2007/2/6

onちゃん  水曜どうでしょう

また、グッツが増えてしまった。
ネットでは、数分で完売したという
「簡易onちゃん」
北海道ではまだ売っていた。

買ってしまった・・。

クリックすると元のサイズで表示します

いつかぶるというのだろうか。
明日、あの場所でかぶったら、怒られるだろうな・・。

そういえば、このタコ星人もまだ着てない。
クリックすると元のサイズで表示します
わざわざ、帰省したスタッフに頼んで買ってきてもらったというのに。

趣味にお金を浪費するところが、親父に似てしまったが、
親父のようにカッコ良くない俺の趣味。

親父は、「一生もの」に金をかける。
リーバイスの本当のファーストのGジャンを
40年前に給料の3ヶ月分をつぎ込んで購入した男。

「アメ横で、額縁に入っていたから買った。
でも偽物かもしれん。だって、 Levi'sのeの文字が大文字のEになってるし」

「それってファーストだからじゃ・・」

高校2年の時に、代官山の古着屋で鑑定してもらった。
当時は、ビンテージブーム。
50万近い値がついた。
今では、自分が引き継いで宝物にしている。

親父に比べて、俺は・・。
それにしても癒されるキャラだ・・。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/12/28

「寒さ」と「温かさ」  水曜どうでしょう

北海道に行っておりました。
毎回思いますが、シャレにならない寒さでした。
寒さと、道路が凍っている恐怖と。
東京に帰ってきたら、地下鉄で一人だけ、汗びっしょり。

久々に「キレる」ことがありまして、
北海道に着くなり、ブータレていたのですが(笑)
(もう、このまま北海道に住んでしまおうかとも思ったり、
寒くて帰りたかったり)
会う人、会う人、次から次へと、温かく迎えてくれて・・ううう(涙)

時間を忘れてお話してくれる方や、
「なかなか売ってないでしょ?先週から取っておいたんですよ」
と「じゃがポックル」を頂いたり・・。
北海道にかかってきた携帯電話で、ブチ切れた自分は、
皆様のおかげで復活いたしました。
本当に感謝です。

この地では、暇さえあれば、雪かきしなくてはならない。
車に積もった雪を、毎朝、スタッフ総出で除雪しているというところもあった。
東京にいると、その時間は不要。
時間に恵まれている分だけでも、
北海道の皆様に恩返しせねばならないと思った。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/10/28

最強定食  水曜どうでしょう

沖縄にて、念願の「定食」にありつけることが出来ました。
以前、「みそ汁定食」を食した時、
みそ汁定食
次回は、店名にもなっている「最強定食」と思いながらも、
時間的余裕が無く(すっかり忘れていたとも言いますが(笑))
24時間営業ということで、思いっきり早起きして行って見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

新しい垂れ幕がかかっていた。
「旨い!フーチキナー定食」
気になる・・。でも今回は「最強」で。
食券を買う。480円。安い。

少々待つ。油でシナシナになっている雑誌を見ながら待つ。

「食券2番でお待ちの方〜」

これが最強定食だ!

クリックすると元のサイズで表示します

ワンプレートランチと言うのだろうか。
個人的には、こういうのが好きなのですが、
彩りが渋い。

こんもりライスの横に、おなじみの卵焼きと焼いたスパムポーク。
その下に、やや揚げすぎのとんかつが折り重なっている。
キャベツの横に、マカロニサラダ。
そして漬物と、みそ汁。

これはものすごいボリュームだ・・。480円とは思えない。
特に、とんかつがアブラギッシュナイトでして、
想定カロリーは1150cal程と見た。
独り身にケチャップの円がうれしい(涙)
素晴らしい企業努力。good job!
しかし、これは重い。手ごわい。まさに「最強」

その後1日、とんかつ油の残り香が私を苦しめたが、
今度は、「フーチキナー定食(からし菜炒め)」が気にかかる。

東北から関東に進出中の「半田屋」と、沖縄の「最強食堂」
上場を果たした北海道のラーメン「山岡屋」
この3つがあれば、私、一人で生きていけます。
是非、我が町への進出を!
0

2006/10/22

スピリチュアルスポット  水曜どうでしょう

昨年、試験で地理の勉強をしていたときに、
地図帳を見ながら暗記に励んでいた。

その時、佐渡ヶ島の地図に
「順徳上皇火葬塚(真野御陵)」
とあり、試験には出ないだろうけど
気になっていた。

火葬塚?
なんだろう。
灰でも残っているのだろうか・・。

カーナビというのは、ありがたいもので、
近くの観光スポットを表示してくれる。
港まで戻る車中、
「真野御陵」
という表示が出た。

この機会に行かねば・・。5分ほど回り道。

クリックすると元のサイズで表示します

車を停めて、徒歩2分。
クリックすると元のサイズで表示します

おお!なんか立派だ。
佐渡に流された上皇が、火葬された場所ということで、
凄いことになっているに違いない。

クリックすると元のサイズで表示します
砂利を歩き、1分。
お!なんか見えてきた。あるくこと約10秒。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまでしか入れない・・。
奥に、神社のようなものが見える。

調べてみた。

○順徳上皇火葬塚
鎌倉幕府の執権、北条義時の討伐を計画して失敗された順徳上皇は、承久3年(1221年)に24才の若さで佐渡に流されてきました。(承久の変)
在島22年、都へ帰る望みも絶たれ上皇はこの地でお亡くなりになり、御火葬に付されました。その後に桜と松を植え御火葬塚として現在でも宮内庁が管理し警護にあったております。
天皇陛下をはじめ、皇族の方々が御来島の際には、必ず御参拝になられます。

なるほどねぇ。
近くの土産屋で何か買おうかと思ったけど、
「赤石」と言うデカイ庭石しか売っていなくて、
最低でも1トンくらいする石なので、
今日はいらないやと思い車へ戻る。

駐車場の看板に
クリックすると元のサイズで表示します

「アルコール共和国」かぁ。
福島には「ニコニコ共和国」ってのがあったっけ。

滞在時間は6時間でしたが、
佐渡は、飲酒運転の検問とか無さそうな、
心地よい風が吹く島でした。
0

2006/10/20

あのソフト  水曜どうでしょう

佐渡ヶ島は予想以上に大きい。
行きの船はほぼ満席。

今回、レンタカーの手配をしておらず、
船着場にある窓口では「満車」と言われた。
レンタカーorタクシーしか移動手段が無いので、
先に予約しておくのは常識らしい。

これはまずいことになったと周りを見渡すと、
向こうの方に「レンタカー」の看板を発見。
なんとか1台空きがあったので、カーナビをセットして仕事を始める。

島の反対側への道の両端には自動車ディーラーが並んでいて、
中古車屋を含めると、10以上あるのではないかと。
後で聞くと、大げさでなく1人1台無いと、
この島では生活しにくいから、免許を取ったら無理してでも買うとのこと。
てっきり、ロシアや中国の船が来て、ガンガン密輸でもしているのかと思ったけど
そういう訳でも無いらしい。

昼過ぎ、「道の駅」でトイレに行くと
ソフトクリームが売っていた。
普段は気にも停めないが、
「あのソフト」
と書かれている。



『当店のソフトクリームを食べて帰ったお客様が「あそこのあのソフト美味しかったね!」という会話が始まりで、自然的にその言葉が広まり今日に至っております。』

クリックすると元のサイズで表示します

ほんとうかぁ?

買ってみる。300円。「あのソフト」

車に戻り食べると、「このソフト」確かに旨い。

「生乳100%の純佐渡産ソフトクリーム」だそうです。

これはお勧め。
明日のおやつに、ぶらりと佐渡へお越しください。
0

2006/10/17


佐渡ヶ島へ。

思い起こせば、初めての添乗は「新潟」でした。
学校を退職された女性の皆様
(退職者婦人協会・略して「退婦協」という)の
新潟大会があり、社会人ほやほやの私も
先輩に着いて行った。

翌朝、佐渡汽船の乗り場まで案内し、そこで見送って終了だったけど、
おばあちゃん・・いや元先生達に、
「あらまぁ〜新入社員?」
「来年も会いましょうね〜」
とかわいがってくれたのを、汽船の乗り場で思い出した。

朝7時30分。乗り場は凄い混んでいた。
全席指定で、乗船名簿に名前と住所を記入して乗り込む。

ジェットフォイルの説明が船内で流れ、
「水上を飛ぶ」
と言っている。

クリックすると元のサイズで表示します

佐渡までは約60キロ離れているが、とにかく速い。確かに飛んでいる。
クリックすると元のサイズで表示します

出発前のイメージ。
佐渡。金山。トキ。尖閣湾。ジェンキンスさん。
帰り道にどう変わっているか。
0

2006/10/15

フラガール  水曜どうでしょう

「水曜どうでしょう」の藤村Dが、
フラガールを見て、おっさん2人で号泣した。
というので、早速見に行った。

クリックすると元のサイズで表示します

途中から、涙が止まらない。
涙腺緩ませるポイントが続く・・。
いや〜泣いた、泣いた。

映画が終わり、ポスターを見ると、
『「フラガール」が、アメリカのアカデミー賞最優秀外国語映画賞部門に
日本代表として出品されることが決定!』
とある。

これは受賞すべき作品だと思う。獲って欲しい。
藤村Dが、
「これは映画館の大画面で見なくてはならない。
DVDで見たら、伝わらない」
と力説していた理由が分かった。

次回上映の行列の人達に、
まぶたの腫れを悟られまいと、下を見ながら階段を下りる。

2階のテナントを見て、びっくりした。

クリックすると元のサイズで表示します

「オカマバー ひげガール」

嘘だろ?3階で「フラガール」見させて、2階で「ひげガール」とは・・(笑)
さすが新宿。
冴羽獠が実在してもおかしくないと、ふと思った。
0

2006/10/10

十勝二十番勝負(義経)  水曜どうでしょう

北海道を車で走るには、ナビは必需品であるが、
「この先、25キロ先、右です」
というのがほとんど。
たまにしか、参考にはならないけど、
まったく知らない平原を走るときに、
ナビがあるから安心できる。

腹減ったな・・と十勝から日高方面を目指していると、
「義経神社」
という表示。
気になる。
もしかしたら、義経伝説?
少しだけ寄り道を・・。

クリックすると元のサイズで表示します

階段か・・。でも気になる。

クリックすると元のサイズで表示します

間違いなく、源義経を祭った神社である。
北海道のこの場所に・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

参拝。
例のごとく、御朱印をいただく。

恐山に行ったときも思ったけど、
昔の人のロマンは凄い。

クリックすると元のサイズで表示します

車道のそばに、馬がいる。
パカパカ走っている。
元気いっぱい。

馬もいれば当然、牛もいる。
モーモーさん達は、

クリックすると元のサイズで表示します

なんか、だらけていた・・。がっかり。
0

2006/10/1

十勝二十番勝負(切符)  水曜どうでしょう

レンタカー屋にクルマを借りるときに、
いつもより強い口調で、
「ガソリンは満タンでの返却でお願いします!」
と言われた。

「近くにスタンドありますか?」
と聞くと、
「ないですね。市内で入れて来ていただければ、満タンとみなしますので」

帯広市内までは、20kmは離れている。
おいおいお〜い。

ということで、スタート時に、なるべく空港に近いスタンドを
カーナビにチェックポイントとして入れておいた。

それでも10kmほど離れているのだが、
給油してから、戻る道のりで、
「○○駅まで3km」という看板を発見した。

小学生の時に読んだ本に書いてあったけ・・。この駅。

こんなところにあったとは。
飛行機の時間まであと1時間ある。
間に合う。

少し、周り道。

クリックすると元のサイズで表示します

すでに廃線となった駅。
今は公園となっている。

クリックすると元のサイズで表示します

「幸福駅」

クリックすると元のサイズで表示します

たぶん、20年〜30年以上前にブームになったのではないだろうか。
旅行会社の営業をしていた頃にも、思い出すこともなかったし、
聞かれたこともなかった。

ふたつ先の駅の「愛国」から「幸福」行きの切符を求めて、
ユースホステルを回りながら、貧乏旅行。
あと20年早く生まれていたら、たぶん自分もやっていた・・・。

残されている駅舎の中には、
写真や名刺が、観光地ならではの様子で貼られているが、
ものすごいことになっている。

クリックすると元のサイズで表示します

鍾乳洞のような・・。
いつもなら、「俺も」と貼る私も、
今回はパスさせていただきました。

横にある売店では、
「愛国発→幸福駅」行きの切符がケースに入って売られている。
額面220円の切符が、「400円」
しかも、今日の日付も入っている。
観光客が来ることを見越して、大量に・・。
「平成7年7月7日」「平成8年8月8日」などのゾロ目の日付も売られているが、
おじちゃんは
「やっぱり、今日の日付が一番売れるよ」
と、そりゃあ、今日みたいな平日に来る観光客は俺くらいだから、
売り切るしかねえだろうにと思いながらも購入。

「幸福の鐘」
クリックすると元のサイズで表示します

帰り道にあった「幸福神社」
クリックすると元のサイズで表示します

その先にあった「幸福寺」
クリックすると元のサイズで表示します

幸福寺には、こんな書が貼られておりました。
クリックすると元のサイズで表示します

「問題のないような人生は 寂しい」

深い。幸福寺にあって、この言葉。

幸福行きの切符を手に入れましたが、
「発売当日限り有効」
と書かれておりました。
深い・・。
0

2006/9/30

十勝二十番勝負(豚丼)  水曜どうでしょう

今週は、北海道の「十勝」エリアへ。
「とかち帯広」空港へ着くと、
レンタカーの受付では長蛇の列。
その横には「鹿」の等身大の看板があって、
「鹿が飛び出します!思っているより大きいです!」
と書かれていた。
数分後、大平原を車で走ると、大げさでないことが分かる。

仕事の合間、昼食をとろうと車を走らせていると、
ふと「帯広の名物って、たしか豚丼だ」
と思い出した。
真っ黒いタレが豚肉にかかっているのをTVで見たことがある。

吉野家の豚丼に慣れてしまっているので、
どう違うのか、興味が出てきた。

ビルとビルの合間の道を走らせて、
1つのお店を見つけた。
すぐ近くに駐車場もあったので。

クリックすると元のサイズで表示します

「たんきち」

奥で、老夫婦がもくもくと調理している。
2階建てだが、結構混んでいる。
一番端の席に座り「豚丼、大盛り」を注文した。

店の壁には「箸袋」に訪れた人の感想が所狭しと貼られている。
「旨かったよ〜、またくるよ」
「カツどんも旨い」
「札幌から来た甲斐があった」
などなど。

私の目の前には、額に入れられた色紙が。
こ、これは・・。

クリックすると元のサイズで表示します

大泉洋ではないか・・。
水曜どうでしょうマニアの自分にはたまらない。
よく見ると「色紙」ではなく、何かの箱の裏に書かれているようで
カッターで荒く切ったのが分かる。
さすが、北海道の英雄は違う。

相当じっくりと、丁寧に作っているようで、
調理風景は、そこらの牛丼屋とは一線を画す。

「大盛り、お待たせしました〜」

クリックすると元のサイズで表示します

旨そうだ・・。
コショウの香りが漂う。
一口いただく。
甘辛いタレの味。深いコクがある。

表現すると、
「鳥よし」の手羽先が好きな人にはたまらない。
あの手羽先の「うまみ」成分の「豚バージョン」が濃縮されて、
こんがり焼かれた豚肉とコショウが絡み合い、
少しやわらかめのご飯がすすむ。

これは旨い!

次回来た時も、絶対来ようと思った。

その後、仕事を済ませ、
200km離れたホテルへチェックインしたのは22時。
今回の出張は移動がきつかった。
クルマを返したときは、2日間で600km走行していたので、
大阪に行ったようなもんだ。

ホテルで鍵と新聞をもらい、部屋へ入る。
安倍内閣組閣の記事を読みながら、ペラペラめくっていると、
「あっ・・」

絶句した。

クリックすると元のサイズで表示します

「食堂「たんきち」閉店へ」
写真は、さっきのおばちゃんと、奥でもくもくと調理するオヤジじゃないか。

大盛り食っておいてよかった。

それにしても、すげえ偶然だ。

次回来る楽しみが・・あああ。

たしかにお店は老朽化してたけど・・。

「箸おきを大切に保管する」って書いてある。俺も貼っておけばよかった。

と一瞬で頭の中でぐるぐると。


高校のそばに「中本」という激辛&激旨ラーメン屋があり、
学校帰りによく食べていたが、その後閉店となった。
しかし、常連さんがその店を復活させて、
今では、池袋、新宿などにも進出。

誰かが、同じことをやるのではないか、やってくれるはずと期待。

俺は・・・食べに行きます(笑)
0

2006/9/21

吉野家・牛丼・北海道  水曜どうでしょう

本日より、吉野家の牛丼が毎日食べることが出来ます。
北海道限定で。
クリックすると元のサイズで表示します

私が確認した2店舗では、行列は出来ておりませんでした。
悠々と食べることが出来ます。
是非、北海道へお越しください。

米国産牛肉。
肉骨粉・・・。
1

2006/8/14

姉さん。事件です。  水曜どうでしょう

出張ではなく、キャラバンと呼んでも良いかも知れないと思った。
朝起きてテレビをつける。
めざましテレビの「めざましキャラバン」

「今日は福井にいます〜」
「今日は金沢にいます〜」

偶然にも、同じ日に同じ場所にいるとは。
しかも連続で。
ホテルの窓から思わず探す。
「めざまし体操第2」はマスターした。
僕らはみんな生きている。

北陸キャラバンの2日目。
あるお宿で「内覧会」のお誘いがあった。
しかしながら、夜遅くの到着になってしまったので、
翌朝、見学させていただくことに。
少しでも出張費を浮かせるためにも、
(内覧会参加者は、無料でご招待となっておりました)
このお宿で泊まらせていただくことに。

荷物を持つ仲居さんの案内でお部屋へ。
ふすまをあけると・・。
クリックすると元のサイズで表示します

「?」
布団が2つ。
ぴったりくっついている。
仲居さんは、「浴衣のサイズを合わせますので、そちらへ」
テキパキ。

誰もいなくなった部屋で、
「ツインのシングルユース?」
「寝返りをうってもよいような配慮だ」
「2種類の布団を寝比べろということか」
と、あらゆることを想像していた。
しかし、この布団が2つ並んでいるのは、なんともイヤラシイ。
「いわゆる初夜だな。ふっ」

浴衣に着替えて、PC立ち上げて仕事をしておりました。

30分後、ドアがバタ!と開いて、誰かが入ってきた。

「え?あ?」
「あの〜相部屋らしいです」

某新聞社の方が私の部屋にへ。
相部屋?

まさか、え?

部屋の外を見ると、確かに私の名前と、その方の名前が並んで書かれている。
これは・・・。
もし、俺がヅラだったりしたらどうするのだ?
それよりも、ホモの人だったら・・。

それこそ、初夜になってしまうではないか。

お互い遠慮をしながら、パソコンを叩く。
まんじりとしない時間が流れる。

「あの、少し取材があるので、1時間くらい席を外しますね」
俺「では、私はお風呂に行ってきますので・・。」

大浴場で、湯に浸かりながら、まだ頭の中は「???」
のままであった。
でも、この現実を受け止めなければならない。
部屋に戻り、少し経つと相部屋メンバーのHさんが戻ってきた。

少し話をしておりましたら、これがまた話が合う!
これは運命ではないかと思うくらい(笑)
薬学部ご出身とのことで、
例の添加物の話も色々お聞きすることが出来た。

気がついたら、相当長い時間お話してしまった。
翌朝も、朝食を一緒に食べていた。
また、会うことがあるような気がする。

相部屋は、ユースホステルを回っていた学生の時以来。
「何がおこるかわからないから、旅なんだ」
0

2006/8/6


先日、私の誕生日でございました。
GREEの寄せ書きや、グリーティングカードをお送りいただきました皆様、
重ねて御礼申し上げます。
楽屋にも数々のプレゼントを頂戴しておりますが、
私のカバンにはまだ若干の余裕がございます。
ちゃんらーん。

その前日、私は出張でとある旅館におりました。
そちらの女将さんは非常に著名な方で、
講演会などでもひっきりなしに呼ばれるような人。
半年前に初対面だったのですが、
今では「もとちゃん」と呼んでくれるようになりました。

何の話のつながりでそうなったのか。
担当者の人と、年齢の話になって、
「明日誕生日なんですよ〜」
と話しておりますと、すっと女将さんは席を立った。
特に気にしていなかったのですが、
数分後、箱を持った女将さんが。
セレクトしたグッツの数々が中に入っている。

「これをお母さんに贈りなさい。分かるでしょ?」

私は、ハッとした。

「私はね、従業員の誕生日に手紙を書くんだけど、
必ず、両親に感謝の気持ちを伝えなさいって書くのよ。
生んでくれたことを感謝する日が「誕生日」なの。
ここに手紙を入れて送るのよ。「ありがとう」って書いて。
お母さん、泣いちゃうよ(笑)」

私は素直に受け取った。

「私は、○○温泉のもとちゃんのお母さんだからね。
結婚する前に、お嫁さんを連れて来るんだよ!
しっかり見極めてあげるから(笑)」

「え?!あ・・では、そういうことがあれば・・・」

しどろもどろ。

特急で戻り、そのままコンビニから実家の住所を書いて、
ゆうパックで送った。
手紙は恥ずかしくて、書けなかった。

誕生日の夜、母親からメールが来た。
「宅配がとどきました。ありがとうございます。つかわせていただきます。
いつくるかれんらくください。かいもののつごうがあるからね」

その翌日、場所は変わって都内の某ホテルにて打ち合わせ。
「そういえば、もとちゃんは誕生日いつ?」
「え?あの昨日ですが・・」
「まじ?」

打ち合わせが終わると、一緒に外に行こうと言われ、
近くの本屋さんに行った。
そこで、その方がポストカードを私にプレゼントしてくれた。

そのカードにはこう書かれていた。

「誕」
生まれた日はホントウはお母さんに感謝する日なのです。
なぜなら・・。
あなたのために、お母さんが一番頑張った日だから」
0

2006/7/23

ベイシャトル  水曜どうでしょう

週末は、中ちゃんDXの2次会に出席しました。
奥様の母上からの手紙に涙する彼。
胸が熱くなりました。いい家庭を作ってくれぃ!

この数日間は、予定を詰め込みすぎていたので、
深呼吸する余裕も無かった気がします。

札幌から神戸へ。
新千歳空港に到着。
チケットを見せてラウンジに入ろうとすると、
「お客様、神戸便は機材点検のため、最低でも1時間ほど遅れる見込みです」
「え・・」
「伊丹便への振り替えが可能ですので、いかがでしょうか」
「え・・」
「申し訳ございません。伊丹便はもう間に合いませんので、えっと・・
関西空港への便が、30分後にございますので、いかがでしょうか」
「え・・」

展開の速さについていけなくて、思わず笑ってしまった。
「最低でも1時間と言うことは、それ以上遅れる可能性もあるということでしょうか」
「はい!」(笑顔)

「関西空港から神戸へは、やっぱり電車でしょうか」
「少々お待ちください。・・(PCカチャカチャ)
ベイシャトルがございます!(笑顔)」

ベイシャトル?
何だ?

「先日就航した船です!(笑顔)」

時刻表を見せてもらい、ギリギリ神戸のアポに間に合いそうであることを確認。
「食事券をお渡ししますので、是非ご利用ください(笑顔)」

食事券を1,000円分もらう。
食事、既に済ませてしまっていた。
気がつくと、もう搭乗時間。
今日、この空港でしか使えない券なので、
せっかくだから、売店で何かを買わねば。

「最終のご案内です」というアナウンス。
何を血迷ったか「まりも」と「クリオネの置きもの」を買ってしまった。
飛行機内で後悔。

関西空港に着く。
バスに乗って、桟橋へ。
クリックすると元のサイズで表示します
「29分」
これは間違いなく、「関西人気質」である。
三宮からポートライナーで神戸空港へ「19分」という表示など。
絶対に30分、20分とは書かない。
198円とかにすると売れるからね。

ブオンブオンとものすごい速さ。
結構ゆれます。
テレビを見ていたら、酔いました。
ヘロヘロになって神戸空港がある島へ。そしてまたバス。

仕事で船に乗るのは、沖縄だけではなかった・・。
油断禁物。
移動時間くらい、ゆっくりしたいと願う日々。
0

2006/7/2

もみじの天ぷら  水曜どうでしょう

先週は関西におりました。
伊丹空港から車で20分くらいのところにある「箕面」(みのお)にて。

こんなに空港から近くに、緑あふれる場所があったなんて。驚きでした。

クリックすると元のサイズで表示します

道すがら「もみじの天ぷら」
というのがあったので、
打ち合わせの最後に聞いてみた。
「もみじの天ぷらってなんですか?」

「もみじをカリっと揚げたお菓子ですよ。なかなか美味しいです」

「もみじってあの・・葉っぱのですか?」

「そうですよ〜」

私は昔から「紅葉狩り」という言葉に違和感を持っていた。
「ぶどう狩り」→ぶどうを取る。
「みかん狩り」→みかんを取る。
「オヤジ狩り」→犯罪。
「ガリガリ君(コーラ味)」→何かが抜けた味。
「紅葉狩り」→狩るって何?

早速、駐車場に戻る途中でお土産屋さんに聞いてみた。

「すいません。もみじの天ぷらって、本当のもみじ揚げちゃってるんですか?」
クリックすると元のサイズで表示します
「そうですよ〜ほら食べてみてください」
サクサクしてる。葉っぱの味はしない。
クリックすると元のサイズで表示します

油。小麦粉。カリントウのような感じ。面白い。
また一つ勉強になった。
これからは、もみじを狩って、天ぷらです。
(1年間は葉っぱを塩漬けにしなければなりませんが)

駐車場にはこのエレベータに乗る。
クリックすると元のサイズで表示します
ずどーん。NASAもびっくり。

入口で「100円です」

あれ?下りるときは無料だったのに。
「上り:100円」って書いてある。
領収書に「展望エレベーター:100円」
これ、経理で落ちるだろうか・・。
絶対に聞かれるぞ。「これなんですか?」って。

駐車場で携帯を見ると、コールバックのメールが何件かあったので
電話をした。

「今日はどこにいるんですか?」
と聞かれたので
「みのおです。知ってます?」
と言うと、
「あ!もみじの天ぷらのところですね」

「!!」

有名なんですね。これ。
まだまだ勉強せねばなりません。広い国だ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ