2007/3/5

国家のランチ  hiro

年に数回、業務でお役所に行く。
様々な数字の報告。
出席せねばならないセミナーなど。

霞ヶ関という場所は、国家の中枢。
朝から官僚さん達が颯爽と歩き、
警備員さん達もピリピリ。

でも、いくつかの省庁は身分証明書の提示で中に入ることが出来るので、
今回のランチはA君と「農林水産省」に行くことにした。
理由は、
「なんとなく、一番旨い米を仕入れてそうだから」

クリックすると元のサイズで表示します
おお!やはりスケールが違う。
AランチかBランチを選べば良いのかと思っていたら、
とにかくメニューが豊富。
お寿司もある。
クリックすると元のサイズで表示します

悩んだ挙句、
「つけ麺とん汁定食」
という不思議なものを頼んでみた。

中に入った後、後悔した。
「そば」のほうへ行けばよいのか、
「定食」に並べば良いのかが分からない。

A君は、早くもカレーを食べだしている。

答えは「ラーメン」に並ぶであった。

クリックすると元のサイズで表示します

A君が、
「俺、お代わり行く」
と言い残して、また食券の列に並び始めた。

ほとんどが300円程度の価格なので、
それも許される。
サラリーマンの夢の園。さくら水産より安いのだから。

私もさっさと食して、カレーの食券を買う。
クリックすると元のサイズで表示します
おお。
これはいわゆる「普通においしいカレー」だ。
バーモンドカレー風。
A君は、そばを食べてる。

隣の官僚さん達が、唖然としていた。
「あいつら、お代わりしてるぞ・・。」的な視線。
食べ過ぎた・・。

結論:普通においしい。安くて良い。
次回は、経済産業省にしてみるべ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ