2010/12/10 | 投稿者: Author

帰りの際、シェフとの料理のコンセプトを伺うのが楽しみにしているお店。本来はタクシー距離で通えるお店がベストですが、リーズナブルで質が高いのでこちらは定期的に電車+タクシーでも伺います。この日も2人ともおすすめメニューで

定番のお通し「グジェール」
白ワイン「Château Cantegril 2003」をいただいて、シェフお任せの次のお皿が来るのを待ちます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
「北海道産の生牡蛎」
彩り鮮やかな一品。大きな生牡蛎も魅力的ですが、青々とした海藻も魅力的。
クリックすると元のサイズで表示します
「サンマのマリネ 肝とトマトソース」サンマの肝とトマト、さらにバジルを組み合わせたソースでサンマをマリネした一品。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
「和栗とセップ茸、フォアグラのロワイヤル」黒トリュフのために、お皿の全容がわかりにくくなっていますが、中にはセップ茸のフランが入っています。
「ツブ貝、ウニと甘エビの温製カペリーニ」贅沢な一品。ツブ貝の食感と甘エビの食感という対比。ウニのソース。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
「白子のムニエル メリケンソースで」下にある白いのはピュレ。ジャガイモではなくて、別のものだったと思う
「お口直し」
クリックすると元のサイズで表示します
「山鳩のロースト サルミソースで」山鳩を食べるならサルミソースで食べたいというのが、ジビエファンの共通の願い。でも、木下シェフのサルミソースはまだだった。驚いたのは肉の柔らかさ。国内の山鳩を使っているとのことですが、シェフの哲学の元に、柔らかい肉の山鳩を料理されています。血の色がたっぷりするソースが食べたい人には物足りないかもしれませんが、ジビエ特有の臭みにこだわらないのであれば、この山鳩もとてもおいしい。+料金なしで・・と考えるとありえないです。ほんと
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
木下の嬉しいのは、まだワイン楽しみたい人はデザートではなくチーズに変更できたりします。私は未だお酒で・・フロマージュ、ダーは「マンゴーのデセール」
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
Léoville Poyferré 2001 St Julien〜以前も同じビンテージを頂きました。
12月はイベント用ディナーなので、次はトリュフづくし期に伺う予定。
クリックすると元のサイズで表示しますRin'sTableランキング参加中
0




AutoPage最新お知らせ