音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2005/9/30

おかげさまで  どれでもない

ということで、
今日の午前11時前に5000ヒットを達成しました。

いつもいつも来ていただいて、本当にありがとうございます。

始まったのは2004年の8月ですが、
開設当初は1日のアクセス数も10程度で、1桁になることもしばしば。

それが今では、だいたい20〜30アクセスをいただいているわけです。

来てくださる人たちもクリケット界が中心となっていますが、
それ以外にも、中学や高校の同級生、職場の同僚などさまざまな人がきてくれています。

さらに、YahooやGoogleといった検索サイトから来る人も多くて、
まったく知らない人もお役にも立てているというのはうれしい限りです。

ちなみに、
今回5000をゲットしたのは、ハッシーさんでした。
(サークルの先輩でアドレ団員の方です)

つぎは10000になるかと思いますが、
これは1年はかかるでしょうね。

それまでしっかりと書き続けていかないといけないけど、
その前にAutopageがなくなるなんてことはないよね。

ということで、
これからもどうぞごひいきに。

よろしくお願いします。m(_ _)m

2005/9/29

世の中狭いなー  日記

今日はクリックフェスタのスタッフ説明会でした。

いろいろと新しいスタッフを募集していまして、
そういったことに興味がありそうな人たちに向けて、どういったことをやっているのか、
それをお話しする会なんですけどね。

まあ、俺も今年からスタッフってことなんで、
昨年の様子とかは話せませんが、出席してきました。

で、そのあとは飲み会になって、
久しぶりにビールなんてものをけっこう飲んできました。

おかげで、帰りの電車の中でトイレに行きたくなって途中下車…。

そんな飲み会で、発覚しちゃいました。

まあ、自分は先生やってるんだよなんて話になって、
いろいろと学校のこととか話していたんだけど、
僕と同じように今年からスタッフになろうという1年生が、
なんと、今僕が教えている学校の卒業生だったんですね。

ちょうど入れ替わりってことなんだけど、
まあ、これはたまげました。

学校ではあんまり他の先生と話したりとかしないんだけど、
いろいろと僕の名前を売ってくれるそうです。

まあ、たしかに学校の卒業生はたくさんいるかもしれないけど、
ついこの間までその学校にいたってのはちょっと違う感じかな。

あ、そうそう、さらに、
昨日ディズニーリゾートに行ったって書きましたが、
そこでバイトしている子がスタッフの中にいて、ちょうど昨日もバイトしてたんだって。

で、そのこの担当アトラクションに俺は乗ったんだけど、
まさにそのこの前とか通ってたりするんだよね。

ホント世の中狭いわけで、
どこで誰に見られてるかわかんないよね。

きちんと生きなきゃね。

2005/9/28

名物を堪能  たべもの

ってことで、ディズニーを満喫した1日でしたが、
(先に下の「4時間だけのお試し」を読まれたほうがよいかと)
いろんなものも食べてきちゃいましたよ。

まあ、名物ってことですから、
東京ディズニーシーの名物、ぎょうざドッグをまずはいってきました。

明らかに長すぎる行列を発見したので、とりあえず並んだわけですが、
でも、そこまで時間はかからなかった気がしましたね。

まあ、アトラクションに比べれば楽勝。

もうちょっと味が濃くてもいいかな、と思ったけど、
まあ、名物を食えたというだけで満足してしまいました。

ちなみに、
東京ディズニーランドではチュロスってのが昔からなかなかの人気ですが、
一番好きなのはメープルチュロスですかね。

スプラッシュマウンテン出たところに売店があって、
そこはあんまり混んでいないので、いつもそこで買ってます。

で、
夢の国から中央ライナーに乗ってぜいたくにも立川に降り立ったところ、
アレアレアにあるラーメンスクエアが目に入ったので、
飲んだあとのラーメンではないが、閉店間際にすべりこんでみました。

入った店はどこでしょう?
そりゃ、名物を堪能したわけですから、当然「我聞」でしょう。

そこで食べたのが、限定エビ味噌スペシャルです。

味噌ラーメンなんだけど、エビ味噌ってことで後にエビの香ばしさが残って、
さらにもやしやコーンの甘みがさらに続くというなかなかのスープでした。

で、実はこのラーメンにはチーズがトッピングされているんだけど、
それが麺を中心にからまされていたので、
スープを飲んでもあまり感じないんだけど、麺を食べるとチーズの風味が。

その変化がなかなかでした。

スープがこってりなので、なかなかぐっとしめてくれるものがないかと思いきや、
俺的には肉そぼろが味を引き締めていてくれましたね。

肉が引き締めるってのもなかなか面白いなーと。

立川にはあまり行かないんだけど、
行ったときはちょっと寄って行きたいスポットになりました。

ってのが、たべもの編。

2005/9/28

4時間だけのお試し  日記

今日は夢の国までいってきました。

浦安にありながら東京を名乗っているあそこです。
そう。「東京ディズニーリゾート」です。

アフター6パスポートってのがあって、
18時以降に入園すると、通常5500円のところ2900円で入れるのです。
(閉園時間は22時でした)

で、今まで東京ディズニーランドの方は何度も行ったことがあるんだけど、
東京ディズニーシーには行ったことがなかったので、
まあ、たった4時間だけど、お試しということで行ってみました。

で、まあ、いろんな人がいろんなこと言ってて、
「大人が楽しめるようにできているから、あまり面白くない」とか、
「カップルでいくならいいが、そうでないならきつい」とか、
そういったのを聞いてたので、どうかなって思ってたんだけど、
行ってみたら、けっこう楽しかったですよ。

今度は1日中いたいなーと思ったもん。

まあ、乗った乗り物がよかったのかもしれないけど、
まずは新しくできたレイジングスピリッツ

東京ディズニーランドにはないループコースターで宙返りしちゃいます。
待っている行列の横をけっこうなスピードで駆け抜けていったので、
これは期待できる!と思ったんだけど、
まあ、たしかによかったんだけど、ちょっと短かったかな。

あっという間に終わっちゃったから、
あれは1日に何回か乗らないと満足できないかも。

今回は、ファストパスがもう13時には切れてしまったということで、
50分ならんで乗りました。

で、次に行ったのはマジックランプシアター

アラジンのジーニーが登場するショーで、
内容的には面白かったのかもしれないけど、展開が速くてちょっとわからんところも。

で、そのあとブラヴィッシーモという水と火のショーを見て、
ディズニー恒例の花火(ディズニーマジック・イン・ザ・スカイ)も堪能し、
最後に向かったのは、センター・オブ・ジ・アースですよ。

東京ディズニーランドでいうスプラッシュマウンテン的なアトラクションなんだけど、
あちらと違うのはそのスピード感。

加速をつけたまま一気に落下へと向かうその結末にはかなり満足。
あれはマストライドでしょうな。

ってことで、
4時間でアトラクション3つとショー2つということでしたが、
かなり満足して帰ってきました。

最初にも書いたけど、
次回は丸1日いて、遊覧とかも楽しみたいかも。

ってことでした。



2005/9/24

いまさら計画  日記

台風来てますよ。
といっても、東日本から北日本。

なんか、今日は西日本方面は暑かったみたいですね。
こっちはもう秋って感じですよ。ずいぶんと涼しいです。

で、
いろいろとスケジュールを眺めていたら、
今年は昨年のような高山一人旅的なものは無理と思っていたのですが、
どうも、旅行いけちゃいそうな日を見つけてしまいました。

10月の連休のところなんだけど、
10日の体育の日が、どうも塾が何もなさそうで、
11日の火曜日は、学校が体育祭の代休になってお休みになるので、
2連休ぽくなってるんですよね。

まあ、火曜日は塾の授業があるので早く帰らなきゃいけないんだけど、
ある程度時間が取れそうなんだよね。

ってことで、またちょっと旅に出てみようかと思ってるんだけど、
今回は気づいたのが遅かったので、どうなるかは微妙です。

そもそも行き先がはっきりしなくて、
前の飛騨高山から白川郷、そして郡上八幡ってのはすっと決まったんだけど、
今回はかなり迷い中です。

で、第1候補として日光あたりをチョイスしてみました。

小学校のときの移動教室で行ったけど、いまいち覚えていないってのもあって、
昔を懐かしむってことで足尾銅山とセットでどうかと思ったんだけど、
なんかレンタカーも高いし、だったら親に車借りていくか?って感じだし、
でも、ずっと自分で運転ってのは嫌だったので、とりあえず保留。

もう一度行きたかった日本両生類研究所がもうやってないってのも1つの要因です。

で、第2候補は未だ足を踏み入れたことのない九州への旅。

長崎にはぜひ一度は行ってみたいと思っていたので、
長崎博多をセットでどうかと思ったんだけど、
長崎発着の飛行機が高いし便数も少ないしでまたまた保留。

そして最後に、第3候補として、
広島原爆ドームを経由して厳島神社を見つつ、
そのまま関門海峡を船で渡って九州入りし、いざ博多へ。

福岡って何見ていいか微妙なんだけど、太宰府あたりを回ってみて、
早めに帰ってくるってのでどうでしょうかね。

まあ、これが一番具体的ってことは、この線で行こうかと思ってるんだけどね。

今回は飛行機を多用してみましょうかね。
じゃないと時間が足りないので…。

って言っときながら、実は休みありませんでしたってオチは困りますな。

福岡方面に住んでいるあなた。
そう、あなたですよ。

福岡付近の名所を教えてください。m(_ _)m

2005/9/21

たしかに濡れました…  PC/ネット関係

さて、先週は更新しまくったのでちょっとお休みしていましたが、
また、ぼちぼちやっていこうかと思います。

で、最近かたい話も続いたので、
今回は思い切って「下ネタ」を解禁してみようかということで。^^

とうとう出ちゃったかって感じかもしれないけど、
ここまで我慢しただけでもえらいと思ってくださいよね。

なので、「お下品な話題はちょっと…」という気品高き方は、
これ以降は読み進まれないことをお勧めしますが、まあ、読んでよ。

で、前にも書きましたが、
このブログにはさまざまな検索で引っかかった人が舞い込んでくるのです。

どんな検索ワードでここにくるのか、それを見るのがけっこう楽しいんだけど、
昨日、そのログを見ていたらものすごい言葉でここに来た方がいたのでした。

その言葉とは…「濡れたあそこ」。

そりゃ、ここに書かないわけにはいかないでしょ。

で、別にこのブログは官能小説の館じゃありませんから、
どんな記事で引っかかるのか、実際にYahoo!で試してみました。
Yahoo!からいらっしゃる人が多いのでね)

すると、全部で約615000件も引っかかるそうなんですが、
(やっぱすごいねー、ネット上エロだらけ?)
そのなかでも、41〜60件目のページにわがサイトが出てくるんです。

つまり、3ページ目ですよ。

で、検索をかけると、検索ワードが強調されて周辺の文章が表示されますが、
それを読んでみると、確かに来ちゃうかもって内容になってます。

 あれはあれでいい思い出(?)になりました。
 あそこまで濡れたのは初めてじゃないかってくらい、ほんとにびしょびしょに。


これは、「雨のち雨」という記事の中の文です。

まあ、読んでもらえばわかるんですが、
バーベキューをやっていたんだけど、いきなりすごい雨が降ってきて、
ずぶぬれになってしまいました、ってことなんですよ。

でも、この記事を書いているのは男だなんて知るわけないし、
まあ、やらしいこと考えながら検索かけてるわけでしょうから、
そう考えてみると、なかなかいい感じの文章だよね。

そりゃ来ちゃうよ。

だって、いい思い出になっちゃってるんだしね。
あそこまで濡れたのは初めてじゃないかってくらい濡れてるんだしね。

もう、相当すごかったんじゃないかって感じでしょ。

いやー、大爆笑ですわ。

こんなこと書いてると、
またこうやって迷い込んでくるのかもしれないけどね。

ということでしたー。

2005/9/17

クリックフェスタ  クリケット

さてさて、久しぶりにクリケットの話ですが、
私KEINは、今年の6月にアドレクリケットクラブに加入し、
2年半ぶりにクリケット界に復帰しました。

その間にいろいろとクリケット界も変わってしまって、
なんだか浦島太郎状態になっているんだけど、ここで1つ動いてみようと思いました。

ということで、このたび、
CricFestaのスタッフとして活動することを決意しました。

CricFestaとは、6人制クリケットの全国大会のことで、
それまではAJ6、そしてAJ8という大会が行なわれていましたが、
今年よりCricFestaとしてスタートしたのでした。

このような全国大会への動きは7年前から動き出していたといっていいのではないでしょうか。

1998年にイギリスの超名門クラブMCCが日本に来るということで、
そのMCCツアーを盛り上げるべくスタッフが招集されました。

当時大学2年だった僕たちは、
夏合宿から帰ってきたばかりの新宿でその話を持ち出され、そのままスタッフに。

大会の概要を各メディアに送付して取材してくれるよう依頼をしたり、
大会会場近くのお店や学校にビラを持って行って試合を宣伝したり、
現地に泊り込んで試合の準備をしたり、
まだ大学2年ということでたいしたことはできませんでしたが、
それでもいい経験をさせてもらったと思います。

ただ、そこで思ったことはさまざまで、
このMCCツアーのなかから展開していった全国大会開催への動きに対して、
僕自身はあまりいい印象を持たないようになったのでした。

どういう点が気になったかというと、この全国大会という企画は、
一部のクリケッターのためだけに行なわれているのではないか、ということです。

クリケットを真剣にやっている人ならば、
日本代表に選ばれたいし、日本一という称号も得たいでしょう。

その気持ちはわかりますが、
「クリケット界全体を盛り上げるため」といっておきながら、
やっていることは一部のクリケッターの夢をかなえるためだけだと感じたのです。

それにはもちろん理由があります。

 大会は男子のみであること。
 日本代表の選出が当時はとても不透明だといわれていたこと。
 プレイヤーとスタッフとの間に大きな意識の差を感じたこと。


一部選手に会場準備の不備などについて文句を言われたこともあり、
とてもいやな気持ちになりました。

普段の試合では、プレイヤーたちがピッチの準備もするし、ウィケットも立てるし、
(だって準備してくれる人なんていないのだから)
それが当時では普通であったのに、
「日本代表」という人間は何も準備もせず、そしてなんだかんだと文句を言う、
そんなにえらい人間なのか、と思いました。

もちろん、中にはスタッフ活動もしている人がいたので、
何もやらない人間に対してますます不信感を持っていったのでした。

そのMCC終了後にPTCという全国大会に向けたプロジェクトがスタートしますが、
そういったこともあってそれには参加せず、
それ以降もJCAの活動に関与することはなかったのでした。

ただ、AJ6は2001年と2003年に観戦に行き、
そこで思ったのは、予想に反していい大会になってきたなーということでした。

女子の参加も認められるようになったし、
1年生が大会に出場できる環境にもなっていました。

そして、今年の3月にCricFestaが開催され、
大学1年生のみのチームがあったり、社会人中心のチームがあったり、
もちろん女子リーグもあったり、
まさにクリケット界全体を盛り上げていくようなものであるという印象を受けたのでした。

ということで、
かねてからクリケット界に何らかの貢献をしたいとは思っていましたので、
(だからこそJCA定款草案に29項目の質問をしたわけで)
それを今こそ実行に移すときだと思ったので、
CricFestaのスタッフとしてがんばっていこうと思ったのでした。

ま、いきなりで何かとてつもないことができるとは思っていません。
少しずつ少しずつ何かを得ていきたいと思います。

http://www.cricfesta.jp/



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ