音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2005/11/14

包んでみました  たべもの

もう11月も半ばですね。
明日はもう15日。

16日になるとタイムカードが裏返しになるんだよね。
それで、日が経つのを感じていますよ。

で、家に帰る途中、
すでにクリスマス向けのライトアップを施しているおうちを発見しました。
雪だるまの形をしたライトまでありました。

もうそんな時期なんだよねー。

さて、そんな時期とはまったく関係ありませんが、
今日は新たなメニューにチャレンジしてみました。

前に紹介したmixiにはいろいろなコミュニティがあるのですが、
そのなかに「やっぱ自炊男子でしょ」というのがあります。

まあ、タイトルのままなんだけど、
そこで簡単にできるメニュがいくつかあったので、
それを実行に移してみたのでした。

つくったのは鮭のホイル包み焼きです。

アルミホイルにマヨネーズをぬり、
その上にたまねぎと鮭ときのこ(今回はぶなピー)を乗っけて、塩コショウをして包みます。

あ、そうそう、
アルミホイルって光沢がある方とない方があるでしょ。

で、だいたい光沢がない方が裏ってことで、
そっちに物を入れるような感覚がありません?

でも、俺の同僚の化学の先生によると、どっちも同じなんだって。

あれは、片方だけしっかりみがいて光沢を出しているだけで、
どちらが表とかそういうのはないんだそうですよ。

で、話を戻すと、
包んだらそれをコップ半分程度水を入れたフライパンで蒸すだけ。

水がなくなってきたので中を見てみると、
マヨネーズが溶けたのもあってホイルのなかもぐつぐつ状態になってました。

で、ちょっとまだ鮭は真ん中が生っぽかったので、
そのまま数分置いてからとろけるチーズを乗せて完成。

味はというと、基本はうまくできたみたいなんだけど、
使ったのが塩鮭ということで、もとから塩辛かったわけですが、
そこにマヨネーズもチーズも、そして塩も振ってしまったので、
ちょっとしょっぱくなってしまいましたね。

でも、新たにレパートリーが1つ増えました。
鮭以外でもいいそうで、これで魚を食べるようになりますわ。
(あんまグリル使ってません…。sakkiさんごめんm(_ _)m )

ということで、
なんか簡単そうなのあったら教えてくださいね。

2005/11/11

トラップ多し  旅の話

今日はポッキーの日だそうです。
しきりに誰かが書いてました。^^

さて、旅行記の番外編です。

まあ、今回もいろいろなところに行きましたが、
その地元の人には当たり前だけど…って事はいろいろとあるもんですよね。

で、福岡ではガイドのひでし君がいたこともあって、
いろいろと「え?」って事に遭遇してみました。

大宰府と太宰府の違いもそのひとつなんだと思うんだけど、
右も左も海」で紹介した海の中道に行く途中にトラップにかかってみました。

まあ、よくある地名の読み方なんだけど、
下線部の地名は何と読むのか、みなさんも挑戦してみてください。

志賀島に続く海の中道へ行く途中には西戸崎へと続く道が延びていた。

こちら東京でも、
「青梅」や「豊島区」などは間違える人が多いですよね。

で、普通だと「志賀島」は「しがじま」とか「しがとう」のように、
「西戸崎」は「にしとさき」と読みたくなるのですが、ぜんぜん違いました。

「志賀島」は「しかのしま」と読みます。
近くには「能古島(のこのしま)」なんてのもあるそうですけどね。

それから「西戸崎」は「さいとざき」だそうです。

見えた地名をそのまま読んでいたら大間違いだったので、
そんなところを突っ込まれながら海の中道へと進んでいったわけだけど、
最後に福岡空港で買ったお土産にもトラップがかかっていたのでした。

俺が買ったお土産が「二○加煎餅」というもの。

見た目も変なんだけど、読み方も変でした。
「にわかせんぺい」とよむそうです。

「せんぺい(SENPEI)」です。「せんべい(SENBEI)」ではありません。
(ひらがなではわかりにくいのでローマ字にしてみました)

何で「せんぺい」なのかはよくわからないのですが、
まあ、そう読むというのでそう読んどきましょう。

そんなこともあった旅だったのでした。

2005/11/9

気になりだしました  日記

今日は2ヶ月ぶりに髪を切ってきました。

10月に行ったと思っていたんだけど、行ってなかったんですね。
伸びすぎでした。

で、その帰りにあんず村に寄ってウィンナーコーヒーを飲んできたんだけど、
やっぱお店ごとに特色がありますよね。

あんず村ウィンナーコーヒーはホイップが乗ってて、かなりクリーミーなんだけど、
最後に期待してたザラメちゃんはなかった模様でした。

なかなかどちらがと勝負はつけにくいですが、
いまのところはCafe Mielに軍配でしょうか。

で、そうやって外食が多くなってきたこのごろですが、
この間きつく締まるほうのベルトを締めてみたところ、
昔はなかったんじゃないか?って思う肉っぽいものがわき腹にあるような感じがあったんです。

まあ、1人暮らしをはじめてから、
料理を作るとやや多めになってしまい、それをきちんと平らげていたし、
運動もどんどんとしなくなってきているので、
まあ、しょうがないのかなーと思うけど、
今の家には体重計がないので、どこまできちゃってるのかを知ろう!ということで、
このたび、体脂肪率も測れる体重計を購入したのでした。

オムロンのカラダスキャン[コントロール]です。
(SMAPの香取慎吾が宣伝してるやつですね)

クリックすると元のサイズで表示します

体重や体脂肪率はもちろんのこと、
BMI、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、骨格筋レベルを測定することもできて、
最終的には体年齢まで算出してくれるすぐれものなのです。

で、夕方に届いたのでさっそく測ってみたところ、
体重はプラス3〜4kg程度増えていましたが、ショックだったのは体脂肪率かな。

1桁になったことはありませんが、10%台前半だったのが、
いまやあと少しで20%ということでぎりぎり「普通」レベルでした。

あぶねー。

結局、体年齢は実年齢と同じ27歳でしたが、
ちょっと腹筋とかやってみちゃおうかなと反省しました。

で、ちょうどいいところに思い棒が。
この間の誕生日にsakki氏より巨大マグライトをもらったのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

全長は49.5cm、重さは600gですが、使用電池は何と単1形6本!

単1形電池の重さは大体139gだということのようなので、
6本だと834gになりますね。

ということで、合計で1.5kgぐらいになるわけですよ。

これをテレビ見ながら何度も持ち上げたり、振り回したりしつつ、
腹筋もぼちぼちやっていこうかなと思ったのでした。

一番いいのはクリケットの練習に行くことなんでしょうけどね。
スケジュールが…。

2005/11/8

濃い感じで  たべもの

今日はまた学校近くのラーメン屋さんにいってきました。

せっかく池袋に来ているのだから、
安くて気軽に食べることのできる学食もいいけど、
いろいろとおいしそうなものを食べてもいいんじゃないかと。

で、今日は学校のホントすぐそばにあるところに入りました。
名前は「九州ラーメン どべっこす」です。

ラーメンは「全部のせらぁめん」(850円)を頼みました。

クリックすると元のサイズで表示します

店内は、入ってすぐの1階は4席しかなくてかなり狭い感じで、
2階もあるんだけど、そこまで行く階段は狭くて急。

2階にいる店員の兄ちゃんは、
洗った皿を両手で持ちながらその階段を降りていくんだけど、
こけて割っちゃわないのかけっこう心配になりました。

で、ラーメンなんですが、
スープはけっこう濃い目で、細麺にからむからむ。

あれはおそらく替え玉させちゃおうって事なんじゃないですかね。

それに半熟煮玉子も乗ってるし、岩のりも入ってるし、
チャーシューはかなりとろとろで全体的に濃いーって感じでした。

チャーシューはやわらかくてよかったんだけど、
ちょっとしょうゆ味が濃かったかな。

ダシ的なうまみよりもそのダイレクトなしょうゆ味が気になりました。

まあ、替え玉か半熟煮玉子のサービス券をもらったので、
また行ってもいいかなってとこですね。

全部乗せにしなくてもいい感じがするので、
ランチセットで普通のラーメンに肉めしをつけて750円だというので、
そちらでおなかたっぷりにするのもいいんじゃないかと思いました。

狭いのがちょっと大変そうだなーってくらいですかね。

それにしても、
ラーメンがエレベータに乗って2階に上がってくると、
番号を呼んでラーメンを渡してくれるんだけど、
客は何でああも返事をしないもんかねー。

店員さんが番号呼んでも黙ってるんだよね。
ちょっと意味わかんないんだけど…。

それは、誰がどれだかわかってろってことなのかもしれないけど、
いや、2階の店員さんはそんなのチェックしてないし。
(忙しくてそれどころじゃないし)

返事くらいできないものかなーと思いますけどね。

客もちょっと高飛車すぎますね。

店員がそんなんだったらもちろん行かないけど、
客の態度もしっかりしないといかんのじゃないかね。

2005/11/7

空気をきれいに  日記

今日は山手線が長時間にわたって不通になっていたそうですね。
止まったのは朝の8時過ぎ。

それから13時過ぎまで止まっていたようだけど、
今日は学校はなかったのでその混乱に巻き込まれずにすみました。

まあでも、学校の登校時間は8時10分なので、
もし学校があったとしてもそこまで影響はなかったでしょうけどね。

山手線ユーザーはもちろんのこと、
埼京線やその他地下鉄などの代替輸送対象路線のユーザのみなさんも大変でしたね。

どうも、おつかれさまでした。

さて、そんなこととは無縁の私でしたが、
昼過ぎに注文していた空気清浄機が届きました。

これから冬になっていくにつれ、
まずはカゼをひいてしまうことが心配されますよね。

で、カゼをひいてしまったときに加湿器があると、
特に寝てるときにかなりラクになれるんですよね。

のどが痛いのがかなりつらいので、加湿器は必須アイテムです。

さらに、春が近づいてくれば、今度は花粉ですよね。
なので、加湿機能付き空気清浄機がほしかったんです。

で、昨年はベンタ エアウォッシャーというのを購入したんだけど、
(性能はいいんだけど、けっこう高いんだよね)
これは実家においてきてしまったので、また新規に購入しました。

今回購入したのは、シャープ 除菌イオン空気清浄機です。

室内の空気のよごれ具合をセンサーで感知してきれいにしてくれるんだけど、
さらに、ウイルスやカビなどが活発にならないように湿度と気温を監視して、
必要なときにはプラズマクラスターイオンを放出して、
それらの活動を不活性化してくれるのです。

なので、そもそもカゼもひきにくくなるってことなんだよね。

で、届いてみたらびっくり。
意外とでかいんです。

高さが62センチもあって部屋に置いたら存在感たっぷり。
どこにおいたら効果的なものか、しっかりと考えたいと思います。

2005/11/6

アクセス数が…  どれでもない

明日は学校が文化祭の代休でお休みなので、
今日はゆったりと更新することができます。

ここ数日けっこう忙しかったので、
このブログの更新も元通りになりましたね。

まあ、1ヶ月に25記事はさすがにやりすぎでしたね。

で、そんなかとんでもないことが。

毎日だいたい20〜30程度のアクセスをいただいているのですが、
昨日の5日のアクセス数はなんと「6件」に終わったのでした。

で、この数字なんですが、
何でこんなことになったのか、理由のうち1つはすぐに思いつきました。

というのも、
5日から僕の所属しているアドレが2DAYの試合だったんですね。

で、けっこうこのブログはアドレ団員のみなさんにごひいきにしてもらっているんです。
アドレ団員ってネット好きが多いですしね。

ってことで、
そのみなさんが試合に行ってしまっているということは、
こちらへのアクセスも見込めないわけですねー。

また、たとえば3日のアクセス数「11件」からもわかるように、
日曜日や祝日など、会社がお休みの場合にもアクセスが減りますね。

時間帯も11時から14時あたりが多くなっていて、
つまり、会社からアクセスいただいている方が多いんですね。

これから年末に近づいていきますが、
みなさんの仕事がだんだん忙しくなってくると、
こちらへのアクセスも減っていくということですよね。

まあでも、引き続きがんばっていこうと思います。

2005/11/5

誰が行くか  お仕事関連

最近、買い物しまくってます。
買ったものが届き次第、みなさまにお知らせできればと思います。

ネットで買い物ってのはダメだね。
お金を払ったって感覚がないからね。

さて、先日ある学校の採用試験を受けてきました。

で、今回の試験はこれまでと違って、
非常勤講師ではなく常勤講師の募集だったのです。

非常勤講師は授業のあるときだけ学校にいけばいいんだけど、
常勤講師はそうではなくて、専任とほぼ同じことをやる職なんです。

まあ、合格すればまた一歩前進するってことだっただけど、
今日、家に帰ってきたら結果が届いてて、見事不合格でした。

でも、別に不合格でよかった。

試験を受けに入ったんだけど、そのやり方が気に食わなかったからね。
そんな汚い学校には行く気ありませんって感じですね。

別に負け惜しみでもなんでもなくて。

何が気に食わなかったかというと、
今回の募集についてはうちに封書でやってきたんだけど、
そこに書いてある募集要項と実際の採用試験の内容がぜんぜん違うんだよね。

まず、募集教科は「中学公民、倫理、政治経済」と書いてあったわけですよ。

なのに、実際の面接では地理や歴史の質問をバンバン浴びせられたわけ。

一番初めにされた質問は、
 中部地方は一般的に3つの地域に区分されますが、
 それぞれの名称とその特徴を簡単に述べてください。

ってものだったのね。

で、地理やってる人ならそんなのは常識でしょうけど、
私は地理なんて担当したことないんですけどー。

なので、ぜんぜん答えられませんでした。

で、何が不満かというと、
地理や歴史の質問をしようと思うなら、そう書いとけって話なんですよ。

なぜ「中学公民」って表現をするのかね。

そう書いてあったら、地理や歴史については不問であると思うでしょ。
実際、そういう学校は多くて、今の学校も前の学校もそうなんだから。

もし地理や歴史の知識も必要とするなら「中学社会」って書くべきでしょ。

そこをわざわざ「中学公民」にしているんだから、そりゃいらないと思うでしょ。
だまし討ちにあったようでしたよ。

もし、地理や歴史も必要だとわかっていたら応募なんかしなかったもんね。
だって、できないのわかってるんだから。

こっちはいろいろと忙しくて、その中で時間を作って行ってるというのに、
とても時間の無駄遣いをさせられました。

さらに、
募集要項には選考の方法として面接と模擬授業しか書いていなかったのに、
当日、面接が終わったあとに筆記試験をやらされました。

しかも、その内容は政経以外の教科のテスト。
おそらく生徒にやらせているもの(期末試験など)を編集したものでしょう。

地理では平野や川の名前を答えさせられ、歴史もバッチリと。
さらに倫理もありましたね。

そうやって、事前に勉強させないで真の実力を測ろうとしているかもしれないけど、
本当にやり方が汚すぎますよ。

で、結局落ちましたけど、
はじめに模擬授業をやり、そのあと専門的な質問をされ、そして面接でした。

おそらく、そういった知識のなさから落ちたのではないのでしょう。

そういった質問をされて自分自身で不信感がでてきたので、
面接での対応にも若干「こんな学校、合格しなくてもいいや」感があったのかもしれません。

何でそう思うかというと、
面接の最中にこんなことを聞かれてしまいました。

あなたはこれからもずっと教職を続けていこうと思っていますか?

それだけやる気なく見えたのかもしれませんね。

ともかく、合格しなくてよかったです。
塾を捨ててまで行く学校ではなかったですからね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ