2009/12/27

熟成シュトレン食べ比べ!  Miki的スイーツレシピ

今年は、今月あたまから一週おきに、3回にわたってシュトレン作りしちゃいました。

その都度、プレゼントにしたり、お茶請けに出したりと、、、かなりの量焼いたわりに、結構あっという間になくなったのですが、、、(^^;)  、熟成したものを後でチェックする用に、ちゃ〜んと各一本ずつ今まで残しておいたのだーー(^0−)v

その1、

クリックすると元のサイズで表示します
12月4日製造! ちょっと大きめ。 中の具(フルーツ)少なめ、イースト多めの菓子パン的な味。仕上げにはちみつ使用。


その2、

クリックすると元のサイズで表示します
12月11日製造! フルーツの量増やして、イースト少なめ。トレハロース少々使用。バターに、くるみバター半分ほど混ぜた。



その3、

クリックすると元のサイズで表示します
12月17日製造! フルーツ、ナッツをさらに増量!。イースト少なめ。仕上げにバニラシュガー使用。



クリックすると元のサイズで表示します


基本的に、どのレシピもバターはかなり控えめなので、熟成させたからといって、それほどしっとりするわけではないですが、まわりのお砂糖が徐々に溶けて、生地の甘みが増すと同時に、フルーツに含まれていた洋酒が全体に染み渡って多少ですが、深みが出てる気がします!


常温で、一体どのくらいまで日持ちするのか?  というのも自分的に知りたくて、ほぼ実験的に放置していましたが、、、最初に作ったもの、そろそろ1ヶ月になりますが、、、全く問題ないようです! 

でも、そろそろ。。。な気もするので、今度は冷蔵保存に切り替えて、味の変化とどのくらいまで食べられるのか、引き続き観察続行してみたいと思います! (その前に、なくなりそうですが、、、(^〜^;))



3本全て同じレシピなら、熟成度だけによる味の比較が出来たのですが、、、毎回微妙にレシピ改訂しちゃったので、残念ながら、なんとも言えませんが。。。

他の人にも食べてもらった結果、、、やはり、その3、の最終版レシピのが、一番美味しいようです!




結論!

イーストの量はあまり重要ではなく、とにかく洋酒漬けフルーツとナッツ類、そしてその種類と量が一番大事な部分のようです! とにかくケチらず、た〜〜〜〜っぷり入れた方が確実に美味しくなる気がします!


来年は、これらを参考に、さらに理想の味を追求してみたいです!!(^0−)9
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ