箱根ラリック美術館 館内「ル・トラン」

2009/1/13 | 投稿者: Author

箱根ラリック美術館に行ったのは、この「ル・トラン」に興味もあったから。
花より団子の私達です。オリエント急行のサロンカーの中で、ラリックのガラスが織り成す空間芸術を体感しながらカフェを45分楽しみました(利用料1人2100円)。
私達の回は他に申し込みがなかったため貸切!椅子も当時のもののままで、アガサクリスティーの小説ポワロに思いをはせると当時の人達はドレスとタクシードで・・・と考えると何だか優雅な気持ち。中は撮影不可ですのでHPの写真を拝借。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますRin'sTableランキングぽちっと応援下さい

車内はラリックが1928年に制作した150枚以上もの華麗なガラス・レリーフで彩られています。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ