2010/2/25 | 投稿者: Author

お店に今期最後というヒグマ入荷のお誘いをいただいたので、またしても訪問しました。今回も軽くって感じなので、アラカルトをシェアする感じでオーダー。どれもおいしそうで見ているだけで楽しい。食べるのも楽しいのですが、選ぶのも楽しい。カウンターから厨房を少し見つつ、想像をふくらませます。まずは、グジェールをいただいて、ワインをいただきます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
「ボタン海老とキャビア 苺の冷製カペリーニ」
クリックすると元のサイズで表示します
「猪頭肉のお温製テット・ド・ボー サラダ添え」テット・ド・ボーがすばらしい処理で、とても食べやすくなっていました。感覚的には、ほほ肉みたいな感じ。でも、表面はかりっとしていて、レンズ豆とそれがまたおいしい。
クリックすると元のサイズで表示します
「旭川で取れた熊のシヴェ シャンピニョン デュクセル添え」
フレンチの神髄はソースと何度も言っていますが、このソースの色のすばらしいこと。シェフによると、ワインを大量に使ってこのワインソースを作っているのだとか。ヒグマの話も聞いたところ、肉の味は、獲ったヒグマが何を食べていたによるのだとか。今回のヒグマは鮭をたくさん食べていたとかで、少し魚っぽい味でした。といっても、白身魚ではなくて、マグロの赤身のような味。ソースもあってワインが進むこと。
クリックすると元のサイズで表示します
シェフからプレゼント「トスカーナ風猪」。イタリアンのシェフから教えてもらったもので、その方はパスタに使っているのだけど、自分はこれだけの方がおいしいと思ってとおっしゃっていました。ワインがいけます〜
最後はチーズをいただきながら、シェフと長話。やっぱり、お酒を飲むかどうかで好きな料理も変わるし、レストランの評価も変わるねというような話で盛り上がり、とても楽しく話させていただきました。レストランは料理と給仕も大切ですが、その場で交わされるコミュニケーションも大切。実際、シェフの料理からは「飲め!」のメッセージが流れていました。そういう気持ちを受け止めるのもうれしい。
クリックすると元のサイズで表示します
今季は雉(キジ)はいただくチャンスがありませんでしたが、来年こそは!

この日は気になっていたポタンサックをいただきました。今度改訂があれば、メドック格付け5級に入るだろうと言われている実力派のワインですが、飲んだことがなかったのです。Château Potensac 2002  Médoc
(Cabernet Sauvignon 60%, Merlot 25%, Cabernet Franc 15%)エレガントではないけれど、力強く、バランスの取れたワインだと思いました。調べてみると、このシャトーの所有者は有名なレオヴィル・ラスカーズのシャトーを所有するドゥロン家なんだとか。それにしてもリーズナブルです
0

2010/2/18 | 投稿者: Author

四谷のフレンチ「Maison Cache Cache」に今年初挨拶がてら足を運んできました。アラジンもよくしていただいてますが、こちらのお店は気軽によくお邪魔させていただいてます。今回どうしても食べたかったヤマシギ(フランス語で la bécasse 〜仏では猟禁止ですので国内調達)を事前に特別調達していただくことにしました(コース+料金)。
クリックすると元のサイズで表示します本日のワインChâteau Faizeau 2001Montagne St Emilion (Merlot 100%)

トリュフが美味しいのは2月半ばまで。鈴木さんがちらっと見せてくださって、やっぱり+でアラカルトをオーダーしました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
前菜ー私「蝦夷鹿のカルパッチョ」癖もなく以外とさっぱり。内ももを使っているとのことでしたので、その影響もあるのかもしれません。
ダー「フランス産ホワイトアスパラガスの温製」このシーズンの前菜は毎年決まっていて、よく飽きないなと思う。今回はロワール地方のハウスもの。ハウスものは苦みが少なくてシェフにとっては扱いやすいのだとか。まだ太いというわけではありませんが、青々しさもあり、とてもおいしくいただきました。シブレットソースは材料もあるもので簡単っていうけど、場所場所でなんか違うんですよね。
クリックすると元のサイズで表示します
別アラカルトオーダー「トリュフのカルボナーラ仕立て」(写真は分けてくださった1人分〜私達はよく食べるので、少し分量がおおいとか<笑>)トリュフメニューが8つ位あってその中から一番気になったもの。一応シェフのおすすめもこちらだったので迷わず!!手打ち麺がこしがしっかりしていて、その上、べたべたしていないソースもあり、さっぱり・しっかりといった食感。サーブされたときから分かる黒トリュフの香り。食べ終わった後も、ぼくたちのテーブルには黒トリュフの香りが残っていたそうです。恐るべし。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
メイン<ダー>「仔羊のクスクス(グリエ、煮込み、メルゲーズ)」
フランスでクスクスファンになっているダー。しかも、メルゲーズが入っているのが憎いそう。メルゲーズというのはぴりっとしたソーセージ。日本人に合わせてピリピリ度はおさえてあるとシェフがおっしゃっていましたが、確かにこれがあるのとないのとでは、クスクスの味が違う。<私>ヤマシギ サルミソースで。ロースト後の披露。立ちこめるジビエの香り。これから、部位を分けてさらに調理します。できあがったのがこれ。意外だったのは、さっぱりしていたこと。山鳩と比べて肉の味はありましたが、サルミソースはさっぱりしていました。シェフ曰く、山鳩のようなソースにすると、何を食べているのか分からなくなってしまうのだとか。奥深い。ソースは内臓をすべて使ったと言うだけあって、いい色が出ています。旦那にも、半分食べてもらいました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますデセールは<私はスフレ。付いてるアイスとクリームソースでいただきました。><ダーは「はるみのジュレとヨーグルトのシャーベット」>
来年のお楽しみ↓
クリックすると元のサイズで表示します
その後、シェフと楽しい話に夢中になり、特に、とある試みに大騒ぎ。フランスのニームにいらっしゃった時の話もきけてとても楽しい時間を過ごしました。遅くなってしまってすいません。
0

2010/2/15 | 投稿者: Author

アミューズ(写真なし)には子羊のグジェール。
前菜ーアンコウとカブの葉のリゾ。だしには鴨のブイヨンを使用していてとても美味しい。ランチでも流石です。この一品だけでもきてよかった。
クリックすると元のサイズで表示します
ランチメニューにしたので、肉魚は1種のみ。友人は肉(豚)。私は似たような感じになったけど魚をセレクト(真鯛とお野菜いっぱい)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
デセールです
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/2/12 | 投稿者: Author

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
 今泉にあるパロマグリルの系列ケーキ店です。たまたま見たTVでかわいいって思って、帰る前に「9シュー」というシュウクリームを買って帰ろうと思ったのですが・・・やはり完売していました。その代わりと言っては何ですが、バック型ケーキや今泉おばけというようなケーキ、焼きたて焼菓子類を購入。しかもやはり福岡価格安い!アイシングを使用した可愛いクッキーなど何となくアメリカっぽい。「ディーン&デルーカ」によく置いてあるような感じです。
 不思議なんですが、福岡には大抵評判になるとすぐに店舗ができます(そう今はあのサロンドショコラまで開催されています)。にも関わらず唯一ないね〜と話題にあがるD&D。
 バック型や、ギフトボックスなど面白ケーキは見た目も味も美味しく次の日いらしたお客様にも好評でした。内装や店の景観と感じからするとノッティングヒルにあったようなパティスリーでいい感じです。パロマは未だ頑張ってるんですね〜懐かしや
「henry&cowell」(ヘンリー&カウエル)
住所:福岡市中央区今泉1丁目3−11イズムビル1F
TEL:092-741-7888
営業時間:10:00-21:00
定休日:不定
http://henryandcowell.com/
0

2010/2/11 | 投稿者: Author

実は先日不幸事で2日ほど福岡に帰りました。
時間はなかったのですが、帰る前に寄ろうと思ったTVで見たケーキ屋に行く途中気になるものを発見。ギャルが買って食べていたので、気になって私もつまみました。そう福岡とフランスボルドーは姉妹都市なのです。フランスの方も少しずつですが、増えてきているように思えます。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/2/10 | 投稿者: Author

お友達の家のフレームアドバイスの後、銀座ランチ。何も考えてなかったのもあって、カウンター席で1本ずつ揚げてくれる、関西式串あげです(エビ、アスパラ付き)。1500円の串8種ランチを選択したんですが・・これが量多かった。サラリーマンの方が多くみると皆さん800円代のランチ。これでいいみたい。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ついでに「めざましテレビ」の「」へ見物がてら行ってみました。古いオフィスビルなので、TVでみるより以外に小さいしEVと外階段は不便です。
生鮮食料品はないだろうから、あまり期待していなかったんですけど・・・私日常生活品のような普通のものがなくて少しつまらなかった。まぁ、話題つくりにはなるでしょう。東京人の目から見て作ったって感じですね。
私のような地方出身者がこれ食べたい、郷土ではスーパーで普通に販売しているけど、こっちで買えないよね〜とか言うものを扱ってくれるとよかったのにな。空港で販売しているものではなくいわゆる県民ショーでやってるもの
最近は洋服を沢山買うなんて事もないですから(買い物好きなんだけど・・見るとほしくなる)、その分自転車で有楽町、銀座の地方館めぐりの食品ショッピングなどのにシフトしています。
0

2010/2/5 | 投稿者: Author

kit80,83,88 上北沢クラスは先月中止だったため、12月KITを加えた内容
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますRin'sTable応援GO

先週、徳島の生徒さんがいらしてくださいました。もともと海外でも自由に旅行され元気な方ですが、公立学校で英語教師のボランティアなどされているよう。東京とは違い人の輪が広がりやすいって一段と輝いていました。話すととても元気になります。うちの生徒さん考えてみれば、私より全然忙しいのに元気で明るい!お友達のように本当に元気いただいています。
0

2010/2/5 | 投稿者: Author

随分ご無沙汰していた広尾のBRASSERIE MANOIR ブラッスリーマノワ。
HPで羆(ヒグマ)が入ったとの情報を見て電話。ヒグマですよ〜滅多にないですよ。残念な事にステーキ部は既に食いしんぼさん達に食されなくなってしまったとのこと。しかし、前菜で食べられるというので、当日ひょっこり出かけることにしました。ブラッスリーなので、飲み中心でつまみ感覚でアラカルトでオーダー(常連さんも多いみたいで、ブラッスリーとはいえこの日もリザーブ席で満席だったので、行かれる際は席状況を確認することをおすすめします)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
アミューズはグジェール(羊のラグー)、グラス白<ニュージーランドの Sauvignon Blanc 私は白に関してはそんなにこだわりはないのですが、旦那に合わせると Chardonnay よりは Sauvignon Blanc 派>
クリックすると元のサイズで表示します
Plateaux de Fruits de Mer  フリュイ・ド・メール
北海道産 海の幸の盛り合わせ 生カキ・カニ・牡丹海老・シマエビ・ツブ貝(2人前だと写真のように小さいプレートですが、4人前以上だと大きなプレートです〜フランスではこの大きいサイズ。それに量もかなりあって、これとスープで満腹でした)牡蛎は「カキえもん」と呼ばれるもの。ネットで調べてみると最高級の牡蛎ということになっています。確かに、おいしい。様々なソースを垂らすのもよいのですが、個人的にはレモンを数滴落として自然をいただくのが好き。牡蛎の産地と言えば広島ですが、北海道のカキえもんだけは有名みたいです。
クリックすると元のサイズで表示します
とても楽しみにした羆<ヒグマ>「小さなココットに入ったヒグマのアッシュパルマンティエ」。細かく切ったヒグマの肉とマッシュポテトをココットで煮込んだ料理。肉の量としてはあまり多くないのに、むんむんとジビエの香り〜腕の部分だったみたい。ココット鍋はやはりstaub のミニココット。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
メインはフランス的シンプルに「群馬神津牧場ジャージー牛のサーロイングリル」。デセールはイチゴのデセール。食べたりないダーのみオーダー
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
Château Lynch-Moussas 1997(70% Cabernet Sauvignon、30% Merlot、No second wine is poduced)飲みやすいワインです。こちらのお店はワイン価格も良心的で利用しやすい○。

ブラッスリー マノワ」  定休日 月曜日
東京都渋谷区 広尾 1-10-6 プロスペクト グラーサ 広尾 1F
Tel03-3446-8288  Lunch 11:30〜14:30 Dinner 17:00〜23:00
クリックすると元のサイズで表示しますRin'sTableランキングGO
0

2010/2/3 | 投稿者: Author

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますRin'sTable応援クリックGO

ドイツの老舗バームクーヘン屋(HOLLANDISCHE KAKAO-STUBE )さん。
ねんりん屋、など最近色々ありますし、正直期待もせずお試しで購入したのですが、今のところ私はこちらのバームが一番美味しい。お土産の受けねらいとして購入するというより自宅用として時々買うだろうと思いました。最近のヒットです。パッケージや紙袋のデザインがとってもかわいいです。こちらのお店はアランデュカスのパン屋(be)の後地です。
0

2010/2/3 | 投稿者: Author

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますRin'sTableランキングGO

作りました。クリームはバタークリームなので、日持ちするケーキです。1月の目黒の生徒さんと自宅教室の方には少しお裾分け。クリーム作りとか、生地とかは簡単なんだけど・・成型とチョコかけに時間と神経がすり減り意外にめんどいです。Puppen生徒さん方にも手作りお菓子を持参したいのですが、ぎりぎりまで慌ててキット作りと袋詰めしているので、なかなか余裕がないのが現状です。いつかまっててください。
0

2010/2/2 | 投稿者: Author

トリュフ月です(今が旬〜香りが全然違いますよ)こちらのレストランではいつも満腹覚悟で思いっきり腹ぺこ隊でいくのですけど、今月のディナーはあっさりいただく感じでした(コースはいつものシェフおまかせ)。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
@グジェール
A山口県産のマテ貝を使った前菜
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
B鹿児島のグリーンピースと空豆を使ったスープ。イベリコ豚と空豆がいいコンビ。お皿の底に半透明に見えるのはすり潰した玉葱のソース。
Cフォアグラと黒トリュフ。ユニークなのは卵のといたものに軽く熱を加えてふわふわにしたものが下に敷いてあること。フランはよく食べていますが、フォアグラにはこちらのじゅくじゅくした方が卵とからまって合うような気がしました。新たなる発見です!黒トリュフは今がいい時期で、テーブルに運ばれた状態で香りがしました。普通は、顔をお皿に近づけて香りがするくらいですから、いかにいい状態か分かるというもの。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
今回は魚メニューが2種続きますD青森産鱈の白子とジャガイモのピュレ。鱈の白子をかりっと揚げてあります。
E泡だった格好で登場したのはアラン・シャペル氏伝来のレシピだとか言う金目鯛のソテー。茸のソースを泡立てているため、金目鯛はなかば埋もれたようになっています。金目鯛の下には茸が隠れており、この料理は金目鯛と茸のからみを追求した芸術。茸のソースは大好きですが、こうして泡立てるのもまたおいしい。このあたりはお願いした赤ワインがおいしくて危険です。
クリックすると元のサイズで表示します
F肉〜(旦那)蝦夷鹿のステーキ。リンゴのピュレが左下、右は黒こしょうだったような気がします。
(私)鴨のパイ包み(残念ながら前の旦那のメニューと一緒になってしまいましたので、写真省略)。
クリックすると元のサイズで表示します
Gお口直し(シャーベット)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
Hデザート〜(旦那)ベリーソースとアイス。(私)写真のようにバニラアイスに紅茶風味の温かいソースとリキュールかけて食しました。
クリックすると元のサイズで表示します
白ワイン(グラス)
  @Domaine du Paternel  Blanc de Blancs Cassis
  AHUBER   Grüner Veltliner Obere Steigen
@はマルセイユ (Marseilles) からトゥーロン (Toulon) 方面へ約20kmほど行ったところにあるカシ (Cassis) という街にある「Domaine du Paternel」のワイン。37ヘクタールというブドウ畑を誇るそうですが、いただいたブラン・ド・ブラン (Blanc de Blancs) では、四種類(la Marsanne、la Clairette、l’Ugni Blanc、le Doucillon)のブドウの品種が使われているそうです。
Aはオーストリアの白ワイン「グリューナー・フェルトリーナー」というオーストリアの白ブドウの品種を使った白ワイン。実にオーストリアの白ワインの37%はこれが占めているという代表的な品種なんだそうです。前回飲んだのは Sauvignon Blanc でしたが、それと比べて固い印象を持ちました。ゴムのような香りがとても印象的でした。
クリックすると元のサイズで表示します
赤ワイン(ボトル)この日お願いしたのは Pauillac の赤ワイン。
Château d'Armailhac 1994  Pauillac
メドック第5級のワイン。ラベルで「これ飲んだ」という人も多いのでは・・。ボイヤック好きな私ですけど、このワインの印象はあまり好みではありませんでした、94年と15年の時を経ればどう違うか興味がありまして、今回旦那さんのセレクトに従いました(この年は不作時なのでパーカーポイントは下と言われていますが、ある程度のシャトーは気にしない。あくまで米人のセレクトと評価)。香りといい飲んでみるとポイヤックではありませんか!!ちょっと私の認識が違ったのかとソムリエールさんに伺うと、2000年まではブレンダーさんが違う方のようです。私はこの方がすきなんだけど。
今は様々な有名シャトーを手がける醸造家のMさん。うーん、納得。だからどのワインもカリフォルニアチック。あまり好みでないため、不思議と避けてます。
0




AutoPage最新お知らせ