2006/11/28

岡本太郎「神秘」  hiro

この数年で、何度沖縄に訪れたことか。
先週の訪問で、私の中で少し区切りがついた。
年に1回、仕事仲間が集まる「飲み会」
年を追うごとにたくさんの人が集まってくれて、
乾杯の後に、握手を求められ
少し涙ぐんだ。

岡本太郎の「沖縄文化論」や、
写真集「沖縄」で、衝撃をうけたのは以前書いたけど、
先日、「神秘」という写真集を見つけた。
クリックすると元のサイズで表示します
しかも、出版元はものすごくお世話になった「二玄社」ではないか。
自分を「食」に対する興味や、バイクの世界に引きずり込んだ
K氏がいる出版社。
すぐに買った。

来年、久高島に行くことにした。
たぶん、何もない。
でも、何もない「神秘」を見に行こうと。
この白黒の写真集。強烈です。
0

2006/11/19

初めてのツーリング  hiro

大型免許を取って3ヶ月。
初めてのツーリング。

まだ購入していないので、レンタル。
まずは都内をバイクで走ることに慣れることが目的。
「公道デビュー」ということで、
クリックすると元のサイズで表示します
カワサキのW400を借りました。

白山をスタートし、いきなり数分で坂道&信号待ち&先頭・・・。
坂道発進はあせりましたが、厳しかった教習所のおかげで
難なくクリア。
一緒にツーリングに付き合ってくれた、同僚のKさんも
「大丈夫。それっぽく走れてますよ(笑)」
と。

東雲のオートバックスを経由して、お台場へ。
目的は、「半熟卵のカレーパン」

ありました。「鈴木カリー」
クリックすると元のサイズで表示します

早速、購入。

クリックすると元のサイズで表示します

ぱくぱく。
卵ゾーンまでは、結構遠い。
カレーはあまり辛くない。マイルド。
卵ゾーン到着。
クリックすると元のサイズで表示します

おお!半熟。
辛さを求める人には、物足りないかも知れない。
ソースがおいてあったらいいのになと思った。
大阪の「自由軒」のカレーのようにして食べてみたい。
クリックすると元のサイズで表示します

Kさんは2個目のカレーパンを買いに行っている。
自分は、「もち入りたこ焼き」
クリックすると元のサイズで表示します
あちい。
全治2時間の火傷を負った・・。

その後、台場を走っていると、ハーレー&Buellの試乗会に遭遇。
結構な人。
自分も並んで乗ってみた。
やっぱり1200ccは迫力が違う。

ゆりかもめでしか台場には来た事が無かったけど、
バイクで走ると、いつもの東京と違って見えた。

帰りは、レインボーブリッヂ経由で。
これからは、わざわざジェットコースターにお金払う必要は無い。

クリックすると元のサイズで表示します

この先、果たして俺はどこに向かっているのか・・。
0

2006/11/17

トイレのシール  hiro

大阪にて。
男子便所。
シールが貼ってあるわけですよ。
小便器ってやつのところに。
ちょうどストライクのところに。

いたずらにしては、誰が貼ったんだ?といつもぼけーと思ってました。
周りを見れば、全部に貼ってある。
何でだろうと思いながらも、数秒後には忘れていた。

神戸空港で「ろうそくの絵」が貼ってあった。
確信した。
これは、「狙え」ということだ!
「ろうそくの火を消せ」ということに違いない。
ターゲット。
ろうそく。
ロックオン。

やっぱりそうだった・・。
--------------------------
男性用の小便器に張り付ける直径3センチの小さなシールが思わぬヒット商品になっている。「的があれば狙いたくなる」という男性心理を巧みに利用し“的はずれ”な方向への飛び散りを防ごうというアイデア。一昨年に関西国際空港が考案したところ、商魂たくましい大阪市内の印刷会社が独自に商品化。トイレの汚れに悩む公共施設などに大ウケした。採用例は全国に及んでおり、関空から生まれたナニワのニュービジネスとして注目されそうだ。(産経新聞)
--------------------------

的があれば、狙いたくなるのか。男って(笑)
気がつかなかった。
まだまだだな。俺は。

クリックすると元のサイズで表示します
ろうそくといえば、京都タワーである。
夜は、なんとなく怖い。

やっぱり東京タワーのほうが好きだな・・。
クリックすると元のサイズで表示します

仕事とはいえ、1日で京都タワー・通天閣・東京タワーの3つを見てしまった。
俺には、アリバイというものが存在するのか、不安になってきた。
0

2006/11/14

ダメなものはダメだと叱る事  News

以前、元同僚のgusaから、
「人を殺してはなぜいけないのか?」という質問を甥っ子から受けたと。
自分の答えは
「ダメなものはダメだ」
「理屈なんか無い」
と答えた。

そう答えられる大人。
時には泣くほど叱る。
少なくとも、自分の親はそうだった。

過去の日本では、地域社会にそういったものがあったはずで、
「おてんとさんが見てる」
といったことで、道徳心を育てていたと思う。

自分も今まで万引きをしたことがないのが自慢でして、
それは、「何かが見ていて、バチがあたる」と
教えられていたから。
とか言いながら、まったく善人では無いのだが・・(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

「なまはげ」のように、
「悪い子はいねえか」という恐怖心を感じさせること。

人の気持ちになって物事を考える。
理屈ではない。

といいながら、
日に日に教師になる夢がかすんで行く・・・。
教員免許が更新制になるだと?
困る・・。あと10年待ってくれ!
0

2006/11/13

教育  News

「いじめ」で自殺する子供たち。
履修問題で自殺する校長。

何が学校で起こっているのか。
自分たちの時と何が違うのか。
これだけテレビやネットで情報がある中で生きていくことは、
子供たちにとっては酷であり、
今、自分が子供だとしたら、すごく辛い。

「いじめ」を解決する手段。
それは「逃げる」しかないと思う。

子供にとっては学校が社会であり、すべてである。
地球儀を買ってもらっても、
小さな教室からは、逃げることすら出来ない。
まじめな子供は、すべてを抱え込んでしまう。
越境入学・転校、自宅学習など、
手段は大人&行政が用意。
理想論かもしれないけど。

せりぱん先生のように戦っている人もいる。
自分にも、何か出来ないだろうか。

いじめの発生件数のデータ。
クリックすると元のサイズで表示します
減少しているデータ。
んなわけねえ・・。
報告していないだけでは?

「千葉初の県ロゴ」
果たして、いくらお金をかけたんだ?
クリックすると元のサイズで表示します
私には、デザインのセンスは無いけど、
理解できない自分は遅れているのだろうか・・。

地下鉄内の広告。
クリックすると元のサイズで表示します
微妙に似てる。流行?
県のロゴにするのは、ちょっとねぇ・・。
0

2006/11/4

もみじ市  hiro

同僚のMさんから誘われた「もみじ市」へ行ってきました。
不思議な空間でした。

「東京の小さなものづくり市」となっておりましたが、
ハープの演奏があったり、手作りジャム、パンなど
大人の学園祭といった雰囲気。

クリックすると元のサイズで表示します

久々に命の洗濯をした気分。
落ち葉を踏みしめる音。
東京で感じる秋。
なぜか懐かしい。

小学校のとき、遠回りして帰ったあの感覚に似ている。

これを企画し、実施した方々を尊敬します。
Mさん、お疲れ様でした。明日も頑張ってください。

その後新宿で、高校の先輩と真昼間から泡盛&焼酎。
ダメだ・・。
もういつものオッサンに戻ってしまった。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ