2007/2/14

実験チョコ!  Miki的料理レシピ!

今日は『バレンタイン』

日本人ってなぜか、こういうつくられた『記念日』に弱いのよね〜(^〜^;) 
どうせ、お菓子メーカーが仕掛け人の、売り上げ向上政策の一環なんでしょうけど・・・


そう!!そんなことはわかっているけど、、、やっぱりね〜!



大のチョコ好きの私にとっては、危険な創作レシピ解禁の口実に、もってこいなのです



もともと、お菓子作りも含めて創作料理は嫌いじゃない! というか、結構趣味!

でも難点が、、、

成功率が、、、、、ねぇ・・・(^〜^;) う、うう、、、50% ほどの確率でしょうか??? 

特にお菓子作りともなると、分量を勘でするのはかなり難しい! でも、レシピ本通りに作って美味しく出来るのは当たり前すぎて、つまらないじゃないですか(^0−)v



そんなわけで、、、50%以下?の確率にかけて、、、
今年も記念日恒例MIKIさん実験室解禁!!です




そして生まれた今回の完成品

クリックすると元のサイズで表示します


名付けて、、、「ヘルシーきんかん?ブラウニー」


かなりの目分量ですが、とりあえずおおよそのレシピ公開!


<材料>  (約12cm×12cm容器?1個分)
・チョコ   ・・・40g
・豆腐(絹) ・・・100g(1/4丁?)
・卵     ・・・1/2個
・砂糖    ・・・40g(ハチミツ、マーマレード等でも可)
・薄力粉   ・・・15g(大匙1強)
・純ココア  ・・・小匙2杯(6、7g)
・牛乳    ・・・大匙1〜2
・ブランデー ・・・大匙1〜2(お好みで・・・)
・キンカン  ・・・1個(皮の部分だけ)
・塩     ・・・ひとつまみ

1.絹豆腐をボールに入れて、なめらかになるまでよく混ぜる。
2.卵と砂糖、塩ひとつまみを加え、さらに混ぜ混ぜ。
3.牛乳をあたため、それに刻んだチョコをとかし、それをさらに2に加えてよ〜〜く混ぜ混ぜ。(レンジを使ってチョコを溶かす時は、やりすぎに注意!分離してしまうので・・・)
4.粉類(薄力粉、ココア)をふるって入れて、また混ぜる。
5.ブランデーとキンカンの皮を刻んで入れて混ぜる。

簡単に言うと、チョコを溶かす時だけ注意して、上記の材料をとにかく混ぜていくだけです(^0^)

6.生地を型に入れ、180℃に熱したオーブンで、30分程度焼く。

これで、完成!!

冷蔵庫で冷やせば、ねっとりモッチリ感が増して、さらに美味しいです(^0−)v


クリックすると元のサイズで表示します


というわけで、今回の実験室の評価は・・・


80点(自己採点)くらいかな


このレシピのポイントは、豆腐臭さを消すために、キンカンを入れたこと! よく、チョコレートにオレンジピールが入ったものを見かけますが、それにヒントをもらいました(^0−)v もし、キンカンが無い場合でも、それに変わる、香りのあるもの(コーヒーなど)でも代用できると思いますよ〜。

チョコに含まれる油分以外、全くノンオイルで超ヘルシーなのに、かなり濃厚な味に仕上がって、一切れでも満足です!



気になった方、、、是非是非トライしてみてね〜
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ