2007/10/27

臨機応変に  ♪今日のレッスンから

クリックすると元のサイズで表示します

昨日のレッスンでのこと、先週の宿題はよくできたので、さて次に進んで、新しい箇所を一緒におけいこしました。 楽譜を見ながら、歌いながら、少しだけ指番号を記しながら、、

3〜4段、、ちょっと疲れたようなNちゃんの顔が見えたので、レッスンは、そこでおしまい。 お母さま「家でやると、こう上手くはいきません。 喧嘩になってしまって、、」  

その様子は、手に取るようにわかります。 もう30年も色々な親子を見てきて、それに私も子供に必死な時期がありましたから、、笑)

お母さまの言葉の中にあった「子供は、指番号を書いて!と言うのですが、なるべく書かないようにしています」  あっ、、 気づきました。 私が、いつか、そんなことを申し上げたのかもしれません。 まじめなお母さまは、私の言葉を覚えていらしたのでしょう。

「指番号を書いて!」 闇雲に番号を書いて子供に渡すのは良くないと思いますが、一緒におけいこしながら、あるいは少しづつ書くのは、いっこうかまわないと思います。 言葉で言うより楽譜に書いてあった方が争いが少ないかもしれません、、笑) 子供も、わかるようになりたいけれどわからない、、というので焦っているのかもしれないですしね。

本当は、段階を追って、初めは、時間はかかるかもしれないけれど、一緒におけいこしながら書き込む。 次には、並んでいる音には指をつけない。 1〜2年経ったら、子供に書かせる。 最後に、わからないところや、よく間違えるところだけ書き込む。 そうなるまでに4〜5年かかると思います。 徐々に、、

先程の、私が、あっと気がついたのは、特にまじめな方に多いと思うのですが、先生の言葉に縛られてしまう、、たとえば、この「指を書かない」ということ。 それはそうなのですが、その場に応じて、お子さまと上手に出来るように、子供の意欲を大事に考えるように、そちらを優先していただきたいと思います。

この指番号も、先の先まで書くのではなく、子供のおけいこ出来る範囲で、、 お母さまのご都合のよっては、早く書いておきたい、、ということもあるでしょうが、先にたくさんありすぎると、子供が指だけを追う、、ということにもなりかねません。 そうでないお子さまもいらっしゃいますけれど、、

ちょっと前、「ポジションを書いて下さい!」と私に言っていたUちゃん。 意地悪をした訳ではないけれど、私は全部書きませんでした。 そしたら、自分で書き込んできた、、 けっこう合っているのです。 ですから、何がどういう結果につながるかわからない、、 全て子供の要求通りにするのではなく、また固定観念に縛られることもなく、、 子育ては勘と頭を使います。 でも、だから面白い、、 ご健闘を、、笑)

この日、一番はじめにみえる3歳の坊や、お母さまがヴァイオリンを弾いている時、飽きたのか自己主張をしたかったのか、ちょっと、おけいこの邪魔をしにかかりました。 私が「今度から絵本でも持ってきたら、、」と言うと、レッスンを待って絵本を読んでいたNちゃん、すかさず、坊やのところに来て、その絵本を読み聞かせ始めました。 その時、ページが破れてしまうハプニングもあったのですが、それを怒りもせず、、

あの人前にでることを嫌がって泣いていたNちゃんが、、 成長したものです。 すっかりお姉さん。 それと共に、それを促したお母さまの態度にも尊敬の念を抱きました。 ちょっとしたこと、、 気がついたら行動する、、 小さい時に身についたものは一生忘れません。 ヴァイオリンにしても、思いやりにしても、、 上の写真は、そのNちゃんからのプレゼント。

2007/10/21

ご報告とお願い  ♪お知らせ

先日来、教室の入口に、黒い燃えカスのようなものが落ちていました。 私が気がついたのは、15日の午前中、役員会の折と、18日の午後。 おかしいわね〜、引越しがあったようだから、その後始末なのかな〜??

18日、鍵を開けようと鍵を入れて回すと、普通なら開くのに、反対に閉まってしまった、、? 鍵、開いてたの? 水曜日、チェロの先生が鍵をかけ忘れたのかな〜??  ベランダの鍵も開いていました。

レッスンを録音しようとしたAさん「マイクがありません!」 ??

夜、U先生に電話をすると、マイクは、水曜日には確かにあったし、ベランダの鍵は開けていない、、とのこと。 気持ち悪いわね〜 ??

土曜日、その話を管理人さんにすると、、 駐車場の側にマイクが落ちていたそうです。 ?? 不審に思ってベランダに出てみると、、 ダンボールを燃した跡、飴が落ちていたそうです。 空き巣? 悪戯??

1〜2週間前のレッスンの日、インターホンに出たら、知らない人の名前、、 でも違うクラスの人が忘れ物を取りに来たのかしら、、と開けてしまったのですが、その後、違う人(子供)の声で「馬鹿!」と言っているのが聞こえました。 結局、どなたも入ってみえず、、

無くなったのはマイクだけ。 プレーヤー、楽器などは無事でした。 空き巣のプロや、狙って入ったのではないらしい、、 子供あるいは少年の悪戯、、 でも、教室の中で火をつけられていたら大変でした。 あのベランダには、容易に入ることが出来るらしいのです。 そのことについては、管理会社に対策をとって頂くようにお願いしました。

そこで皆様にお願い致します。 マンションの玄関にいらして「201呼」を押したら、ご自分のお名前を仰って下さい。 レッスン中で、中からは無言で鍵を開ける場合もありますが、「201を押すと誰でも開けてもらえる」という前例が出来ると怖いので、、 中におられる方も、出来るだけ、いらした方がどなたかが把握できるように、、 宜しくお願い致します。

2007/10/9

井の中の蛙?  ♪おたより

クリックすると元のサイズで表示します

先日、「アトピーによい!」という温泉に行って来ました。 夕食の後、ご主人が、この温泉が皮膚の為にどんなによいか、、ステロイドがどんなに悪いか、、等、切々とお話下さいます。 長年、ここに通っているという、息子さんを連れたお母様のお話からも、温泉に入った気分からも、ここが良い温泉であることは理解できました。 ただ、皆さんの質問に答える時の態度がね〜、他のことは一切受け付けない、、 「ワセリン!? そんなの絶対だめですよ!」

アトピーの人は、神経質な人が多いのです。 頭ごなしに怒られると、ドキ!っとします。 それが、また悪いと思うのだけれど、、 私なら「今まで、そうやってきたの、、大変だったね、、 だけど・・・」という具合、、 人の意見や話を聞かない人との話は疲れるんですよね、、

昔、Vnの偉い先生についたというお子様の話。 修学旅行、運動会などの学校行事には参加しないで、一日も休まず練習したそうですが、、 練習を休めば腕は落ちるし、ボールを扱えば怪我をするかもしれない、、 だけど、そういうものでしょうかね〜、、 音楽をするのに一番大切なのは、「感動する心」だと思うのですが、、 子供の頃、3〜4日、練習を休んでも、そんなの取り返せますよ。

色々な世界で、色々な場面で、他の意見を取り入れようとしない人の頭は、もうご老人ではないの? と思っています。 自分の世界だけに閉じこもって、、井の中の蛙ですよね、、 そういう人、けっこう多いです。 ご家庭におられる方の中にも、こういう方、いらっしゃいませんか? 自分もそうならないように、、 頭くらいは若くいたいものです、、 笑)

2007/10/5

親や先生にできないこと  ♪おたより

クリックすると元のサイズで表示します

木金クラスには、1年生の女の子が5名います。 その子供達の頑張ること! 私は、どなたにも、昔も今も、同じように一生懸命やっているのですが、、 同じ歳の子とか、一緒に始めた子供同士には、どうも、見えない連帯感というか、ライバル意識が働いているように思うのです。

ただ、お子様には、早くから能力の発揮できる子、じっくりゆっくりの子、色々な子がいて、そのどちらが良いとも言えないのですが、このような集団を一緒に育てていくと、曲の進みばかりに目がいってしまう、、じっくり自分を見つめることが欠けてしまうような、、難しさもあります。

一年生のUちゃん、、 昨日のレッスンで、「ポジションを全部書いて下さい。 レッスンは、どうして3回しかないの?」やる気のある発言です。 でも、このままUちゃんの言う通りに数字を書き込んでいたのでは読譜が出来るようにならない、、もっとじっくり弾かせたい、、 それで、一応やる気のあることを褒めてから、でも読譜は大切だから弾くことだけを急がないでね、、と話して、昨日のレッスンは終わったのですが、、そういえば、、思い出しました。

昔、私が教え始めた頃の小田急の教室。 以前、雑誌にも載った、佐藤康光君がいた頃の教室です。 新しい入会希望者が見えると、教室について説明するのは、その場におられる御父兄の方。 新しい曲は、レッスン時間だけでは、どうしてもわからない、、指番号、ポジション、注意点など、先輩のお母様やお子さんに聞く。 そんなことをやっていました。 もう先に進んだお子さんも、後輩に聞かれると復習になりますし、お母様方も親近感を持つようになる、、 先生は楽をしている?  笑) そうだったかもしれませんね、、 でも、その気持ちが楽になった分、お子さまの心の動きとか、効果的な上達法とか、、 色々なことが考えられましたね。

もう随分前になりますが、合奏の参加者が少なくなり、場所も取れない、、状態の時がありました。 そんな時、役員になって下さったNさん。 一生懸命、周りの方に参加を呼びかけて、会場を取ることにも力を注いで下さり、今のような体制になりました。 ご自分のお子さまは、もう大きくなっていたのですが、今まで、先輩に育ててもらったお礼を、今度は自分が小さいお子さまのためにする番だと、、

先程の、やる気のある1年生のUちゃん。 合奏で弾いている曲を早く弾きたい、、と「ポジションを書いて!」になったのです。 みんなで弾くから音もよくなる、、合奏からは、大きな効果が期待できるんですよ。 でも、それも、みんなの力で成り立っています。 役員さんも「役割だから、、」だけではなく「子供達の為になることだから、、」という愛情のこもった気持ちで、会場とりをして下さっています。 そういうことを皆さんが知って、わが子の為に、は勿論ですが、他のお子さまの為に、、をも、考えられるようになると、、子供達も、そういう大人になってほしいですね!

先生が考えなければならないこと、ご父母の参加、、そこから生まれてくる見えない力、、 自分の力だけではどうにもならないことも多いですが、人間が出来上がる基礎の時期に、愛情溢れた環境の中にいる、、 子供達は幸せです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ