2009/9/30

ふんわりマフィン!!  Miki的スイーツレシピ

7月から始まった胃腸不調から2ヶ月過ぎ、最近ようやく調子が戻ってきました。。。(^0−)9


となると、、、うずくんです(^〜^;)

???


「創作お菓子作り」


不調の時は、アイディアはもちろん全く作る気力もゼロ!だったのですが、、、よくなってきた証拠かな(^^;)???



で、久々のMikiさん創作スイーツ!復帰第1弾は、「マフィン



パウンドケーキはこの時期から冬にかけては、頻繁に作ってましたが、、、「マフィン」というのは、今まであまり興味がなかったこともあり、ちゃんと作ったことはなかったような・・・?

基本パウンドケーキと同じ生地で、カップに入れて焼けば「マフィン」という意識だった。。。


先日急に、しっとり、だけどふわふわ、さらにしっとりだけど、油っぽくなく軽めのマフィンが食べたくなっちゃって、、、店に買いに行ったのですが、、、


´_`´_`NG


どうも、自分がほしいものに当たらず、、、

「ないなら、自分で作ろう!」  という流れです(^^;)




とりあえず、ちゃんとしたマフィン作りは初なので、基本のレシピを検索!

パウンドケーキとの作り方の違いは、後半で粉と牛乳を交互に入れながら混ぜるというとこくらいかな。。。


いろいろなレシピを探りつつ、だいたい頭に入ったところで、創作スイーツ作りの開始です!


分量は一番覚えやすいものを採用!


マフィン基本生地


<材料>

・卵     ・・・1個
・砂糖    ・・・50g
・バター   ・・・50g
・牛乳   ・・・50cc
・薄力粉   ・・・100g
・ベーキンパウダー   ・・・小さじ1弱

あとはお好みの具を、、、
今回はドライイチジクとカマンベールチーズを。。。


<作り方>
1、ばたーと砂糖をホイッパーで、しっかり白っぽくもったりなるまで混ぜる。
2、そこに溶き卵を、少しずつ(ここポイント!)3、4回に分けて分離しないように混ぜる。
3、ふるった粉類、牛乳を、粉→牛乳→粉→牛乳→粉→牛乳みたいな感じで、さっくり混ぜる。(粉を混ぜる時は粘りが出ないよう、混ぜすぎないこと。)
4、マフィンカップに生地を入れ、お好みの具(イチジク、カマンベール)を上から押し込み入れる。
5、170,180℃に予熱したオーブンで20分ほど焼けば完成!!
クリックすると元のサイズで表示します     


クリックすると元のサイズで表示します
イチジクとカマンベールのマフィン!

焼きたては外はカリッと、中はふんわりの仕上がりです!


でも、私が上記のレシピで真面目に作るわけもなく、、、初回からアレンジ入っちゃってます(^〜^;)

砂糖少なめ(おそらく30gくらい)プラス練乳大さじ1、バター少なめ30gに+クリームチーズ15g、粉少なめ70g+アーモンドパウダー20g

こんな感じで実は作ってます! イチジクの甘みがあるので、甘さはかなり控えてもOK!

ふんわりの決めては、最初のバター、砂糖、卵の生地の段階がポイントで、十分空気を含ませながらしっかり混ぜ、持ったりする感じの生地にすること! 仕上がりのキメが細かくなるみたいです(^0−)v

あと、バター控えめでしっとりさせる裏技は、焼きたて直後のアツアツの段階で、シロップ(私は洋酒入りのラム酒そのまま)を上から、ドバっとかけちゃいます! 残念ながら周りのカリッと感はなくなりますが、翌日には、生地が馴染んできて、ふんわりよりしっとり感が強いマフィンになりますよ〜〜〜!  (この場合直後はアルコールもまだ刺々しいので、是非一日は最低我慢して寝かして下さいね!)





しかーーし!まだまだ改良に余地あり!!


自分好みのマフィンまで、試行錯誤が続きそうです(^〜^;)

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ