2009/12/20

マーサの幸せのレシピ  映画 ★3

テレビの影響って、すごいなぁ〜と思うことがひとつ。

クリックすると元のサイズで表示します

カールじいさんが、野村監督に見えます(笑)

さて、年賀状作りに励んでいる今日この頃。先日、酔った勢いで注文したカレンダー型のポストカードが仕上がってきました。中途半端なカレンダーで、1〜2月、3〜4月、7〜8月、11〜12月という内容。素材はσ(^^)が撮った写真なのですが・・・特に1〜2月分のがおかしな出来になっています。これとこれ、組み合わせてしまったからなぁ(^^;

・・・誰の年賀状に使おうか、考え中です。寒中見舞いとしても使えるかと。ひひひ。

幸せモノにめっぽう弱いσ(^^)。詐欺にあうんじゃないかってくらい弱すぎます。Yahoo動画で配信されていた幸せ映画をつい見てしまいましたよ。

マーサの幸せのレシピ 

以前見たキャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演の「幸せのレシピ」の・・・

* 続きを読む *

そんなわけで、こちらがキャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演の「幸せのレシピ」を見た感想
http://blog7373.exblog.jp/13283377/
0

2009/9/28

ココ・アヴァン・シャネル  映画 ★3

以前から、フランス語で携帯の番号、言えたらかっこいいなと思っていました。どこで役に立つのかは分かりませんけどね(^^;

・・・フランス語の本を買って覚えようと試みた日もありましたが、挫折。フランス語で1から数字を数えているCDもついていたのですが、これが実に危険な代物。10まで数える前に睡魔に襲われます(-_-;

久しぶりに、そんな決意をしたこともあったなぁ〜と思い出しまして、とりあえずblogにメモしておこうかと。目に付くところに書いておいて、1日1回声に出したら覚えられるかなぁ・・・。

zero un due trois quatre cinq six sept huit neuf dix
(ゼロ アン ドゥ トロワ キャトル サンク シス セット ユイット ヌフ ディス)

アン ドゥ トロワ、はわかるのですけどね。でも、書けないなぁ(^^;

ココ・アヴァン・シャネル 

言わずと知れた、ココ・シャネルの話。ちょうどシャーリー・マクレーン主演の・・・

* 続きを読む *

0

2009/8/20

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー  映画 ★3

アフガニスタンでは大統領選があるのだとか。ニュースを聞いても、よくわかりませんけどね。なんだかいろいろ複雑のようで。

日本もいよいよ衆院選。選挙してくださいねってはがきも届きました。この前の仙台市長選は行かなかったのですが・・・今度は投票してこようかと(~_~)

そんなわけで、舛添さんが厚生大臣のうちに、ねんきん特別便の返事、しないと悪いかなぁ、と思っている今日この頃です。訂正がなかったので放置していたのです。そーいや、いつぞやかの選挙で、これ、争点だったような。結局、年金問題ってどーいう顛末になったのかよく分からないのですけど・・・政府の方、与党の方、どなたか公共の電波で話してくれませんかね?(^^;

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

政治家ってこーいう仕事をしているのかなぁ〜なんて思いながら・・・

* 続きを読む *

0

2009/8/18

次郎長三国志  映画 ★3

去年の夏の記憶・・・実は、ぼんやり。北京オリンピックがあったなぁ〜くらい。東京に行ったのは覚えていますが、心が落ち着かないことが多かったような。その反動で、今年の夏は遊んでいるのかと(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

最近は、「すいか」というドラマを見ています。2003年の夏の土曜の21:00に放映されていたとか。視聴率は低かったそうですが・・・結構面白いドラマなのですよ。「かもめ食堂」や「めがね」の原点のような話、といえばわかるかと。出ているメンバー、一緒です(笑)

2003年の夏も・・・まったく記憶、ないのですよ。西公園の花火、見に行ったのこの時だったかなぁ。車、持っていたのかなぁ。あの時間、もったいないなぁ〜返して欲しいなぁ。リアルタイムで、「すいか」見たかったなぁ。

次郎長三国志 

津川雅彦が監督した次郎長モノです。いー感じにべたべたの・・・

* 続きを読む *

0

2009/7/10

クライマーズ・ハイ  映画 ★3

ドトールに寄った時のこと。隣のテーブルの方、つわものでした(^^;

旅行に行くのか、大きなバックを席の向かいに置いて座っていました。お店のコンセントに携帯電話の充電器をつないで話をしているのです。店内、静かだったので、聞くつもりはなくても、全部聞こえてしまいました。

・・・どーやら、彼氏と同棲していたようなのですけどね。鬱気味な彼氏に愛想を尽かしたとのこと。結構ひどいめにあったようです。そして、夜の高速バスに乗って実家に帰るのだとか。電話の相手はお母さんのようで・・・バスの時間まで話を続けてしまうような勢い(^^;

結構込み入ったことを話していましたけど、周りでどんな人が聞いているのか・・・気にしないものなのですね。電話、ではなく、普通に話をしている感覚なんでしょうね。状況が状況なので、周りが見えなくなっているのかもしれないなぁ〜と思ってみたり。

そんなこんなで、あの映画のDVDを借りてきました。実はσ(^^)、NHKのドラマ版も見ているし、原作も読んでいるんですよね。

クリックすると元のサイズで表示します

クライマーズ・ハイ 

結局DVDで見ました。オープニングの土合駅のシーン、細かいところまで・・・

* 続きを読む *

この頃、携帯電話があったら、インターネットがあったら・・・ねぇ。山の中、あんなに這いずり回らないで済んだのかもなぁ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ