2009/8/26

車ではたどり着けない駅  鉄子のたび

18きっぷが余ってしまったので・・・とりあえず、どこかに行こうかと思案に暮れてみみました。

クリックすると元のサイズで表示します

考えてみても、行けるところってあらかじめ決められているような気もします。この日にここに行くんだ!と思っても、なぜか急に気が変わったり・・・そんなに乗り気じゃなくても、すいすいと行けてしまったり。あれってなんなのでしょうね(^^;

そんなわけで、今回は福島経由で米沢に行くことに。山形新幹線が開通して以降、米沢−福島間の普通電車って、本当に本数がないのです。でも、1日に1本。いい感じでいける時間帯があるのですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

それは、仙台駅発11:04の快速に乗り、12:16福島駅で下車。そして12:54発の米沢駅行きに乗る、というコースです。実は仙台から山形駅経由で米沢に行っても・・・距離はほぼ一緒。10kmくらい、福島経由の方が遠いかな、って程度。運賃は同額の1,890円です。それなのにこの1本しかないなんてっ!

福島−米沢間にはテツが喜ぶ区間だったりするのです。特に赤岩・板谷・峠・大沢の区間。かつては連続してスイッチバックが味わえる貴重な路線だったとか。σ(^^)も、板谷、峠駅には車で行ったこと、ありましたわ。

板谷駅・峠駅にいった話
http://mominoki.himegimi.jp/s_itaya4.html

クリックすると元のサイズで表示します

13:11に赤岩駅に到着。車ではたどり着けないといういわくつきの駅です。今回、その駅を初めて見ることが出来ましたよ。そんなわけで、停車した時、電車の中から撮影。駅舎はなく、山の中にホームだけありました。近くに人家ありません。お父さんと小学生くらいの息子という2人だけ下車しましたよ。テツ分多めなお父さんに「カブトムシが取れるぞ〜」と言いくるめられて連れた来られた息子、かなぁ〜なんて想像しましたよ。

・・・帰りは福島行13:40に乗るのかなぁ。それ、逃すと18:15までありませんからね。30分でカブトムシ見つけないと!(^^;

そんな具合に、いい感じに山の中を走ります。峠駅では、名物の「峠の力餅」を売り子さんから買う人たちがいましたよ。みんなちゃんと1,000円を用意しているのですね。

そして米沢駅で下車。駅前をぷらぷら歩いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

峠の力餅、米沢支店発見です。電車で買わなくても・・・ここで買えちゃったりするのですね(^w^;

でも、話によると峠駅で買うのとここで買うのでは、味、違うみたいです。それを聞くと、やっぱり峠駅で買ってみたくもなります。大変美味しいとの評判ですが・・・まだ、一度も食べたことがありません。結局今回も買いそびれてしまったなぁ〜。

0

2009/8/12

お伊勢詣り  鉄子のたび

鶯谷駅で下車。

クリックすると元のサイズで表示します

東京国立博物館に行くのなら、上野駅で降りるより、こっちの方が楽かもなぁ〜と思いついた次第。ちなみに、HPによればどちらの駅からも徒歩10分とのこと。

そんなわけで、「伊勢神宮と神々の美術」展を見てきました。

クリックすると元のサイズで表示します

音声ガイドが美輪さんです。適役といえば適役すぎかと(笑)

式年遷宮の時におさめられる品々や、昔のお伊勢詣りの絵などが飾られていました。江戸時代、σ(^^)のご先祖もいっているので・・・つい、見入ってしまいました。

前に読んだ「関所抜け江戸の女たちの冒険」によれば、村中の人がお金を積み立てしていて(いわゆる伊勢講)、ある程度お金がたまったらくじを引き、当たった人が代表としてお参りにいったとか。お伊勢詣り専門のコーディネーター(この人たちが村々をまわりお伊勢詣りのお金の積み立てをすすめるなどの営業も兼ねる)がいて、現地で宿の手配や食事の手配をすべてしてくれたのだとか。彼らのおかげで代表者はみんなの分のお守りなどを買ったりとお土産を買う、という重責を果たせたそうです。

関所抜け江戸の女たちの冒険」を読んだ感想
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/1108.html

・・・世の中うまくできているものです。

仏像ならぬ神像も飾っているのですけどね。仏様と違って、神様は平安貴族のような姿をしているのですわ。そーいうものなんだねーと神様をじっくり眺めてきましたよ。美術品として飾ってあるとはいえ、手とかあわせなくていいのかなぁ〜とちょっと悩みましたわ(^^;

σ(^^)もつねづねお伊勢詣りに行きたいと思っていますけどね。なかなか機会がありません。でも、今回は東京のお伊勢様に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

東京大神宮です。今年の正月に果たせなかったお詣り、ようやく果たせました(T_T)

お正月の東京大神宮
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/1106.html

あっさり鳥居をくぐることが出来ました。やはり、女の人の姿が多いのかなぁ・・・と思いきや、おじさん2人組もいました。静かでいいところでしたね(^^)

・・・お伊勢詣りといったら、赤福です。ちゃんと、博物館の売店に売っているのですよ。本当、世の中上手くできているものです(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

赤福は3年ぶり♪これをいただいてこそ、お伊勢詣りといえるかと。

前に赤福を食べたときのこと。なぜかドイツ土産(笑)
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/559.html

ちょうどこのあと、赤福の例のあの事件があったのですね(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

そしてお楽しみの「伊勢だより」。四日市祭にでるという、ろくろ首・・・ならぬ大入道。全長9Mもあるのだとか。ちょっとこれ、実物見てみたいかも(^w^)

0

2009/8/2

毎日がエブリデイ 2  鉄子のたび

毎日がエブリデイ・シリーズ、第2弾です。第1弾は今年の正月でした。

毎日がエブリデイ
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/1105.html

それでは、なみなみ、行きま〜す!

7:02 無事乗車。隣に座っているお姉さん、あの人ではないかと。朝帰りなのか素っぴん姿。化粧してないとこんな感じなのね(~_~)

クリックすると元のサイズで表示します

7:35 船岡駅着。お姉さん下車。相当お疲れの様子。ゆっくりお休み下さいませ。

9:11 杉田駅通過。1時間半ほど熟睡。ようやく目が覚める。どーしてこんなに電車はよく眠れるのだろう?

9:40 郡山駅着。乗ってきた電車の後部2両がそのまま黒磯行きになるとのこと。荷物を持ってごそごそ移動。落ち着いたので、「ハリー・ポッターと謎のプリンス 上」を読み始める。

10:40 新白河駅着。ハリーはホラス・スラグホーンに会う。ちょっと気持ち悪くなってきたので読むのをやめる。

11:15 黒磯駅下車。ふらふらと駅を散策。ひょっとしたらこのドア、皇族の皆さま専用?

クリックすると元のサイズで表示します

11:26 那須はやっぱり空気がよいような。電車がきたので乗る。またハリポタを読み始める。

11:52 ハリーたちの手元にふくろう便で成績表が届くが、また酔ってきたので本を読むのをやめる。

12:22 また寝ていたようで・・・目が覚める。宇都宮駅到着。乗り換え。お腹が空いてきたが、何も買わずに乗車。

13:35 小山あたりまでは意識があったのに、また寝ていたようで起こされる。座りたいので荷物をどけて欲しいとのこと。こりゃ、すみません(^^;

14:00 赤羽駅で乗り換え。お腹が空いたので改札をでずに、適当に立ち食いそば屋に入る。うどんを注文。隣に座っているお兄さん、全身に刺青入っているのでちょっとびっくり。

14:23 上中里駅下車。セミの鳴き声がすごい。駅前の坂道が、蝉坂というらしい。セミが多いから蝉坂なの?と思いながら、てくてく坂を上り始めましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します

※ 次回は・・・連邦軍の新型兵器を見る、かも。

クリックすると元のサイズで表示します

・・・すんなり続くかな?(^^;

0

2009/4/1

五能線  鉄子のたび

ずっと前から乗ってみたいと思っていたのが・・・五能線です。今回、リゾートしらかみの指定席のチケットを買いました。

クリックすると元のサイズで表示します

18きっぷに、指定席510円でこれだけの電車に乗れるのはお得かと。とはいえ、人気なのですね。結構早めにチケットを予約しました。

ネットで予約して、みどりの窓口で引き換えた時、駅員さんにつっこまれました。「え?木造から乗るの?」って。「えぇ、木造からですが、何か?」と答えましたよ(ちょっと脚色)。おそらく普通は弘前から乗るのでしょうね(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

乗車と同時に、津軽三味線の音が聞こえました。生演奏中でしたよ。しかも、σ(^^)たちの席は演奏している方たちのかなり近く。いそいそと座りました。津軽三味線の音色、青森の景色に合うんだな〜これが。

クリックすると元のサイズで表示します

車窓からの眺めがこれまたよいのです。さすが五能線。千畳敷、見ごたえありましたよ。

・・・そーいう路線の特質上、車内はテツ分が高め。子供のテツはかわいいです。デジカメでばしばし写真を撮る具合。大人のテツはアルコールが入って薀蓄を語りつつデジカメで撮る始末・・・呑まずにいられないんだなー(-_-;

中には熟睡している人も。それまでさんざん居眠りしてきましたけど、ここだけは、寝ているのはもったいないと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

本気でいい写真を撮りたいのなら、日の入りの時間や、路線の撮影スポット、あらかじめ調べないといけないのでしょうね。実際、そうやって撮っている人、いますし。

・・・今度は途中下車していろいろ見たいです。
0

2009/2/28

日本三大鉄子  鉄子のたび

いろいろネットを検索していたら・・・日本三大鉄子、という言葉が出てきました。具体的に誰を指すのかというと

 矢野直美さん
 酒井順子さん
 菊池直恵さん

という説が。そんなわけで、今回はレンタル屋さんから、菊池直恵さんの本を借りてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

鉄子の旅」です。マンガで、1〜6巻まで出版されているそうなのですが・・・レンタル屋には5巻までしか置いていなかったです。なぜ?(-_-;

横見浩彦さんという、日本の鉄道の駅、全駅下車したという記録を持つ鉄ヲタと一緒に日本全国の鉄道を乗りまくるという話。マンガを描くのが菊池直恵さんなのですが・・・彼女自身を鉄子と呼んでしまうと・・・本人は嫌がるだろうなぁ〜なんて思ったり。

クリックすると元のサイズで表示します

横見さんは・・・40歳を過ぎの独身男性。パワー全開です。鉄ヲタをキムタクと同クラスの言葉にするため、おばさんパーマをかけちゃったりする電車おじちゃんです。

あのぅ、菊池さん、大変だろうなぁ〜っていうのは、なんか分かります。ネタとしてはとっても面白いのです。相当笑いました。当人にしては、切実に迷惑していたりするのですけどね。σ(^^)の場合、野球を見に行く時に似た経験をしていますから。えぇ。ここだけの話ですけどね(笑)

σ(^^)も電車の旅は好きですから・・・読んでいてとっても面白かったです。実際、過去に行ったことのある駅とかの話が出ると、さらに実感がましますし。

クリックすると元のサイズで表示します

その中の一つ。只見線の柿ノ木駅。σ(^^)は車で行きました。いつの日にかは18きっぷで只見線を走破したいと思ってはいますけどね。

・・・菊池さんたち一行は、真冬、しかも猛吹雪の中、この柿ノ木駅で途中下車。しかも2時間くらいストーブがつかないこの駅舎の中で過ごしているのですわ。横見さんの立てるプランは酔狂の域を超えています(-_-;

今回はレンタルで借りてきましたけど・・・これ、買っちゃおうかなぁ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ