2010/11/29

Cちゃんの卒業録音内報書より  ♪おたより

卒業録音提出が終って、やっと一息です。 忙しさは、これからも続くので半息くらいかな、、 笑) その録音したMDやCDと一緒に提出するのが内報書。 どんなことが書かれているか、気になりませんか〜?

「「何日か前、大事に飼っていた金魚が、お母様の不注意で死んでしまったのだそうです。 いつもなら号泣するCちゃん、じっと我慢をして泣かなかったとのこと。 後で訳を尋ねると「私が泣いたらママがもっと悲しむ・・」 音楽を感じモーツァルトを感じ、人の心を感じることが出来るように成長しました。 音楽的にも技術的にも、まだまだ勉強することがあって、ここからがスタートですが、「才能教育卒業課程、提出の資格はある」と判断し、録音致しました。 「録音しようか」と本人に言ったのが3週間前ですが、それからの頑張りは目を見張るものがありました。」」 

2010/11/14

卒業録音  ♪おたより

クリックすると元のサイズで表示します

卒業録音のシーズンです。 今日も自宅でYちゃんの演奏を聴きながら、初等科、中等科の録音の頃のことを思い出し、成長した面、まだまだ何とかしたいところ、一定の時間、じっと聴かせてもらうと見えてくるものがあります。 それはヴァイオインの演奏もですが、その中に子供の心の成長を感じることが出来るということです。 

立派に仕上げようとする心がどれだけ育っているか、それが大切であって、演奏は二の次かな、、と私は思っているのですが、、(心が育っていれば演奏は自ずとついてくる筈です)

皆様も、月に一度とか二月に一度とか、練習ではなく「演奏会」等と称して、お子様の演奏を黙ってお聴きになることをお奨め致します。 演奏に口を挟まずに、お子様の成長を喜ぶのもよし、演奏から見える様々なことから、ご自分の接し方を反省されるもよし、、今足りないことが、きっと見えてくる筈です。 あまり頻繁だと変化がわかりませんから、二月に一度位がいいかもしれませんね! 

2010/11/1

卒業録音について  ♪お知らせ

卒業録音提出の時期となりました。 昨年の12月〜録音した方で、MD等を、お宅で保管されている方は、提出の準備をお願い致します。 提出期限は11月末ですが、書類に記入等がありますので、出来るだけ早くお申し出下さい。

会員番号は、こちらでもわかりますので、おわかりにならない方は記入しなくて結構です。 書類一番上の「卒業科目」という欄があります。 ここには「前期初等科」「中等科」等とご記入下さい。 「ヴァイオリン科」ではありませんので、ご注意下さい。

検定料がかかります。 送料を500円プラスして、書類、MD等と一緒に御提出下さい。

これから録音する方でCDでの提出を希望されている方は、「CD-RW」ではなく「CD-R」をご用意下さい。 CD-RWは、ご家庭のプレーヤーで再生出来ない可能性が高いです。 このことについて、あまりよくわからなくて申し訳ありません。 詳しい方がいらしたら、ご教示下さい。

Vn科 才能教育課程卒業課題曲、モーツァルト協奏曲No.4は、豊田耕児先生の校訂版で演奏します。 これから購入する方は、10巻を購入されないよう、ご注意下さい。 下記の楽譜で勉強致します。

全音楽譜出版社:ISBN 978-4-11-303204-2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ