音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2006/5/18

「明日の記憶」  映画

今日は映画を見に行ってきました。

ちょっと前までは、
「映画を金払って見るなんて信じられない」なんて言っていたのに、
それだけ時間とかねがあるんだなー、としみじみ。

で、今回は立川にある「シネマシティ」に行ってきました。
見たのは「明日の記憶」です。

シネマシティは昔からある映画館なので、そのせいもあってか、
南大沢の「TOHOシネマズ」や、
多摩センターの「ワーナー・マイカル・シネマズ」よりも、
ちょっとすわり心地は悪かったですね。

近くにある「シネマ・ツー」の方がいいのかもね。

でも、今回の映画は内容が抜群だったので、
2時間という長丁場もあっという間でした。

コメディ以外は何か1つ心に残るものがないと納得できないんだけど、
今回は前半に出てきました。

それもあって、泣きモードに突入。
ところどころだけど、スーと涙が落ちました。

とても考えさせられる内容だけど、
でもやっぱり他人事として考えてしまう。

そんな感想が一般的なのかもしれないけど、
俺の場合は、結局、他人事ではなかったわけで、
それだけ感情移入してしまいました。

もちろん、おれ自身がアルツハイマー病とか、
何らかの病気にかかっているというわけではありませんので、
ご心配なく。

自分自身ではどうすることもできない「宿命」を背負ったとき、
というか、それに気づかされたとき、
それを受け入れられるのか、という問題があると思うんだけど、
実際、そこであっさりと受け入れるのは難しい。

難しいんですよ。
やっぱりそれは、そういう状態に直面した者でないとわからない。

でも、受け入れなければならないわけで、
そこでそれから先どのように生きていくのか、
「自分ができることをする」しかないんでしょうけどね。

それにしても、謙さんの熱演にはしびれました。
そして、奥さんは強い人だなーと感服したのでした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ