2006/2/27

チョモランマがそこにある  文學ト云フ事

先日、部屋の掃除をしておりました。
そろそろ捨てようかなと思っている本の山の下から
新聞の切抜きを集めた1冊のファイルが。

おもわず、ある人をネットで検索し、
その人が書いた1冊の手記を手に入れ、読み終えた。

私のファイルには、
小学校6年の時の字で「チョモランマがそこにある」と書かれている。
当時の筆跡と、あんまり変わっていない今の自分。

もうすぐ中学生になるという私は、
年明けの新聞に、小さな連載記事を見つけた。

「今年の5月5日のこどもの日に、エベレストから衛星生中継を行います。」

すぐに興味が沸いてきた。
世界最高峰の頂上は、どのようになっているのか。
見てみたい。

当時、エベレストの登頂に挑む日本人のニュースは多く、
遭難されたニュースも多かった。

無線で「加藤さーん」と泣きながら叫んでいるシーンをTVで見たことがある。
加藤保男さん。1982年冬、前人未踏の登頂に単独で成功。
しかし、その下山時に行方不明となる。
テレビの前で、ほとんど聞き取れない無線機の音に耳を澄ませた。
翌日、「加藤さん生存絶望」という記事を見た衝撃は、今でも覚えている。

エベレストからの中継という新聞記事が気になり、
その箇所を切り取ってスクラップを始めたようである。
このマニアックさ、生まれつき。

中継基地を一つずつ作り上げていること。
食料の問題。
日本、中国、ネパールの三国が合同で行うこと。
何よりもどんな映像なのか。わくわくしていた。

TVでは、日本テレビディレクターの岩下さんという方が、
しゃがれた声でインタビューに答えていた。
日本からの呼びかけに答えるこの人は、熱く夢を語っていた。

私は、この人が登頂するのではないので
最初はあまり関心がなかった。
しかし、的確な指示を出している姿にいつしか惹かれていた。
笑顔が素敵な白髪のおじさん。

忘れもしない1988年5月5日午後。
番組名は、「チョモランマがそこにある」

新聞の番組欄には、「途中、中継が入る場合があります」と書かれており
まだ出来たての東京ドームでの巨人戦の試合が放送されていた。

たまに速報があるのだが、
あまり天候も芳しくなく、電波状況も良くないらしい。

評論家のような人が言い訳を始めていた。
通常、山頂にアタックするのは、3日くらい予備日を作らないと危険なので、
山頂の登頂日を指定しない。
隊員が運ぶアンテナの重さが半端じゃないこと。

司会は福留さんだった。
過去、この岩下さんはエベレスト山頂を録画撮影をすることに挑戦し、
最後の最後で機材を捨てるしかなかった無念など、
福留さんが話していた。

このまま夜になると危険であるとのことで、
失敗してしまうのではという雰囲気が出来つつあった。

16時過ぎ。
突然、東京ドームの映像から、ネパールの映像に切り替わった。
岩下さんが叫んでいる。
「登頂おめでとう!さあ、映像をお願いします!」

巨人戦を吹っ飛ばした日本テレビ。
画面に映っているのは、叫んでいる岩下さんの横顔。
CMも入れず、沈黙と無線からの雑音のみがTVから流れた。

10分以上、もうすぐ20分くらいになろうかという瞬間
「きた・・きたぞ!」
テレビから声が聞こえた。
次の瞬間、鮮明な画像が映し出された。
エベレストの山頂、青い空、ネパールの山々。
思わず私も叫んだ。なんて綺麗なのだ・・。

山頂からの中継は、イメージしていたものをはるかに超え、
音声などもクリアに聞こえていた。携帯など無い時代。
何よりも生中継であるこの一体感。
しかも世界最高峰。

「それでは、鯉のぼりをあげます!」

オレンジ色の服の登頂スタッフの方が、高々と鯉のぼりを掲げた。
無線からは、
「今・・・チョモランマに・・・鯉のぼりが・・・上がりました・・・」

クリックすると元のサイズで表示します

中学1年。半分大人の私は、その鯉のぼりが無性に嬉しかった。
その後、下山指示を出している岩下ディレクターの映像はあまり映されず、
野球中継に戻った。

その数ヵ月後、特番でこのプロジェクトにかかわった方たちが出演された番組の
一番最後に福留さんが
「さあ、次は何をされますか?」
と問いかけた。

しゃがれた声の岩下さんは
「さて・・・もう一晩寝たら、思いつくんじゃないですか?」
と笑っていた。カッコよかった。

それから数年後、まだ学生だった私は、
日テレのディレクターさんとお話しする機会があった。
その時、
「ああ、岩下さん。昨年亡くなったんだよ。」
と聞かされた。
言葉が続かなかった。
そのディレクターさんも泣いていた。

ネットで岩下さんのことを検索していたら、
岩下さんは、手記を書かれていた。
既に絶版とのこと。
あきらめつつもアマゾンで検索したところ、
在庫は無いが、個人で出品されている方がいらっしゃって、
購入することが出来た。

「テレビがチョモランマに登った」岩下莞爾

壮絶な舞台裏の手記。
自分の夢の為に集まった人たちへの思い。
特に奥様の苦労、息子さんから送られた帽子にかかれた言葉。
涙で声が出そうになり、飛行機内で本を閉じた。

世界一の青い空と鯉のぼりを、子供達に見せたい。
その夢の記録。

岩下さんは、こんな言葉を残されている。

あるがままに撮ろう
あるがままに語ろう
在るものはあると言おう
無いものはないと言おう
無いものを在ると言ってはいけない
在るものを無いと言ってはいけない
もう一度
あるがままに伝えよう
クリックすると元のサイズで表示します
12

2006/2/23

最低気温 20度  hiro

クリックすると元のサイズで表示します

暑い。レンタカーの中ではクーラーをつけてます。
こちらの皆様は、今日は少し肌寒いと言ってます。
仕事で来るところではない島。沖縄。
変な汗をかいております。

家を出るときに着ていたコートがこの島ではもの悲しい。
来週は、雪国。
0

2006/2/18

最高気温 マイナス8度  hiro

目覚ましテレビの天気予報で
「最高気温はマイナス8度です」
なんて言っていた。
まさか。そんな。
クリックすると元のサイズで表示します
事実でした。
北海道の人も「今日は寒いねぇ」だそうです。

タクシーの運転手さんに
「鼻水が出たらね、手でこすっちゃだめだよ」

「なんでですか?」

「くっついちゃうから」

そうですか・・・。大げさだとは思いますが、理解できます。

来週は、この地点から3000km南におります。
俺の体、確実に進化していっている気がします。
0

2006/2/16

じゃがポックル  hiro

クリックすると元のサイズで表示します
今更と言われてしまいそうですが、
「じゃがポックル」やっと見つけました。

ただいま、搭乗までの待ち時間なのでございます。
北海道のとある空港にて、
「入荷しました!」の文字。

いつも完売の札しか見たことがなかったので、
早速購入。
今日の昼食は「じゃがポックル」

「じゃがりこのデカイ版」と聞いておりましたが、
そうとも言えるし、このマックのポテトを彷彿とさせるお姿。
待合室でボリボリ食ってます。

冷えたマックのポテトは美味しくありませんが
それが美味しくなったら、たぶんこんな感覚なのかもしれません。
さすがですね。カルビー。
赤羽の星。

会社にもお土産として追加購入。
出張が終わるまで持ち歩くことを考え、少しブルー。
結構、箱デカイ。
今、私を見つけてくれた人、先着にて差し上げます。
0

2006/2/7

香港リベンジ Vol.3  hiro

「ルックイースト」という言葉があった。

〜日本を見習おう!ルックイースト政策〜
東南アジアの多くの国が社会制度の整備や工業化の段階を西欧に見習ったのに対して、マレーシアやインドネシアは、第二次世界大戦終戦後の復帰・成長が奇跡とも言われた日本を見習おうとした。


「ジャパン アズ ナンバーワン」という言葉があった。
日本の産業システムは、1960年代中頃までは日本産業の後進性の表象とみなされ、80年代になると、日本型システムは世界で最も洗練されたシステムと評価され、ジャパンアズナンバーワンと賞賛されるようになった。
ところが、1990年代に入ると日本企業の収益性は悪化。かっての「教え子」であったフォード社やルノー社に買収されるようになると、日本型産業システムの評価は再逆転した。

小学校の高学年くらいになると、20:55からのニュース番組が少しずつ理解できるようになる。
80年代後半、小学生から中学生になる頃の私は、
「今年も日本の貿易黒字が過去最高となり・・」
というニュースを見続けていた記憶があり、
心の片隅で、
「このままずっと続くのか?」という疑問があった。

香港を歩いていると、
私自身が「ジャパン アズ ナンバーワン」
であってほしい、そうに違いないと言う幻想が
崩れていくのを感じた。

そんな中、私を癒してくれるホテル。

クリックすると元のサイズで表示します
「インタコンチネンタルホテル グランドスタンフォード」
香港島側の夜景を独り占め可能。

クリックすると元のサイズで表示します
「コンラッド香港」
事前にコンラッド東京の方が連絡していただいていたので、
暖かく迎えていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します
「ペニンシュラ」
アフタヌーンティーは大行列。
14:50に座って、ゆったりメニューを見ておけば、
15時からのアフタヌーンティータイム並ぶこたぁない。ふぉふぉふぉ。
ティラミスアイスがポイント。

クリックすると元のサイズで表示します
「ザ・リッツカールトン香港」

昔からやりたかったこと。
それは

クリックすると元のサイズで表示します
夢。かなう。

こんなことをしていると、帰れなくなります・・。

クリックすると元のサイズで表示します
「取消」
なかなか見れませんぜ。
私の母国への飛行機「取消」
東京の下の「北京」なら行けます。
北浦和と、東浦和ぐらいの差であれば何とか帰れるのですが・・。
一時的な難民認定。

クリックすると元のサイズで表示します
エアポートホテル。
エアコン壊れているのか、寒かったです。
もれなく、無料で泊まれました。

店には、日本の商品が普通に売られ、
特に「ホッカイロ」が売れていた。
おにぎりを買い求める、香港のビジネスマン達。

香港の夜景を良く見ると、日本のメーカーが多数。
香港に溶け込んでいる、日本。

「恋する惑星」や「深夜特急」で有名な
重慶マンションも、中身はそのままに超ハイテクな外観へ
進化しており、一番驚いたのは、ここでした。

クリックすると元のサイズで表示します
両替のレートは、やっぱりこの1階が良かったです。

またいつか行ってみたいです。

香港リベンジ'06 完
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ