2005/1/31 | 投稿者: Author

先週作った作品です
wavyflax(真ん中あたりにあります)をどうしても使いたくって・・クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/1/31 | 投稿者: Author

先週作った作品ですクリックすると元のサイズで表示します
0

2005/1/31 | 投稿者: Author

前にChatterBOXpaperにmemorymakersのペイントを試し塗りして、結局使わなかったペーバーと、ステッチしたペーパーを組み合わせてみました。好きな色じゃなかったから出来は今ひとつ、実験的要素の強い作品となりました(またしても友人写真を使用しています)。

 みかこさん、いつもコメントありがとうございます。写真はメールに貼付していただければ後で私が編集し掲載しますよ。アップルパイといえば1年以上作ってないかも・・・
0

2005/1/30 | 投稿者: Author

(jan-30)

 今日は伊東屋の「ANNA GRIFFIN」講習でした。アンナグリフィンのキットを使ってるんですが、今回のが一番やりがいがあるようで申し込みしました。プリーツ使いのスクラップブッキング作品を作ってみたかったんです。普段はだいたいで紙を裁断しているのに2と1/4inch× 12inch等で切るとなるとピンとこなくて・・・特に二日酔いの頭だし(苦笑)。
アメリカ人が皆こんなことやってるとは思えなかったんですが、まあ一回行ってみないとですね。今後の教える時のアイデアゲットできたのでよしとします。クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/1/30 | 投稿者: Author

(jan-29)

家から歩いて10分くらいの三田の「コート・ドール」でディナー
(コート・ドールって英語ではゴールド・コースト)
前回行った時にアラカルトで十分と伺っていたので、メニューからチョイス
前酒を楽しんでいると、定番の「赤ピーマンのムース」が運ばれてきました。オードブルの前にこういったお皿があると心が温まります。

まず、私はアントレが蝦夷鹿のテリーヌ、メインが青森産シタビラメの黒トリュフソース。相方はゆでた白アスパラガス ドレッシングがアントレ。メインは北海道産の子羊のロースト ポテトのグラタン。

詳しくは右下の Read More キーをクリックして見てくださいね
続きを読む
0

2005/1/28 | 投稿者: Author

 PARISのショコラメゾン「リシャール」、アカデミーヒルズ49Fの会議室にてミシェル・リシャール氏の講演会が行われました。「A unique universe of chocolate」と題しリシャールが追求しているチョコ哲学を講話し後半はプラインド・テイスティングで参加者がリシャール氏に食した感想を述べ、チョコレートの楽しみ方を学びました(机の上には8種のチョコとミネラルウォーター)。
 plainチョコ4種のテイスティングでは産地とチョコの比率。
 ワインのようにカカオ豆も3種の品種があって、産地(土壌)によって味が違うって知ってました??赤道直下のカカオ産地ってブラジルとベネゼーラとかガーナしか思い出せなかったんですけど、沢山あるんですねー。因にこの日にテイスティングしたのはhaitiとvenezuera,madagascar,santo domingo産地の比較、あと品種のブレンドもの。
 filledチョコでは中に入ってる味は何かを当てるものが4つ(ガナッシュ、キャラメル、プラリネでもどんな味が入ってるって感じ)。もうお腹一杯です。
 この講座を勧めてくれたフランス語好き旦那と帰宅時間が合い合流。リシャール氏驚きの顔!!「本当に日本人なのか」って。彼曰く日本人でfance語を話してる人のほとんどは発音が違うらしい(あの有名人も)。リシャール氏と写真をとり、本にサインしていただきました。素敵な方でした。
 まずは見て、香りを楽しんだ後、口に含む。すぐに噛まないで舌の上で暫く溶かしカカオの産地や味を楽しんでほしいって事でした。リシャールチョコは昨年購入し食したことありますが、こういった食し方だと更に楽しくなりますね。
 帰宅直後、福岡の友人達が鍋をしているようで電話が・・「いつ帰ってくるのー」こういってくれると距離を忘れうれしいです。福岡ソフトバンクホークスになり地元ではきっと盛り上がってることでしょう。今日は一日充実した、楽しい日となりました。クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/1/28 | 投稿者: Author

 六ヒルウエストコート5FにあるNYレストラン「Olives」に行ってまいりました。定員20名、中にはシェフの奥様も。シェフのデモストレーションをみては一品ずつ料理を味わいます。ワイン付きでお土産つき。
この日はvalentine menuとして「マグロのタルタル」「海鮮パエリア」「パンナコッタとチョコレートソルベ」の3品。アメリカのレストランだし味はだいたいお分かりでしょう。
 それよりも今日は私のような一人参加で主婦、子なしの方と両隣で知り合えたのが何よりも参加してよかったと思えたことでした。帰りにはシェフと3人で写真までいただき・・・期待してなかったのにって感じです。食べ歩き好きということで、ランチ仲間できそうです。でもいつも思うのは皆英語が・・福岡生活ではあまり目にしない光景で未だ慣れませんがいい刺激になってます。
パエリア用のリゾット米、サフラン、チョコをお土産にいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/1/25 | 投稿者: Author

ステッチ作品に取り組み中。
今日夕方の二ユースで「ふぐ肝騒動」について報道されていた。ふぐの肝というと毒があって食べれないとされているが、私は何度もある県に食べに行っている。フォアグラのような感じで、とっても美味しい。公には食べてはいけない肝、佐賀県の業者は長崎大学と共同で毒のないふぐを養殖し資料をつくってきた、それを県も特定温泉街で食べさせるよう厚生労働省と戦っているようである。かきでさえあたる人がいるってのに、万が一ってことを考えるとやはり許可は難しいのか。あー、肝でといたてっちり美味。食べ行きたい。
0

2005/1/24 | 投稿者: Author

 今日は先生の講習会日でワンちゃん写真を題材に好きなように作品づくり。
 その間、以前から探してたフレンチ店でランチをとりました。 
蔵間にある「ビストロ・モンペリエ」は「パ・マル」の高橋さんや「アピシウス」で経験を積んだ方なのでしっかりした味。本日は前菜がスパゲティポロネーゼで驚きましたが、牛の煮込みのクリームソースとも岩塩がさりげなく効いてしっかりしたお味。デザートもなかなかで1200円。毎週火曜にランチメニュー替えのようです。すっかり講習会を忘れシェフとの会話に興じて長居してしまいました(いつものように)。シェフともお話していたのですがビストロなのでお客さんはもっと気楽にお店を訪ねてほしい感じがします。
本日、我が家では昨日頂いた生カキ(40個)ののこりでカキご飯、カキ鍋、カキバターとカキづくしの晩ごはん(昨日はコンロで焼きカキ)。

-お店情報-
台東区 蔵前3-16-7 定休日:日・祭日 tel 03-3864-1611
0

2005/1/23 | 投稿者: Author

 pcで銀座伊東屋の講習会を発見!今日の講習で無理かなと思いきや1名空きがあって受講。インストラクター(オギノさん)は11月千葉でお会いした事があってちよっと安心、参加者は10名。versa magicというスタンプをつかったSB講習会で6インチアルパム2枚作りました。参加者の中には業者の方がいて私を覚えている人がいたんですが、私は全く覚えてなくってショック!!脳がおとろえててる。よーく考えると明日もSB講習会・・・あらら
 みかこさん、福岡情報よろしゅうお願いします。私のSB講習受けてね。多くの人が楽しんで、センスいいものを受けられるよう準備してます(みかこさんをはじめ私の友人はファッションなんかに厳しいし)。他の人にも宣伝してね。

 このブログ、サクラクレパスの先生紹介に付けていただいてます。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/1/22 | 投稿者: Author

本日の晩ご飯は急にジャンバラヤが食べたくなって、cajun料理をつくることにしました。ニューオーリンズといえばjazzとblues音楽のあふれる街かつアメリカで一番食がおいしい街。おすすめです。ジャンバラヤはソーセージ!「日清スーパーデリカッセン」という外国人客が多いスーパーに、今日もここは外国か?って感じ。ここはハム類が宮内庁御用達。こういったスーパーはあと一件「national麻布スーパーマーケット」。量が多いので配達もしてくれるし案外安い。
 ジャンバラヤのつくり方は右下のReadMoreをクリック、他にはシュリンプクレオール(スープ)をつくりました。ガンボスープは次回へ。



続きを読む
0




AutoPage最新お知らせ