2010/8/9

光原社  

18きっぷ、盛岡行き・・・第3話です。

第1話
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/1383.html

第2話
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/1385.html

盛岡に詳しい人なら、もしかすると前回のお地蔵様の話で、σ(^^)がどのあたりを歩いたのか想像つくかもしれません。ヒントとしては・・・このあたり、やたら宮沢賢治が目につくのですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなわけで、いーはとーぶアベニュー材木町というところを歩いてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここに、光原社というお店がありまして。その昔、宮沢賢治の「注文の多い料理店」を出版した会社だったとか。そこに、可否館という、ちょっと小洒落たカフェがあるというので、前々から行ってみたかったのです。

クリックすると元のサイズで表示します

メニューはシンプルでした。アイスコーヒーとくるみのクッキーをいただきながら、しばし物思いにふけってみたり(^w^)

カメラで撮ってみたくなるようなものがいっぱいありましたので、一眼レフカメラや先日作った二眼レフカメラでいろいろ撮ってみました。どんな感じに撮れているのか楽しみです。

実は、仙台にも光原社があるのですよ。随分前に、友人とそのお店を覗いた記憶があります。その時は、宮沢賢治にゆかりがあるお店だとはつゆしらず・・・なんだか小洒落た物がいっぱいあるなぁ〜と眺めただけでした。あそこもカフェがあればいいのになぁ〜(^w^)

・・・この夏は、どうも岩手に縁があるようです。その話は、おいおいと


blogram投票ボタン
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ