2009/5/10

消えたフェルメールを探して  映画 ★3

東京に行きたいのですわ。日帰り・新幹線で10,000円くらいで行ってこれればベストなんですけどね・・・なかなかね(-_-;

東京国立博物館で展示中の「国宝 阿修羅展」。気になります。この前、NHKの「プロフェッショナル」で、この阿修羅像を運んだ日通の方の番組を見たばかり。そこまで苦労して運ぶんだ〜と感心しましたよ。でも、よく考えると・・・修学旅行で実物見ているはずなんですよね(~_~)

もうひとつ気になるのは国立西洋美術館での「ルーヴル美術館展」。パリに行かなくてもルーヴルの絵が見れるのですよ。今回の目玉はフェルメールの「レースを編む女」。前に「牛乳を注ぐ女」を見た時・・・やっぱり実物はきれいだなぁ〜と思いましたからね。ラピスラズリを使っている青がきれいでしたもの。

国立新美術館で「牛乳を注ぐ女」を見た話
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/873.html

行ってすぐ入場できて、じっくり自分のペースで見れるのならいいんですけどね。きっと混んでいるんだろうなぁ〜と思うと、腰が引けるのですわ(-_-;

そんなことを考えていたら、レンタル屋でこんな作品を見つけましたよ。

消えたフェルメールを探して 

ロイズなどの保険会社で代理人として活躍したハロルド・スミス氏を中心に・・・
* 続きを読む *

YouTubeに公式予告編もありました。



これを見たら、また朽木ゆり子さんが書いた「盗まれたフェルメール」を読みたくなりましたね。ちなみに朽木ゆり子さん。この映画の字幕を担当していましたわ。

以前「盗まれたフェルメール」を読んだ感想
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/854.html
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ