2007/3/2

天ぷら(久高島Vol.7)  hiro

本島に戻り、斎場御嶽(せーふぁうたき)へ。
港からはすぐ。車で数分の距離。
以前訪れたとき、その看板に驚き、
信号無視をしそうになった。
クリックすると元のサイズで表示します
おばあが祈っている・・。

Wさんは以前、この場所に来て、その案内の通りに向かったはずなのに
たどり着けなかったという不思議な経験をしている。
実は今回も、この看板を撮影しようとして、
何回か撮影したのだが、看板がうまく映らず、
天気も良いのに、フラッシュをたいてやっと映ったのが上の一枚。
霊感が強い人だと、この中に入るとおなかが痛くなると聞いた。

クリックすると元のサイズで表示します
-----------------------
「御嶽」とは、奄美諸島から宮古・八重山にいたる南西諸島に
広く分布している聖地の総称。
斎場御嶽は、琉球王朝時代に政府が整備した国家的な宗教組織との関連が深い、
格式の高い祭祀場。
せーふぁ(霊威の高い聖なる場所)の名前が示すように、
巨岩や聖樹に囲まれた空間には、首里城内にある部屋名と同じ名前の拝所があり、
当時の王府と斎場御嶽の関わりの深さをみることができる。
琉球最高神女である聞得大君の、就任儀式「お新下り」の御名付けがこの地で行われたということは、王権を信仰面・精神面から支えていた証。
現在でも、聖地巡拝の習慣を残す東御廻り(あがいうまーい)の聖地として、参拝客は後を絶たない。
--------------
改めてこの場所から、久高島を望む。
クリックすると元のサイズで表示します

時計はもう14時過ぎ。昼ごはんを食べていない。
那覇でどうしても行きたかった場所があるので、
その場所へ向かう。

途中、靴屋があり、
クリックすると元のサイズで表示します
その横のマンションの壁に思い切り「靴」の文字。
同一の経営なのだろうか。そうでなければいやだ。

15時に那覇に到着。
Wさんがその場所を知っていた。

公設市場の近く。別の市場。
その路地裏にある「天ぷら屋」

クリックすると元のサイズで表示します
入っていくと、既に結構な行列が。
クリックすると元のサイズで表示します
ガンガン、天ぷらを揚げております。
クリックすると元のサイズで表示します

30分近く並ぶ。
サーターアンダギーが揚がり、
どか!と並べられる。
クリックすると元のサイズで表示します
昔、野球部にいたことがあり、
その時の「ボールアップ」を思い出す。
これは硬球にしか見えない。

順番が近くなってきて、どのように注文すべきか分からず、
前の人のマネをする。
「豆2つと〜魚2つと〜サーターアンダギー1つ」

「はーい〜200円ね〜」
200円?!安い!
クリックすると元のサイズで表示します

路地から出て、ベンチで食す。
クリックすると元のサイズで表示します
これはうまい・・・。
塩味がついているので、何もつける必要がない。
衣がふわふわ。
もう止まらない。やめられない。

横を観光客らしき、軍団が通る
「揚げパン食べてる〜おいしそ〜」
天ぷらなのだが、そう見えてしまう。

完食してしまった・・。
あきれるWさん。
これから、ソーキそば食べに行くというのに・・。

横浜にあるラーメン博物館に対抗したのかどうか分からないが、
「沖縄そば博物館」というのがあるというので向かった。

続く。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ