2007/5/24

輝いた眼  ♪ひとことコラム

クリックすると元のサイズで表示します

もう見学を始めてから半年くらいになる坊やがいます。 お家では「ヴァイオリン弾きたい!」と言うのだそうですが、なかなかご挨拶が出来ないでいました。 よくあることです。 特に意識の強いお子さんに、そういう傾向があるように思います。 

何とかきっかけを作りたくて、楽器を購入していただき、お母さんがおけいこを始めることにしました。 坊やの足が、徐々に私に近寄ってきます。 そして先週、初めて「お願い致します!」「ありがとうございました!」が言えるようになりました。

「ひとことコラム」なのですが、実は話はこれからでして、、 小さな坊やが集中するのは10秒程。 小さな右手では「キツネ」を作るのもままなりません。 弓を持つのも1ヶ月はかかるかな、、先は長いぞ、、と、お母様とも「気長にやりましょう」と話しておりました。 「変な癖をつけてはいけない」と、お母様も気を使われているようで、坊やには、弓でヴァイオリンは弾かせませんでした。

ところが、今日、坊やが「どうしてもヴァイオリンを弾きたい!」と言うのです。 形だけでもその気にさせようか、、と、坊やの肩にヴァイオリンを乗せて、一緒に弓を持って「タカタカタッタ」とやりました。 そしたら、見たこともないような「輝いた眼」

2〜3回、弾いたら満足したらしく、ニコニコ顔で帰っていきました。 そういえば、先週、ご挨拶が出来たのも、「松脂を自分でつけたい」気持ちを汲んで、少し触らせたからでした。 

何でもかんでも子供の意思の通りに、、ということではありません。 意思が通らないことを教えるのも大事なことです。 でも、小さなお子様の場合、ちょっとした満足感で、その場の空気が変わります。 良かれと思ってのことでしょうが、大人が心を固くしていると、せっかくのやる気を潰すこともあるように思います。 そして子供も頑固になってしまう、、

難しいですね、、 躾はきちんとしていただきたい。 でも毎日の生活の中で、子供の気持ちをキャッチする心と目を、お母様には、どうぞ磨いて頂きたいと思います。 このような事、初めから出来るのではありません。 心がけていて徐々にキャッチし、出来るようになります。

今日の坊やの目の輝きを、私も忘れないと思います。 どのお子さんも、いろいろな場面で、こんな輝きが出来たらいいですね♪



2007/5/12

親の都合ではなく子供の反応を読む  ♪おたより

クリックすると元のサイズで表示します

レッスンは、どのお子様にも同じような心掛けでやっているのですが、子供によって、また時によっても返ってくる反応が違います。 勉強会や進級などのイベントによっても子供は成長したり変わってきたりするので、色々な経験をさせるのは大切だと思います。 子供から返ってくる反応、、こちらも集中力を持たないと、それをうまくキャッチすることが出来ませんが、どんどん変わっていく子供を見るのは、とても楽しいことです。

雑誌「才能教育」の特集の「ようこそ先輩」に、将棋の佐藤康光君が登場するとのこと。 思い出に残っている先生に、松村先生と私を挙げて下さったそうで、編集者から電話がきたので、昔のノートを引っ張り出しました。

やっちゃんが私の所に居たのは、ちょうど息子が生まれる前。 何とはなしに育児ノートを広げてみると、そこには、先程の生徒さんの反応を感じる私とは全然違う、ただひたすらにおけいこさせている新米母さんがいました。 

生徒さんとは、一週間に一度会うだけの他人だからわかるのでしょうか、、 私も色々経験して、だてに歳はとっていないのか、、笑)  今、思うと、当時は、まったくひどいお母さんでした。



ー1981.7.14ー
いつから無窮動を始めたのか、覚えていないほど長くやっている。 3歳のお誕生日には始めていたから、もう2ヶ月余にもなろうとしているが、順番は覚えないし姿勢も良くない。 トンネルが、ちっとも出来なくて小指も乗らない。 偶に「今よく出来たわね」と言って褒めると、その時は良くなるけれど、褒めることも少なく、ちっとも良くならなくて怒ってばかりいる日が多いので光もおけいこを嫌がっている。 最近、反抗期のせいか、光からおけいこを始めた時はいいけれど、こちらから「やろうか」と言うと、必ず「嫌」とか「後で」「明日」等と言う。 D線からの無窮動、なかなか思うようにはいかず、4の指も、まだまだ音程が低くて弱い。


素晴らしい育て方をしておられる方の日記ならともかく・・ですが、、笑) 
悪戦苦闘しているのは御自分だけではない、、ということは、おわかりになると思います。 色々なことを経て、やっと今頃わかってきた感じで、、 息子達は被害者でしょうか??  笑)

2007/5/3

緊張  ♪おたより

クリックすると元のサイズで表示します 東広島市世羅町のボタン桜

「ステージで上がらない人っていいなぁ、、」と、ずっと思っていました。 でも緊張しない人なんていないんですよね、、 みんな、それを乗り越えて素敵なステージにしているんですよ。

小さい頃というのは何事も全体として受け入れますから、「あがる」こと自体を知らないように思います。 ところが10歳頃になると「上手く弾きたい!」「成功させたい!」という意識が強くなり、それと共に緊張する心も育ってしまうんですね。 

「緊張」は、演奏する上で大事なことです。 あった方がよい。 でも、これを悪く働かせないためには、、慣れしかありません。 私は、ヴァイオリンだと、さほど上がらないのに、ピアノを弾くと超緊張です。 実力以上の曲、スレスレの曲を弾くからかもしれません、、笑)  実力を上げること、慣れること。 「あがる」ことを克服するのに通らなくてはならない道です。

もう少し上手く弾けた筈なのに、、 よし、今度こそ、、 今まで、何十回、何百回、そう思ってきたことでしょう、、 皆さんは、まだ始まったばかり、、 失敗もあるかもしれませんが、それを越えることで度胸が据わります。 失敗を恐れる小さな人間にならないで下さいね!

2007/5/3

お元気ですか?  ♪おたより

クリックすると元のサイズで表示します 東広島、世羅高原のツツジ

勉強会が終わって長い休みになってしまいましたが、皆さん、お元気ですか? 書き込みをしようと思いながら忙しくて、やっと時間が出来ました。

勉強会では、普段以上の力が発揮できた人、こんな筈ではなかった、、と思った人、色々だったと思いますが、何が良かったか、良くなかったか、もう一度、考え直して、益々精進して頂きたいと思います。

中には、直前の追い込みで頑張った人もいますが、だいたいにおいて、やはり普段からの積み重ねが大事だと思います。 弓を持つ右手の柔らかさ、ヴィブラート、丁寧な部分練習など、どちらかというと面白くない練習がどれだけ出来たか、、 文句ばかり言って、褒めることが少なくはなかったか、、 上手にやっておられるお母様のやり方なども参考にして、もう一度、おけいこのやり方を考えて頂きたいと思います。

さて、連休も後半ですね。 きれいな花も咲いて、新緑も気持ちのよい季節です。 「きれいなお花のような音を出してみよう」とか「空まで届く響」とか、お出かけになった方は、それを上手く利用して下さい。 また、ちょっとした思いやり、優しさは、子供の音楽を感じる心も育てます。 人出もあり疲れることの多い連休ですが「親の笑顔は子の笑顔」ですよ。 楽しくお願いしますね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ