2007/6/20

見きわめ  ♪おたより

クリックすると元のサイズで表示します

今、教室には、卒業録音を目指して頑張っている生徒さんが何人かいます。 どこまで演奏レベルを上げることが出来るか、、 なかなか難しい問題です。

ひとつの曲を長くおけいこ出来るお子様は、大きくなっても、色々探求したり上を目指す事の出来る子供です。 ですから、そうなってほしいと、、音を立派に、、演奏も立派に、、 少しづつ努力が出来たら素晴らしいですね!  卒業制度は、この「もっと立派にする心」を育てる制度のような気がします。

しかしながら、小さな子供、特に、ゴセックのガヴォットをおけいこしている子供は、年齢も低く、なかなか精神的な成長はまだまだ、その上、この曲は難しいのです。 それまでの曲を全てパーフェクトにしていればできない事はないのでしょうが、おけいこは、子供の意欲や集中力を吟味しながら長い目で見るようにやっているので、、やはりガヴォットは難しい、、

子供によっては、長くすればするほど下手になってしまう、、という症状も表れます。 目的は「立派にする心を育てる」とは言っても、やはり、一番良い演奏を残したいですものね、、 どのあたりで切り上げるか、、 これは「諦め」ではなくて「これが、今のこの子には最上の選択」と思うことですが。

今まで見てきて、どうも、お母様が「まだこの曲やっているの?」という意識になると、子供の方も飽きてしまうようです。 弾けるようになるまでは、その状態が子供にも見えるので簡単なのですが、一応弾けた後、もっと立派に、、というのは、とても大変で、お母様もご一緒に「立派にしよう」と緩急つけながら、気持ちには気合を入れないと、へこたれてしまいます。

このような経験が出来ることは、子供の成長に良い結果を与える訳ですが、先は長いですから、、 大きな流れの、今は一部分でしか過ぎません。 今、出来ないことが、後で出来るようになることもしばしばです。 ある程度のところで手を打たないと、、 笑)

卒業制度は、鈴木慎一先生が考えられた、意欲作りの制度です。 出来上がりの演奏も大切ですが、それより、お子様の心を大切に、よい経験の場になればいいなと思っています。

2007/6/13

集中力を育てる  ♪おたより

クリックすると元のサイズで表示します

今年1年生のUちゃん。 おけいこを始めて、、もうすぐ3年になるのかな?  

初めの頃は、教室に来ても、レッスンが出来たり出来なかったり、、 何もしないでお帰りになることもあったように思います。 頑張ってレッスンが出来ても、2〜3分すると、すぐに目はウロウロ、、足はソワソワ、、 ・・なので、レッスンは、これでおしまい!

お母様も不安だったと思うのですよ。 こちらも、月謝を頂いているのに、レッスンがアッという間に終わってしまったのではね〜  でも素直なお母様は、私の話を信じて下さって「いつかは長く弾けるようになるのだから、、」と。

そのUちゃん、昨年頃から変化が始まりました。 目つきもシャンとして、レッスンも最後まで集中して出来るようになりました。 

小さいお子様の集中力は、ほんの僅かです。 その短い時間に何を与えるか、それが私の頭の使いどころなのですが、その時間を見極めることは、とても大切です。 おけいこは集中力に合わせて、、「長くやってはダメ!」なのです。 集中力が切れた子供の様子を察知して、すぐ止める。 そして、だんだん曲も長くなりますから、それに従って集中力も伸びる。 あ、集中力のあるお子様はたくさん練習して下さいね! 笑)

子供の成長を見ることが出来るのは、大きな楽しみです。 皆様も「もうちょっと、、」と、欲を出さずに、お子様の気持ちを、よく察知して下さい。 相手の気持ちを感じる事、これも一つの能力ですよね! 

2007/6/10

さり気なく  ♪おたより

クリックすると元のサイズで表示します

先日、研究会で聞いた、あるお子さんの演奏テープ、素晴らしくてビックリしてしまったのですが、何でも、お父様がレコードマニアだそうで、家の中は、いつも音楽で溢れているそうです。 やはりCDを聴くのは大切です。 それが、子供の音楽センスの元になるように思います。 そして、よい演奏を受けとる能力は、小さなお子さま程あります。 CDの演奏を、そのまま受けとるのが良いか悪いか、、は別として、そうして受けとったものは「生まれつき」と思われる能力のひとつになるのではないでしょうか、、

毎日の練習、お母様方も四苦八苦されていると思いますが、ちょっとした一言、特に考えている訳でなく自然に出た一言が効く、という話を友人としました。 先日もレッスンの後、あるお母様が、勉強会の録音を聴いて、昨年より上手くなっていることを、「私、嬉しくて、、」と話されていました。 そんな言葉を聞いたら、子供は、もっと嬉しいのではないかしら、、 大好きなお母様が言った一言ですからね、、 

勉強会に限ったことではありませんが、お子様の演奏、きちんと聴いておられますか? 「褒めるところ等なくて、、」等とおっしゃらずに、、 真剣に向き合えば、苦労はあるにしても、おけいこはうまくいくと思います。 断片的に見たり、お母様が気に入らないことばかりに目がいって文句ばかりおっしゃっていませんか? 

お母様の性格、お宅の環境、いろいろだと思いますが、おけいこがうまくいかなくてもカッカとせず、是非、ゆったりとした心でお子様と接して下さい。 レッスンでお子様を見ていて、けっこう家庭環境がばれてしまうことがあるのですよ。  笑)


写真は、大阪に転勤したNちゃんから頂いたもの、、 Nちゃんに似ているね♪



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ