2007/3/23

ピタパ・スルットカンサイ・ラクヤン・Jスルー  hiro

西瓜が地下鉄でも使えるようになった。
関西でも西瓜が使える。

しかし、出張の時は履歴印字の関係で
今まで同様、スルっとKANSAIや、Jスルーカード、
札幌では「共通ウィズユーカード」
頂き物のクオカードと、図書カードなど、
私の定期入れはカードだらけになってしまった。

以前から不思議に思っていた事。

関東で地下鉄に乗るときなどは、
改札に入るときにお金が引かれるので、
「残金100円」となっていれば、
帰り道には、切符を買うか、チャージしなくてはならないということになる。

言い換えれば、カードに100円しかない場合、
改札には入れず、ブザーが鳴り、
再度カードを買うか、差額を入れて、切符を買ったりする。
それが当たり前だと思い込んでいた。

でも関西では違う。
改札に入る前に残金が「10円」しかなくても電車に乗れてしまう。
降りるときに清算すれば良い。

こういう場合を想定。
「ああ、あの電車に乗らなくては、遅刻してしまう!!」
改札に入る。

残金が足りない。

入れない!

チャージ

電車に乗り遅れる

こんなことが関西では起こらないのである。
よくよく考えるとスゴい。

関東ではキセル防止と、精算所の混雑緩和を優先し、
関西では顧客の声を優先したということらしい。

これから、EDYを含め、すべてがIC化されていくようですが、
無記名カード以外の場合、
おサイフケータイ等、
誰がどこで、何を買っているのか、
すべて管理されてしまうのだろうか。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ