2007/4/11

キトキト!  hiro

もうすぐ映画「東京タワー」公開。
単発ドラマ、連続ドラマ、そして映画と、
一つの小説がどんどん映像化されているが、
活字で読んだ人は、それぞれの「東京タワー」像を描いているに違いない。
それが小説の面白いところである。

映画「キトキト!」を見た。
「パッチギ!」「フラガール」のスタッフ&シネカノンが作ったから、
という理由で行ったけど、
「東京タワー」よりも、自分に身近に感じた。

劇中で母親が言うセリフは、私の母親の口癖とまったく同じである。
「ごはん、ちゃんと食べた?」
クリックすると元のサイズで表示します

この世に生を受けたからには生きた証を残せ

家族の絆は切っても切れないんだよ

小さい時、母ちゃんは不死身だと思ってた

http://www.kitokito-movie.com/
0

2007/4/8

花市  hiro

前回の「もみじ市」から早半年。
花市に誘っていただきました。

狛江駅を降りて、泉龍寺へ。
クリックすると元のサイズで表示します
今日は、お釈迦様の誕生日の花祭り。
ものすごい人になっていました。
クリックすると元のサイズで表示します
那須からSHOZOカフェや、
伝説の「さーぼー」カレー屋など、
長い行列。

まずはお釈迦様に甘茶を。
クリックすると元のサイズで表示します
私も甘茶を頂く。
生まれて初めて飲んだ。
本当に甘いんですね。

クリックすると元のサイズで表示します
絵本の読み聞かせ。

クリックすると元のサイズで表示します
ハンモック。
びよーんびよーん。
クリックすると元のサイズで表示します
想像以上の人の数。

Tちゃんオススメの小谷田さん作の湯飲みを購入。
クリックすると元のサイズで表示します
-----(以下引用)
小谷田さんは八王子に窯を持つ若き陶芸作家さんで、その作品は、作家ものでありながらも緊張感がなく、とっても自然体。土ならではのざらりとした質感を生かしつつ、白や黒の釉薬と焼き締めからなるシンプルなデザインの器は、どんな料理でも優しく受け入れてくれるのです。そのうえ、ちょっとくらい荒く使っても、積み重ねてもだいじょうぶ。「毎日使うものだから使いやすいものを」ということを、何よりも大事にして作らているのがよくわかります。
-----
クリックすると元のサイズで表示します
参道付近にある延命子安地蔵。
子どもを抱いたお地蔵さま。
子授け・安産・子育ての祈願に応えてくれます。
偶然にも今日、以前お仕事でご一緒したかろすけさんが出産された。
出産の実況中継で、感動をおすそ分けしていただいた。
かろすけさん、本当におめでとう!

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは六地蔵。
人間には6つの苦しみがあり、
その苦しみが訪れたときにこの六地蔵さまが現れて助けてくれるとのこと。
右から、畜生道、餓鬼道、地獄道、(真ん中の大きなお地蔵さまを挟んで)修羅道、人道、天道のお地蔵さま。
真ん中のお地蔵さまは、かつて江戸時代に泉龍寺の近親者が全国66箇所の霊所を回行したことを記念した六十六部碑。

花祭りの日に、花市。
以前は、大人の学園祭と称したけど、
なんなんだろうか。この雰囲気は。
みんな幸せそうである。

極楽浄土ってのは、こういうところを言うのかもしれないと思った。
こういう天国があるのならば、
この現世で、僕達が精一杯生き抜く価値がある。

桜の花びらが風に舞う。
子供達が走り回る。
幸せな空間をありがとうございます。
Tちゃん、お疲れ様でした!
0

2007/4/5

ちくわ部  hiro

Y氏と飲んでまして、
追加注文をしようとすると「おでん」のメニューがあった。

子供のとき苦手だった「大根」も、
酒が飲めるようになってからは
日に日に旨く感じるようになったことと同様に、
「ちくわぶ」が最近いいなぁと思っていた。

「まずは、ちくわぶ」と頼もうとすると、
Y氏が「おお!!!」
と歓声を上げた。

Y氏が一番好きな食べ物は「ちくわぶ」とのこと。
長い付き合いだけど、知らなかった。
なんてシブいのだ。
小学生の頃から、ちくわぶ好きらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、ちくわぶっていったい何なのか。

小麦粉・水・塩を合わせて練ったものを棒などに巻きつけて加熱し、
竹輪の形に似せて製した食品。
関東などでおでん種として用いる。(広辞苑より)

生産量の90%以上が東京を中心とした関東圏で消費しているらしい。
こんな東京ローカルな食材が、他にあるだろうか。
次回は、都内の「ちくわぶ」を巡ることにした。
究極の「ちくわぶ」を探すのである。

人気のないおでん屋のほうが、味がしみ込んでいるかもしれない。
ちくわぶを題材に、色々と料理が出来るだろう。

古奈屋のカレーうどんのスープに間違いなく合うだろう。
北海道のスープカレーにも合うと思われ。
マジックスパイスにちくわぶ。

焼いたらどうなるのだろう。
この削られている溝に絡むものであれば、
何でも合う気がしてきた。

奥多摩に、メチャクチャ煮込んだすいとん屋がある。
たしか、そこに「カレーすいとん」があったと思う。
久しぶりにそこに行きたくなった。

以上、ちくわ部でした。
0

2007/4/2

T'EN VA PAS(彼と彼女のソネット)  hiro

T'EN VA PAS
「文學ト云フ事」のテーマソング。
悲しい曲らしい。
日本人の私には理解不能。

それにしても懐かしい曲だ。

原田知世バージョンの歌声と、
電車に揺られながら文庫を読むあの映像。
自分を文学&映画に引き寄せたあの番組。

いつでも歌えるように、メモ。
あなたも今日からフランス人。
http://www.youtube.com/watch?v=_yokfkPvAZ4

T'EN VA PAS

トンヴァパ
シトゥラ トンヴァアパ
パパシトゥラムディルイ
ケリラッファンドゥタ
ヴィヴィヴィ
パパヌットンヴァパ
オンヴパフィフホゴソオントゥワ
トンヴァパオブドゥラヌュイ

ヌュイトゥムフェパ
ヌュイトゥノンフィニパ
カマヴォラ イレパティソモワ
オンリアプルオウシヌトゥリトゥルワ

ヌュイトゥムフェパ
ヌュイトゥノンフィニパ
カマヴォラ イレパティソモワ
パパシトゥポセアンプアモワ

オテュバ
コントゥトンファディシ
ジャグィパアヴィヴソオントゥワ
アヴェクラファンドゥタ
ヴィヴィヴィ
パパフェパコングイ
コントゥセムソンヴァアパ
オンヌパクパオンプレヌュイ

ヌュイトゥムフェパ
ヌュイトゥノンフィニパ
カマヴォラ
イレパティソモワ
トゥマメハガジャメオウズエサ

ヌュイトゥムフェパ
ヌュイトゥノンフィイニパ
カマヴォラ イレパティソモワ
パパダスゥルガハエットンスィネマ

ヌュイトゥムフェパ
ヌュイトゥノンフィニパ
カマヴォラ イレパティソモワ
パパシスゥルカンジョチュグエヴィヤンドゥガ
1

2007/4/2

桜  hiro

目黒川沿いを歩いてみました。
桜が満開になってました。
クリックすると元のサイズで表示します
左には杉田かおるでおなじみの「エンペラー(今は石庭というらしい)」が。

谷中銀座に戻ると、店先でお花見をしていたり、
とても良い雰囲気でした。

その昔、谷中銀座を舞台にしたドラマがありました。
クリックすると元のサイズで表示します
NHK連続テレビ小説「ひまわり」
松嶋菜々子が弁護士になっていく物語。

最近、花を見るのが好きになってきた。
年を取ったということだろうか。
0

2007/3/31

モリゾー  hiro

愛知万博には行きませんでした。
自分に子供がいたら、行っていたとは思いますが。

自分の中で、万博といったら筑波。
EXPO85
テーマソングはヒロミGO。ジャパ〜ン。

せがんで乗ったHSST。リニアモーターカー。
確か500円払って、2時間並んで350メートル・・。
クリックすると元のサイズで表示します
浮いたかどうかも分からず、時速20キロくらいの350メートル。
無理して両親が連れてきてくれたのに。
せつないリニアモーターカーの思い出。
あれから22年。
まだ実用化されていない21世紀の今日。

愛知万博といえば、モリゾー。

那覇空港でモリゾーに会った。
クリックすると元のサイズで表示します

「ゴーヤまん」が正解なのだが。
なんか、溶けだしているようにも見え、カオナシのようにも見え。

本物はこちら。
クリックすると元のサイズで表示します
似てる。

小さいのに350円。
期待して食した。
クリックすると元のサイズで表示します
肉まんにゴーヤを足した味。(そのままやないか)
那覇空港で絶賛発売中!
お試しください。
0

2007/3/29

あんこうを食べに那珂湊  hiro

あんこう鍋が食べたくなったある春の休日。
同僚と食べに行くことにした。

なんとなく、茨城だろうと思い、
検索して「那珂湊」という地名を見つけた。
あえて、それだけの地名だけ覚えて、
調べずに行ってみた。

上野で待ち合わせて、「フレッシュひたち」に乗る。
勝田という所まで行ってみる。

クリックすると元のサイズで表示します
なんとなく、勝田だから、カツサンドを朝食に買った。

梅酒飲みながら、偕楽園を車窓に望む。

クリックすると元のサイズで表示します
勝田からはディーゼルの単線に乗り換える。

那珂湊駅からは、徒歩。
たぶんこっちだろうと、テクテク歩く。
クリックすると元のサイズで表示します
港を発見した。

期待通り・・いやそれ以上の熱気がそこにあった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
殻付の生牡蠣200円。レモン絞って・・ガッツリ食す。

うまくてごめんね?
クリックすると元のサイズで表示します

うにを焼いちゃうの?
クリックすると元のサイズで表示します

このボール、すべてが「うに」・・。旨くないわけがない。
クリックすると元のサイズで表示します

元祖鯉のぼり。
クリックすると元のサイズで表示します
おめめパッチリ・・。拡大しないことをお奨めします。

と色々つまみながら、お目当てのあんこう鍋へ。
昼間からのビールは違う旨さがある。

クリックすると元のサイズで表示します
「あんきも」をベースにした鍋。
野菜を入れてグツグツと。
クリックすると元のサイズで表示します
最後の締めは、あんきもの旨さたっぷりのぞうすい。
クリックすると元のサイズで表示します

(゚Д゚)ウマー

こんなに美味しいと思わなかった。
毎日食べたら、痛風になるであろうが、
またいつか食べたい。

帰りの勝田駅。
皇族の方がいらっしゃるようで、凄い人だかり。
来た・・
クリックすると元のサイズで表示します
見えない。
キャ〜という歓声と、バサバサと振られる日の丸。
そして、その方が通り過ぎた後、
周りの人たちの会話。
「ところで、誰?あの人」
うーむ。俺も知らない・・。
平和な春の一日でした。
0

2007/3/23

ピタパ・スルットカンサイ・ラクヤン・Jスルー  hiro

西瓜が地下鉄でも使えるようになった。
関西でも西瓜が使える。

しかし、出張の時は履歴印字の関係で
今まで同様、スルっとKANSAIや、Jスルーカード、
札幌では「共通ウィズユーカード」
頂き物のクオカードと、図書カードなど、
私の定期入れはカードだらけになってしまった。

以前から不思議に思っていた事。

関東で地下鉄に乗るときなどは、
改札に入るときにお金が引かれるので、
「残金100円」となっていれば、
帰り道には、切符を買うか、チャージしなくてはならないということになる。

言い換えれば、カードに100円しかない場合、
改札には入れず、ブザーが鳴り、
再度カードを買うか、差額を入れて、切符を買ったりする。
それが当たり前だと思い込んでいた。

でも関西では違う。
改札に入る前に残金が「10円」しかなくても電車に乗れてしまう。
降りるときに清算すれば良い。

こういう場合を想定。
「ああ、あの電車に乗らなくては、遅刻してしまう!!」
改札に入る。

残金が足りない。

入れない!

チャージ

電車に乗り遅れる

こんなことが関西では起こらないのである。
よくよく考えるとスゴい。

関東ではキセル防止と、精算所の混雑緩和を優先し、
関西では顧客の声を優先したということらしい。

これから、EDYを含め、すべてがIC化されていくようですが、
無記名カード以外の場合、
おサイフケータイ等、
誰がどこで、何を買っているのか、
すべて管理されてしまうのだろうか。
0

2007/3/21

出馬  hiro

高校の時、自分のことを「少年」と呼ぶ人がおりました。

先日、一緒に久高島に行ったWさんを始め、
TokyoWalker探検隊の皆様には
自分に様々な影響を与えている。
http://diary.jp.aol.com/applet/neco/20060816/archive
その中でも、女性陣で一番インパクトがあった人。
福野みちるさん。

彼女は私に、
「少年はさぁ〜?」
と男子校のウブな自分に話しかけてきた記憶。
「黄色」が好きな人。

先日、Wさんからメールが。
「みちるちゃんが出馬だって!」

埼玉県議会議員選挙に出馬されました。
http://michirufuku.com/
これは応援せねばなりません。
どなたか八潮市の知り合いはいらっしゃらないでしょうか。

しかもテレビ埼玉の選挙特番の司会はWさん。
これは宿命です。

あの時の少年は、既に中年の仲間入りをしようとしております。
福野さん、応援してます!
0

2007/3/17

文學ト云フ事「三四郎」  文學ト云フ事

「『文學ト云フ事』。この番組は文学を読むための壮大な予告編である。」
----------------------------------------------------------------------
恋はあまりにも、難解だった。
文学史上に燦然と輝く青春小説の金字塔。

明治41年朝日新聞に連載され「それから」「門」と共に三部作をなす。
作品の舞台となった東大の瓢箪 (ひょうたん) 池は、 後に三四郎池と呼ばれるようになった。
漱石は「私は女の読者を眼中に置いたことがない」と語っている。
つまり彼は男のために、女を書いていた。事実、 漱石ファンは男性が圧倒的に多い。 鼻っぱしの強い美禰子のモデルは婦人運動家の美女・平塚らいてう。
彼女は一流のお嬢様の身で、漱石の弟子と謎の心中事件を起こした。
そんな彼女の生きざまを知り、女性の神秘さを描いたとされている。

■名科白集:
三四郎は茫然 (ぼんやり) していた。 やがて、小さな声で「矛盾だ」と云った。

大学の空気とあの女が矛盾なのだか、あの色彩とあの目付きが矛盾なのだか、 それとも未来に対する自分の方針が矛盾しているのかこの田舎出の青年には、 凡て解らなかった。ただ何だか矛盾であった。

女は恐ろしいものだよ。

雲は雲じゃなくっちゃいけないわ。 こうして遠くから眺めている甲斐がないじゃありませんか。

どうも好きなものには自然と手が出るものでね。仕方がない。
豚などは、手が出ない代わりに鼻が出る。

結婚は考え物だよ。離合聚散、共に自由にならない。

僕が女に、あなたが絵だと云うと、女が僕に、あなたは詩だと云った。

二十歳前後の同い年の男女を二人並べてみろ。 女の方が万事上手だぁね。
男は馬鹿にされるばかりだ。

熊本より東京は広い。東京より日本は広い。日本より、頭の中の方が広いでしょう。

画はインスピレーションですぐ描けるから可いが、 物理の実験はそう旨くは不可ない。

自然を翻訳すると、みんな人間に化けてしまうから面白い。 崇高だとか、偉大だとか、雄壮だとか。

「ヘリオトロープ」と女が静かに云った。三四郎は思わず顔を後ろへ引いた。
ヘリオトロープの罎 (びん) 。
四丁目の夕暮。
迷羊 (ストレイシープ) 。
迷羊 (ストレイシープ) 。
空には高い日が明らかに懸る。
0

2007/3/14

ヨシトモへ。  hiro

「ヨシトモ」へ。
俺の名前とかぶっている、我がサークルの同期。
元アナウンサーで今は脚本家。

自分は、サークルのメンバーに恵まれた。
卒業して、時が経つと更に思う。

モニーが心配していた。
何で、ヨシトモは結婚しないのだろうかと。
彼には、自分のことのほうを心配して欲しいが。

いつも酔うと話すのだが、
哲学のレポートの話。

結構頑張って書いた俺のレポートを、
昼休み中に、ぬが〜と一言一句コピーしたヨシトモ。

なのに、俺の評価はB。
ヨシトモはAだった。
なんでやねん。
むしろ、俺がコピーしたと思われたのだろうか、三宅の哲学。忘れられん。

前置きはさておき。
クリックすると元のサイズで表示します
この場所を探して行ってきてください。
ヒントは沖縄。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/3/13

甘い  hiro

「うまい」の語源は「甘い」から来ているのは有名な話である。

生茶のCM。
「ありがとう。北大路魯山人。」
魯山人の教えを生かした、新生茶。

なるほどね〜。そう来たか・・と思った。
本人は生茶のこと知らないのに。
クリックすると元のサイズで表示します
「飲んだことないんですけどね」
と聞こえてきそう。

先日「マックグリドル」なるものを食した。
あまじょっぱい食べ物。
甘いとしょっぱいが混在し、
ひとくち目は「ぬぇい〜」とびっくりしたが、
首をかしげながら、なんだこの味といいながらも
食べていた。

これは毎日食べていたら太るなと思ったら、
なんと554kcal・・。

ビックマックが547kcalなのに。

甘い=旨い
ではなく、
食材の中にほのかに感じる「甘み」の中にある「旨み」は、
砂糖では表現できない奥深いもの。
ファーストフードというカナタナ言葉に騙されそうになる。
「ファスト(fast food)」フードと発音しないのは、
何かの戦略なのだろうか。

ハンバーガーねぇ・・と思いながら、ウェンディーズへ。
久々に二度見をした。

クリックすると元のサイズで表示します
「あんバーガ〜」

ドラえもんの声がした。
これは、日本人として食べなくてはならない。
クリックすると元のサイズで表示します
間違いない。「あん」だ。

クリックすると元のサイズで表示します
・・・。
ん?

開けてみた。

クリックすると元のサイズで表示します
あん・・。
あんぱんと違う点。
○チーズが挟まっている。
○マーガリンのようなクリーム。

かぶりつく。
クリックすると元のサイズで表示します

甘い・・。チーズと合う?合わない?分からない・・。
俺には合わないようだ。

ありがとう。北大路魯山人。
あなたのおかげで、このハンバーガーが出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
「んなわけねえよ」
0

2007/3/5

国家のランチ  hiro

年に数回、業務でお役所に行く。
様々な数字の報告。
出席せねばならないセミナーなど。

霞ヶ関という場所は、国家の中枢。
朝から官僚さん達が颯爽と歩き、
警備員さん達もピリピリ。

でも、いくつかの省庁は身分証明書の提示で中に入ることが出来るので、
今回のランチはA君と「農林水産省」に行くことにした。
理由は、
「なんとなく、一番旨い米を仕入れてそうだから」

クリックすると元のサイズで表示します
おお!やはりスケールが違う。
AランチかBランチを選べば良いのかと思っていたら、
とにかくメニューが豊富。
お寿司もある。
クリックすると元のサイズで表示します

悩んだ挙句、
「つけ麺とん汁定食」
という不思議なものを頼んでみた。

中に入った後、後悔した。
「そば」のほうへ行けばよいのか、
「定食」に並べば良いのかが分からない。

A君は、早くもカレーを食べだしている。

答えは「ラーメン」に並ぶであった。

クリックすると元のサイズで表示します

A君が、
「俺、お代わり行く」
と言い残して、また食券の列に並び始めた。

ほとんどが300円程度の価格なので、
それも許される。
サラリーマンの夢の園。さくら水産より安いのだから。

私もさっさと食して、カレーの食券を買う。
クリックすると元のサイズで表示します
おお。
これはいわゆる「普通においしいカレー」だ。
バーモンドカレー風。
A君は、そばを食べてる。

隣の官僚さん達が、唖然としていた。
「あいつら、お代わりしてるぞ・・。」的な視線。
食べ過ぎた・・。

結論:普通においしい。安くて良い。
次回は、経済産業省にしてみるべ。
0

2007/3/3

感謝をこめて(久高島 Vol.8)  hiro

沖縄そば博物館に着く。
クリックすると元のサイズで表示します
観光のとき、沖縄そばの名店を探すのは結構大変だと思う。
名店「てぃあんだー」も行列だったり、
やっと入っても売り切れだったり、
ガイドに載っていても、名護のほうだったり。

非常に殺風景な「博物館」だったけど、
クリックすると元のサイズで表示します
凄い名店揃い。
時計は16時30分。
さっきの天ぷらでおなかいっぱい。
肉はキツイから、「野菜そば」にした。

やはり凄い量。
クリックすると元のサイズで表示します
とても美味しい。
これで500円。
近くにあったら、毎週通う。

そして、17時にToshiと待ち合わせ。
彼との付き合いも、もう2年以上。
残念ながら、奥さんには会えなかったけど、
彼の友人が店長をしている店で飲む。

Wさんが沖縄に来るきっかけとなった話をする。
「大城美佐子」さんとの出会い。

クリックすると元のサイズで表示します

沖縄民謡と第一人者「嘉手苅林昌(かでかるりんしょう)」さんが、
一時はこの人と以外は歌いたがらなかったというほど、
林昌の名相方であり愛弟子であった大城美佐子さん。

クリックすると元のサイズで表示します

大城さんが歌う「てぃんさぐぬ花」
http://www.tuff-beats.com/music/1008-02.ram

「りんしょう」さんとは、
クリックすると元のサイズで表示します
-----------------------------------
沖縄民謡界の草分け的存在の人。
その飄々とした声と周囲を驚かせる無邪気な言動から「風狂の歌人」と呼ばれる。
林昌さんの人生のかたわらには常に唄と三線があり、
唄者であった母親の影響で幼少時から三線(さんしん・沖縄三味線)を弾いていたという。
そして、銃といっしょに三線をかついで戦場へ行き、南洋群島で終戦を迎えた。
帰国せずに村の酋長の娘と結婚。
しばらくして望郷の念から荒廃した沖縄に戻ったが、生家は米軍基地となっていた。

「歌っていても誰にも叱られない」という理由で馬車曳きで生計を立てるが、
食べていけず劇団へ。
だが、ラジオなどに出演し沖縄のスターとなった。
1973年の渋谷ジアンジアンでのヤマト(本土)初上陸ライヴはもはや伝説。
また 1996年には神の島として知られる久高島でトランペッター近藤等則と共演。
彼の声の向こう側には数奇な運命をたどった琉球の情念が燃えている。
99年死去。
----------------------------------

Wさんの話を聞いて、DJでもあるToshiが、涙ぐんでいた。
沖縄の音楽を日本中に広めようとしている彼。
「いや〜嬉しいです。本当に、りんしょうさんは凄い人で・・」

飛行機が出発するまでの短い時間。
WさんとToshiと自分。
世界一の酒だった。

那覇空港までゆいレールで。
たった1泊2日だったけど、学生以来忘れていた「旅」の良さを思い出した。
旅の良さを伝えるために、私は旅行会社に入ったはずだ・・。

自分がToshiと初めて飲んだ時に歌った曲。
沖縄の人たちがじっと聞いてくれて、大きな拍手をしてくれた曲。
感謝をこめて。

2007年、春、沖縄 (原曲:Mr.Children)

僕が初めて沖縄にいった時
何となく物悲しく思えたのは
それがまるで日本の縮図であるかのように
アメリカに囲まれていたからです

とはいえ2004年5月の沖縄は
Yシャツが体にへばりつくような暑さで
憂鬱なことは全部夜の海に脱ぎ捨てて
仕事でニ、三の失敗もしました。

ミンミン、ミンミンと蝉が鳴いていたのは
歓喜の歌かそれとも嘆きのブルースか
もはや知るすべはないが
あの蝉の声に似たような
泣き笑いの歌を奏で僕らは進む

いろんな街を歩き いろんな人に出会い 
口にしたさようならは数しれず

そして今想うことは 大胆にも想うことは
もっともっと誰かを愛したい

酒の味を覚え始めてからは、
いろんなモノを飲み歩きもしました

そして世界一のお酒を見つけました。
それは必死で働いた後の酒です。

戦後の日本を支えた物の正体が、何となく透けて見えるこの頃は
平和とは自由とは何か
国家とは家族とは何か
柄にもなく考えたりもしています

生まれた場所を離れ、夢からも遠くそれて
僕はどこへ辿り着くのだろう。

今日も電車に揺られ 車窓に映る顔は
そうほんのちょっとくだびれているけれど

神は我等を救い賜うのでしょうか
それとも科学がそれに代わるのでしょうか
永遠でありたいと思うのは野暮でしょうか
全能でありたいと願うのはエゴでしょうか

時の流れは速く、もう三十半ばなのだけれど
僕に何が残せると言うのだろう

変わっていったモノと 今だ変わらぬモノが
良くも悪くもいっぱいあるけれど

そして2007年 春の沖縄で
取りあえず僕らの旅もまた終わり
愛する人たちと、愛してくれた人たちと
世界一の酒を飲み交わしたのです

最後の曲が終わり 音がなり止んだ時 
僕はそこで何を思うのだろう

選んだ路とはいえ 時に険しくもあり
些細な事で僕らは泣き笑う

いろんな街を歩き いろんな人に出会う。
これからだってそれはそうなんだけど
そして今想うことは たった一つ想うことは
いつかまたこの街で歌いたい
きっとまたあの街でも歌いたい
そして君にこの歌を聞かせたい

クリックすると元のサイズで表示します

はじめての久高島 おしまい
2

2007/3/2

天ぷら(久高島Vol.7)  hiro

本島に戻り、斎場御嶽(せーふぁうたき)へ。
港からはすぐ。車で数分の距離。
以前訪れたとき、その看板に驚き、
信号無視をしそうになった。
クリックすると元のサイズで表示します
おばあが祈っている・・。

Wさんは以前、この場所に来て、その案内の通りに向かったはずなのに
たどり着けなかったという不思議な経験をしている。
実は今回も、この看板を撮影しようとして、
何回か撮影したのだが、看板がうまく映らず、
天気も良いのに、フラッシュをたいてやっと映ったのが上の一枚。
霊感が強い人だと、この中に入るとおなかが痛くなると聞いた。

クリックすると元のサイズで表示します
-----------------------
「御嶽」とは、奄美諸島から宮古・八重山にいたる南西諸島に
広く分布している聖地の総称。
斎場御嶽は、琉球王朝時代に政府が整備した国家的な宗教組織との関連が深い、
格式の高い祭祀場。
せーふぁ(霊威の高い聖なる場所)の名前が示すように、
巨岩や聖樹に囲まれた空間には、首里城内にある部屋名と同じ名前の拝所があり、
当時の王府と斎場御嶽の関わりの深さをみることができる。
琉球最高神女である聞得大君の、就任儀式「お新下り」の御名付けがこの地で行われたということは、王権を信仰面・精神面から支えていた証。
現在でも、聖地巡拝の習慣を残す東御廻り(あがいうまーい)の聖地として、参拝客は後を絶たない。
--------------
改めてこの場所から、久高島を望む。
クリックすると元のサイズで表示します

時計はもう14時過ぎ。昼ごはんを食べていない。
那覇でどうしても行きたかった場所があるので、
その場所へ向かう。

途中、靴屋があり、
クリックすると元のサイズで表示します
その横のマンションの壁に思い切り「靴」の文字。
同一の経営なのだろうか。そうでなければいやだ。

15時に那覇に到着。
Wさんがその場所を知っていた。

公設市場の近く。別の市場。
その路地裏にある「天ぷら屋」

クリックすると元のサイズで表示します
入っていくと、既に結構な行列が。
クリックすると元のサイズで表示します
ガンガン、天ぷらを揚げております。
クリックすると元のサイズで表示します

30分近く並ぶ。
サーターアンダギーが揚がり、
どか!と並べられる。
クリックすると元のサイズで表示します
昔、野球部にいたことがあり、
その時の「ボールアップ」を思い出す。
これは硬球にしか見えない。

順番が近くなってきて、どのように注文すべきか分からず、
前の人のマネをする。
「豆2つと〜魚2つと〜サーターアンダギー1つ」

「はーい〜200円ね〜」
200円?!安い!
クリックすると元のサイズで表示します

路地から出て、ベンチで食す。
クリックすると元のサイズで表示します
これはうまい・・・。
塩味がついているので、何もつける必要がない。
衣がふわふわ。
もう止まらない。やめられない。

横を観光客らしき、軍団が通る
「揚げパン食べてる〜おいしそ〜」
天ぷらなのだが、そう見えてしまう。

完食してしまった・・。
あきれるWさん。
これから、ソーキそば食べに行くというのに・・。

横浜にあるラーメン博物館に対抗したのかどうか分からないが、
「沖縄そば博物館」というのがあるというので向かった。

続く。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ