2007/9/27

栗好きの栗しぼり!  Miki的料理レシピ!

第一期の低温熟成保存してた栗が3週間ほど経ち、そろそろ食べごろかな?ということで、茹でてみることに。。。


購入直後は、それほど甘味がなくて、あと一歩物足りなさを感じる栗だったのですが、、、多少ですが甘味が増し、茹で栗としてもそこそこ美味しく食べられるようになってました〜! 

<低温熟成保存法>
・大きめの鍋にたっぷりのお湯を沸かし、沸騰直前(80℃前後)の状態で(火を止め)、生栗を投入! 約1分程度浸したら、ざるにあげ、粗熱をとって冷蔵庫のチルド室(0℃前後)で、3,4週間保存する。

冷凍の場合は、少しかために茹でて、その皮の付いた状態のままで冷凍庫へ。 食べる時は、レンジで温めるだけでもいいですが、(レンジで)軽く解凍後、半分に切り込みをいれ、グリルで焼いて「焼き栗」にして食べるのが私のおススメ!! ホクホクして美味しいですよ〜!(私はこの方法で毎年、半年以上、生栗の味を楽しんでます(^0−)v)



1キロほど茹でたので、ちょっと手を加えて、今年初のMikiさん特製「栗しぼり(きんとん)」を作ってみました

クリックすると元のサイズで表示します

栗の食感を楽しむため、あえて粗くつぶすのが私流 
砂糖、塩少々に今回は、ちょっと「洋」な感じで、仕上げにほんの少しのバターとラム酒で風味付けしてみました〜 そして、飾りに金時豆をトッピング それを、ラップで包んでぎゅっと絞ればきれいな茶巾絞り風に。。。

う〜〜〜ん!我ながらに、上出来です


まさに栗100%の、栗好きのための「栗しぼり(きんとん)」!! 自分で作れば、甘さも好みに調節出来るし、この時期ならではのおもてなしの茶菓子が、とっても簡単に出来ちゃいます! 

栗が安く手に入った時は、是非作ってみてくださ〜ぃ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ