2006/10/15

フラガール  水曜どうでしょう

「水曜どうでしょう」の藤村Dが、
フラガールを見て、おっさん2人で号泣した。
というので、早速見に行った。

クリックすると元のサイズで表示します

途中から、涙が止まらない。
涙腺緩ませるポイントが続く・・。
いや〜泣いた、泣いた。

映画が終わり、ポスターを見ると、
『「フラガール」が、アメリカのアカデミー賞最優秀外国語映画賞部門に
日本代表として出品されることが決定!』
とある。

これは受賞すべき作品だと思う。獲って欲しい。
藤村Dが、
「これは映画館の大画面で見なくてはならない。
DVDで見たら、伝わらない」
と力説していた理由が分かった。

次回上映の行列の人達に、
まぶたの腫れを悟られまいと、下を見ながら階段を下りる。

2階のテナントを見て、びっくりした。

クリックすると元のサイズで表示します

「オカマバー ひげガール」

嘘だろ?3階で「フラガール」見させて、2階で「ひげガール」とは・・(笑)
さすが新宿。
冴羽獠が実在してもおかしくないと、ふと思った。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ