2009/12/3 | 投稿者: Author

Chou-farci de St-Jacque & Porchini, pafume au yuzu
(ダー前菜)ホタテとポルチーニのキャベツ包み ゆずの香り
Saumon fumé et avocat & salade, gaufre de sarrasin
(私ー前菜)ほんのりと温かい秋鮭の軽いスモークとサラダ そば粉入りワッフル
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ダーのジビエメニュー〜蝦夷鹿のもも肉のポワブラードと背肉のステーキ(+別料金)
メニューではもも肉だけだったのですが、背肉も食べたいと無理を言ってお願いしてました(笑)。こういったお願いができるお店ってとってもいい。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します付け合わせのグラタン
私のジビエ〜雷鳥
この日、私が惹かれたのは雷鳥!!今回はスコットランド産の雷鳥で、この後は季節が終わってしまうということから、決定しました。通常は二人で一羽だそうですが、ひとりで一羽(+なので別料金6000円)。
クリックすると元のサイズで表示しますローストしたところで一旦見せていただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
まずは一皿目、サルミソースでいただきます。実はこちらのお店でサルミソースをいただくのは初めて!?だったのですが、マイルドな味付けはとてもおいしく、このお店の実力を思い知らされました。
クリックすると元のサイズで表示します
次に二皿目です。左端の大きいものはパイ包みのもも肉。右に行くに従って、心臓、レバー、砂肝、そして脳みそ。ジビエ好きにはたまらない部位ばかりですね。
この日のワインはマルゴー。1977年ですから古酒に入ると思うのですが、思ったより「若作り」な古酒でした。
Château Durfort-Vivens 1977 Margaux
クリックすると元のサイズで表示します
印象的だったのはアロマ。土埃の香りがすばらしかった。味としては丸みのある酸味が最初に主張を始め、続いて、タンニンの渋みがだんだんと強くなり、最後には丸く収まって、ちょうどメインの時にいい感じになりました。
私も最初ん?と思って旦那から一応、2級なんだよ〜って説明、あまり知られていない価格も一般的にはリーズナブルなワイン。
デセール(ダーはグレープフルーツ、私は栗とサツマイモ)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ