2010/11/30

After the festival  

高校の時。英語の試験で「ほにゃららをしたが、後の祭りだった」を英語に訳す問題が出ました。それを「After the festival」と答えた記憶があります。見事にバツをもらいました(^^;

・・・正解は、「too late」。 あまりにもσ(^^)の回答が間抜けだったので、今でも忘れられません(笑)

そんなこんなで、平城京遷都1300年祭は、11月上旬でほとんどのイベントが終了しています。まぁ、それは分かっていましたが、とりあえずメイン会場の平城京跡に行ってみましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します

平城京跡という名前のバス停で降りると、遠くに大極殿が見えました。あたりは一面の原っぱです。ちょっと途方に暮れつつも、ひたすら歩きます(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

近づくと、「あそこから入れるのかな?」というような一角を発見。

クリックすると元のサイズで表示します

そこから入ると、いよいよ大極殿ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

・・・ものすごーく立派な建物なのですよ。お金もかかっているかと。そして、建築物としても、すごーく丁寧に作ったのだろうなぁ〜とは思うのですけれどね。「これ、これからどーするの?(^^;」というのが率直な感想でした。

結局、大極殿は、政治を行なうための建物。このままだと、空きビルとかわりないよね〜といった趣。あの中には高御座が置いてあるそうですが・・・今は締め切られているのでそれも覗えず(^^;

ゆくゆくは、資料館にでもするのですかね。鹿でもいれば、また違った感じにはなるかとは思いますが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

ふらふら歩くと、遣唐使船がありました。祭り期間中は整理券をもらえばあの船に乗れたのだとか。σ(^^)が行ったのが月曜日だったので、平城京歴史館はお休み。「よくこれで中国まで行ったね〜」と眺めました。もうちょっと大きい船で行っていたと思っていたのですが、これ、漁船くらいの大きさなのですよ(^^;

・・・野ざらし状態なのが気になりますが。

イベント期間中に来ていたら、また違う印象だったかと思います。使われていない建物って、やっぱり寂しい限りですねぇ。八重桜でも植えたらどーですかねー。

いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな って具合になるかと。


blogram投票ボタン
0

2010/11/14

結婚式と夫婦生活  

そんなこんなで、学生時代の先輩の結婚式に行ってきました。

最近、人の姿を保っているのも厳しい有様でしたから・・・せめて髪だけでも、と思い、美容室へ。いつもお世話になっている美容師さんに「なみなみさん、これ、クリーニング屋のタグがついてますよ」とつっこまれました。ワンピースについていたのですよ(^^;

・・・あやうく大失態するところでしたわ。くわばらくわばら。

クリックすると元のサイズで表示します

式場は、友人が式を挙げたところと同じホテル。そうそう、この階段を降りてきたなぁ〜と懐かしがりました。ふと、あの日は雨だったのだからこの階段を降りたのかなぁと気付きましたよ。今回は、外の階段でフラワーシャワーをしたものですから。まぁ、天気、よかったですからね(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

坊様の説教もありがたや。式の最中、そーいや、新婦と大学のクリスマス礼拝に行ったこと、あったなぁ〜とぼんやり思い出しました。あの礼拝堂に入ったのは、後にも先にもあの1回だけだったなぁ(^^;

写真も何枚か撮りました。それについては、式に来れなかった友人たちに秘密のURLを送って公開中です。あとは、iPod touchに入れて、話のネタにしますね(^^)

学生時代から、こーいうタイプの人と結婚するのかなぁ〜と想像していましたが、新郎はまさにそんな雰囲気の人で。やっぱり、世の中には、その人に合う人がいるものだなぁ〜と思いましたよ。いつまでもお幸せに♪

・・・σ(^^)にもいるとは思うのですけれどね。その人は、なんか、意外と気難しい人かもしれないと思う今日この頃です。だからなかなか出てこないのかと。まぁ、自分を踏まえた予想ですが(^^;

いろいろ予定が詰まっておりまして、今度は学生時代の友人宅へお出かけ。今、第2子を出産して育児休業中。遊べるのは今のうち〜な具合。

お子ちゃま二人と遊びつつ、よもやま話に花が咲きました。旦那さまもなかなか愉快な人なのですよ。そして、この夫婦を見ていると・・・やっぱり、お互いのパートナーがいるのだなぁと思うのですわ(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

お土産に、大量の柚子とお手製のうめぼしをいただきました。庭に柚子の木があって、大量に実ったとか。全く農薬も使っていない、まさに天然モノ。柚子の香りはリラックス効果もあるとか。そして、梅はその日の難のがれ。1日1個は食べたいですわ。

友人一家に身も心も癒されましたわ〜(^^)


blogram投票ボタン
0

2010/11/14

11月のトラウマ  

あいかわらず、律儀に待っていてくれます。かわいいのぅ。

クリックすると元のサイズで表示します

フラッシュたいて撮ったら、びっくりしたようで。足、ちょっとひっかかれました(^^;

やっぱり、あの年以来、11月は、11月であるというだけでトラウマになっているんだなぁ〜としみじみ感じました。特に11月上旬は。体調は崩すし、首は回らなくなるし、耳も・・・体って正直だなぁ(苦笑)

何も、σ(^^)がトラウマになるほど気に病む必然性はないのですけれどね・・・でも、思い出しては憂鬱な気分に。むしろ、年月が経つほどにあれがなかったらなぁと思うようになったのは、その後の展開のせいかもしれないのですけれどね。そういうわけで、つくづく、もっと親しくなるはずだった知人の死が身に染みて悔やまれるのですわ。

思いがけず、なんだか避けられない流れでそのことにふれられて、気持ちの整理はついているはずなのに、思わず涙ぐんでしまって、そんな自分に動揺してみたり。「だって、なみなみさんは悪くないじゃないですか」とか言われても・・・そういう次元ではないのですよ。

解決するとかしないとかではないのですわ。ただ、怖いのです。σ(^^)も傷つきました。もう充分に泣きました。それだけなのです。


blogram投票ボタン
0

2010/11/9

首が回らない女  

首が回らない、といっても、借金したとかいう話ではありません(^^;

風邪は大分よくなったのですが・・・どーいうわけか、ひどい肩こりになってしまいました。頭から、首筋、背中にかけて、もう、がちがちに。頭痛や吐き気もひどいのなんの。頼みの綱のバファリンも「あ、そーいや、なくなったんだ・・・」という有様。半泣き状態で七転八倒しましたよ。

首筋にカイロをはって、どーにか一晩過ごしましたが・・・目が覚めても頭痛はやみません。とはいえ、絶不調ながら会社には行きました。確か、机の引き出しの中に、バファリン・・・あったはず!(>_<)

・・・おかげさまで、そのバファリンを飲んで痛みはひとまず治まったのですがね。根本的な不調はよくならないのですよ。そんなわけで仕事は早退。その足でよくお世話になっている体育会系のノリのマッサージ屋さんに行って来ました。1時間近く、ぐーりぐりやられてきましたよ。

あちこち、筋を伸ばしている時、首が回らないことに気づきましたよ。ほぐしてもらって、ようやく稼動域が60度くらい。こりゃ、重症ですわ。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなこんなで、薬局でバッサペインをお買い上げ。バファリンと並んでおいてありました。ほぼ同じ成分で、値段はバファリンの3分の2くらい。

クリックすると元のサイズで表示します

もうひとつ買ってみたのは、独活葛根湯。筋肉のこわばりを緩めて血流をよくしてくれるのだとか。葛根湯に、ジオウとドッカツという成分が加わっているとのこと。

確かに、飲んでみたら首の周りがぽかぽかするような気がするのですよ。効いてきているのかなぁ〜と思ってみたり。しばらく飲んで様子を見てみようかな。


blogram投票ボタン
0

2010/11/6

好きな人  

友人と、ふらっとドライブに出かけてきました。立ち寄ったのは、某道の駅。いろいろ見てまわったら、焼酎が売られているスペースがありましたよ。「十四代」の焼酎もあったりして、なかなかあなどれないなぁと眺めていました。ひと口いただきたいところですが・・・運転手なのでそうもいきません(^^;

その中に、坂本龍馬の名前が入った焼酎がいくつかありましたわ。そのまんま「龍馬伝」なんて焼酎も。σ(^^)が気になったのは、「竜馬BOOK」という焼酎。

竜馬BOOK
http://www.tosashu.com/menu/tosashu/ryobook.html

この、中身より、本型の容器が気になりますわ。でも、インテリアとしてはどーだろう。

友人曰く「これ、福山の写真にしたら売れるよね」。確かにそうかもしれないけれど、それはすごーく間違っていないか?と思ったり(^^;

でもね。あのね。最近、「龍馬伝」を見ていて密かに楽しみにしているのは、グラバーさんですよ。かっこいいったら!ああいう涼しい目、かなーり好きです(*^^*)

そんなこんなで。「歴史上の人物のなかで、あなたが好きな人は誰ですか?」というネタでblogを書いて欲しいという依頼が来ました。この質問って、難しいです。実は、高校の頃から考えているのですが、はっきり答えが出ません。でも・・・とりあえず、こう答えておこうかな〜という人はいます。割とありがちですが・・・高杉晋作ですわ。

龍馬伝では伊勢谷友介が演じていて、これもかっこよかったですね。第二次長州征伐のシーン、着流し姿で三味線鳴らしながら敵陣の前をふらりと歩いてましたわ。「高杉さん、死んじゃうから〜(T_T)」と思いながら見てましたけど・・・不思議と弾が当たりません(笑)

好きになったポイントは、「おもしろきこともなき世をおもしろく」の言葉ですかね〜やっぱり。こういう発想、好きですわ。それと「三千世界の鴉を殺し、主と朝寝がしてみたい」。実際こんなにカラスを殺すような人は微妙ですが・・・こーいうこと、言われてみたいですよ(笑)

詳しく高杉晋作を知ると、「え〜(^^;」と思うところもあります。明治維新の前に亡くなったから、かえって英雄視されている気もします。長州出身の明治時代の政治家のみなさまは・・・晋作を称えたようなことを言われると微妙な顔をしたという話ですから・・・何かあったのでしょうね。相当、ぱしりをさせられたのかと(笑)

密かに、龍馬伝の外伝みたいな感じで、伊勢谷友介主役で高杉晋作の話、2時間ドラマでしないかなーと期待しています。そこになんとか、グラバーさんも出演しないかなぁ。




blogram投票ボタン 

ブログやっててよかった コラブロ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ