リスボンシーフード有名店「Cervejaria Ramiro セルベジャリア ラミロ」

2018/2/7 | 投稿者: Author

ホテルに戻ってきた二人。私はまだ亀の手が食べれていないのが心残り。だって、向こうの人は大好物だというし・・・日本でも最近食べれないので。

ダーに初級ポルトガル語を駆使してホテルの受付で訊いてみると、受付の二人が声を揃えた。

「Ramiro!」

電話をしてくれたが出ないという。多分とても忙しくて電話にでる暇がないという
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
地下鉄で向かう。Baixa-Chiado駅でグリーンラインに乗り換える。インテンデント駅下車
クリックすると元のサイズで表示します
店には右のドアから入る。左のスペースは待つ人のため。すでに行列ができている。
クリックすると元のサイズで表示します
国籍言語を選択してボタンを押す。自分の番が回ってくると、その国の言葉で番号が呼ばれるという仕組み。待合いの場所には、有料ビールの自販機が。

一応入るとショーケースがあるので、そこで亀の手があるのを確認!!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
威勢のいい兄ちゃんがやってきた。なんか言っているうちに白ワインを頼んだ。Alvarinhoだからおいしいはず。隣のアメリカ人観光客が少し味見させてくれた。
クリックすると元のサイズで表示します
注文は簡単だ。テーブルにかけられている紙にオーダーを各自が書いていく。
パンは注文の必要はない。最初から出てくる。おいしい
クリックすると元のサイズで表示します
☆マテ貝
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
★亀の手250グラム・・・これ頼んだ時の反応がよかったです(よくわかってるな〜的な)
あちらでも高級食材で有名〜どれくらいか分からないので、値段はキロあたり55ユーロくらいだったと思う。
クリックすると元のサイズで表示しますまず先を剥き、こうやって手みたいなのを持って押しチュルって食べる
隣のアメリカ人は怖そうに見ている。少しトライしてはどうかと言ったが女性は

ここは亀の手が目的だったし、そんなに食べなくても待ち人が沢山いたので2ついただいて終了。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
この貝もポルトガルでは有名らしい。で・・その隣に亀の手があった筈なのになくなってました。いいお店〜今度は色々食べてみたい。

Cervejaria Ramiro(セルベジャリア ラミロ)
Av. Almirante Reis nº1 - H, 1150-007 Lisboa, ポルトガル
営業時間:12時00分〜0時30分
定休日 :月曜日
電話: +351 21 885 1024
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ