2006/10/11

核実験  hiro

あのニュースキャスターが人類を代弁して喋る。
「また核実験をするなんて、いったいどうゆうつもり?」

ミスチルが、この詩を歌っていたのは10年前。

1995年。フランスが核実験を強行した。
実験したのは、フランス領モルロア環礁。
ヨーロッパではなく、太平洋上。
タヒチといったほうがわかりやすい。
ヨーロッパから離れた南の楽園。植民地で。

確か、フランス製品不買運動とかあったかと思うけど、
今となっては昔。
北朝鮮の真意はわからないけど、
アメリカもフランスも、既に実験に成功して、
核を装備している上で、実験するなというのも、
腑に落ちない。
もちろん、ダメなものはダメなのだが。

以前、原発のある街へ仕事で行ったことがある。
とてつもなく田舎のはずなのに、道路も建物などもすべて整備されていて、
リスクが大きい分、
税制面などで住民は優遇されているなどという話を聞いた。

沖縄の新聞には、
「今年○○回目の、原子力潜水艦入港」という記事が出ているけど
東京の新聞には少しも触れられていない。

この世界のパワーバランスは、
核無しでは、もはや成り立たないのだろうか。
アメリカの核の傘の下で平和を謳歌している日本。

以前書いた食品添加物も、黙認しなければ、
もはや国民全員に食料が満遍なく行き渡らない。
保存料OK!添加物OK!にしないと、コンビニ自体も成り立たないし、
食料を輸入に頼るしかない我が国みんなの「暗黙の了解」

今日、有楽町線内で、目の前の新聞記事を見て、
核実験以上の衝撃を受けた。

クリックすると元のサイズで表示します

20XX年。核シェルター内で、やっと再会した親子。
いや違う。

良かったね・・。福嗣君。
優勝、おめでとう・・・。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ