2009/9/30 | 投稿者: Author

前はランチ後お茶じゃなく、お酒っていう人と一緒の場合新橋だったのですけど、最近は新大久保を利用。旅行で来てる人もいるから、なかなか好評。異国感覚で楽しめるのもいいですよね。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますこのお店は韓国版ファーストフード。唐揚げを頼むと生ビール2杯がただだでした。他にも唐揚げ専門店はいくつかあって、スパイシーで美味しいです。近々ご紹介します
−お店情報−
「カナダラ」
東京都新宿区大久保1-17−7 第3韓国広場ビル1階、2階
(TEL) 03-3208−0815 営業時間 11:00〜24:00
0

2009/9/29 | 投稿者: Author

 仕事で上京するという友人から突然の連絡。「今日の夜どう?」という急な依頼でしたが、そういうお誘いはありがたい限り。日曜だしどこにするかいろいろ思案した結果、中目黒フレンチのビストロツチヤに行くことにしました。
 白ワインを決めて、メニュー談義。結局、3,800円のメニューにしました。アミューズ、前菜、メイン、コーヒーがついてこの値段はお得(食べ歩き本にもあるように、デザートは食べれない感じです)。その上、ボリュームもすごい。本場のビストロの乗りです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますRin'sTable応援よろしくどうぞ

 まずはアミューズ。これをかじりながら白ワインをぐびぐび。女性二人は酒好きなので、ちびちびというよりはぐびぐび。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
 私の前菜「ニース風サラダ」。豚と野菜がたっぷり。ボリュームにびっくり。3名で仲良く食べました。
ダー選んだ前菜「生ハムと豚のパテ」ですが、量がすばらしい。その上、自家製のパテがおいしかった。友人の選んだ前菜「帆立貝グリル」熱々で出てきましたが、こちらのボリュームもすごい。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
 私とダーのメインは「シュークルートと豚肉」(写真は1人前)私は余り酸が強い瓶詰めで販売しているものだと苦手なので、メニューを決めるとき若干迷っていたんです(酸っぱいシュークルートじゃなければいいなと)。意外と甘さのある優しい味と少しの酸味でボリュームある一皿も完食できました。
 友人のメインは「豚」。まるでステーキの塔。これもジューシーでグッド。にしても、やはりすごいボリューム。
 結局、三人でワインを二本空けて、お腹いっぱい食べて、それでもひとり1万円には到底届かなかったコストパフォーマンスはすばらしい。10名少しなら貸し切り状態で楽しめるのでは? とも思ったり。私達のように飲む客でしたら、ここは、アラカルトでいい感じでした。お天気がいい日はここまでランチしに行こうかなって感じです。
−お店情報−
「ビストロ ツチヤ (Bistro TSUCHIYA) 」
東京都目黒区中目黒3-22-11  (TEL)03-5722-6026
営業時間:ランチ11:30〜14:00  ディナー18:00〜21:30
定休日:火曜日
0

2009/9/28 | 投稿者: Author

以前ランチで利用
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますRin'sTableランキングGO

新大久保にてエステ+焼き肉+参鶏湯。脇にOBビア!!
−お店情報−
「焼肉高麗(やきにくこうらい)」職安通り沿い
東京都新宿区大久保1-12-1  (tel) 03-3204-2929
営業時間11:00〜24:00
0

2009/9/28 | 投稿者: Author

クリックすると元のサイズで表示します
夏だったので冷麺類、高麗人参・なつめ「参鶏湯用」、「ザクロ酢(これ前よく飲んでました。韓国のブランドは初めてです)」「チャミスル」など・・
勿論定番キムチ、ごまの葉、ヤンニョンジャン、唐辛子、焼き肉浸け用タレも
0

2009/9/27 | 投稿者: Author

和食コースで、今日はこのサンジュリアンAOCのワインと合わせてみることに。最近、和食に赤ワインという組合せも慣れました。
このワインはリーズナブルな割に、味いいです。私達も馬鹿にしていたんですが「ん!?」進む進む
〜調べてみると、サンジュリアンというよりポイヤックとの境界らしく
南隣にはスーパー・セカンドの筆頭にくるレオヴィル・ラス・カーズの畑が、そして、北のポーイヤックとの境界に広がるブリダーヌの葡萄畑のすぐ向こうには、一級のシャトー・ラトゥールとスーパー・セカンドのピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドの畑が間近に迫り、さらに西北ではレ・フォール・ド・ラトゥールの畑に隣接しているという〜恐ろしいワイン。ポイヤック・・とてもラトゥールファンの私。ワインペースがくいくい飲んで早かったのが、頷けました。ケース買いですね(笑)
(カベルネ・ソーヴィニョン47% メルロ36% カベルネ・フラン プティヴェルド)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/9/26 | 投稿者: Author

宮崎県にある地鶏専門店が福岡店を出店。場所は明治通り沿い中洲近く〜同じ建物には佐賀県JA経営の佐賀牛専門店「季楽」(佐賀本店、銀座店もあり)があります。
ダーが宮崎に行った事がないので、食べさせたかったのが訪問理由。時間がなかったので、ランチで利用しました〜無理を承知で「鳥刺し」をお願いしたのですが、毎日午後の配送の分を使用するようで無理でした。けれど流石は九州のお店次回言えばその分は取り置くとか・・ランチメニューにないものでもそれ以外だったら何でも作るとかで、ランチメニューに加えて夜メニューの「たたき」をお願いしました。やりとりがとってもフレンドリー。 焼酎好きは夜は予約すれば、1杯東京では800円以上の銘柄酒も飲み放題付で5000円位。宮崎だともう少し安い。佐賀牛の「季楽」も銀座では安いランチになるかもしれないけど、佐賀で食べてた頃からするとちょい高で、どうも東京では足を運ぶ機会もない(笑)
感覚ってずれてきたような気もするけど、この辺は未だシビアな私ですクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2009/9/25 | 投稿者: Author

クリックすると元のサイズで表示します今回はドゥラモット社 (Delamotte) のシャンパーニュ。
@「北海道産サンマの燻製。巨峰と焼き茄子が添え」燻製はサクラ木を使った燻製。サンマと茄子で秋を予感させ、巨峰で夏の余韻を残すというシェフメッセージがにくい。サンマと巨峰の相性もマッチ
A赤牛のタルタルと鴨。左は鴨の肉を串で刺したもの。非常にジューシーでした。右側が赤牛のタルタル。ピスタチ・オイルを使っている点が特筆に値します。ユッケをイメージ。今日もなんだか驚きです
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
本日の白ワイン〜湯浅支配人が面白い趣向をこらしてくれました。Soutiran というシャンパーニュの炭酸をぬいたものを白ワインの変わりに使うというものです。写真のシャンパーニュは黒ブドウを使ったものなので、白ブドウを使った白ワインとは性格を異にします。ミネラル感があるけれども、それよりもクリーミーな非常にマイルトでソフトな感じになりました。B「マンゴーとオマール海老」ポイントはマンゴービネガーを使用している事。コンソメのジュレにアクセントがついていました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
C「豆乳と帆立のフラン+トリュフ」茶碗蒸し感覚〜ホタテから摂った上質なソースを使っています。Dポルチーニ茸とのリゾット。前回のパスタに続きリゾはここでフォアグラだけしか食べてないとシェフに言っていたのを覚えていてくださったようです。もちもちした食感と味も丁度いいソースが前は少し甘ったるく思った感じがあったんですが、今は本当に◎
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
本日の赤ワイン〜「Château Fonroque 2001  St-Emilion」
一番気に入ったのは香り。そして、優しさ。ダー以外はポイヤック好きの私達もこれいいね〜って感じ。そしてサンテミリオンですから味の強さも飲んでいくとあるのです。E「オマール海老 グレープフルーツとペルノーのソース」グレープフルーツを使っているので、とてもさわやかなソース。既に結構食べていましたが、これで胃がリセット(笑)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
F口直し「巨峰のソルベ」G「和牛角バラ肉のソテー ジロール茸を添えて」というところでしょうか。肉もおいしいのですが、ワインとの相性も絶妙。いつもながら美しいマリアージュを実現していただいている湯浅支配人に感謝なのです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
H今日は皆余力があり、チーズをいただきました。私の友人とロックフォール同盟復活ののろしをあげ嬉しそうな旦那。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますRin'sTableランキング投票

クリックすると元のサイズで表示しますI最後にデセールをいただいて、菅原シェフともしばし談笑。こちらのお店に来るとメニューもドリンクも選択せず全ていつも違う料理。本当に甘やかされ居心地のよさを感じています。そして福岡に住んでいたら・・という思い(今月も美食会が開催されるよう)。とても楽しい時間をつくってくださった菅原シェフ、湯浅支配人そしてスタッフの方々に感謝・感謝。次回山シギを楽しみにしています!!
「La Rochelle Fukuoka」ロシェル福岡
福岡市中央区赤坂
0

2009/9/22 | 投稿者: Author

花より男子〜韓国版はキャストが魅力的です。台湾・日本での実写版も評判がよかったようなんだけど、私的には今ひとつで途中見るの止めてしまった・・で、韓国版は録画してます(笑)。道明寺役(韓国では神話グループ、ジュンピ)イ・ミンホ君がかっこよすぎ〜品もあるし俺様キャラが嫌みではない(1987年 6月 22日(23歳)186cm.69 kg.A 型)。他キャストのバランスもいいですよ〜。ただ、日本語放送分は所々カットされていて、字幕版を再録中。
ペプシやダンキンドーナツ、ロッテ、LG、リーバイスetcのCMに出てます。ペプシは日本と同じような感じのCMですから、こっちでも字幕版で流すといいのに・・・ファンが一気に急増しそうですよね。今まで韓ドラは別に特別誰のファンとかなかったんですけどね。とうとう、おばちゃん化しちゃったんでしょうか(年を言えば、立派なおばさんなんですけど・けど現実とは思いたくない<笑>)

先月、駅近くで恵比寿ガーデンプレイスに行きたいと道に迷ってた韓国20代カップルと遭遇。どうも片言説明では心配だったので、帰りついでに一緒に行くことにしたのですが、旅行で恵比寿ガーデンってピンとこなかったので「何目的?」って伺ったら、女性が松潤のファンで「花男」のロケ地巡りしてるみたい。韓国でロケ地巡りしている日本人もいれば、逆もありなんだぁとびっくり。嵐は人気があるみたい。すごい写真とってました。同行の彼は後でビールでも飲めればと優しい。私も韓国旅行では本当にいつも韓国の人の優しさにふれていましたので、強いていえばビールまでご馳走すればよかったかな?って感じでした(道案内だけではなく、ビアホールなんかでは見ず知らずのおっちゃん達がこれも食べていいよ〜ってな感じ)。
目の前の恵比寿TSUTAYAでは韓ドラ一杯だよ〜っていうと驚いてました。
0

2009/9/21 | 投稿者: Author

友人夫婦がこの晩ダーがいないで一人の私を不憫に思って誘って下さいました。
あまりお腹がすいてなかったので、途中参戦。ご相談して前回気になっていた鱧(ハモ)の前菜メニュー(下写真)とか、ワインのおつまみ系をオーダーし飲みに徹した夜。よく飲みました(笑)適当にやっていただけるので、使いやすいお店。8月はサリューに行きすぎかしら・・って感じ。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
wine−
@サンテミリオン 先日行った時の予備でご用意していただいてた分
AMonthelie Premier cru Dm.Annick Parent 2003
ブルゴーニュ「アニック・パラン モンテリー プルミエ・クリュ<クロ・ゴテー> 2003」
  A分は私がブルゴーニュで何か・・とお願いしたワイン。熱く語っていただいたので、こちらのドメーヌの事を少し申し上げると・・アニックさんという女性が作っている1st cruワイン(残念ながら引退されたみたい)5ヘクタールという小さいワイナリーで、モンテリー赤白、ヴォルネイ赤、ポマール赤を生産しているので限られた本数
ラベルは手書き〜これって日本の方がプレゼントしたペンで記入しているそうなんです。デュカス、ガニエール、ランムロワーズ、タイユヴァン、オンリストのワインだそうで・・香りも好きだし、味わい深くまだ寝かしてもいいそんな・・・感じのいいワインです
0

2009/9/19 | 投稿者: Author

福岡からの友人上京で利用。前菜+メイン+デザートのコースで(こちらのお店はメインに2皿分くらいのボリュームがあるのでこれで十分)
クリックすると元のサイズで表示しますアミューズは鰺
前菜〜各自別メニュー 私は冷製パスタ「鮎の軽いスモーク ジャガイモクリームのカカッペリーニにキャビア添え」友「オマール海老とリー・ドヴォーのサラダ アボガドとトマトのタルタル添え」。ダー「カリフラワーのムースと蝦夷あわびの冷製」
ダーのオーダーしたアワビにびっくり。美味しくてもう少し食べたかったので、これを1皿追加し友人とシェア。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
メイン〜ダーのはトマトファルシがあるので右下分というのはわかるのですが・・私のオーダーした料理写真と肉内容ちょっとメモし忘れました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
食前酒〜グラス シャンパン
wine〜食前酒いただいたので赤のみ
@Château Langoa Barton 1997 Saint Julienクリックすると元のサイズで表示します
第3級のワインです。Lagrange あたりはとても有名ですが、こちらのワインはそれより名前は売れていない。華やかな香りと味わいはさすが第3級かなぁと感じるワイン。
AChâteau Les Ormes de Pes 1998 Saint Estephe
@に比べると香りなど少し差はあるものの、重重でくるよりよかったかも、クリュブルジョアの割にはいいねというのが皆の感想。
酒飲みなので、最後は勿論食後酒(マール、カルバドス)で終了です。
フロマージュがこのお店にはないので、2次会にワイン+で別のお店に行こうと思ったんだけど・・0時すぎ〜この日閉まってて帰ることに
−お店情報−
「サリュ」
03-5791-2938
東京都渋谷区広尾1-4-10 鴻貴ビル 1F
0

2009/9/18 | 投稿者: Author

二人ともおまかせメニューで・・・何が出てくるのか楽しみ。
この日の赤ワインはお店の方に選んで頂いたブルゴーニュ
Savigny-les-Beaune
2002  Simon Père & Fils
白ワインはグラスで(写真下)・・欧州オーストリアで作れられた白ワイン。ブドウ品種は Sauvignon Blanc とのこと。若い作り手によるものとの説明がありました。微発泡。後味の甘さがポルトガルの Vinho verde に似ていると思いました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
アミューズはアンチョビとクリームチーズのカナッペ。バジルも入っていいアクセント。「飲んで!」というシェフの気持ちが伝わります。これ家メニューいただきです
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
2品目は牡蛎を使った料理。ジャガイモをそのままピュレにしたのではなく、燻製してピュレにしてあるのがみそ。最近、瞬間燻製の料理をよく口にします、流行なんでしょうね。3品目「ウニとナスのコンソメジュレ ガスパッチョソース」これは見た目どおり美味しい
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
4品目「フォアグラのソテー コーンをひいて」というところ。ソルベもあって、冷と温を楽しみにするソース。フォアグラの下にグリルしたコーンがいいアクセント。玉葱のソルベもいい味出しています。5品目「穴子のソテー マスカルポーネチーズと大麦のリゾット」穴子の焼き加減がいい、それと濃厚なソースと大麦のもちもちした食感。
クリックすると元のサイズで表示します
口直しのソルベ
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
メインって普通お任せって同じメニューになるんですけど、別なものがいいだろうな〜とシェフの心遣い。
ダー〜「シャラン産鴨」私〜「蝦夷鹿とフォアグラのパイ包み」もつも入って凝った料理です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
デザートは選択できます。ダー「桃のコンポートとそのジュレ」私〜グレープフルーツを使ったデセール
最後はシェフとゆっくりお話する機会があって、私達がお酒を飲んでいるのを見て、いったいどんなワインを飲んでいるのかと気になさっていたとか。お酒を愛するシェフとしては、料理とワインのマリアージュを実現しなくてはという使命感のようなものがあったのでしょう。普通量が多いというお客さんもいる中、綺麗に平らげている私達なので、おなかいっぱいになりましたか? と気になさっていたのもとても印象的でした。
−お店情報−
「レストラン キノシタ」HP現時点なし
東京都渋谷区代々木3-37-1 エステートビル 1F
tel- 03-3376-5336
営業時間12:00〜21:00(ランチは〜14:00)定休日 月曜(支払−現金のみ)
0




AutoPage最新お知らせ