか、
やはり問い直し続けなければいけないんじゃないかと。

そんなことをたまねぎをみじん切りにしながら考えちゃいました。

実は、カントもそんなこといってるんですよね。

自分や他人を自分の生きる手段として使ってはならない。
常に目的として扱いなさい。

ちょっとニュアンスは変わりますがね。

瀬戸内さんの言葉はかなりぐっときました。
深いなー。

そんなこと考えるの好きです。
倫理も教えてますしね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ