2009/2/26

負け犬と女子と鉄道  鉄子のたび

ちょっと前にも流行った「草食男子」という言葉が、リバイバルしている模様。この言葉は深澤真紀さんという方が作ったものだそうで。

・・・日経オンラインには深澤真紀さんの連載が多数あるのですわ。σ(^^)もいくつか読んでいました。最近は「○○女子」という言葉でアラフォーやアラサー世代を分析しています。例えば、「スイーツ(笑)女子」とか「肉食女子」とか。

深澤真紀の平成女子図鑑
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20081209/179628/

さしずめσ(^^)などは・・・「ワリカン女子」世代で「モテない系女子」だったりしつつ「自虐女子」「自爆女子」にも心当たりがあり、「長女女子」でもあるのかと。それはそれでいいと思うのですわ。とはいえ現状を鑑みると、ちょっとでも「スイーツ(笑)女子」や「猛禽女子」要素を持ってに生まれてきてたらなぁ・・・なぁんて。

ちなみに、モテない系女子とは生まれてこのかた彼氏がいないという女子のことではないです。「合コンで、何の疑問もなくひざ丈のピンクのワンピースを着る」ということができない女子のことで、男子の目より女子の目の方が気になる女子のことなんだとか。サブカルチャー好きが多いのも特徴とのこと。

・・・ひざ丈のピンクのワンピース・・・そんなの絶対無理だなぁ(^^;

この連載、ひたすら女子を分類しているだけなので、読んでいると「だからどーしたっていうんだ(-_-;」という気分になります。以前連載されていた「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」の方は結構ためになったのですけどね。

自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20071105/139617/

そんなわけで、図書館からまた本を借りてきました。えぇ、モテない系女子ですから。

クリックすると元のサイズで表示します

女子と鉄道」です。ちょっと前に読んでいた矢野直美さんが「撮りテツ」なら、こちらは「乗りテツ」な感じですかね。「茶道、華道、鉄道!」ということで鉄の道を究める、というのはなかなか面白いかと。結構、電車のこーいうところが好き!というポイントが、σ(^^)ともかぶるので共感できるのですよ。

・・・で、著者紹介を読んで、初めて気づいたことが。酒井順子さんって、あの「負け犬の遠吠え」を書いた人ですね。ベストセラーになったそうですが、読んだことありません(^^;

それを踏まえると・・・確かに、負け犬っぽい記述もあるのですよ。既婚者の友人に会って子供の話をされた時に「私は、『この前、初めて鹿児島本線に乗ったのよぅ。そうしたら線路がどしゃ崩れで埋まっちゃって・・・』という話題。相手の話題に全くついていけないことに気付いた私達はお互いに、『この人は、私とは違う世界に行ってしまったのだなぁ』ということを理解しあったものです」とか。

・・・まぁ、σ(^^)もどしゃ崩れの話の方が気になる方かと。でも、友達の子供だったら歩いた話でも盛り上がれるよ、と思ったりもしますけどね(^^;

そして、こういう本を読むと・・・また電車に乗ってどこか遠くに行きたくなるのですわ(~_~)
0

2009/1/9

毎日がエブリデイ  鉄子のたび

7:32 電車に無事乗車。乗って始めて、水戸行きだということを知る。

7:34 このまま水戸まで乗って、今年初の普通電車の旅を敢行しようかと考える。

7:37 気の迷いはあったけれど特急券があるのでいわき駅にて素直に下車。誰もいない座席に男物の手袋を見つける。忘れ物?

7:37 乗り換え予定のスーパーひたちが入るホームに移動。σ(^^)は自由席なので素早く並ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します

7:42 電車案内のアナウンスが流れる。何気なくエスカレーターに目を向けると、下りエスカレーターに乗ったままマイクを握ってアナウンスをする駅員さんの姿。そのままさりげなくホームに。さながら、ゴンドラでステージに降りて歌う歌手のよう。

7:45 無事乗車。出入口そばの窓側を余裕で確保。

8:09 湯本駅到着。フェンス越しに見送りにきた雰囲気の年配の男女の人影を発見。車内では子供が「ばいばーい」と叫んでいる。とたんに激しく手をふる人影。孫が可愛くて見送りにきたじじばばかと。思わず涙(T_T)

8:21 眠くなったので寝る。

9:07 目が覚める。夢を見ていたがあっさり忘れる。

9:08 東海駅到着。隣に若いお兄ちゃんが座る。強風で7分遅れてますと車内アナウンスが流れる。

9:21 水戸駅到着。5分遅れになる。うすら眠い。

クリックすると元のサイズで表示します

9:27 田んぼの中にかなり大きいジャスコが見えた。もしやあそこが友人Aの働くジャスコだろうか?名取のイオンモールより大きいかも。

9:28 そういや、年末にAが仙台に遊びに来た時には、納豆チョコレートをお土産に持ってきてくれた。

9:28 実は今回、東京で待っている友人Yへの手土産は、その時の納豆チョコレートだったりする(^^;

9:33 なんか音が聞こえるなぁと思ったら、隣のお兄ちゃんのイヤホンからもれる音だった。

9:34 耳を澄ましてみたが、何を聞いているのかわからない。また眠くなってきた。

9:38 空を飛んでいる人がいる。あれはパラグライダー?

9:45 ガソリンがレギュラー95円。宮城より安いかも。

9:49 土浦駅到着。上野駅で信号機故障で常磐線が止まっているとのこと。とりあえず待っているYにメール。

9:56 車内アナウンス。事故の原因が分かったけど発車は10:30過ぎになるとか。再びメール。

10:04 せっかくなので一度下車することに。席は立っていたおばちゃんに譲る。おばちゃん「戻ったら返すね」とのこと。

10:06 土浦駅前へ。駅ビルが去年の夏に閉店して、物凄く閑散気味。駅前のヨーカドーも閑散。

クリックすると元のサイズで表示します

10:07 ヨーカドーの中のコムサを見てみる。50%引きの札に心がひかれるが、今は我慢。ここで荷物を増やすと後が厄介である。

10:18 土浦はれんこんの生産が日本一ということを知る。

クリックすると元のサイズで表示します

10:37 電車に戻る。席を譲ったおばちゃんが半座りで私が戻るのを待っていた。譲るつもりだったけど、そんなわけなので再び座ることに。

10:41 とりあえず発車。

10:47 ひたち野うしくでまた停車。牛久は渡辺直人選手の出身地である。直人選手は去年結婚してしまった。再びメール。

11:11 遅れを取り戻すように、電車、飛ばす飛ばす。

11:18 車内アナウンスによれば11:45到着予定とのこと。おなかがすいてきた。

11:31 日暮里駅手前で停車。前にいる普通電車と特急電車が動き次第上野に着くとか。もう、上野まで歩いていける距離なのに。眠くなってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

11:52 日暮里駅だと思ったら三河島駅の手前だと判明。

11:58 上野駅到着。Yに会う。ずっと、巣鴨駅前でお茶しながらニンテンドーDSをしていたとのこと。お土産の納豆チョコレートを渡す。ちなみにYは茨城県出身。

※岸本佐知子著「ねにもつタイプ」からお題をいただくシリーズ、第3弾。

「ねにもつタイプ」を読んだ話
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/1102.html
0

2008/11/18

鉄子  鉄子のたび

電車で会津に行く話、第3話です(第1話/第2話)。

駅のお土産屋さんにて、新しい福島のご当地キティを見つけたりしたのですわ。買おうかなぁ〜どうしようかなぁ〜とかなり迷いました。どのキティにするか、でも迷いました。それと、ずっと根付タイプのキティを集めていたのですけど・・・1本くらいボールペンタイプがあってもいいかも、なんて思ったりしたものだから・・・ますます迷う始末(^w^;

・・・結局、迷いに迷いすぎて買わずじまいでした★

そうしているうちに、今回の旅の目的のあれ。到着時間が迫ってきましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します

SLばんえつ物語号です。春から秋にかけての週末、新潟と会津若松間を走っています。

先日以来、SLの走りっぷりに感動してしまい・・・どーにかもう一度見れないものかと思って、今回会津まで来てしまったのです。やっぱり、迫力ありますわ。そして、煙いのなんのって(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

あそこが、石炭をくべるところかと。ホームに到着しても、時々、くべている模様。出来ることなら、そばに寄ってじっくり見たいです。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど、郡山に向かうあいづライナーもホームに入ってきました。会津若松駅、いろんな電車があって楽しいですね(^^)

そんなわけで、目的も果たしたのであいづライナーに乗って帰ることに。発車してまもなく、ホームのはずれにある転車台を見つけました。しかも、転車台の周りに、カメラを持った人が数人いましたよ(@_@)

・・・もうじき来るであろうSLを待っているのでしょうね。転車台で方向転換をする様子、見てみたい気もしましたが、いかんせん、もうσ(^^)は郡山に向かう電車の中。こりゃ、また次の機会かな・・・とすっかり鉄子ちゃん(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

帰りの電車は、しっかり磐梯山側に座りましたよ。磐梯山を見るなら、翁島駅−猪苗代駅間がやっぱりいいかもなぁ〜なんて思いながら眺めていました。

次は、雪景色のきれいなところにでも行ってみたいですね♪
0

2008/11/15

会津若松駅  鉄子のたび

電車で会津に行く話、第2話です(第1話)。

あいづライナーは早いです。ぼんやり紅葉を見ている間に会津若松駅に到着しました。

クリックすると元のサイズで表示します

「今夜は会津で一泊〜」のような観光客が、たくさん乗り合わせていましたよわ。みなさま、これから鶴ヶ城でも見に行くのですかね。喜多方ラーメンでも食べに行くのですかね(^^)

まぁ、だいたい会津の観光地は行ってます。今回は滞在時間も短いので・・・会津若松駅を中心にぶらぶらすることに。会津若松駅は街の中心からはずれているので、ぶらぶらといってもかなり限界がありますけどね。せめて、お城とかが見えればねぇ(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

ともかく、改札口にあかべぇを見つけては写真を撮り〜の。

クリックすると元のサイズで表示します

駅前に赤べこを見つけては写真を撮り〜の、と・・・すっかり赤べこマニア(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど、会津鉄道の、野口英世の電車(正しくは、ふるさと列車)がホームに着きました。車体に書かれた文字は、野口英世のお母さんの手紙です。

会津とはいえ、野口英世って猪苗代の出身なのに・・・この電車の走るところって南会津方面なんだよなぁ・・・・とか、いつ見ても・・・あの怪談話の、あれに見えてしまったり・・・とか、微妙に気になる車両ですわ(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

時間が合えば、会津鉄道にも乗ってみたかったのです。まぁ、次の機会にでも。意外と、真冬に乗るのも悪くないですかね?無謀ですかね?

ちなみに、blogに会津若松駅のことを書くのは2度目のよう。前回は2005年でした。この時、車を停めた会津サティ・・・来年には閉店になるとか。ますます、駅前、さびれてしまいますね(-_-;

2005年秋の会津若松駅
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/394.html
0

2008/11/9

あかべぇに乗る  鉄子のたび

あいづライナーに乗るべく、郡山駅にきました(^^)

先日見かけたあいづライナー
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/1066.html

クリックすると元のサイズで表示します

この前は、昔ながらのデザインのあいづライナーでしたが、今回は、あかべぇのあいづライナーです。赤い車体が目立ちます。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、いたるところにあかべぇの姿が(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

あかべぇは、赤べこをモチーフにしたキャラクター。赤べこは、会津柳津の福満虚空蔵尊から発祥した民芸品ですわ。そして、虚空蔵尊といえば、σ(^^)の守り本尊なので・・・こりゃ、縁起がよいかと!

クリックすると元のサイズで表示します

車内はこんな具合。特急のスーパーひたちよりすわり心地よい椅子ですわ。前の座席との間も広いですし。基本的に快速電車なので自由席なら運賃は普通電車の料金で乗ることが出来るのですわ。やっぱり、電車は横座りよりもこういう座席がいいなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

磐梯山側に座ろうと思ったのですが、間違えて逆側に座ってしまいました。でも、車窓から見える紅葉・・・とってもきれいです(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

磐越西線、思ったよりくねくねしているようで。限られた区間だけでしたが、σ(^^)の座った席からでも磐梯山が見えました。山頂には雪もうっすら。どうりで寒いわけです(^^;
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ