2008/5/31 | 投稿者: Author

品川プリンスでボーリングした後、ついワインでも飲みたくなっちゃってエノテカへ。
グラスワインじゃ足りないだろうって店で買って持ち込み+αで飲んでもいいって思ったんだすが、お店のメニューに持ち込み料もかからず、なかなかいいワインがあったので、チーズとボトルオーダー。前の晩ダーの友達と一緒に2時近くも飲んだのに・・って感じですが、昼から飲む夫婦。。コンテチーズなかなか家でストックしてないので、お皿に入ってて嬉しかったりして。私はともかくダーは皆様のおかげで飲むようになりました(爆)。料理の味にも敏感になったし
エノテカは丸の内にもこういうお店があるんですが、そこはダーにすすめたら持ち込み量、料理とも少し料金が高かったみたい。フレンチ店いけた・・・みたいな。ワインのメニューみたら、持ち込みよりメニューに掲載されている方が得かもしれませんね。
クリックすると元のサイズで表示します
渋谷の青山フラワーで土日シャクヤクが10本で1200円でした(毎年この時期恒例〜ただし花は芍薬2万本出荷ですので他の花はありません)。当然購入。
蕾だし暫く楽しめるかな〜なんて思いきや、早くも満開です。咲かないよりはいいですけどね。
(お店情報)
「エノテカ ウィング高輪店」
東京都港区高輪4-10-18 京急ショッピングプラザ ウィング高輪 WEST 2F
0

2008/5/28 | 投稿者: Author

世界5大ウィスキー(アイリッシュ、スコッチ、カナディアン、アメリカン、ジャパニーズ)を学ぶ講座に先週行ってきました
クリックすると元のサイズで表示します
製法だったり、原材料などによっても味が異なります。

フランスのボルドーワインが急騰してるように、ロシアと中国の富裕層にウィスキー(スコッチ、アイリッシュ)が高いものから買い占められたりするようで、日本でも手に入らなくなるかも。
帰り同席だった方のおすすめ小料理屋とワイン屋を2軒ほどはしご。午前様でタクシーです
0

2008/5/28 | 投稿者: Author

いつものメンバーでのディナーです(これで大概の福岡滞在記事UPしたかな・因みに細かい蘊蓄はダーの抜粋)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
Les plantiers du Haut-Brillon 1999
PESSAC-LEOGNAN の白ワイン。珍しくボルドーの白ワイン。ボルドーで使われる白ワインの品種はセミヨン (Sémillon) とソーヴィニョン・ブラン (Sauvignon Blanc) の二品種。今回のも両方をブレンドしていました。ソーヴィニョン・ブラン (Sauvignon Blanc) というブドウの品種が早熟なのに対して、セミヨン (Sémillon) はゆっくりと熟成する大器晩成タイプ。お互いを補えるので、ブレンドする相手としては最高です。それを知らなくても、PESSAC-LEOGNAN といえば、五大シャトーの一つオー=ブリオン (Château Haut-Brillon) を抱えるワインの産地。Les plantiers du Haut-Brillon 1999 という名前だけでも期待は高まるばかりです。
白といったらブルゴーニュの Chardonnay が一般的ですが、酸味や味に特徴があってなかなかいけました!!。藤田副支配人と他の白ワイン話で盛り上がるダー。私は知らなかったのですが、アリゴテ (Aligoté) というブドウ品種のものでしたら安価でいいとか。(ダー曰くブルゴーニュではシャルドネに次いで栽培されているみたい)特にブーズロン (Bouzeron) 村◎
クリックすると元のサイズで表示します金目鯛とオクラを使った料理。上に薄くスライスされたのはカラスミ。スライスするだけではなく、塩抜きスモークしている。名言「ししゃものような味」By友ちゃん。
クリックすると元のサイズで表示しますBlanc manger aux asperges blanches et aux bananes「白アスパラとバナナのブラン・マンジェ コンソメゼリーを添えて」
白アスパラのブラン・マンジェであれば味の方は容易に想像がつきます。それは面白くないと悩んだ菅原シェフが目にしたものがバナナ。そこから、白アスパラとバナナとブラン・マンジェという珍しい組み合わせが出ました。料理にするまでは一緒にしようとは思いもつかない食材のコンビネーション。しかし、意外と高い親和性。バナナの甘みは強いため、それを調和する形でコンソメはきつめの味付け。そこにオマール海老が添えられています。ただそれだけでは、この料理は少しばらついて−点かもしれないでしょうが、飾っているキュウリを一緒に食べるとみずみずしさが柔らかい食感と全体のバランスを上手くまとめているではありませんか!!これだからレストラン巡りが面白い。シェフは2皿目に何かしようという魂胆がいつもみえます〜笑
クリックすると元のサイズで表示しますレンズ豆のポタージュと穴子の料理。
向かって右が穴子の料理。左がレンズ豆の料理です。レンズ豆のポタージュ (Potage aux lentilles) には、アンチョビが入っていたのですが、食材として甘いレンズ豆とアンチョビの塩味がよかったです。牛骨を器にコクのある穴子をブルギニョン・バターとポートワインを使った濃いソースで調理してあります。この3皿目私大好き。お友達曰く、「ソースにジャンプしたい」いつも思うけど面白い。
クリックすると元のサイズで表示しますシャトー・グラン=メーヌ (Château Grand Mayne 1995)
ダーの好きなサンテミリオンのワインを今回も支配人が準備していただきました。土の香りに期待をふくらませ、口に含んでみると、意外とフレッシュな若さが感じられました。一方で、タンニンは控えめに存在を主張しているような感があり、そのコンビネーションが印象に残りました。メルロー (Merlot) を主体にしたワインで、カベルネ・フラン (Cabernt Franc) 、最後にカベルネ・ソーヴィニョン (Cabernet Sauvignon)がきます
クリックすると元のサイズで表示しますFlanc de foie gras
「フォアグラのフラン、フォアグラのソテーを添えて」
まあ「フォアグラの茶碗蒸し」です。菅原シェフのフォアグラフランは2回目ですが、こんなに美味しかったとは・・・フランをおすすめします
クリックすると元のサイズで表示します調理前のラングスト (langouste) 。しかも生!若干動いてます!まず生きてるラングストンなんて売ってるかしら?感謝!!駿河湾産。フランス料理の中でオマール海老 (un homard) というのも登場しますが、こちらには発達したハサミがあります。ラングストにはそれはありません。
クリックすると元のサイズで表示します
調理されたのがこちら。通常は半身をサーブするのでしょうが、とにかくエビを堪能してほしいという菅原シェフの熱い思いから一匹そのまま登場しました。味噌も入って、ラングストのおいしさ独り占め。グリルの火加減が絶妙です。焼きすぎると身が固くなってしまうんですよね。
クリックすると元のサイズで表示します(口直し)シャンパーニュのシャーベット
クリックすると元のサイズで表示しますEntrecôte fumée avec la sauce molière「ロース肉のフュメ モリエールソースとトランペット茸とともに」
フュメにするにはコレステロールを多く含むロースが一番。確かに、肉のうまさがじわじわとにじみ出ていましたから、肉の部位の選択はさすがでした。ラングストをまるまる一匹食べたおかげで、おなかはいっぱい完食まではいかずGive Up・・・・・私とシェフが話ししている間に他の二人は完食してました。どうして痩せてるのかな〜
クリックすると元のサイズで表示しますチーズをいただいた後、デザートをいただきました。普通、二皿あるのですが、一皿に抑えていただきました。
中央のスプーンに載っているのがロックフォールのアイスクリーム。左端はラロシェルのぺこちゃんキャンディー
クリックすると元のサイズで表示します今回もどうもありがとうございました。家族みたいに温かく迎えてくれ、決してこれ東京では食せないでしょうねクリックすると元のサイズで表示しますRin'sTableご覧いただきありがとうございます
0

2008/5/28 | 投稿者: Author

自転車話題でもう1つ
「ツアー・オブ・ジャパン」の最終戦が東京(日比谷〜大井町)で行われました。前の週に田町の鉄橋に交通規制の張り紙があって、チャリで見ようかってことになったのですが、この日は大雨。諦めたのですが、殆ど降ってないし二人とも暇してたので、周回コースとゴール地点の大井埠頭観戦しました。
あまり人いないだろうな・・って思ったら、結構な人人でした。どうも北京オリンピック選考も兼ねてるレースだとか。オーストラリアのマイヤー選手 (Cameron MEYER) 20歳がジャパンタイトルをGET。
丁度、イタリアでは「ジロ・デ・イタリア」というグランツールがあってますので、超有名選手は来日していないですが、風をきる感じとか、レース後半のスピード感とかは迫力あって楽しめました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますRin'sTableランキングGO
そうそう俳優の鶴見伸吾さん(サイクリストとして有名)が一般の部で参加してたのか、自転車ショップにいらっしゃいました。気軽に一般の方と話してました。細〜いけど鍛えた身体って感じです
0

2008/5/28 | 投稿者: Author

昨年、イタリアの「ジロ・デ・イタリア」のTV観戦(J−sports)にはまり、フランスの「ツールドフランス」スイスの「ツール・ド・スイス」と日曜の午前中は自転車のレース中継があると大体ポーっと見るのが我が家の過ごし方となってきています。F1なんかと違い周回でないし、街から街へとコースも面白いんですよ。

持ち自転車もレース仕様のダーが好きな影響を受け、つい見るようになったのですが・・・イタリアのディルーカ選手がとってもかっこよく男気あってて時には夢中(つい先日までのレースも応援していたのですが、今回は残念でした。)
先日、松屋でサイクルスポーツ展をやっていたのでダーに連れられ行ってきました。ダーはデ・ローザというメーカーの自転車がいつかは欲しいとこれまでも何度か言ってます(どこにそんな余剰があるのかと聞かないふりしてるけど(笑)。驚いたのはその値段。40万〜200万位のものもあって私には理解できない。それより車買って)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますRin'sTableご覧いただきありがとうございます
0

2008/5/28 | 投稿者: Author

続いて吉祥寺に場所を移して
「5(サンク)」
「Mon」
「横尾」
「Roundabout ラウンダバウト」一柳京子さんの器を直に見て感激する友人。いくつか買い上げ満足げ。なかなかいい器で私も迷ったほどでした。友人がいろいろ買ったので、その後ショップの人と歓談。イベント時にこの器と料理イベントをやった時のレシピ付カードを頂きました。

このショップは奥様が福岡+何故か福岡顧客も多いとかで、温かい感じでしたが、普通こっちでは買っても全く会話なしだし・・友人はこれまでも違和感が多くあったとか。博多ではすぐ店員さんと何も買わなくても話したりするからね。友人曰く私がよく言う「東京ってちょっとクールで買い物しても楽しくない」って意味がよく分かったみたい。
クリックすると元のサイズで表示します→「5」 ↓隣スウェーデンカフェ。この日はスウェーデンパン。チーズケーキなどTake−outだけする人も
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますRin'sTableブログランキング参加中
0

2008/5/28 | 投稿者: Author

先日、雑貨先生(笑)が九州から上京 昼に表参道で待ち合わせしました。空港から二子玉の雑貨ショップ「KOHORO」「リネンバード」あたりで既に買い物したのか、大きなショップ袋を抱えて登場。簡単な地図入りの2008年行きたいショップノート(自作)持参。そのパワーに圧倒されます!!
神宮前の雑貨ショップ
「5(サンク)」(吉祥寺にもできました。お目当ての物もあったみたいでしたが荷物に悩んでました)
「Zakka」
「ファーマーズテーブル / Farmer's Table」
「la cucina felice 」
ブルガリから入り静かな通りを歩いていくと、ポールスミスなど新しいショップが入ったビルの1Fにキッチン用品ショップが!!ここ今度チャリで行ってゆっくり覗きたい。クリックすると元のサイズで表示します
「ルバーブ」友人はネットでは何度か取引があったようですが、ここもチャリで通ってたから何となく地図見て分かったけど、アパートの一室だし普通の人はなかなか行かないでしょう。でも店内は賑わっていました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますRin'sTableブログランキング参加中
0

2008/5/27 | 投稿者: Author

岩田屋にて日本酒、焼酎、ワイン(ビンテージではなくお手頃金賞ワイン)をまとめて送付。〜土地によって輸送量が違うので若干違うお酒の価格と、東京であまり取り扱ってないと思われる酒
クリックすると元のサイズで表示します
○日本酒「獺祭(だっさい)」山口県玖珂郡周東町(ぐがぐんしゅうとうちょう)旭酒造が作るお酒で・・・中にはプレミアム価格ものもあるとか岩田屋の方の大プッシュがあって、福岡の日本酒でしたら「一本〆」「三井の寿」あたりが有名で、よく飲んだり贈答に送ったりしてます。

○焼酎「伊佐美」鹿児島県大口市里の甲斐商店が作る焼酎。プレミアム焼酎で岩田屋でたまたま年2日(一人1本限り〜広告なし)しか配布しない時にあたり超ラッキー。

○梅酒「角玉梅酒」これも一人暮らし時に家にストックしていたお酒なので、つい。あまりこちらでは見かけない。でも先日小さい瓶は近くの酒店で限定で売ってたのでちょっとショック。

やはり九州で購入するには焼酎をおすすめします。種類な何しろ多いし、九州限定も、えっこれって?ってなものが安価(原価)で入手できたりします。
クリックすると元のサイズで表示しますRin'sTableブログランキング参加中
0

2008/5/27 | 投稿者: Author

たつみは中洲博多座、オークラ近くに新規店舗としてビル建てましたが、いつもの顔と 楽しく会話できるお店が好きなので、昔からあるいつものお店になってしまいました。新店長にご挨拶もできいい機会でした。岩田屋(旧店長。現岩田屋店長)に顔出しご挨拶しましたけど
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します寿司屋ですが、飲み屋のように使用してます
さて博多祇園山笠は6月中洲・呉服町近くの櫛田神社の祭り、5月に入ると山男達が着物姿で闊歩する姿が見受けられます(正装と見なされホテルや一流店なども出入りOK)。たつみ寿司で偶然一緒になった、今年一番山笠の大黒流れの方々と話しはずみ〜お酒もいただきという感じでワイワイ。博多祝いめでたと博多一本〆でこの夜を閉めました。盛り上がりました!これだから博多はよかとこです!
私が男だったら絶対に参加したい祭りです。ただこの期間は男達は出事が多くその間、博多おりょうさんは、しっかり家庭や商売を旦那にかわってしてます。
クリックすると元のサイズで表示しますRin'sTable応援どうぞ
<博多祝いめでた>ですが、これを歌えないようでは博多っことはいわないでしょ。
   1.祝い芽出度の若松様よ 若松様よ  枝も栄ゆりゃ 葉も繁る
    (※ 繰り返し)
      ※エーイショーエイエーイショーエ
       ショーエ ショーエ ションガネー
       アレワイサソ エサソエー
       ションガネー※ 
 2.こちらの座敷は祝いの座敷 祝いの座敷   鶴と亀とが舞いあそぶ
    (※ 繰り返し)
 3.こちらのお庭に お井戸を掘れば お井戸を掘れば  水は岩水 金がわく
    (※ 繰り返し)    

<博多一本〆>
   よー シャン シャン
   まひとつしょ シャン シャン
   祝うて三度 シャシャン シャン
    (よーと三度)
0

2008/5/27 | 投稿者: Author

ダー合流前、友人達とわいわい。韓国料理が美味しいとおすすめなお店で。ひなびた感じですが、韓国語飛び交いおいしさが伝わります。それにビール焼酎1ボトル飲んで食べて一人4000円未満だったので驚きです。友人おすすめの「人参マッコリ酒」が今なかなか入ってこないとかで残念でしたが、本当に現地韓国で食べてる感じもして安いし、再度人参マッコリ酒予約で旦那も行きたいみたいなので再チャレンジさせてください!
この日食べたもの キムチセット、海鮮チヂミ、サムギョプサル(豚とニンニク焼き肉)、ナックチポックン(これはタコと野菜の辛い炒め物です)とお店一押しのヤンコブチャン1人前1600円〜(牛ミノと丸腸にじゃがいもが入った石焼鍋)この後残ったタレにご飯を入れて焼きめしです。
クリックすると元のサイズで表示します
−お店情報−
「漢陽 」 (カンヨウ)
住所 福岡市博多区大博町13-27 (呉服町千鳥橋川沿い付近)
TEL092-283-5008  営業時間16:00〜翌1:00
クリックすると元のサイズで表示しますRin'sTableブログランキング参加中
0

2008/5/21 | 投稿者: Author

福岡滞在記が溜まってしまってますので続きです。
昨年末「アラジン」の川崎シェフを始めスタッフの方々に勧めていただきようやく。黒木シェフはアラジン出身者。ここ福岡でもアラジンの味が食すことができるようになりました。お店はけやき通りから桜坂方面に向かう通り・・・ここ辺りって住民の客層もいいし、福岡でいう広尾西麻布って感じでしょうか私的には「美食通り」で名付けています。土地勘ないにしてはシェフなかなかいい場所確保しましたね。

それにしてもお昼ランチは1500円とあの値では殆どありえないランチでした。ディナーに足を運ばないと申し訳ない感じです。あんまり申し訳ないので二人グラスワインを2種類いただきました。そしてシェフが案外話好きなので驚き〜料理話から始まり、東京修行中の料理デッサンなど拝見させていただいたり、ハーレイ(バイク)の話まで・・・と結構長居してしまいました。すごーく厚い人で面白いです。
住んでたら週1はここで一人先に飲んで、ダーや飲み仲間とディナーしたりするんだけどな〜忘れられないよう行かないと。ダー曰く毎回、新たに福岡で行くお店が増えるな〜なんて言ってます。

前菜=もりもり魚介サラダ(すごーく野菜も多いし魚介、ピューレが下にあったりと色んな味が試せますメイン皿の大きさで。普通の女の人だったらこれだけでお腹一杯って感じなボリュームです)
メイン=シェフおまかせ肉料理(豚肉とチキン)という欲張りな感じです
クリックすると元のサイズで表示します→アラジンでもお馴染みリエットは美味しい。福岡の人もはまるでしょ
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますデザートもアイスが珈琲(シェフ曰くパピコアイスと言ってましたけど笑)と紅茶アイス。ケーキ付きです
クリックすると元のサイズで表示しますRin'sTable応援下さい
0




AutoPage最新お知らせ