2009/9/10

1度で2度美味しい!タコ料理(^0−)v  Miki的料理レシピ!

前回の続きから・・・


「タコのやわらか煮」 の翌日の楽しみ方!!



た〜っぷり、たこ出汁の出た煮汁をそのまま活用!

超簡単美味しい「タコ飯」だー

クリックすると元のサイズで表示します

レシピは、米を炊く水分をこの煮汁にするだけ!!

今回は、ボリュームアップするため、ささがきゴボウ、きのこ、こんにゃく、を追加して炊き込みました!

タコは小さく切って、炊き上がった後で混ぜ込み、蓋をして少々蒸らせば、、、完成〜〜(^0^)/




タコといえば、まずタコ飯ははずせませんが、いきなりタコ飯からつくらないで、このやわらか煮を少し多めに先に作っておけば、2回楽しめる上、「タコ飯」の仕込みは超簡単、楽チンにして、メチャうまに出来ますよ〜〜〜!!


美味しいタコが手に入ったら、是非是非お試しあれ〜〜(^0−)v
0

2009/9/10

1度で2度美味しい!タコ料理(^0−)v  Miki的料理レシピ!

前回の続きから・・・


「タコのやわらか煮」 の翌日の楽しみ方!!



た〜っぷり、たこ出汁の出た煮汁をそのまま活用!

超簡単美味しい「タコ飯」だー

クリックすると元のサイズで表示します

レシピは、米を炊く水分をこの煮汁にするだけ!!

今回は、ボリュームアップするため、ささがきゴボウ、きのこ、こんにゃく、を追加して炊き込みました!

タコは小さく切って、炊き上がった後で混ぜ込み、蓋をして少々蒸らせば、、、完成〜〜(^0^)/




タコといえば、まずタコ飯ははずせませんが、いきなりタコ飯からつくらないで、このやわらか煮を少し多めに先に作っておけば、2回楽しめる上、「タコ飯」の仕込みは超簡単、楽チンにして、メチャうまに出来ますよ〜〜〜!!


美味しいタコが手に入ったら、是非是非お試しあれ〜〜(^0−)v
0

2009/9/8

タコ料理!第2弾!!  Miki的料理レシピ!

先日、実家から届いた大量の「タコ」

その第1弾は、前回載せた「タコパスタ」でしたが、、、

本日は、引き続きタコ料理第2弾!! 


パスタ(洋)から、「和」へ・・・



クリックすると元のサイズで表示します
「タコのやわらか煮」 王道ですね(^0−)v





今回、圧力鍋を使用したので、簡単トロトロ〜〜〜の仕上がりに。。。

さらに、煮る時間は、たったの5分程度! あとは、自然放置で手間入らずの一品


<材料>

・生だこ

・酒
・醤油
・砂糖
・しょうが(スライス適量)
・だし汁
・昆布(あれば)


1.生だこは、塩でもんで表面のぬめりをとる。(ゆでだこの場合は必要なし)
2.あとは、上記の調味料で好みの味にととのえただし汁とを圧力鍋に入れ、そのほかの材料も全て入れて、蓋をして、圧がかかってから、弱火で5,6分煮たあと自然放置で、出来上がり〜〜〜



朝の間に作って、そのまま置いて夕飯に食べると、味がしっかり入り込んでさらに美味しくなってますよ〜〜!!




そしてそして、この料理の一番の楽しみは、翌日に・・・




その続き・・・タコ料理第3弾レシピは次回! お楽しみに〜〜〜〜(^0−)v
0

2009/5/6

あり合わせスペアリブ!  Miki的料理レシピ!

先日、実家に楽器運びの車を出してもらったお礼に、ささやかながら、手料理を。。。

クリックすると元のサイズで表示します
スペアリブの中華風炒め蒸し!

スペアリブ料理、かなり久々だったので、少々心配でしたが、、、まあ、なんとかかたちにはなりました(^^;)

でも、やっぱり慣れないキッチンでの料理はなかなか大変!  どこに何があるのか?だし、調味料も十分揃ってなかったり、、、と・・・(^。^;)  その上、実家は最近IHにしたみたいで、ガスに慣れている私には、なかなか火加減等が(?〜?)結構手こずらされました。。。




クリックすると元のサイズで表示します
完成図!!


正直、味はオイスターソースを使った割に、意外と風味がたたず、なんだか「スペアリブ版肉じゃが???」的味わいでしたが・・・。まあ、それはそれで、、、(^^;)



とりあえず、喜んで食べていただけたようで、、、よかったです。(^ー^)v
0

2009/2/27

自家製酵母パン作り〜後編  Miki的料理レシピ!

昨日の続きから・・・



その後、炊飯器の上で一次発酵! 待つ事およそ5時間!!



クリックすると元のサイズで表示します

お〜〜!! ふっくら2、3倍ほどに膨らみましたよ〜! 塩の入れるタイミングを間違えたので、かなり心配しましたが、、、なかなか元気な酵母君のようです(^^)v


ここで、膨らめば、とりあえずは安心(^。^;)



次は、生地を分割成形して、ベンチタイム(適当ですが・・・(^^;))


クリックすると元のサイズで表示します


その間に、フライパンにお湯を沸かし(砂糖を大さじ2,3杯入れる)、オーブンは200℃で予熱開始!


ここからは、一気にいきますよ〜



クリックすると元のサイズで表示します
一気に茹でます!(片面30秒ずつでひっくり返してね)

そして湯から上げたら、表面が乾かないうちに、一気にオーブンへ


クリックすると元のサイズで表示します

200℃で、20分ほど焼きます!










クリックすると元のサイズで表示します

出来上がり〜


クリックすると元のサイズで表示します



どう? 絵図ら的にはなかなかに見えません???


肝心の味の方はというと、、、


(^〜^;)・・・ 


ちょっと、硬いかも??? でも、味はなかなかでしたよ(^^)v 特に、成形前に半分だけ、くるみとイチジクを入れこんで、さらにキャラメルクリームを巻き込んだ方の味は、かなり自分的にはGood



というわけで、、、自家製カスピ海ヨーグルト酵母による、初の自家製パン作り!! まあまあの出来ということで、自己採点!


59



てなところでしょうか???(^ー^;)


まだまだ改良の余地はありますが、、、さすがにこのパン作り、時間が異常にかかるのだけが難点!(特にせっかちな私には向いてないかな。。。) 

ということで、次回は果たしてあるかないか?微妙ではありますが、、、  ちなみに、焼いた後のパンは、ヨーグルトの酸味というのはほとんどありませんでした。。。(^0−)v




休日、気長にのんび〜り作るのを楽しみたい人は、是非酵母作りから、自家製にこだわって作ってみてはいかがでしょうか? 焼き上がった時の感動は、大きいですよ(^0^)9
0

2009/2/26

いよいよ自家製パン作り!  Miki的料理レシピ!

先日から仕込んでおいた初の「自家製パン酵母!」 うまくいった!と自分では思ってますが、、、果たして本当にこれでパンが焼けるのか??? いまだ、疑いの胸中!!(ー〜ー;) 

なかなか時間的タイミングが上手くいかなくて、出来上がった酵母(元種)も冷蔵庫に放置したまま、すでに3日。。。  

う〜〜〜ん、もしや「死んだ???」 と思いつつも、せっかくここまで時間をかけて育てたのだから、いちかばちか!とりあえず、自家製パン作り開始してみることにしました(^。^;)



いろいろ、ネットで作り方を調べてみると、、、やはりインスタントドライイーストとは違って、相当な時間がかかるよう。。。  (せっかちな私には、かなり向いてないかも・・・(^^;))

その中でも、2次発酵がいらない「ベーグル」を焼いてみることにしました。。。





冷蔵庫から常温に戻した、自家製カスピ海ヨーグルト酵母ちゃん!


クリックすると元のサイズで表示します

ぷくぷくしてるので、まだちゃんと生きてるようです!




<ベーグル材料>

・元種   ・・・100g
・強力粉  ・・・200g(少し薄力粉混ぜてみた(^^;))
・ぬるま湯  ・・・100cc (少しミルク混ぜてみた)
・砂糖    ・・・大さじ1
・塩     ・・・小さじ1/2




1、材料を全部一気に混ぜて、こねこね。。。ゲゲッツ!!(あとで気づいたのですが、塩は最後に入れないと発酵の妨げになるようです。すでにここで失敗かも。。。(><))

クリックすると元のサイズで表示します

2、気を取り直して、、、こね上がったものを、きれいに丸めてあたたかいところで、一次発酵!
とりあえず、保温中の炊飯器の上においてます!

クリックすると元のサイズで表示します



そして、ここから2倍程度にふくらむまで、5、6時間かかるそうな。。。(ー。ー;)


現在、ここまで!  只今祈るように発酵待ちしております。。。




ふくらむか、ふくらまないか、、、ここが分かれ目!!   



最初で最後になりそうですが、、、その後の結果は、後日をお楽しみに。。。(^0−)v
0

2009/2/17

実験!再利用レシピ!  Miki的料理レシピ!

なかなか減らないスナック菓子の山!

って、はじめから買わなきゃいいんでしょうけど。。。(^〜^;) ついつい、目新しい新商品を目にしてしまうと・・・ね。。。  ダメですね(>0<) ストレスたまってるんでしょうか???



そんなこんなで、日に日に増えるばかりのスナック菓子なのですが、、、そうそうハマるようなヒット商品に当たる事も少なく、一口食べてそのまま放置、、、な〜んていうものも結構あって、捨てるに捨てられないし、無理に食べるのも、微妙・・・(ー。ー;) 


んで、どうしたものかと、その有効活用に、、、またMikiさんの危険な実験的料理に火がついてしまったわけであります(^0^;)


その1、

銚子電鉄<ぬれせんべい>!!

クリックすると元のサイズで表示します


こちら、そのままでももちろん美味しい! と評判のものですが、、、私の口には、ちょっと塩分が強すぎて、、、


実験レシピ1

「せんべい炊き込みごはん!」

残念ながらこちら、画像を撮り損ねました(;〜;)

作り方は簡単!

米はいつも通りの水加減にして、その上に、せんべいを小さくちぎり入れて、あとは普通にスイッチON!

基本はこれだけ(^0−)v


でも、具全くがないのも寂しいと思い、適当に冷蔵庫のあまり野菜(ごぼう、きのこ、鶏肉)なんぞを、さっと炒めてスイッチ入れる直前にドドっと投入! 


まあ、せんべいが面倒な味付けを全てしてくれる!というだけのレシピですが、、、+せんべいだけあって、焼いた時のあの香ばしい風味も一緒にご飯に付くので、なかなかの美味しさです!


ただ、炊きあがり、炊飯器の蓋を開けた瞬間、ちょっとおぞましい見た目に「ガーーーーン!失敗だ〜!」と感じるかも???(せんべいがふやけて、上面だけがドロドロに見えます)が、大丈夫!! そのまま、全体をよく混ぜて、10分ほど蒸らせば、きれいな炊き込みご飯になりますよ〜(^0−)v


目安・・・   お米1.5合に対して、ぬれせん(銚子電鉄の場合)1枚半! でちょうどいい塩加減でした。。(他社製品の場合は、その味付け具合や大きさで加減してくださいね)




追加情報!こちらのせんべいは、「うるち米」ですが、「もち米」が原材料の「ぬれおかき」なるもので同じようにすると、もち米効果で、かんたんもちもちおこわが炊けるようです!
試したら、またご報告致します!(^^)v








あまりスナック〜

その2、

クリックすると元のサイズで表示します

けっして、まずい!とはいいませんが、意外に量が多いのと、少しで満足するあとをひかないお味だったので、、、処分に困ってました。。。(基本的にコイケヤポテトは好きですが、、、)





実験レシピ2




クリックすると元のサイズで表示します
「カブの葉のカラムーチョ炒め!」



結構塩分強めなので、いい調味料になるかと・・・




こちら、かなり使えます


その上、作り方は超簡単!


ポテトは細かく砕く。 ざく切りにしたカブの葉をとホテトを、強火でガーッと炒める。  葉から出る水分がホテトをふやかして、味が全体になじんできたらOK!
最後に、トッピング用にポテトを手でくだきながらパラパラっとかけたら、完成!


この後入れトッピングポテトは結構ポイントです! 時々あたるこのカリッとした食感が楽しめます(^0−)v







スナック菓子を料理に使うポイントは、調味料として考えると結構使い回しが効きそうです!



今のところこんな感じですが、、、まだまだアイディアが沸々とわき上がり中!!


今後に乞うご期待あれ〜〜〜〜(^0^)/〜〜〜〜





0

2009/1/25

土釜でご飯(^ー^)9  Miki的料理レシピ!

年末のクリスマスに買って以来、あまり使ってなかったのですが。。。






クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと前にはやった、炊飯専用土釜! こちら、購入したのは、人気らしい長谷園の「かまどさん!」 

レビュー等でめちゃくちゃ期待しすぎたせいか?、家の炊飯器が結構新しく、意外と美味しく炊けちゃってる?せいか、初回、炊きあがりにそれほどの感動がなかったので、それ以来お蔵入りだったのですが・・・(ー。ー;) 

そういえば、まだ白いご飯しか炊いてないな・・・と思ったのと、ちょうど牡蠣をお安くゲット出来たので、これで「かき飯」にトライしてみました(^0−)9



作り方は、

牡蠣をあらって、片栗粉をまぶし湯煎でさっと下処理(縮み防止)。

鍋に入れ、醤油、酒、砂糖、とコクをプラスするために、オイスターソースも少々入れて、ことこと煮詰めながら味をふくませる。(においが気になる場合は、ショウガをひとかけ入れて一緒に煮るといい)

今回は、たまたま日本酒が見つからなかったので、白ワインで代用してみましたが、なかなか美味でしたよ(*^ー^*)

具の準備が出来れば、後は簡単!

分量通りの水分から、この煮汁分を引いて、合わせて、牡蠣をのせて20分ほどおいた後、ガスの中強火で12、3分炊く。 (1.5合、水分300cc)

炊きあがり後、20分そのまま蒸らして、、、、


さあ、どうかな???(^ー^)


クリックすると元のサイズで表示します


おお〜〜〜!! 見た目はいい感じです!




クリックすると元のサイズで表示します

おこげもいい感じ

ねぎをちらせば、完成です!!




感想・・・味は美味しかったのですが、水加減のせいか、ちょっとかたかったかな(^^;) 

やっぱり、微妙な加減というのは、ガスだと慣れないとちょっと難しいかも・・・です!

最近の炊飯器だったら、おこげの楽しみはちょっとへりますが、、、電気炊飯器で同じように作った方が、確実かもしれません。。。(^〜^;)


でも、やっぱり、おこげは捨てがたい。。。
0

2008/10/7

渋皮煮の悲劇(>0<)〜  Miki的料理レシピ!

昨日の続きから・・・




無事、私の初チャレンジ!あこがれの「渋皮煮」も初めてにしてはそこそこいいんじゃない???って感じに仕上がり、


ふふっ、、、早速その日の客人(レッスン生)のお茶請けにと。。。




クリックすると元のサイズで表示します

まず、1人目の試食者はY嬢! 
もとの栗が栗なので、かなり実が硬いのにあたったようでしたが、、、お味の方は、とりあえずの合格をいただきました(^0^)でも、きっとY嬢のお母様は、時間をかけて超美味しい渋皮煮を作られるのでしょうね。(うらやましいわ〜。。。(^。^)Y)





調子に乗って、2人目のNさんにも・・・







っと、ここで、思わぬ悲劇が・・・(>0<)



みるみるうちに、Nさんの顔が真っ赤に変貌



だ、大丈夫ですかあ〜〜〜(@0@;)





お酒が〜〜〜〜〜〜まわる〜〜〜〜(@〜@;)








あ、そういえば、、、、瓶詰めにする直前、もっぱら洋酒好きの私!調子に乗って、40度近いラムやブランデーを、ストレートで結構入れちゃったのですよ!!(^^;)

酒好きには、そこまでキツいほどではないようでしたが、、、Nさんは、アルコール超弱いらしく、一口で完全に酔っぱらってしまわれたのでした。。。(^^;)


アルコールがホントに弱い人は、ケーキとかに入っているアルコールもダメらしく、このくらい大丈夫と、全くもって自分基準に考えてしまった私! 反省です(ー〜ー;)




その後、Nさんのアルコールが落ち着くまで、20分ほど・・・

その日のレッスンは、超ファンキーだったとか(笑)???(^〜^;)




それにしても、こんな小さいたった一粒のせいで、、、大変ご迷惑をおかけ致しましたm(_ _)m



今後は、めったやたらにお出しするのは控えようと思います(アルコール使用の但し書き付きですね。。。(^〜^;))






と、結局、思わぬ結末に、「初回渋皮煮」私として結果的には 失敗? に終わってしまったような。。。(;〜;)






今秋中に、もう一度再チャレンジして、是非リベンジしたいです(^ー^)9
(その時は、アルコール抜きと2種類用意して・・・)











本日のMikiさん言!



   何ごとも 自分基準じゃ 計れましぇんm( _ _ )m
0

2008/10/6

初挑戦〜渋皮煮〜  Miki的料理レシピ!

いままで、面倒くさがりのスボラかつせっかちな私が、その性格上、どうしても手を出せなかった、、、栗好きなら一度は手作りしてみたい・・・    



そう! 栗の渋皮煮


ついに、先日長年の思いを遂げるべく、気合いを入れて、初チャレンジしてみました〜(^ー^)9




・・・というか、低温熟成中の栗があまりにも増えすぎて、冷蔵庫が栗でパンクしそうだったので。。。(^^;) そのままではあまり美味しくない、無味乾燥的な栗の処分がてら、、、というのが、本音のところです(^〜^;)”



あこがれの渋皮煮!いままで何度作ろうとしたことか!! でも、その度に、皮むきや渋を抜く作業の手間ひまに完成まで3日以上かかるというレシピをみては、、、無理と、断念しつづけたこと、約10年!!

しかーし、今のこの情報溢れるご時世!ホント便利になったものです! きっと、私のようなズボラせっかち人間がもっと簡略化した簡単レシピを公開しているはずだと思い、ネットで検索!! 

やっぱり、ありましたよ〜! 一日で、完成できるものが・・・  


というわけで、早速トライ(^0^)9



クリックすると元のサイズで表示します
ホントは美味しい栗で作れば、もっと美味しく出来るんでしょうけど・・・私の場合そういう栗はそのままたべたいので、あえて失敗栗(甘くない)を使いました(^^;)

まずは、鬼皮剥き! これが、一番面倒くさい作業!!   で・す・が、、、

ここで、ズボラポイント

なんと、圧力鍋を使うと、簡単にそれも手で剥けちゃうらしいのですよ〜。

栗がひたひたになる程度に水を入れ、2分ほど加圧。 その後急冷します。
すると、、、



クリックすると元のサイズで表示します
ぺろ〜ん!! 渋皮を傷つけないように、軽く包丁で切り込みを入れれば、後はそこからペロ〜〜〜んと手で向けちゃいます!  
この栗剥き作業、まともに包丁で剥くのに比べると、計り知れないほど超楽ちんで、感激ですよ〜!


注;栗や加圧の加減によっては、渋皮までぺろんと行ってしまう場合があるので、くれぐれも要注意!(甘露煮行きですね。。。)



クリックすると元のサイズで表示します
皮むき完了! 


お次ぎは、渋皮煮で一番重要かつ根気のいる作業、渋抜き行程です!


鍋で、重曹とともにふきこぼしを2、3回。 プラス色がある程度透明になるまで、あと5回ほど、15分ほど煮ては、水を換え・・・という作業を根気よく繰り返します!


クリックすると元のサイズで表示します
大量の灰汁とともに、すごい色になります。


私の場合、7回ほど頑張ってみました!



クリックすると元のサイズで表示します
透明にはほど遠いですが、、、もう限界(><) というわけで、最後は一粒試食して、渋加減を舌でチェック!



大丈夫そうです!


最後に、水にあけた時にくりを軽くこすって、渋皮のもさもさをきれいに落とします! 深い筋などは、爪楊枝で・・・



ここまで終われば、ゴールはすぐそこ!!


あとは、砂糖をドサッと入れてコトコトひたすら煮続けるのですが・・・


ここで、、、
ズボラポイント2!

またまた圧力鍋の登場です! 栗:砂糖=2:1(強)と栗が浸るくらいの水を入れ、加圧することおよそ5分。その後自然放置。
やることはとりあえず、これで終了(^^)

あとは、味がゆっくりしみ込むのを待つばかり。。。 一晩くらいおくと、いい感じでしみ込んでます!



クリックすると元のサイズで表示します

初渋皮煮!完成です(^0^)v 


しかーし、わたしは洋風の大人向き(洋酒系)が好みなので、瓶詰め保存するときに、ストレートでラムや、ブランデーをドバッと入れちゃいました。。。


洋酒好きの私には超満足な味に仕上がったと思ったのですが、、、

このことが、ある悲劇を生むことになろうとは・・・(>0<)







つづく・・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ