2011/1/22 | 投稿者: Author

元々岡山本店のパン屋さんが自由が丘にオープンしたということで・・頂きものです。天然酵母にはまけますが、米粉なのでもちもちしていました。
クリックすると元のサイズで表示します
米粉パン和良 わら
目黒区自由が丘1-26-9 tel 03-5731-1147
0

2011/1/20 | 投稿者: Author

今月の開催、場所の確保がなかなか出来なくて募集できなかったようですが、担当者の方の努力で(ご足労おかけしました)31日開催予定(希望者数により開催となりますので、申し込みよろしくです〜もしキャンセルの場合でもKITだけ確保、来月支払いということもできます<KIT買取額>。
なお、こちらのクラスは「子連れでお稽古Puppenhttp://plaza.rakuten.co.jp/soukenbikai/の申し込みです。よろしくお願いします。
0

2011/1/17 | 投稿者: Author

クリスマスと忘年会シーズンの年末。クリスマス休暇に入ったダーと福岡にちらりと帰りました。到着日と帰京前にはいつものロシェル(レストランでのクリスマスメニューは私達はNGなので、設定日以外のランチとディナーをお願い)に伺いました。これはディナーでなくランチです!!〜食いしん坊の私達用。
クリックすると元のサイズで表示します
@タイラギ貝の燻製 コンソメのジュレにキャビアを添えて
 大型の貝であるタイラギを燻製にしたものが登場。普通に見えるコンソメですが、オマールのエキスが入っていました。さらに、下には生クリームを添えてあるのだとか。キャビアも添えられて贅沢。
クリックすると元のサイズで表示します
A和栗とフォアグラのボンボン トリュフをのせて

トリュフの香りと共に登場。シンプルにフォアグラをつめたボンボン。
二品目にデセールのようなものを持ってくるというのは、最近の菅原シェフの流れ。洋栗とフォアグラは合わないが、和栗はフォアグラと合う。おいしくいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
Bオニオングラタンスープのスフレ
スフレ系スープ。いわゆる中はスープではなく、上はスフレ状。オニオングラタンで体が温まります。スフレ系は今までなかったですね。福岡は寒かったのでホットチーズ系は身体があたたまり嬉しいですね。
クリックすると元のサイズで表示します
Cアンコウ 甲殻類のソースを添えて
ゼラチン質のあるアンコウを使った贅沢な料理。ソースはダーの好きな甲殻類を使ったソース。かりっと表面を焼き上げたのと、ゼラチン質との対比がおいしい。
クリックすると元のサイズで表示します
D口直し
クリックすると元のサイズで表示します
E仔牛とフォアグラ トリュフソースを添え
 登場したのは仔牛。今まで意外に登場したことのない食材で、私達も久々食べました。仔牛の間にフォアグラを挟み、それを肉厚の椎茸のソテーの上にのせた一品。ローズマリーがちょこんと上に乗っているのもアクセント。
 仔牛の柔らかさとフォアグラの濃厚さのコンビネーションもすばらしいのですが、感心したのは椎茸のおいしさ。こんなに椎茸(大分のどんこ〜有名ですよ。東京では・・って感じです)っておいしいんだと改めて発見しました。菅原シェフも納得の椎茸だそうです。仔牛、フォアグラ、椎茸と単品で食べてもおいしい。すべて組み合わせてもおいしい。トリュフ濃度の高いソースの色も美しい。昼間からこんなに甘やかされていいのだろうか?(甘やかされる=フランス語表現で<ダー談>)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
Fデセールその1 Gデセールその2 
全8種完食!!流石にフロマージュはいけませんでした。

料理の友のこの日あわせて頂いたワイン君達の紹介です
クリックすると元のサイズで表示します
@Bourgogne Aligoté 2008  アリゴテ種を使った白ワイン。
ASavigny-les-Beaune 2001  @を適度に飲んで、メイン前に勧められるままブルゴーニュの赤もいただきました。いい畑のワインだったようです。
クリックすると元のサイズで表示します
BSaint Joseph 1999   これなんだと思いますかと言われ、グルナッシュ種の味がするけれど100%ではなさそうなので、ロワールかなと答えたら、実はローヌのワインでした。結構好きグルナッシュ〜私はダーがいないランチに頂くことあるけど、ダーも気に入ったみたい。昼いいですよ。
◎その他〜なななんと、5大シャトーの素敵なボトル達。ランチではとどまりましたが、クリスマス後のディナーにもし余っていれば各自1杯は頂こうと決断。ダーがラフィットで、私がラトゥールと決めてる<笑>
 ただこの日のランチでもこのマグナムボトルもランチでもかなり皆さん飲んでる。写真も2本はどこかのテーブルがオーダーしていたので写っていない(安くはないんですよ〜)、時期が時期ですが、夜だと凄い金額(0がつく位)のワインが出ていくのも珍しくないとの話もあって、居酒屋とかもとれなかったりと結構賑わってます。バブリー時代を思わせるような楽しさ。会社などの飲み会は減ったようですけど、「まぁ飲も」という飲み文化なので街もよく飲んで話してと明るい雰囲気です
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/1/17 | 投稿者: Author

羽田 ANAに「サマンサ・タバサ」旅テーマの洋服・小物とパティスリーがオープンしていました。プロ使用のスタジオもあって写真も撮れるんですよ〜(誰も利用していませんでしたけど、お子様や家族写真にいかが?)。

えびちゃんともえちゃんのANEキャンコンピのポスターが可愛いんですが、ポスターと同様の制服をこちらの店員さんが着用しているのですが、可愛いですが足に自信がないと・・という感じ。ひとときはミニって・・って感じもありましたけど、今はね韓国の少女時代(つい口ずさむほど結構好き)といい、足だせって感じですかね。

パティスリーで食べやすそうな、エクレアを機内で食すことにしました。まぁ味は・・予想どおりです。可愛いければまぁいいか。
フランス味には拘るんですが、米系のこの手のデコものにもとことん弱い私なのでした。
0

2011/1/4 | 投稿者: Author

いつもよくしていただいている Maison Cache Cache でランチ。ランチとはいっても夜のメニューでもOKなので、ランチ時にがっつり頂き夜ご飯が軽くと経済的にもとてもいい。今回はダーが夏に食しなかった、蛙をアラカルトで予約事にお願いしていました(蛙は時期ではないんですけどね〜うちのダーが食さないと年越せなかったみたいです笑)。
クリックすると元のサイズで表示します
別オーダーの「生かき」「蛙のリゾット」川崎シェフのカエルは食べたことはあるけれど、谷シェフのカエルは初めてだったので興味津々。驚いたことに、リゾットという形で登場。谷シェフが修行をした場所の一つスイスでは、カエルのリゾットをよく食べたそうです。カエルのうまみをリゾットがしっかり拾っていておいしい。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
私のメイン「山鳩のロースト サルミソース」でサルミの後は「内臓など各部位ロースト」
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ダーのメイン「エゾ鹿のロースト ポワブラードソース」と付け合わせのポテトグラタン
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
この日は、珍しいワインをいただきました
クリックすると元のサイズで表示します
Saint Émilion の格付けワインではあるけれど、あまり日本では見かけないワイン。Saint Émilion のワインはあまり興味がないし、ラベルも今ひとつ、最初は疑心暗鬼でしたが、アロマがいいし飲んでみて納得。最初から最後までとてもおいしくいただきました。
「メゾン カシュカシュ」
住所 東京都新宿区若葉2-7 ビデオフォーカスビル1F
電話番号 03-5363-5263
定休日 日曜日
0

2011/1/3 | 投稿者: Author

昨年一年もお世話になりました。気が付けば東京生活も6年となりました。
子もいず、働いてもおらず・・という感じで相変わらずの毎日ですが、趣味の講師活動などで友人的お付き合いしていただけるような方々に出会えて楽しみも増えてきました。
どうもありがとうございます。なお、新年のご挨拶は失礼ながら身内に不幸がありましたため本年はご遠慮させていただきました。2011年も皆様方にとって幸せな一年となりますように。
0

2011/1/3 | 投稿者: Author

最近知り合った方と西麻布おすすめ店でご一緒。これが2度目の対面とは思えず盛り上がりました。教えて頂いたお店も早速サービスの方やシェフともご挨拶し、キッチン代わりに・・と軽く利用できるとってもいいお店。前クラッティーニにそばにあるお店で〜その時も勿論あったそうなのですが、何で伺ってなかったんだろう。そんなお店です。メニューにある仏ワインの品揃え、価格も◎です(これ飲みたいなぁといったワインがある方は掲載されていないワインもあるのでお店の方に是非ご相談を)。
ディナーは今回アラカルトでセレクト。ポーションのあるメインなどはシェアする感じに(下旬に伺った際はコースをオーダーしました)。お通し〜茶碗蒸し、白ワインで乾杯〜おすすめ生牡蠣
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します「雉の炭火焼き」
その他 写真を撮るのを忘れてました 「アンディーブと青リンゴのシーザーサラダ」「白レバーのパテ」「シンプル冷ソーメン」
クリックすると元のサイズで表示します
2本目の赤ワイン Château Trotte Vieille 2000 St Emilion
0




AutoPage最新お知らせ